な ろう 小説。 貫井徳郎

サイト案内

な ろう 小説

絵画 視覚障害を扱った絵画• 弱法師 よろぼし - の謡曲弱法師からを描く• 盲人の食事 運動障害を扱った絵画• えび足の少年 狂言 視覚障害を扱った狂言• 清水座頭 - 視覚障害者どうしの結婚• 丼礑(どぶかっちり) - が川を渡る• 不聞座頭(きかずざとう)不見不聞(みずきかず) - 視覚障害者と聴覚障害者が留守番をする• 三人片輪 - 障害者の就職活動• 月見座頭 - 座頭が月見の酒宴に参加する• 伯養 - 二人の座頭の勝負• 鞠座頭 - 座頭が鞠で遊ぶ 聴覚障害を扱った狂言• 不聞座頭(きかずざとう)不見不聞(みずきかず) - 視覚障害者と聴覚障害者が留守番をする 運動障害を扱った狂言• 腰祈(こしいのり) - 山伏の祈祷で腰の障害の治療を試みる• 芥川 - 運動障害の人が川を渡る• 三人片輪 - 障害者の就職活動 言語障害を扱った狂言• 三人片輪 - 障害者の就職活動• 吃り - 言語障害がテーマ ルポルタージュ 障害を扱ったルポルタージュ• () 視覚障害を扱った小説• 世間学者気質 - 視覚障害者を扱った作品• (、2002年 幻冬舎)• () - を扱った作品• 悪魔の設計図(横溝正史) - 連続殺人が盲目娘の遺産相続人に忍び寄る。 () - 色覚異常を扱った作品• ( 1933 中央公論) - 病気で盲目となる大店(おおだな)の娘の春琴と丁稚の佐助の愛情物語。 女性開眼() - 生まれつき盲目の少女が手術を受け、視力を得る話。 ()- 盲目の女性と恵まれた家庭出身の大学生の愛情物語。 (宮尾登美子 1993 毎日新聞社) - 1992年3月から1993年4月までの毎日新聞の連載小説。 大正時代の新潟の蔵元を舞台とした、で14歳で失明する賢く美しい娘と、家父長制の中で思うように振舞えない男女の葛藤の話。 盲目() - 収監中に視力を失った活動家を扱った作品 聴覚障害を扱った小説• (/) - 中途失聴を扱った作品• 天国のベル(石田衣良/角川書店) - 短編集「約束」の中の1編• ()( ())• (/光文社)• ()()• デフ・ヴォイスー法廷の手話通訳士(丸山正樹/文春文庫) 重度障害を扱った小説• 美しい旅(川端康成) - 三重苦の幼女が母と上京しに通い、若い女性教師の教えを受ける話。 運動障害を扱った小説• ( ())• :脊椎カリエスによる足の障害を負い入院している主人公の、新患者に対する認識が主題。 (島沢優子):による脳出血で右半身が不自由になりながらもバスケットボールに打ち込んだ男子高校生を題材にしたノンフィクション小説• ():左腕がない夫と妻の物語• () 精神障害を扱った小説• () - の男性が主人公のSF作品• () - の少年が主人公のミステリー作品• (田中一二)• () - の毎日新聞の連載小説。 家族愛と夫婦愛、女同士の友情を描いた作品。 () - の少年が主人公のSFミステリー• オルタ()• 悦楽の園(木地雅映子)• Myフェアリー・ハート〜わたし、アスペルガー症候群。 (成澤達哉) - アスペルガー症候群当事者が執筆した小説• () - 日本語版未発売。 アスペルガー症候群の少年の青春を描く作品。 言語障害を扱った小説• (、1956年) 記憶障害を扱った小説• (、2007年)• (中原尚志・麻衣、2015年) 性別に関する障害を扱った小説• 片想い(、2001年)• (、2002年)• (、2005年)• (、2009年) 戯曲・演劇 精神障害を扱った演劇• (16世紀中頃から17世紀前半) - 精神病もしくは精神障害への言及が頻出する。 聴覚障害を扱った演劇• (三島由紀夫) 重度障害を扱った演劇• () 漫画 言語障害を扱った漫画• - の高校生の物語 摂食障害を扱った漫画• - 女性の摂食障害を描く 視覚障害を扱った漫画• () - を扱った作品• () - 視覚障害の主人公が事件に巻き込まれたサスペンス漫画。 林檎の秘密(星野めみ) - 主人公、りんごの恋人からの結婚相手が事故による視覚障害者。 (うおやま) 聴覚障害を扱った漫画• 聞こえますか愛! (星野めみ) - 主人公の好きな相手が聴覚障害者でこけしの民芸技術を持つ。 プリズムの声()• (山本おさむ)• (山本おさむ)• ピアニシモでささやいて第二楽章(石塚夢見)• (十日草輔) 運動障害を扱った漫画• () - を扱った作品• 歩いていこう。 〜車いすの女の子の結婚・出産物語〜()• エドウィンさんの子守唄(星野めみ) - オムニバス題名「ちひろ」の主人公が片足が事故で若干不自由。 精神障害を扱った漫画• () - を扱った作品。 作者の死去により、未完のまま第15巻が最終巻となる。 () - の子育てを扱っている• () - を扱った作品• () - を扱った作品• (漫画:、監修:) - 2007年10、11号に掲載された、の中学生といじめを題材にした作品• (ごとう和、今村志穂)• () - が知られていなかった時代の、作者の子供時代の実体験を基にしたコミックエッセイ• () - の専業主夫を描いた作品• () - を扱った作品• () - やを患う主人公と友人を描く物語• () - を患う作者の実体験を基にしたコミックエッセイ 重複障害を扱った漫画• (山本おさむ) - に連載(1993年)。 アニメーション映画あり。 埼玉県立大宮聾学校、坂戸聾学校が舞台と言われている。 話題となり、この作品で障害の世界を初めて知ったが多数いる。 () - に連載(2007年)。 事故により視覚・聴覚・言語を失った代わりに超能力を得た少女を扱った作品。 ピンクとみずいろ(、2000年)• (、2002年)• (、2003年) - を扱った作品• 性別が、ない! (、2005年) - を扱った作品• (、2006年)• ダブルハッピネス(・杉山文野、2007年)• (、2008年)• (、2010年)• (、2017年)• (小西真冬、2018年) テレビドラマ 視覚障害を扱ったドラマ• (1986年、)• (1987年、)• (1999年・2000年、)• (2003年、韓国)• (2004年、)• (2005年12月17日、フジテレビ)• (1991年1月- 3月、日本テレビ) - 出演:野村宏伸、松下由樹ら。 交通事故で被害者の兄を死亡させ、妹を失明させてしまった主人公の苦悩の話。 肝臓癌と分かり、死後の提供を申し出る。 日本にが制定される前の話。 (2004年4月-6月、フジテレビ) - 原作は『解夏』、出演:菅野美穂・藤木直人• まだ見ぬ父へ、母へ(2007年12月21日、フジテレビ) - 出演:小池徹平・いしだあゆみ。 全盲のテノール歌手・の軌跡。 (2009年、NHK)• (2014年10月4日、)• (2016年、日本テレビ) - 内でのドラマ 聴覚障害を扱ったドラマ• (1976年、TBS)(1980年、日本テレビ)• 叫んでも... 聞こえない(1989年、日本テレビ) - 内でのドラマ• (1995年、TBS) - 第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞。 聾唖の画家榊晃次()と劇団員水野紘子()の恋愛ドラマ。 手話を学ぶ女性を倍にしたと言われる社会現象を起こした。 (1995年、日本テレビ)• (1996年、日本テレビ)• (1997年-2001年、)• (2001年、日本テレビ)• (2003年、フジテレビ)• (2004年、TBS) - 将来を期待されたが病気で聴覚障害となり失意の日々のバイオリニスト()と、彼女と社会福祉心理学を専攻の大学4年生結城櫂()とのロマンス。 号令もサイレンも聞こえなかった 〜ろうあ者の戦争体験(1988年、NHK)• —火曜サスペンス劇場- (1992、日本テレビ) - 事件解決物語。 森田吾郎・刑事(渡辺謙)の妻(有森也美)役として聴覚障害者が登場。 原案は。 (2002 、PAX TV) - のスーがと共に難事件を解決する話。 (2008-2009年、TBS) - 生誕40周年記念作品。 主人公・美波の15年間の忘れられない初恋・純愛・真実の愛のかたちを丁寧に描いていく。 心臓に障害を持つ児童も別に描かれている。 (2010年11月27日、NHK)• (2011年、韓国MBC) - 継父の謀略により聴覚障害など複数の障害を負った主人公。 知的障害の父と聴覚障害の母の一家とのふれあいの中で本当に大切なものに気付いていく。 (2018年、NHK) - 98作目。 (ムンプス難聴)によって左耳を失聴した聴覚障害者が主人公。 運動障害を扱ったドラマ• 小児病棟(1980年、日本テレビ)• (1984年、TBS・愛の劇場)- を患った少女が主人公• 車椅子の花嫁(1987年、日本テレビ) - 24時間テレビ『愛は地球を救う』内でのドラマ• (1987年、TBS・愛の劇場)• (1988年、日本テレビ) - 「」• 車椅子からウィンク(1989年、)• (1998年、・TBS系)• (2000年、TBS)• (2003年、TBS・)• (2003年、日本テレビ) - 24時間テレビ『愛は地球を救う』内でのドラマ• (2005年、フジテレビ)• (2007年、TBS・愛の劇場)- 原作漫画にない障害を持った女性・あかねの役柄が設定された。 (2009年、TBS「感動ドラマ特別企画」) - を扱った作品• (2011年、)• (2012年、日本テレビ) - 24時間テレビ『愛は地球を救う』内でのドラマ• (2017年、フジテレビ)• (2019年、) 精神障害を扱ったドラマ• 1964年、 - 脚本は。 心に傷を負った精神障害の娘と、彼女を「気ちがい」扱いにしかしない親戚の女との確執を描く。 おふくろに…喝采!(8)(1992年、フジテレビ) - がの息子役• (1996年、フジテレビ)• (1996年、)• (1998年、TBS)• (2000年、日本テレビ)• (2000年、TBS) - がの主人公を演じる• (2002年、フジテレビ)• (2002年、NHK) - 無名時代のが自閉症者を演じる• (2004年、日本テレビ) - を扱った作品• (2004年、日本テレビ) - を扱った作品• (2004年-2005年、TBS) - 3年B組の生徒の飯島弥生(ヤヨ)が軽度のという設定• (2006年、フジテレビ)• (2007年、朝日放送など) - 主演。 大阪府教育委員会がの啓発のために制作したドラマ• (2007年、TBS「感動ドラマ特別企画」)• (2008年、TBS)• (2008年、東海テレビ)• (2010年、フジテレビ)• ~自閉症とともに(原題:Temple Grandin) 2010年、アメリカHBO、日本ではで放送 - 主演:。 自閉症の動物学者の半生を映画化。 第62回でテレビ映画部門作品賞などを受賞• (2011年、テレビ朝日) - クラスにの設定の児童• (2012年、TBS) - の男性を主人公とした推理ドラマ• (2018年、) - 絵画や嗅覚に特異性があってサヴァン症候群とされているタレントのの半生を映像作品化。 性別に関する障害を扱ったドラマ• (2000年、テレビ朝日) - を扱った作品• (2001年-2002年、TBS) - 第6シリーズで性同一性障害をテーマに扱っている• (2005年、テレビ朝日) - Season 3に性同一性障害を扱った作品がある• (2006年、日本テレビ) - 性同一性障害を扱った作品• (2008年、フジテレビ) - 性同一性障害を扱った作品• (2009年、WOWOW) - 性同一性障害を扱った作品• (2011年、テレビ東京) 学習障害を扱ったドラマ• (原題:Hank Zipzer) 2014-2015年、イギリスBBC、日本ではNHK Eテレで放送 - を扱っている。 映画 視覚障害を扱った映画• (1924年、1965年、日本)• (アメリカ) - チャップリンの代表作。 盲の花売り娘を助ける話。 (1935年、1954年、1961年、1972年、1976年、2008年、日本)• 田園交響楽(1938年、日本)• (1946年、フランス) - が主人公のジェルトリュード役で第1回を獲得。 (1951年、日本) - 日本劇映画初の国産フィルムによる長編総天然色(カラー)映画• (1952年、日本)• (1954年、アメリカ)• (1957年、日本)• (1959年、日本)• (1965年、日本)• (1966年、イタリア)• (1967年、アメリカ)• (1977年、日本)• (1987年、アメリカ)• (1992年、アメリカ)• (2000年、デンマーク)• (2003年、アメリカ)• (2004年、アメリカ)• (2006年、日本)• (2006年、日本)• (2006年、日本)• (2006年、日本)• (2007年、日本)• (2008年、日本)• (1978年、アメリカ) - オリンピックを目指しフィギュアスケートに打ち込むヒロインが登り調子の中の気の緩みから事故を起こし強度の弱視に、一度は離れていた地元の幼馴染みに励まされ再起をかける話。 (1998年、スペイン) - 幼馴染の盲目女性と結婚して子宝を待ち続ける。 (2003年、日本) - を失う恐怖を描いた作品。 (2002年、日本) - 事故で視力とを失った少年と看護婦の恋。 (2006 イギリス)• (2008年、日本) - 堤幸彦監督、吉永小百合出演。 全盲の郷土史家の夫と、支える晴眼の妻の話。 (2008年、日本)• (2009年 日本) 聴覚障害を扱った映画• (1948年、1964年、1977年、1988年、日本)• (1948年、アメリカ) - ベリンダ役のが第21回に輝く。 (1961年、日本) - 監督、出演:、。 聾唖夫婦の話。 (1975年、日本) - 監督、出演:、。 出産費用を稼ぐためにストリッパーを目指す聾唖夫婦が出てくる。 (1985年、スイス)• (1986年、アメリカ) - 主演のが21歳で第59回に輝く。 これはの現在でもアカデミー賞の歴史上、主演女優賞の最年少受賞者である。 (1991年、日本) - 北野武監督の初期作品。 聾の若者の純な愛情と悲劇を淡々と描いている。 (1991年、日本)• (1992年、フランス)• (1996年、ドイツ)• (1998年、日本)• (1999年、日本)• (1999年、中国)• (2001年、日本)• (2003年、日本)• (2004年、日本)• (2004年、イギリス)• (2006年、アメリカ)• (1996年 日本) - ジャパンデフ映像プロダクションの制作。 (1997年、米国) - シルベスタ・スタローンが難聴者を演じた。 リード・マイ・リップス(2001年、フランス) - 難聴で孤独な女が犯罪に巻き込まれて行くサスペンス。 (1999年、米国) - 天才的ギタリストと喋る事の出来ない少女の恋。 (2002年、日本) - 大正時代を舞台とした一化粧師の半生。 (2003年、日本) - 大原秋年(1945年生)監督。 (2004年、日本) - 菜名島に臨時赴任した若き男性聾教師の話。 (2005年、日本) - 監督による聾者の大学生活とその問題を描いたドキュメント。 選定作品• (2006年、日本) - 大館信広監督、トロント国際聾映画祭で大賞。 (2007年、日本) - を患った天才ピアニストの少女が主人公。 サラリーマンライフ(2008年、日本) - 今村彩子監督による聴者とろう・難聴者が働く職場におけるコミュニケーションのあり方を考えるドキュメンタリー。 文部科学省選定作品• - 無口な看護婦の話。 (2009年、日本) - 結成60周年記念作品。 脚本・監督を務める氏は聴覚障害者。 スタッフ、出演者にも聴覚障害者が多数。 (2010年、韓国) - 聴覚障害を抱えた男子高校生が主人公。 同性愛とその失恋・迫害を描いた短編。 (2010年、日本) - ろう者女子サッカーチームを追ったドキュメンタリー映画• 珈琲とエンピツ(2011年、日本) - 今村彩子監督による聾のサーフ店長を主人公とした「言葉を越えたコミュニケーション」を伝えるドキュメンタリー。 架け橋 きこえなかった3. 11(2013年、日本) - 今村彩子監督による東日本大震災に於ける聴覚障がい者の被災体験を描くドキュメンタリー。 LISTEN リッスン (2016年、日本) - 牧原依里と雫境(DAKEI)聾の2人の共同監督による「聾者 ろう者 の音楽」を聴覚的に表現したアート・ドキュメンタリー。 (2016年、日本) - 聾の今村彩子監督が自ら自転車で日本を縦断する姿を追ったセルフドキュメンタリー。 2016年、日本 - 氏の漫画「」のアニメーション映画化。 優秀アニメーション作品賞 、第26回アニメーション部門作品賞 、第20回優秀賞 、アニメ オブ ザ イヤー作品賞 劇場映画部門グランプリ を受賞。 運動障害を扱った映画• (1941年、アメリカ)• (1945年、アメリカ)• (1946年、アメリカ) - ホーマー役を演じたは戦争で両手を失った負傷兵であり、第19回に輝く。 および、第4回最優秀ノンプロフェッショナル演技特別賞に輝く。 (1952年、アメリカ)• (1955年、日本)• (1958年、日本)• (1971年、アメリカ) - 戦争で四肢を失った兵士を描く• (1974年、日本)• (1977年、日本)• (1980年、日本)• (1981年、日本)• 1987年、アメリカ - 下肢を失っているを描く• (1989年、アイルランド・イギリス合作) - 主役のが第62回に輝く。 主役の母親役のも第62回に輝く。 (1999年、日本)• (1999年、アメリカ)• (2002年、日本)• (2003年、日本)• (2004年、日本)• (2004年、日本)• (2004年、アメリカ) - 監督・製作・主演は。 第77回アカデミー賞 作品賞受賞作品。 2004年、スペイン - をモデルとし、障害と尊厳死を描く• (2005年、アメリカ) - の選手を追ったドキュメンタリー映画• (2007年、フランス)• (2010年、日本) - 戦争で四肢を失った兵士を描く• (2011年、アメリカ) - 左腕を失ったの物語• (2012年、フランス)• (2014年、日本) - 左半身麻痺とを持つ競技者の女性を主人公とする恋愛映画• (2015年、日本)• (2018年、日本)• (2018年、日本) - の選手を追ったドキュメンタリー映画 精神障害を扱った映画• 1920年、ヴァイマル共和国 - 精神障害のカリガリ博士と睡眠障害の僕を描く• (1948年、日本)• (1949年、日本)• (1951年、日本) - 日本劇映画初の国産フィルムによる長編総天然色(カラー)映画• (1951年、日本)• (1952年、日本)• (1957年、日本)• (1959年、日本)• (1963年、日本)• (1964年、日本)• (1968年、アメリカ) - 主演のが主人公のチャーリー役を演じ第41回に輝く。 (1976年、アメリカ)• (1983年、日本)• (1985年、香港)• (1988年、アメリカ)• (1992年、アメリカ)• (1993年、アメリカ)• (1994年、アメリカ)• (1996年、日本)• (1999年、アメリカ)• (2001年、アメリカ)• (2003年、日本) - ダウン症、自閉症をもつ2人の日本人青年がアメリカでホームステイをする。 (2004年、日本)• (2004年、アメリカ) - を扱った作品• (2005年、韓国)• (2006年、日本) - 発達障害を持つ9人が冬季世界大会・長野を取材。 (2005年、アメリカ) - に知的障害者のフリをした健常者が賞金目的で出場するという、ブラックだがしかしヒューマンなコメディ。 (原題 Snow Cake)(2006年、イギリス・カナダ) - 主演、。 日本ではCS放送ので放送されたのみで、劇場未公開・未DVD化• (2007年、日本)• (2007年、日本) - 知的障害者による「もう1つの」。 (2008年、日本) - を扱った作品• (2007年、フランス) - を扱ったドキュメンタリー• (2009年、日本) - を扱った作品• (2009年、日本) - を扱った作品• (原題 Adam)(2009年、アメリカ) - を扱った作品• (2010年、インド) - を扱った作品• (2010年、中国) - がアクション封印での息子を持つ父親を演じる。 (2008年、オーストラリア) - を扱った• (2011年、日本) - 大学生が卒業制作での妹を追ったドキュメンタリー作品• (2013年、日本) - 知的障害者のグループホームを舞台とした作品• (原題 The Accountant)(2016年、アメリカ) - 演じる高機能の主人公が、裏の顔を持つ会計士として活躍するアクション・スリラー 重複障害を扱った映画• (1956年、イギリス) - 本作でエスター・コステロ役のが第11回主演女優賞に輝く。 日本での映画公開時の邦題は「雷雨」であった。 (1962年、アメリカ) - ヘレン・ケラーとアン・サリヴァンを描いた同名戯曲の最初の映画版。 本作でサリヴァン役のが第35回に、ヘレン役のが同回のに輝く。 (1979年、アメリカ) - 同名戯曲のリメイク(テレビ映画)。 1962年版でヘレンを演じたパティ・デュークが本作ではサリヴァンを演じる。 (1996年、ベルギー・フランス)• (1997年、日本)• (1992、イギリス)• (1997、フランス)• (1999年、アメリカ)• (2001年、アメリカ)• (2001年、アメリカ)• (2004年、ドイツ)• (2004年、日本)• (2005年、アメリカ)• (2005年、アイルランド・イギリス合作)• (2014年、韓国)• (2015年、アメリカ・イギリス・ドイツ合作) - 史上初のを受けたを描く。 摂食障害を扱った映画• ヴァイブレータ 2003年、日本 - 摂食障害や睡眠障害に悩まされる女性とトラック運転手とのロードムービー 免疫機能障害を扱った映画• 1993年、アメリア - 障害のある弁護士が自身への偏見や差別と法廷で闘う その他• (絵本、1985年)• (ゲーム、2012年) 複数作品にわたるもの 以下、複数の作品やシリーズが発表されているものや、小説・映画等多岐のジャンルに登場する人物を挙げる。 視覚障害• 聴覚障害• 運動障害• 精神障害• 重複障害• 脚注 []• 東京国立博物館 館蔵品一覧• 中野春夫 『精神病をめぐる英国ルネサンス社会の実態とエリザベス朝演劇における狂気の表象』• 日本アカデミー賞公式サイト. 2017年1月16日. 2017年1月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2017年5月16日. 2017年5月17日閲覧。 映画ナタリー. 2017年3月16日. 2017年4月11日閲覧。 映画ナタリー. 2017年2月24日. 2019年11月25日閲覧。 「ノーマライゼーション 障害者の福祉」 2010年5月号• 「ノーマライゼーション 障害者の福祉」2010年5月号• 「ノーマライゼーション 障害者の福祉」2010年5月号 関連項目•

次の

五番町夕霧楼

な ろう 小説

・昼休みにフィールドでふるまわれるカレーライス ・サバゲー後に主人公サバ夫たちが立ち寄るしゃぶしゃぶ店 カレーの描写を一部引用します。 舌先で唇をなぞる。 ……火傷はしてないな……あ、うまいっ。 それでスイッチが入った。 スプーンに息を吹きかけて冷まし、ルーを喰らう。 辛さよりも甘味。 しかし、甘味というよりも……旨味の濃厚さ。 味に力強さがあった。 二口目は湯気上げるご飯と共に。 大量に炊いたご飯はうまい。 炊き立てなら尚更だ。 カレーと一緒なら最高だ。 ルーの汁気がふっくらとしたご飯を解きほぐし、口内を踊らせる。 リズムを刻むように咀嚼し、飲み込めば……エネルギーを使い果たした体にじわりと染みていく。 出典:『サバゲにGO』 ゲーム人口が多い地域のフィールドではしばし、昼ご飯にカレーがふるまわれます。 もちろん、代金は別です。 今後、続巻が出る予定ならフィールドごとのカレー描写があるのでしょうか?気になります。 作者のアサウラさんは以前 『ベン・トー』というライトノベル作品で食べ物描写に定評があります。 『ベン・トー』とは、高校生が閉店間際のスーパーの半額弁当を賭けてストリートファイトするライトノベルです。 ベン・トーはアニメ化もされており、 放送された時間帯が深夜なこともあり、おいしそうな弁当の描写は放送当時に「メシテロ」といわれていました。 挿絵は登場するヒロインの姉妹、 リラとナバナの立ち絵がほとんど。 主人公の男2人の立ち絵はほぼなし。 サバゲーフィールドのマップが挿絵に描かれ、マップの地形をもとにストーリーが展開。 ライトノベルなので当然ですが、 写真、画像を使わないことが話のテンポを崩さないことにつながっています。 あくまで、 初心者が始めてサバゲーに行ってワクワクするストーリーにフォーカスしています。 サバゲーを題材にする作品は、あるあるネタになりがちです。 というのも、 サバゲー体験をキャラクターをとおして追体験させることで読者の共感を得られるからです。 文章に特化したノベルの 「サバゲにGO!」は サバゲー初参加の様子を疑似体験するお話となっています。 それも、若者の ふところ事情と物欲との葛藤が割と等身大でリアルです。

次の

サイト案内

な ろう 小説

経歴 [ ] 高校一年生のときに小説を書き始め、初めて書いたミステリ(『鬼流殺生祭』の原型)を第4回に応募する。 当時ミステリを書いたのはその一作だけで、その後はをのやのに応募するも、予選を通過することはなかった。 1992年12月31日付で、勤めていたを退社。 1993年、失業期間に書いた『慟哭』が第4回の最終候補作となる(受賞作は『凍える島』)。 受賞は逃すが、予選委員のと編集者のの激賞を受け、からの一作として刊行され作家デビュー。 長く文学賞受賞とは無縁であったが、2010年、『後悔と真実の色』でを、『』で第63回(長編および連作短編集部門)を受賞(同時受賞に『粘膜蜥蜴』)。 『後悔と真実の色』は、著者みずから「推協賞(日本推理作家協会賞)を目指して書いた」と語った作品であったが、版元の幻冬舎が推薦作リストに入れ損ねるという不手際により、候補にすらなることが出来なかったが、『乱反射』で同賞を受賞。 推協賞選考後の記者会見で、選考委員の北村薫は「『乱反射』に与えないようなら、推理作家協会賞の存在意義はない」。 なぜなら『乱反射』は「小説という衣の下に、本格の鎧を隠した作品」だからと受賞理由を語った。 文学賞受賞・候補歴 [ ] 太字が受賞したもの• - 『慟哭』で第4回候補。 - 「子を思う闇」で第50回(短編および連作短編集部門)候補。 - 『追憶のかけら』で第58回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。 - 『愚行録』で第135回候補。 - 『乱反射』で第141回直木賞候補。 『』で 第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞。 『後悔と真実の色』で 第23回受賞。 - 『新月譚』で第147回直木賞候補。 - 『私に似た人』で第151回直木賞候補。 ミステリ・ランキング [ ] 週刊文春ミステリーベスト10 [ ]• - 『プリズム』20位• - 『神のふたつの貌』13位• - 『灰色の虹』12位• - 『微笑む人』19位 このミステリーがすごい! [ ]• - 『慟哭』12位• - 『プリズム』18位• - 『灰色の虹』20位 本格ミステリ・ベスト10 [ ]• - 『鬼流殺生祭』18位• - 『プリズム』6位• - 『神のふたつの貌』11位• - 『殺人症候群』30位• - 『被害者は誰? 』14位• - 『追憶のかけら』23位• - 『後悔と真実の色』9位 ミステリが読みたい! [ ]• - 『後悔と真実の色』18位 作品 [ ] 単行本 [ ] 症候群シリーズ [ ] 「」を参照• 収録作品• 被害者は誰?(アスキー『』2001年11月6日号 - 2002年1月29日号)• 目撃者は誰?(講談社『』2002年5月増刊号)• 探偵は誰?(講談社『メフィスト』2002年9月増刊号)• 名探偵は誰?(書き下ろし) シリーズ外 [ ]• 烙印(1994年10月 東京創元社)• 【改題・大幅改訂】迷宮遡行(2000年10月 )• 収録作品• 崩れる(『』1994年11月号)• 怯える(集英社『小説すばる』1995年4月号)• 憑かれる(集英社『小説すばる』1995年8月号)• 追われる(集英社『小説すばる』1995年11月号)• 壊れる(光文社『』1995年11月号)• 誘われる(集英社『小説すばる』1996年3月号)• 腐れる(『小説NON』1996年11月号)• 見られる(集英社『小説すばる』1996年12月号)• 収録作品• 長く孤独な誘拐(東京創元社『創元推理4』1994年4月号)• 二十四羽の目撃者(書き下ろし)• 光と影の誘惑(東京創元社『創元推理8』1995年3月号)• 我が母の教えたまいし歌(書き下ろし)• 収録作品• ミハスの落日(新潮社『』1998年10月号)• ストックホルムの埋み火(新潮社『小説新潮臨時増刊 警察小説大全集』2004年3月号)• サンフランシスコの深い闇(新潮社『小説新潮』2004年10月号)• ジャカルタの黎明(新潮社『小説新潮』2006年4月号)• カイロの残照(新潮社『小説新潮』2006年10月号)• 収録作品• 女が死んでいる(書き下ろし)• 殺意のかたち(集英社『小説すばる』1997年8月号)• 二重露出(祥伝社『小説NON』1997年11月号)• 憎悪(光文社『EQ』1997年3月号)• 殺人は難しい(『』携帯サイト、2011年4月14日 - 4月19日配信)• 病んだ水(早川書房『ミステリ・マガジン』1997年4月号)• 母性という名の狂気(講談社『小説現代』1997年8月号)• レッツゴー(文藝春秋『』2003年12月号)• 宿命と真実の炎(2017年5月 幻冬舎) - 『後悔と真実の色』の続編• 罪と祈り(2019年9月 実業之日本社) アンソロジー [ ] 「」内が貫井徳郎の作品• 孤愁(1994年12月 角川書店)「清洲橋」• 奈落(1995年8月 集英社文庫)「怯える」• 推理小説代表作選集 1995年版(1995年6月 講談社)「崩れる」• 【改題・再編集】犯行現場にもう一度 ミステリー傑作選33(1997年11月 講談社文庫)• 推理小説代表作選集 1997年版(1997年6月 講談社)「子を思う闇」• 【改題・再編集】殺ったのは誰だ?! ミステリー傑作選36(1999年11月 講談社文庫)• 「ABC」殺人事件(2001年11月 講談社文庫)「連鎖する数字」• 本格ミステリ03(2003年6月 講談社ノベルス)「目撃者は誰?」• 【改題】論理学園事件帳(2007年1月 講談社文庫)• エロチカ(2004年3月 講談社)「思慕」• 決断(2006年1月 新潮文庫)「ストックホルムの埋み火」• 午前零時(2009年11月 新潮文庫)「分相応」• 文豪さんへ。 (2009年12月 )「あるソムリエの話」• 探偵Xからの挑戦状! season3(2012年5月 )「殺人は難しい」• 痛み(2012年5月 双葉社)「見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ」• 【増補・改題】警官の貌(2014年3月 双葉文庫)• Wonderful Story(2014年10月 PHP研究所)「犬は見ている」• サイドストーリーズ(2015年3月 角川文庫)「オレンジの水面」• 自薦 THE どんでん返し(2016年5月 双葉文庫)「蝶番の問題」• 平成ストライク(2019年4月 )「他人の不幸は蜜の味」 その他 [ ]• 未公開長編小説『死の抱擁 第一部』430枚の全掲載、とのロング対談、貫井徳郎自身による全作品解説等 著者名本未収録短編 [ ]• 歪んだ三角(東京創元社『』1993年秋号)• 清洲橋(角川書店『』1994年5月号)• そして天使は微笑む(講談社『別冊小説現代』1994年7月号)• トラブルシューター(東京創元社『創元推理』1994年夏号)• 子を思う闇(講談社『小説現代』1996年1月号)• 齟齬(光文社文庫付録『文庫のしおり』1998年6月号)• 連鎖する数字(講談社文庫『「ABC」殺人事件』2001年11月刊行) - 吉祥院先輩シリーズ• 双飛の翼(文藝春秋『オール讀物』2002年9月号)• 思慕(講談社『小説現代』2003年7月号)• 長い片思い(文藝春秋『オール讀物』2004年7月号)• あり得たかもしれない未来、今ぼくがいる場所(講談社『小説現代』2004年8月号) - 『さよならの代わりに』番外編• 蝶番の問題(『』2005年9月29日号 - 10月28日号) - 吉祥院先輩シリーズ• 着信音(新潮社『週刊新潮』2006年2月2日号 - 2月23日号)• 窃視症(文藝春秋『オール讀物』2006年5月号)• あと一歩(文藝春秋『オール讀物』2006年7月号)• 分相応(電子書籍サイト『Timebook Town』2006年8月 - 9月配信)• 仔猫(文藝春秋『オール讀物』2007年3月号)• あるソムリエの話(ニンテンドーDS用ソフト『』2008年1月配信)• 追懐の島(新潮社『週刊新潮』2008年10月16日号)• 帳尻(マガジンハウス『ウフ. 』2009年1月号)• 思い出の中の新宿(新潮社『週刊新潮』2009年2月26日号)• 犬嫌い(文藝春秋『オール讀物』2010年7月号)• 愛猫家(新潮社『小説新潮』2010年7月号)• 男女の友情(双葉社『小説推理』2011年1月号)• 公立殺人クラブ(新潮社『小説新潮』2011年7月号)• 見ざる、書かざる、言わざる ハーシュソサエティ(双葉社『小説推理』2011年12月号)• 籠の中の鳥たち ハーシュソサエティ(文藝春秋『オールスイリ2012』2011年12月刊行)• レミングの群れ ハーシュソサエティ(文藝春秋『つんどく! 』2013年4月配信)• 猫は忘れない ハーシュソサエティ(文藝春秋『つんどく! vol. 3』2014年5月配信)• オレンジの水面(ウェブサイト『ちょっと一服ひろば』2014年7月5日 - 7月31日配信) - 『北天の馬たち』番外編• 犬は見ている(PHP研究所『Wonderful Story』2014年10月刊行) 連載 [ ]• 慕情(集英社『小説すばる』1999年11月 - 2002年5月号、連載終了)• 接点 慕情一九七七年(集英社『小説すばる』1999年11月号)• 予兆 慕情一九八五年(集英社『小説すばる』2000年5月号)• 別離 慕情一九八一年(集英社『小説すばる』2000年11月号)• 敵意 慕情一九八九年(集英社『小説すばる』2001年5月号)• 衝突 慕情一九九三年(集英社『小説すばる』2001年11月号)• 慕情 慕情一九九〇年(集英社『小説すばる』2002年5月号)• 氷の明日(文藝春秋『本の話』2007年1月号 - 2008年5月号、連載中断)• 歩き続ける君へ(実業之日本社『月刊J-novel』2010年5月号 - 8月号、連載中断) 解説 [ ]• 『眠れぬ夜の殺人』(1996年7月 講談社文庫)• 『鳴風荘事件』(1999年3月 光文社文庫)• ヘイク・タルボット『魔の淵』(2001年4月 ハヤカワ・ポケット・ミステリ)• ヘンリー・ウエイド『警察官よ汝を守れ』(2001年5月 国書刊行会 探偵小説全集34)• 『パズラー 謎と論理のエンタテインメント』(2004年6月 集英社)• 『街の灯』(2006年5月 文春文庫)• 『怪盗紳士』(2009年12月 ポプラ文庫) メディア・ミックス [ ] 映画 [ ]• 長く孤独な誘拐(2004年2月2日、系「」で放送、主演:)• 殺人は難しい(2011年4月21日、「」で放送)• (2011年11月26日、系「」で放送、主演:)• (2012年5月19日、系、主演:)• (2016年1月20日 - 3月23日、全10話、TBS系「」で放送、主演:)• (2017年4月8日 - 5月27日、全8話、・フジテレビ系「」で放送、主演:、原作:失踪症候群・誘拐症候群)• (2017年6月11日 - 7月2日、全4話、「」で放送、主演:、原作:殺人症候群)• (2018年9月22日、・テレビ朝日系、主演:・)• (2020年3月1日、テレビ朝日、主演:) 漫画 [ ]• 見られる(画:、秋田書店『サスペリアミステリー』2011年12月号)• 追われる(画:秋乃ななみ、秋田書店『サスペリアミステリー』2011年12月号)• 壊れる(画:、秋田書店『サスペリアミステリー』2012年8月号) メディア出演 [ ]• AXNミステリーゲストルーム(放送、)• (放送、)• (放送、) 脚注 [ ]• 『貫井徳郎症候群』 〈1085号〉、、7頁• 毎日新聞 2012年9月3日. 2014年11月11日閲覧。 2020年3月1日閲覧。 『貫井徳郎症候群』 〈1085号〉、、9-11頁• 『貫井徳郎症候群』 〈1085号〉、、11頁• 『貫井徳郎症候群』 〈1085号〉、、17頁• 「文学賞記者日記」『本の雑誌』2010年8月号 p. 2010年5月11日. 2010年5月18日時点のよりアーカイブ。 2014年11月10日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年3月17日. 2017年1月23日閲覧。 フジテレビ. 2017年1月23日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2012年4月23日. 2017年1月23日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年12月1日. 2015年12月1日閲覧。 www. nagoyatv. com. 2018年9月2日閲覧。 2020年1月9日. 2020年1月10日閲覧。 外部リンク [ ]• (公式サイト)• インタビュー•

次の