発破 類語。 【発破をかける】正しい意味と使い方を解説!【例文あり】

塵も積もれば山となるの意味!語源や類語も紹介!

発破 類語

発破をかけるの例文• バイトのやる気がないので店長が発破をかけた• 目標があと少しで達成するためチーム全体にリーダーが発破をかけて応援した• 最近の若者に発破をかけても逆効果である• 私は発破をかけられるとと余計にプレッシャーになってしまうタイプだ• 「発破をしかける」というのはハイリスクハイリターンである• 仕事がに入ったので自分に発破をかけて取り組む• 発破よりもやさしい言葉をかけてほしいと思う僕は小心者なのか 「発破をしかける側」「発破をしかけられる側」どちらも使うことができる表現です。 発破をかけるという行為はすごく気持ちがいいとおもいますが、掛けられた方はプレッシャーになったり、腹が立つこともあるでしょう(笑) ですので、あくまでもデメリットが発生するため、エールを送る手段としてはやや荒削りで不器用な方法になっているかもしれません^^; 発破をかけるの類語 類語をご紹介します。 … 発破をかけるの英語表現 英語で表現するならば、「My boss is pushing me to grow」と書くことができます。 意味としては、「上司が私に成長するようにと、発破をかけてくる」となる。 「発破をかける」は日本語ならではの言葉になるため、英語での直訳はむずかしいです。 発破を「Push(プッシュ)」と表現されることが多く、意味もかなり近い。 「Push(プッシュ)」とは、「押す」という意味がある。 ちなみに、英語で「発破工事」は「Blasting work(ブラスティングワーク)」と表現されます。 スポーツでは気合が入るかもしれませんが、仕事では冷静に応援されたほうが気合いが入ります(笑) あなたは、どちらのタイプでしょうか。 それでは、おさらいしていきます!• 「発破をかける」とは激しい言葉をかけて奮い立たせるという意味がある• 「発破」とは岩石などを火薬で破壊すること• 類語には、「元気づける」「叱咤激励」がある• 「発破をかける」のは諸刃の剣である• 英語で「Push」と表現する 最後までお読みいただきありがとうございました! あなたの1日が素敵な日になりますように。

次の

発破

発破 類語

「檄を飛ばす」の本来の意味とは? 「檄を飛ばす」を「激を飛ばす」と勘違いしていた、という人は多いでしょう。 どちらも読みは同じですし、「檄」と「激」は字も似ていますが、漢字が違うだけではありません。 まずは「檄を飛ばす」という言葉について、正しく認識しておきましょう。 「檄を飛ばす」の本来の意味は「主張を知らせて同意を得る」 まず「檄を飛ばす」は「主張を知らせて、同意を得る」という意味です。 イメージとしては、ある人が複数名に向けて自身の主張をし、その主張に同意を促す行為です。 「お知らせ」よりも主張する気持ちが強く、賛同をしてほしい気持ちが強い言葉です。 相手が一人のときに「檄を飛ばす」が使えないわけではありませんが、言葉が持つ「主張を知らせて同意を得る」という目的が、やや複数名をイメージさせることから、相手が一人の場合には「知らせる」「伝える」などが使われています。 「檄を飛ばす」の由来と語源 「檄を飛ばす」という言葉の由来は中国にあると言われています。 古代中国では、人々に伝えたいことや賛同を得たいことがあった場合に木札に文章を書いて人々へ回覧しました。 この木札を「檄文(げきぶん)」。 檄文を遠くに住む人にまで届くように発することを「飛檄」と言いました。 つまり木札そのものを「檄」とし、「檄を飛ばす」という意味です。 この「飛檄」から「檄を飛ばす」という言葉ができています。 「檄を飛ばす」の例文 実際に「檄を飛ばす」が本来の意味で使われている例文をご紹介します。 いずれの例文も、イメージによっては、激励の意味に捉えることもできますが、そこが「檄を飛ばす」の間違えやすいところです。 「知らせて、賛同を得ようとしている」という、発言者の気持ちに注目しましょう。 ・新入社員への「檄」 「社長は入社式で「自社の成長に必要なものは人である」と檄を飛ばした」 ・教師から生徒への「檄」 「私は教師として、生徒たちに「時間を大切に使うように」と檄を飛ばした」 ・父から家族への「檄」 「父は家族に「自分の責任を取れる人間になって欲しい」と檄を飛ばした」 ・総理大臣から国民への「檄」 「総理大臣は外交の重要性について檄を飛ばした」 「檄を飛ばす」の類語と誤用例 類語は「檄文を回す」「声明を出す」 「檄を飛ばす」を他の言い方に変えるのであれば「檄文を回す」「声明を出す」などです。 多少ニュアンスは異なりますが、いずれも「自分の意見を広く伝えて、賛同を求める」という趣旨に変わりはありません。 多少固い言葉となるため、日常で使われることは少ないでしょう。 日常的に使われる、意味の近い言葉は「報告」「通告」などです。 しかし、これらの言葉では「主張を知らせる」ということしか表すことができません。 「同意を得る」という部分については別の言葉を付け足す必要があります。 「檄をもらう」は基本的には使わない 「檄をもらう」「檄をいただく」など、檄を飛ばされた側からの表現に「檄」が使われることはほとんどありません。 これは「檄」という言葉を考えてみると感じられるものですが、基本的に「檄」はもらうだけではなく、賛同をするまたは賛同をしない、という 何らかのアクションや気持ちの変化が必要な言葉です。 そのため「ご意見をいただいた」「ご指導をくださった」などの表現が妥当でしょう。 主には、誰かを激励したり、熱く指導する場面です。 比較的高い温度で発せられる「激励」「激高」などの言葉に影響されていることが多いでしょう。 一般的に「激を飛ばす」という言葉に違和感を持っていない人は多く、それほど「激を飛ばす」という言葉は多く使われているのです。 「激を飛ばす」を受け入れる人もいる 言葉は時代と共に変化していきます。 少し前なら受け入れられなかった言葉も、使う人が多ければいつの間にか「言葉」として市民権を得ることもあるからです。 「激を飛ばす」も同じで、言葉としては存在しないものであっても、その行為自体がポジティブに捉えられることが多く、結果として「激を飛ばす」という言葉が本来は存在しない言葉だったと認識していても、意味を理解して受け入れる人は多いでしょう。 まとめ 「檄を飛ばす」という言葉が使われるのは、普段よりも改まった場であったり、背筋が伸びるような緊張感の中であることが多いでしょう。 「檄を飛ばす」という言葉を正しく理解することで、言葉を発する人の想いの強さや温度を正確に受け止めることができます。 自分の想いの中にあるものが「檄」に当てはまると感じたときに、ぜひ使ってみてください。

次の

発破をかける(はっぱをかける)の意味を取り違えないように

発破 類語

方法 発破する際は、発破する対象は確実に破壊しつつ、周囲への破片の飛散や振動、騒音はなるべく低く抑える必要がある。 そのため人家や市街地に近接した現場で発破解体を行う場合は必要最低限の装薬量で建築物や土砂がなるべく内側に崩れるようにし、騒音や振動を低減させる。 また発破による直接的なや発生ガス圧力により対象物全体を破壊するのではなく、構造物の強度上の弱点を発破により破壊して自重を支えられなくして自重崩壊していくようにすれば、周囲への破片の飛散が小さく、かつ徐々に崩れていくために振動や騒音を抑えられる。 このような発破方法は「制御発破」と呼ばれており、の現場や建設現場などでも多用されている。 対象物(この場合は岩石)を「跡形もなく吹き飛ばす」のではなく、対象物に穿った孔に爆薬を装薬し、この爆発力を利用して「割る」ことにも現れている。 このような目的では、一箇所に爆薬を大量に装填して、「一点よりの圧力で破壊する」よりも、「点と点で結んだ線で破砕する」方が効率がよい。 このため破壊対象全体に分布するように複数の装薬孔を穿孔し一箇所当たりの装薬量を減らして、複数の装薬を同時または時間差をおいて起爆する。 複数の装薬を起爆するタイミングを精密にずらすことによって、更なる振動低減や破砕屑(ズリ)の分布を調節出来るので、起爆には電気が多用されている。 なお従来は大きな破砕力を発生させるのに爆薬のほうが便利が良かったため広く用いられてきたが、の技術的進歩から、大きな圧力を発生させて岩石やコンクリートにヒビを入れる装置も出ているほか、分野でもと呼ばれる膨張剤なども利用されるようになってきており、状況に応じて使い分けられるようになってきている。 火薬と爆薬 一般に火薬と爆薬の意味は混同されて使われるが、では「推進的爆発の用途に供せられるもの」を 火薬、「破壊的爆発の用途に供せられるもの」を 爆薬、火薬や爆薬を加工したもの(、、、、、など)を (かこうひん)と区別している。 発破に用いる材料も火薬類取締法に従ってそれぞれが区別される。 物体の破壊や破砕目的の発破には専ら爆薬が用いられるが、墓石や建築材に用いる石材採取発破では過度な割れを防ぐために爆力の低い粒状黒色火薬などが用いられる。 また火薬と爆薬では、燃焼の性質や速度の面でも違いが顕著である。 火薬では衝撃で反応が始まり難いよう比較的安定した性質を持ち、一定以上のを加えることでという反応が連鎖的に発生するが、爆薬では設定された種類のエネルギーを加えた場合に反応が始まり、より速やかに全体へと反応が進むようになっている。 産業発破用爆薬で主流を占めるや系の爆薬では裸火で点火しても穏やかに燃焼するだけで反応に移行しないものが殆どであり、爆薬中に挿入した雷管を爆発させてその衝撃力で起爆する。 この辺りも火薬と爆薬の性質的な違いである。

次の