楽天ビジネスカード デメリット。 楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

楽天ANAマイレージカードと楽天カードの違い!メリットデメリットは?

楽天ビジネスカード デメリット

楽天プレミアムカード会員のみ発行可能。 年会費+1万円も必要 楽天ビジネスカードは、 年会費2,000円+税となってますが、 単体では発行できません。 楽天カードの上位カード、 保持者のみ、 発行できるのが、となってます。 楽天プレミアムカードは、 年会費10,000円+税という高額クレジットカード。 年会費の元を獲るには、 年間約130万円も利用しなければいけないっていう。 年会費無料の法人カードも、色々と登場しているわけですから。 個人と法人で楽天カードを利用する事により、色々とややこしい事にもなります。 限度額は楽天プレミアムカードと共有 楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードのオマケカードと言いましたが、 楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの利用可能枠は共有となっており、 両カード合算で限度額が設定されてます。 個人で楽天プレミアムカードを使っちゃったら、 法人側の楽天ビジネスカードで使える金額が減ってしまうという。 しかも、楽天プレミアムカードの限度額は 最大300万円と、 他社法人カードと比べてそれほど多くない。 事業費で大金決済すると、個人では使えなくなるジレンマ。 仕入とか、決算月とか、使いまくりたい人も要注意です。 ポイント付与先は区別されない。 個人の楽天プレミアムカードと一緒。 楽天ビジネスカードの最大の売りは 還元率1. 0%と 事業支出を区別できる事。 ビジネスカードで還元率1. 0%を超えるカードは希少なのですが・・・ 問題なのが還元される楽天ポイントが付与されるアカウント。 ポイント還元される楽天アカウントは、楽天プレミアムカードも楽天ビジネスカードも一緒。 どちらのカードを利用しても、 個人カードの方へポイント合算されて貯まってしまうわけ。 経理上、支出を法人と個人で区別したいから利用するのに、 ポイント付与は区別されないっていう矛盾。 法人クレジットカード決済で貯まるポイントの考え方は様々あるとは思いますが、 金券や各種ポイントへの風当たりが強くなって来た昨今、 いずれ来るだろう税務調査へ向けて、できる事なら区別しておきたい。 楽天ポイントの使途は豊富、現金並みに使えるようになってますからね。 個人のプレミアムカードと限度額は一緒なのに・・・法人の書類が必要となる。 「法人名義預金口座から支払に関する同意書」も必要で、 200円の収入印紙まで求められたのは、後にも先にも楽天ビジネスカードだけです。 しかも必要書類や書類の記入方法が、プレミアムカードと一緒になっちゃってるから、 非常に分かりづらいっていう。 まぁ、審査は難易度は低く、新設法人であっさりと審査は通りましたけど。 カードブランドはVISAのみ、カード特典は特に無い 楽天ビジネスカードの特典として、楽天プレミアムカードの特典が紹介されがちですが、 楽天ビジネスカード自体に特典は、ほとんど無いという事。 旅行保険やショッピング保険等の 付帯保険も付いておらず、 いずれも、楽天プレミアムカードに付帯している特典を利用するといった感じです。 楽天ビジネスカードは、VISAブランドのビジネスカードとなる為、 使える特典は「VISAビジネスオファー」くらいです。 楽天プレミアムカードは、MasterCard、VISA、JCBと選べるのに。 楽天ビジネスカードは、 VISAブランドしか選べないから。 ビジネスカードを選ぶなら、マスターカード。 年会費2,000円でも、MasterCardビジネスゴールドなら招待日和まで使えますから。 限度額一緒なのに、法人カードゆえに分割払いはできないという。 2回払いで金利手数料無料の裏ワザも使えません。 分割払い可能なビジネスカードも増えてますので、この辺も残念なところ。 ETCカード無料は1枚目のみ、追加カードも発行不可能 楽天ビジネスカードは、ETCカードを複数枚発行する事が出来ますが、 ETCカードが無料発行可能なのは1枚まで。 2枚目以降は、 500円+税の年会費が発生します。 ビジネスカードとはいえ、あくまでプレミアムカードのオプションカードの為、 従業員用の 追加カードを発行する事も不可能です。 社員、従業員等、複数人でクレジットカードを利用したい場合は、 他のクレジットカードをオススメします。 その為、カード年会費もビジネスカード分しか法人口座引き落としとなりません。 楽天プレミアムカードの年会費は、 個人口座から引き落とされるので個人の支出。 10,800円の年会費は、法人の経費にするのは難しくなります。 無理やり法人の経費として仕訳する事も出来なくはないでしょうが、 個人と法人で分ける為、楽天ビジネスカードを発行してるんだから、 個人カードの年会費を経費計上すると矛盾も生まれちゃうよね。 法人カードの年会費は経費になるからって、 わざわざ高額なステータスカードを所持している人も多いかと。 12,960円のうち、2,160円しか経費にならないなら・・・ね。 券面デザインに楽天ロゴ、法人名も記載されず クレジットカードを所持する大きな理由の一つ。 カードデザイン。 やっぱり「楽天」ってロゴイマイチです。 楽天プレミアムカードよりも、楽天の文字がデカかったっていう。 現在は、漢字「楽天」からアルファベット「Rakuten」へ変更となり、 文字のサイズも控えめになってますね。 また、楽天ビジネスカードは、 法人名が記載されません。 法人審査のビジネスカードって、 氏名の下に法人名が記載されるカードが多いのですが、 楽天の場合は、 「BUSINESS CARD」の刻印となってました。 敢えて楽天ビジネスカードを利用するなら 楽天ビジネスカードなら、楽天プレミアムカードの特典が利用可能・・・ だったら、 だけ所持していれば良いわけ。 私は楽天カードは、 楽天市場で使うものと割り切って使ってます。 楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードなら、 楽天市場でポイント+4倍。 SPUで 最大8倍も狙えます。 高還元率という事で考えるなら、 年会費2,000円のが一番コスパが高い。 個人向けのカードを、法人決済のカードとして使う事は、 税務上完全に不可能というワケでも無いですからね。 敢えてを選ぶ理由は、法人で審査が比較的容易って点。 楽天プレミアムカードを発行できるなら、楽天ビジネスカードも発行できるかと。 私も、新設法人で楽天ビジネスカードの審査通ってますし、 楽天プレミアムカード自体も、なんちゃってゴールドカード。 それほど審査が厳しいカードでは無いですからね。 ただ、実際のところ、個人事業主や法人向けのクレジットカードが増えており、 その審査手続きも、以前に比べだいぶ簡略化されてます。 そもそも楽天プレミアムカードを所持するなら、他のゴールドカードも検討すべき。 個人向けのゴールドなら、大量にあります。 それ以外で使うなら、他にも素晴らしいクレジットカードはたくさん有りますから。

次の

楽天ビジネスカードのメリット・デメリット!ポイント重視の方におすすめ

楽天ビジネスカード デメリット

楽天市場等で5. プライオリティパスが付帯するカードでは年会費最安• 国内の主要空港ラウンジももちろん無料• 家族カードの年会費が格安で非常にオトク• ANAマイルを貯めるのにも適している• 国際ブランドを4種類から選べる• 楽天ブラックカードのインビテーションが届く• 年会費が税別10,000円かかる• 特典が豪華な割にステータスはそれほど高くない• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない• 楽天ブラックカードはかなりハードルが高い プライオリティ・パスに無料入会できる! ビジネスでの出張が多い経営者や個人事業主の方にとって、楽天プレミアムカードの最も大きな魅力とも言えるのが「 プライオリティ・パス」に無料で入会できる特典。 国内・海外の充実した旅行保険+ショッピング保険 楽天プレミアムカードは、 ゴールド~プラチナカード並の旅行傷害保険もしっかり付帯されています。 ラウンジだけでなくこういった補償も充実しているので、海外出張先でもより一層安心して生活することができますね。 楽天プレミアムカードの国内外の旅行傷害保険は以下のようになっています。 国内旅行傷害保険 補償対象 補償額 傷害死亡 最大5,000万円 傷害後遺症障害 最大5,000万円 入院保険金 日額5,000円 通院保険金 日額3,000円 傷害手術給付 入院保険金の日額5倍から10倍 海外旅行損害保険 保険の対象 補償額 死亡 最高5,000万円 (自動付帯4,000万円/利用付帯1,000万円) 後遺障害 最高5,000万円 (自動付帯4,000万円/利用付帯1,000万円) 傷害治療 300万円 疾病治療 300万円 携行品損害 50万円 (1品あたり10万円限度、免責金額3,000円) 救援者費用 200万円• 船舶や航空機、自動車、自転車のような乗り物• スキーやスノーボード、サーフボードのようなアクティビティグッズ• 植物や現金、チケット、食料品のような価値が一定でないもの• 義歯やコンタクトレンズなど• 携帯電話• データなどの情報• 業務に使用するもの ただでさえ高還元率の楽天カードからさらに還元率UP 楽天プレミアムカードは、他の楽天カードと同様に基本還元率は1. これだけでも高水準ですが、さまざまな方法でより還元率を高めることも可能です。 最もポピュラーでおすすめな方法が「楽天市場」の利用。 楽天一般カードでは楽天市場の利用で還元率が3. 0%ですが、 楽天プレミアムカードなら5. 0%まで上げることが可能です。 売っていないものを探す方が難しい楽天市場において、この驚異的なポイント還元率の高さはすばらしい魅力がありますね。 楽天の特別会員プログラム「楽天プレミアム」が1年間無料に 楽天サービスには、年会費が3,900円かかる「 楽天プレミアム」というものがあります。 楽天プレミアム会員なら購入商品の送料に相当するポイントを獲得できるため、楽天市場を頻繁に利用する方であれば是非利用したいところ。 理論上は楽天市場の利用で毎月326円の送料を払っていれば年会費の元が取れる計算になりますが、実際に利用してみなければなんとも言えませんよね。 楽天プレミアムカードでは、 このサービスを1年間無料で体験できるという特典も付帯しています。 実際に利用してその後に考えたい方はこの特典を活用するのもおすすめです。 楽天プレミアムには送料還元以外のサービスも 楽天プレミアムには、送料相当をポイント還元できるサービスの他に以下のようなサービスもあります。 楽天ビジネスカードのメリット 同時所有することになる「」はクレジットカードとしてものすごい強みがたくさんありますが、楽天ビジネスカードの方も活躍できるシーンがあります。 楽天ビジネスカードのメリットを見てみましょう。 ビジネスカードは経費処理の負担軽減に 経営者にとって、経費の動きは必ず把握しておかなければならないもの。 しかし中小・零細企業や個人事業主にとって、事業用と私用のお金の境目はあってないようなもの。 ごちゃごちゃになりがちです。 そんなときに役立つのが「楽天ビジネスカード」。 楽天プレミアムカードと使い分けることで、 法人用の経費と個人用の出費を「口座」の段階からうまく切り離すことができ、カード明細などによって利用項目が一目瞭然に!骨が折れる経費管理も楽になり、バックオフィス業務の負担が減ることになります。 結果的に「無駄な経費」も可視化できるため、なるべく経費を抑えたい方にとっても便利に活用できるカードと言えるでしょう。 VISAビジネスオファーは、「接待」「出張」などを含めた多種多様なビジネスシーンをサポートしてくれるもの。 厳選されたホテルやレストランを優待価格で利用できたり、経理業務を任せられるなど、 ビジネスを円滑に進めるためのさまざまなシーンをバックアップしてくれます。 経費削減にも繋がるため、かなり便利なサービスだと言えるでしょう。 VISAビジネスオファーの内容 VISAビジネスオファーのサポートをざっくりと分けると以下のようになります。 飲食関連サポート 厳選レストランが優待価格になる トラベルサポート ホテル割引やツアー紹介。 またお土産についてのサポート ビジネスサポート 収納スペースの確保や経費削減、広告関連など幅広くビジネスシーンをサポート オフィス用品サポート オフィス用品の購入、レンタル価格を割引 IT・テレコムサポート データ保護や経理アシスタントなど会社運営に関わるサポート VISAビジネスオファーは、個人事業主でも企業経営者でも便利に利用できるサービス。 楽天ビジネスカードを利用することで上記のような特典を享受することができます。 経営を少しでもスリム&スマートにしたいのであれば、楽天ビジネスカードは最適な選択肢と言えるかもしれません。 ETCカードを複数枚発行できる 多くのクレジットカードは追加カードとして「 ETCカード」を発行することができます。 ETCカードがあれば高速道路などの利用もスムーズになり、ポイント還元によってお得にもなりますよね。 ただ、中には「クレジットカード1枚につき1枚までしか発行できない」ものも。 楽天ビジネスカードの場合は複数枚のETCカードを発行することが可能です。 例えば何台もの社用車に搭載する場合などに役立ちますよね。 しかも楽天ビジネスカードのETCカードは発行手数料無料。 さらに、1枚目は年会費も無料でETCカードを利用することができます。 2枚目以降は500円の年会費が掛かりますが、それほど大きな負担にはならないでしょう。 楽天ビジネスカードを利用するためには楽天プレミアムカードの発行が必要不可欠• 楽天プレミアムカードは豪華な特典があり大きな魅力を持つクレジットカード 上記のことから、楽天ビジネスカード+楽天プレミアムカードの所有は非常におすすめできると説明しました。 しかし、楽天市場を全く利用せず海外へも行く機会が全くないなど、 楽天プレミアムカードの利用にあまり向いていない方にとっては年会費10,000円のカードはやや重荷となります。 その場合は、単なる還元率1. 0%のカードに成り下がってしまいますよね。 また、「 楽天プレミアムカードの審査に通らなければ楽天ビジネスカードは発行できない」という点にも注意が必要です。 楽天ビジネスカード=楽天プレミアムカードの追加カードとして発行できる法人カード• それぞれ法人用、個人用と引き落とし口座を分けることが可能• 公私混同しやすい中小・零細企業の経営者や個人事業主の方におすすめ• 楽天プレミアムカードの豪華な特典+楽天ビジネスカードのビジネスサポートが魅力• 楽天ビジネスカードは社員用に複数枚発行することはできない(ETCカードは可)• 楽天ビジネスカードを持つには、楽天プレミアムカードの審査もパスする必要がある 楽天ビジネスカードは複数枚発行することができなかったり、やや特殊なビジネスカードとして見られることもあります。 確かにJCBやダイナース、アメックスなどの法人カードと比べると見劣りする部分もありますが、それでも抜群のポイント還元率やプレミアム特典の利用などによって多くの人気を得ていることも事実。 利用者によっては年会費以上の活躍をしてくれることでしょう。 経営者や個人事業主の方は他に検討している法人カードがあったとしても、一度は楽天ビジネスカードについて調べてみることもおすすめします。

次の

楽天カードが批判されている5つの理由まとめ!加えてデメリットや欠点など、楽天カードの悪い部分のみを徹底的にまとめてみました。

楽天ビジネスカード デメリット

楽天市場等で5. プライオリティパスが付帯するカードでは年会費最安• 国内の主要空港ラウンジももちろん無料• 家族カードの年会費が格安で非常にオトク• ANAマイルを貯めるのにも適している• 国際ブランドを4種類から選べる• 楽天ブラックカードのインビテーションが届く• 年会費が税別10,000円かかる• 特典が豪華な割にステータスはそれほど高くない• Edyより絶対にnanaco!という人には向かない• 楽天ブラックカードはかなりハードルが高い プライオリティ・パスに無料入会できる! ビジネスでの出張が多い経営者や個人事業主の方にとって、楽天プレミアムカードの最も大きな魅力とも言えるのが「 プライオリティ・パス」に無料で入会できる特典。 国内・海外の充実した旅行保険+ショッピング保険 楽天プレミアムカードは、 ゴールド~プラチナカード並の旅行傷害保険もしっかり付帯されています。 ラウンジだけでなくこういった補償も充実しているので、海外出張先でもより一層安心して生活することができますね。 楽天プレミアムカードの国内外の旅行傷害保険は以下のようになっています。 国内旅行傷害保険 補償対象 補償額 傷害死亡 最大5,000万円 傷害後遺症障害 最大5,000万円 入院保険金 日額5,000円 通院保険金 日額3,000円 傷害手術給付 入院保険金の日額5倍から10倍 海外旅行損害保険 保険の対象 補償額 死亡 最高5,000万円 (自動付帯4,000万円/利用付帯1,000万円) 後遺障害 最高5,000万円 (自動付帯4,000万円/利用付帯1,000万円) 傷害治療 300万円 疾病治療 300万円 携行品損害 50万円 (1品あたり10万円限度、免責金額3,000円) 救援者費用 200万円• 船舶や航空機、自動車、自転車のような乗り物• スキーやスノーボード、サーフボードのようなアクティビティグッズ• 植物や現金、チケット、食料品のような価値が一定でないもの• 義歯やコンタクトレンズなど• 携帯電話• データなどの情報• 業務に使用するもの ただでさえ高還元率の楽天カードからさらに還元率UP 楽天プレミアムカードは、他の楽天カードと同様に基本還元率は1. これだけでも高水準ですが、さまざまな方法でより還元率を高めることも可能です。 最もポピュラーでおすすめな方法が「楽天市場」の利用。 楽天一般カードでは楽天市場の利用で還元率が3. 0%ですが、 楽天プレミアムカードなら5. 0%まで上げることが可能です。 売っていないものを探す方が難しい楽天市場において、この驚異的なポイント還元率の高さはすばらしい魅力がありますね。 楽天の特別会員プログラム「楽天プレミアム」が1年間無料に 楽天サービスには、年会費が3,900円かかる「 楽天プレミアム」というものがあります。 楽天プレミアム会員なら購入商品の送料に相当するポイントを獲得できるため、楽天市場を頻繁に利用する方であれば是非利用したいところ。 理論上は楽天市場の利用で毎月326円の送料を払っていれば年会費の元が取れる計算になりますが、実際に利用してみなければなんとも言えませんよね。 楽天プレミアムカードでは、 このサービスを1年間無料で体験できるという特典も付帯しています。 実際に利用してその後に考えたい方はこの特典を活用するのもおすすめです。 楽天プレミアムには送料還元以外のサービスも 楽天プレミアムには、送料相当をポイント還元できるサービスの他に以下のようなサービスもあります。 楽天ビジネスカードのメリット 同時所有することになる「」はクレジットカードとしてものすごい強みがたくさんありますが、楽天ビジネスカードの方も活躍できるシーンがあります。 楽天ビジネスカードのメリットを見てみましょう。 ビジネスカードは経費処理の負担軽減に 経営者にとって、経費の動きは必ず把握しておかなければならないもの。 しかし中小・零細企業や個人事業主にとって、事業用と私用のお金の境目はあってないようなもの。 ごちゃごちゃになりがちです。 そんなときに役立つのが「楽天ビジネスカード」。 楽天プレミアムカードと使い分けることで、 法人用の経費と個人用の出費を「口座」の段階からうまく切り離すことができ、カード明細などによって利用項目が一目瞭然に!骨が折れる経費管理も楽になり、バックオフィス業務の負担が減ることになります。 結果的に「無駄な経費」も可視化できるため、なるべく経費を抑えたい方にとっても便利に活用できるカードと言えるでしょう。 VISAビジネスオファーは、「接待」「出張」などを含めた多種多様なビジネスシーンをサポートしてくれるもの。 厳選されたホテルやレストランを優待価格で利用できたり、経理業務を任せられるなど、 ビジネスを円滑に進めるためのさまざまなシーンをバックアップしてくれます。 経費削減にも繋がるため、かなり便利なサービスだと言えるでしょう。 VISAビジネスオファーの内容 VISAビジネスオファーのサポートをざっくりと分けると以下のようになります。 飲食関連サポート 厳選レストランが優待価格になる トラベルサポート ホテル割引やツアー紹介。 またお土産についてのサポート ビジネスサポート 収納スペースの確保や経費削減、広告関連など幅広くビジネスシーンをサポート オフィス用品サポート オフィス用品の購入、レンタル価格を割引 IT・テレコムサポート データ保護や経理アシスタントなど会社運営に関わるサポート VISAビジネスオファーは、個人事業主でも企業経営者でも便利に利用できるサービス。 楽天ビジネスカードを利用することで上記のような特典を享受することができます。 経営を少しでもスリム&スマートにしたいのであれば、楽天ビジネスカードは最適な選択肢と言えるかもしれません。 ETCカードを複数枚発行できる 多くのクレジットカードは追加カードとして「 ETCカード」を発行することができます。 ETCカードがあれば高速道路などの利用もスムーズになり、ポイント還元によってお得にもなりますよね。 ただ、中には「クレジットカード1枚につき1枚までしか発行できない」ものも。 楽天ビジネスカードの場合は複数枚のETCカードを発行することが可能です。 例えば何台もの社用車に搭載する場合などに役立ちますよね。 しかも楽天ビジネスカードのETCカードは発行手数料無料。 さらに、1枚目は年会費も無料でETCカードを利用することができます。 2枚目以降は500円の年会費が掛かりますが、それほど大きな負担にはならないでしょう。 楽天ビジネスカードを利用するためには楽天プレミアムカードの発行が必要不可欠• 楽天プレミアムカードは豪華な特典があり大きな魅力を持つクレジットカード 上記のことから、楽天ビジネスカード+楽天プレミアムカードの所有は非常におすすめできると説明しました。 しかし、楽天市場を全く利用せず海外へも行く機会が全くないなど、 楽天プレミアムカードの利用にあまり向いていない方にとっては年会費10,000円のカードはやや重荷となります。 その場合は、単なる還元率1. 0%のカードに成り下がってしまいますよね。 また、「 楽天プレミアムカードの審査に通らなければ楽天ビジネスカードは発行できない」という点にも注意が必要です。 楽天ビジネスカード=楽天プレミアムカードの追加カードとして発行できる法人カード• それぞれ法人用、個人用と引き落とし口座を分けることが可能• 公私混同しやすい中小・零細企業の経営者や個人事業主の方におすすめ• 楽天プレミアムカードの豪華な特典+楽天ビジネスカードのビジネスサポートが魅力• 楽天ビジネスカードは社員用に複数枚発行することはできない(ETCカードは可)• 楽天ビジネスカードを持つには、楽天プレミアムカードの審査もパスする必要がある 楽天ビジネスカードは複数枚発行することができなかったり、やや特殊なビジネスカードとして見られることもあります。 確かにJCBやダイナース、アメックスなどの法人カードと比べると見劣りする部分もありますが、それでも抜群のポイント還元率やプレミアム特典の利用などによって多くの人気を得ていることも事実。 利用者によっては年会費以上の活躍をしてくれることでしょう。 経営者や個人事業主の方は他に検討している法人カードがあったとしても、一度は楽天ビジネスカードについて調べてみることもおすすめします。

次の