ドリンク バー メイド。 ドリンクバーメイド

『ドリンクバーメイド

ドリンク バー メイド

自分だけの味を 探そう!! MIXドリンクの楽しみ方• ベースとなるお好きなドリンクメニューを選んでタッチ• 好みのフレーバー(またはフレーバーなし)を選んでタッチ• 光るボタンの下にカップ、グラスを置いてボタンを押す• コーク&レモンのできあがり いろんな味を楽しもう!! 濃厚な甘さで、心も体もポッカポカ! 牛乳たっぷりのミルクティーに甘~い 香りをプラス! 全 68種類飲み放題!! Reflesh drinks• コカ・コーラ• コカ・コーラ メロン• コカ・コーラ レモン• ドクターペッパー• ドクターペッパー メロン• フルーツミックス (ジンジャーエール& ドクターペッパー)• カルピス• カルピス メロン• カルピス レモン• カルピス ソーダ• カルピス ソーダ メロン• カルピス ソーダ レモン• カナダドライ ジンジャーエール• カナダドライ ジンジャーエール メロン• カナダドライ ジンジャーエール レモン• ミニッツメイド レモン• ミニッツメイド レモンソーダ• ミニッツメイド オレンジ(果汁100%)• ミニッツメイド オレンジソーダ(果汁100%)• ファンタ メロン• 煌ウーロン茶• Relax drinks•

次の

ドリンクバー|ガスト|すかいらーくグループ

ドリンク バー メイド

お酒の効果をしっかりと理解し、自身や仲間の恐怖値をうまく調整しながら効率よく立ち回ろう。 バーメイドのお酒の効果について アイコンの種類とできること ほろ酔い状態の残り時間は、画面右上にあるサバイバーアイコンに表示されている白い線の長さである程度は判断できる。 白い線が表示されている間はほろ酔い状態による負傷状態となるため、ハンターの攻撃には注意しておこう。 バーメイドの外在特質 パーク バーメイドの外在特質 ドーフリン酒 ドーフリン酒を調合できる。 ドーフリン酒は、バーメイドや仲間が負傷時に飲用できる。 ドーフリン酒を飲むとほろ酔い状態となり、恐怖値が低下する。 ほろ酔い状態になると恐怖値は低下する。 ドーフリンリキュールは負傷時に飲用することはできず、仲間に飲ませることもできない。 また、リキュールの調合や飲用による恐怖値の低下は負傷と判定されない。 空軍と心眼には、ドーフリン酒を飲用させることができない。 酒の調合 健康状態だと、酒の調合ができるようになる。 酒を調合すると、瞬間的に恐怖値を半分上昇させる代わりにドーフリン酒を1本入手しつつほろ酔い状態に入る。 ほろ酔い状態に入ると恐怖値は低下する。 ドーフリン酒は1本までしか持ち運べず、1試合中に2回までしか調合できない。 ほろ酔い 酒を調合したり飲酒したりするとほろ酔い状態となる。 ほろ酔い状態が終了すると、サバイバーの恐怖値が瞬間的に半分低下する。 調合やドーフリンリキュールの飲酒によってほろ酔い状態となると、効果は8秒持続する。 ドーフリン酒の飲酒によってほろ酔い状態となると、効果は21秒間持続する。 ほろ酔い状態で攻撃を受けるとほろ酔い状態は解除され、効果も消滅する。 この効果は最大2回まで重複する。 そのため、リキュールは ハンターから8秒以上逃げ続けられる確信がある時以外は使わないようにしよう。 ハンターの補助特質が分かるまでは使わない リキュールで加速して強ポジへ逃げ込んだとしても、ハンターが「神出鬼没」を持っていると対処が難しくなる。 確実に逃げ続けるなら、リキュールは ハンターの補助スキルが判明するまでは使わない方が安全だ。 基本的に体力は治療で回復すること お酒を使えば短時間で体力が回復することが可能が、 お酒は1試合中に2本しか使うことができない貴重なアイテムだ。 ハンターが近くにいる場合を除いて、体力はなるべく治療で回復しよう。 状況によっては仲間にお酒を譲ること 負傷状態の仲間の近くにハンターがいる場合、もしお酒を渡せるような状況であれば渡すのもありだ。 ただし遠い場所からわざわざ向かうのは非効率なので、その時の状況からお酒を渡すかどうか判断する必要があるぞ。 上手く使えば、安定して解読時間を稼ぐことができるようになる。 回復しながらハンターとの距離を簡単に離すことができるので、生存率が大きく上昇する。 拘束されても仲間のサポートが可能! 「受難」により、 自身が拘束されている間はサバイバー全員がお互いの居場所を確認できる。 救助や解読の連携を取りやすくなるため、もしもの時に備えて装備しておきたい。 バーメイドの衣装 裁決の酒.

次の

まどろみバーメイド

ドリンク バー メイド

お酒の効果をしっかりと理解し、自身や仲間の恐怖値をうまく調整しながら効率よく立ち回ろう。 バーメイドのお酒の効果について アイコンの種類とできること ほろ酔い状態の残り時間は、画面右上にあるサバイバーアイコンに表示されている白い線の長さである程度は判断できる。 白い線が表示されている間はほろ酔い状態による負傷状態となるため、ハンターの攻撃には注意しておこう。 バーメイドの外在特質 パーク バーメイドの外在特質 ドーフリン酒 ドーフリン酒を調合できる。 ドーフリン酒は、バーメイドや仲間が負傷時に飲用できる。 ドーフリン酒を飲むとほろ酔い状態となり、恐怖値が低下する。 ほろ酔い状態になると恐怖値は低下する。 ドーフリンリキュールは負傷時に飲用することはできず、仲間に飲ませることもできない。 また、リキュールの調合や飲用による恐怖値の低下は負傷と判定されない。 空軍と心眼には、ドーフリン酒を飲用させることができない。 酒の調合 健康状態だと、酒の調合ができるようになる。 酒を調合すると、瞬間的に恐怖値を半分上昇させる代わりにドーフリン酒を1本入手しつつほろ酔い状態に入る。 ほろ酔い状態に入ると恐怖値は低下する。 ドーフリン酒は1本までしか持ち運べず、1試合中に2回までしか調合できない。 ほろ酔い 酒を調合したり飲酒したりするとほろ酔い状態となる。 ほろ酔い状態が終了すると、サバイバーの恐怖値が瞬間的に半分低下する。 調合やドーフリンリキュールの飲酒によってほろ酔い状態となると、効果は8秒持続する。 ドーフリン酒の飲酒によってほろ酔い状態となると、効果は21秒間持続する。 ほろ酔い状態で攻撃を受けるとほろ酔い状態は解除され、効果も消滅する。 この効果は最大2回まで重複する。 そのため、リキュールは ハンターから8秒以上逃げ続けられる確信がある時以外は使わないようにしよう。 ハンターの補助特質が分かるまでは使わない リキュールで加速して強ポジへ逃げ込んだとしても、ハンターが「神出鬼没」を持っていると対処が難しくなる。 確実に逃げ続けるなら、リキュールは ハンターの補助スキルが判明するまでは使わない方が安全だ。 基本的に体力は治療で回復すること お酒を使えば短時間で体力が回復することが可能が、 お酒は1試合中に2本しか使うことができない貴重なアイテムだ。 ハンターが近くにいる場合を除いて、体力はなるべく治療で回復しよう。 状況によっては仲間にお酒を譲ること 負傷状態の仲間の近くにハンターがいる場合、もしお酒を渡せるような状況であれば渡すのもありだ。 ただし遠い場所からわざわざ向かうのは非効率なので、その時の状況からお酒を渡すかどうか判断する必要があるぞ。 上手く使えば、安定して解読時間を稼ぐことができるようになる。 回復しながらハンターとの距離を簡単に離すことができるので、生存率が大きく上昇する。 拘束されても仲間のサポートが可能! 「受難」により、 自身が拘束されている間はサバイバー全員がお互いの居場所を確認できる。 救助や解読の連携を取りやすくなるため、もしもの時に備えて装備しておきたい。 バーメイドの衣装 裁決の酒.

次の