ハンター ハンター ゴン。 「ハンターハンター」ゴンの復活が待ち遠しい!念能力の秘密は?暗黒大陸に秘密が隠されているかも

【ハンターハンター】ゴンの念能力が使えなくなった後を徹底予想

ハンター ハンター ゴン

モンスター名 最新評価 ジンの息子 ゴン(進化) 8. 0 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 5 現環境においてトップクラスのアタッカー性能を持つ。 最近の高難易度の適正は少ないものの、その火力の高さからギミック問わず活躍できるクエストが多い。 そのため点数を9. 5とした。 そのため神化の点数を削除。 5 キャラの点数全体見直しのため、点数を変更。 0 他キャラの台頭により、現環境では友情が火力不足。 また強力なSSも現在の主な活躍の場である【究極】ではターン数の長さが目立つ。 以上の理由から9. 0とした。 5 直殴り、友情コンボ、SS共に高い火力を出せるという点を評価。 同点数のキャラ以上の活躍ができると判断し、点数を9. 5に変更。 0 神化を9. 0 進化は8方向EL、底力適応時のSSの火力が8. 0点並と評価。 神化は友情、SSの攻撃範囲と火力の高さから、ADWの中でも上位に入るとし9. 0点とした。 キラー発動時で、打撃部分は闇属性の弱点で約240万ダメージ、爆発は画面上全ての敵に約65万ダメージ。 更に味方の友情も誘発するため、敵全体に大ダメージを与える事ができる。 単体・複数どちらにも火力を出せる友情 獣神化の友情は全敵貫通ロックオン衝撃波と気弾。 前者は雑魚処理に、後者はボス単体相手に火力を出せる。 Cキラーものるため、クエストを通してアタッカーとして活躍できる。 ゴン(獣神化)の弱い点 最近の高難易度に適正が少なめ 獣神化のアンチアビは超ADW&アンチ魔法陣。 魔法陣が必要となるクエストはそこまで多くなく、ギミック対応力は低め。 特に轟絶クエストなど、最近の高難易度クエストではあまり適正を持たない。 ゴン(獣神化)の総合評価と使い道 ゴン(獣神化)は直殴り・友情・SSのいずれも高火力で、アタッカーとして非常に優秀。 ギミック対応力は低めだが、その火力からギミック問わず様々なクエストで活躍できる。 25 タス後限界値 20374 28320 418. 38 ゲージショット 成功時 - 33984 - キラー発動時 - 50976 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 16785 26873 397. 27 タス後Lv120 21685 29373 435. 25 タス後限界値 18937 28192 417. 30 タス後限界値 23649 25358 354. 75 タス後限界値 14980 17896 267.

次の

【ハンターハンター】暗黒大陸でゴンやキルアは登場する?

ハンター ハンター ゴン

このページの目次 OPEN• 1.「ゴン」が経験したヤバい過去とは? ハンターハンターに登場するゴンは、 くじら島で幼い頃から大自然に囲まれて生活をしていました。 特に試練となる出来事はありませんでしたが、島にいる野生動物を食糧にしていたので動物を狩猟するスキルに長けていたのです。 安定して動物を狩るために、ゴンは野生動物並の勘の鋭さを発揮しており、それが後々のハンター試験などで適用されることとなりました。 そんなゴンですが、幼少期に「カイト」という人物と出会い、そこから人生が一変します。 絶体絶命のピンチを救ってくれたカイトが、ゴンの父親「ジン」の弟子であり、ジンから命じられた試験をクリアするために立ち寄ったとのこと。 しかしその話を、ゴンは信じられない気持ちで聞いていました。 というのも、ゴンは父親「ジン」は死んでいると思われており、その話を聞くまで再び父親に会えるなんて思ってもいなかったのです。 実の母親が誰なのかについて、詳しいことは何も分かっていませんが、とあるネットの噂による「 すでに出てきた人物」とのこと。 カイトとの出会いにより、ゴンは12歳になる少し前に自分の父親を捜し、自分の夢を叶えるという目標を抱き旅に出てハンター試験を受けるととなります。 このようにして、ゴンの物語(ハンターハンターのストーリー)は幕を開けたのです。 2.「ゴン」がハンターハンター本編で見せた驚きの活躍 ハンターハンターの物語において、主人公に位置づけされるゴンは、これまでの旅で何を経験し成長したのでしょうか? 以下からゴンが見せた活躍について、簡単に振り返っておきます。 ハンター試験では、クラピカやレオリオさらにはキルアなどと出会い、いつしか友情が芽生えることに。 無事にハンター試験を通過したゴンは、一旦くじら島に戻り父が造ったとされる「 グリードアイランド」のゲームを知ります。 オークションに出品されることを知ったゴンは、キルアと共に再び旅に出て、そこで幻影旅団やマフィアなどと交わり苦労の連続。 しかしこの旅を通して実力的にも精神的にも大きく成長し、主人公らしい一面を覗かせるようになりました。 しかし、東ゴルドー共和国において、キメラアントと戦い後述する経緯で念能力を失い、活躍する機会が激減。 暗黒大陸編では表舞台には姿を現わさず、くじら島へ里帰りをして平和でのほほんとした毎日を送っています。 3.「ゴン」の性格に隠された秘密 ハンターハンターの主人公であるゴンは、どんな 性格をしているのでしょうか?• 好奇心旺盛• 情熱的• 自己犠牲的• 直情的 物語が進むにつれて、ゴンの活躍するシーンや台詞回数も増えてきたことで、性格について多くのことが分かってきました。 簡単に言えば、ゴンは「分かりやすい」性格をしており、裏で色々と考えたりするような事はありません。 スポンサーリンク 素直に感情を表現したり、思っている事を喋ったりするので付き合う側としては色々と詮索しなくても良いので楽でしょう。 しかし意外なことに、観光目的でくじら島に訪れる女性との デートを何度か経験しており大人の女性に対する対応は慣れています。 10代前半とは思えない、女性の対応が上手な一面は読者の多くも驚きを隠せません。 4.実は最強?「ゴン」のあり得ない戦闘能力 ゴンは野生動物の狩猟によって常人をはるかに超える戦闘能力を有しており、念能力を習得する前から自身の気配を消す「絶」などを知らない間に習得していたほど。 ハンター試験に合格してからは、念能力を習得するようになりこれによって飛躍的に戦闘能力は向上。 ゴンの念能力は、放出系に近い強化系能力者という特徴を持つので、変化系には少し弱いです。 ゴンの念能力で使う技は、「 ジャジャン拳」で、ふつうのじゃんけんのようにグー、チー、パーによって違った技が出ます。 グー:強化系の技で威力が最も高い• チー:変化系の技でキメラアントの体を切断するほどの威力• パー:放出系の技で掌からオーラの塊を出す また、ゴンは主人公であるため他のキャラクターが使用できないような恐ろしい技を持っています。 作中では詳細不明のため、「強制的成長」という見た目による名前が付けられているのですが、物語で重要な役割を果たしました。 カイトが死亡したことで、覚醒したこの技はゴンの肉体を強制的に成長させるという離れ業。 かなりのリスクを負いますが、物語の終盤になればこの技が大きな意味を持つと予想されています。 5.「ゴン」が念能力を喪失した驚きの理由 主人公として大活躍を見せたゴンですが、前述している通り物語の途中で念能力を失ってしまいました。 以下から、ゴンが念能力を失ってしまった理由について、ネタバレしていくのでまだ知らない人は閲覧注意でお願いします。 ゴンはキメラアントという、バイオハザードと対決することとなり、それはハンターたちに大きな被害をもたらしたのです。 ゴンにとって大きかったのは、幼少期からお世話になっていたカイトがキメラアントに殺害されてしまったこと。 これによって大きな怒りを抱いたゴンは、「 もうこれですべてが終わっても構わない」という覚悟を持つように。 すると、決意を固めたゴンの体が強制的に成長し、「ネフェルピトーを倒せる年齢」にまで発達。 自身の命を縮める行為ではありましたが、そのおかげでかなりの強さを持つネフェルピトーを一瞬で倒しました。 ところがその反動はとても大きく、ゴンの体はミイラのようにしおれてしまい、ただ呼吸をしているだけの状態になります。 そこにキルアがアルカを連れて訪れ、アルカ(ナニカ)の能力によって、ゴンを完治させたのです。 ところが、原因は不明ながらも念能力だけが失われた状態となり、ゴンの戦力は 大幅ダウンし物語から退場を余儀なくされました。 アルカによって復活したゴンが、どうして念能力を失った状態になったのかについて、様々な予想がされていますがよく分かっていません。 6.ゴンの「再登場」が確実と言われる根拠とは? 暗黒大陸編にゴンの姿は見られず、キルアと別れを告げて故郷に帰りました。 物語は主人公不在という、異例の展開に発展している訳ですが、ゴンの再登場は今後あり得るのでしょうか? 読者の予想によれば、ゴンは必ず表舞台に帰ってくると言われています。 その理由は、キルアとの別れ際に放った「 じゃあ、また」のセリフに隠されているとのこと。 この表現を見ると、2人は再び会うことを約束していると受け取れるので、再登場の可能性は高いと言えるでしょう。 それが暗黒大陸編になるのか、それともその先の冒険になるのかは分かりません。 主人公であるゴンが、ハンターハンターの世界に帰ってくることを期待したいですね。 まとめ ここでは、 ゴンの過去や性格、念能力を使えなくなった理由などについて紹介していきました。 ゴンは幼少期に父親が生きていることを知らされ、父に会うことを目標にしながら冒険を続けていくのが、ハンターハンターの物語です。 しかしゴンは、キメラアント編で念能力を失ってしまい、物語から退場している形となっています。 今後復活する可能性も高いので、ゴンの活躍を期待したいですね。

次の

ゴン=フリークス

ハンター ハンター ゴン

スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンのプロフィールは? 本名、ゴン=フリークス。 誕生日は5月5日で、初登場時、11歳(現在は12歳)。 身長154cm、体重49kg、血液型はB型です。 父親、ジン=フリークスと母親(不明)の間に生まれ、出生後、くじら島に住むジンの母と妹に預けられました。 くじら島では同世代の子供がおらず、いつも山の動物たちと遊び、島のおばちゃんたちに可愛がられながら育ちました。 小さい頃から父親は死んだと聞かされていましたが、ある日、ジンのことを知るカイトに出会い、父親がハンターで、まだ生きていることを知ります。 それから自身もハンターになりたいと思うようになり、 11歳でハンター試験をみごと一発合格しました。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの性格は? ゴンの性格は、単純一途。 興味のあることには何でも食らいつきます。 善悪関係なく、素直に教えをこいたり、感謝の気持ちを言ったりと、気持ちいほどの純粋さをもっていて、そのため、周りから逆に危うい、と思われることも。 難しく複雑なことを考えるのが苦手ですが、頭が悪いわけではなく、時々妙に核心を突く答えを言ったりして、その柔軟な発想力は周りをびっくりさせます。 人懐っこく、動物からも人からも慕われる無邪気な性格です。 また、家族や友達思いで、キルアにひどいことを言ったイルミの腕の骨を折ったり、幻影旅団のノブナガがウヴォーキンを亡くして泣いているところを見ると、 「なんでその気持ちをお前らが殺した人達になんで分けてやれなかったんだ!!!」と怒りで腕相撲に勝利したりと、仲間のために怒るとものすごい力を発揮します。 まさに、ジャンプの主人公、といったところですね。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】ゴンの念能力は? ゴンはウイング師範代の下で念の修行をし、めきめきと力をつけていきます。 ゴンの念の系統は、攻撃力、防御力と高い強化系。 拳に練で増強させたオーラを込め、パンチすることを得意とします。 ジャジャン拳 そんなゴンは、ビスケから聞いた、じゃんけんの由来が邪拳であったという話を聞いたとき、自身のパンチをじゃんけんに見立てた必殺技にすることを考え付きます。 拳に念を込めるとき、どうしても時間がかかってしまうため、その間の時間稼ぎとして「さいしょはグー、じゃんけんグー」でパンチすることを考案しました。 さらに、強化系の必殺技だけじゃなく、「じゃんけんパー」でオーラを飛ばし、放出系の必殺技、「じゃんけんチー」でオーラを刀のような刃物に変え対象を切り裂く、変化系の必殺技を繰り出すという3段構成で必殺技を作ります。 ナックルに技の名前を聞かれたとき、どもって、「ジャ…ジャン拳」と言ったことから、この必殺技の名前はジャジャン拳となりました。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】なぜ念能力を失った? 肉体を強制成長させるというのは、かなりのオーラを使います。 ゴンはこれを「制約と誓約」によって可能にしました。 しかしその反動で、念能力を失ってしまうことに。 制約と誓約とは? 「制約と誓約」とは、制約(ルール)を決めてそれを心に誓うことで、そのルールが厳しければ厳しいほど、使う技が爆発的な威力を発揮するという、念能力の大技ですが、諸刃の剣でもあるのです。 誓約を破れば、その反動で念能力そのものを失う危険もあるからです。 ゴンの場合、「命を圧縮する」というルール(制約)を決め、決意(誓約)することで、強制成長を可能にしましたが、その結果、命が圧縮され瀕死の状態になってしまいました。 しかしその後、 ルールを破ってアルカの能力で復活したため、反動が起き、念能力を失うことになってしまったのです。 スポンサーリンク 【ハンターハンター】今後ゴンは念能力を取り戻せる? ゴンは念が使えないと気付いたとき、ジンに電話をします。 「オーラが出ない」と伝えると、ジンは 「オレといた時は出ていたぞ おそらくお前が視えなくなっただけだ」 と返します。 念のオーラは全ての人間が持っているものですが、それは通常の人は視えず、たれ流しになっている、とウイングさんが言っていましたよね。 ゴンは、ハンター試験を受ける前の、普通の男の子にもどってしまったのです。 ジンから、 「現状のお前がやれる事は何か見つけるいい機会だ」 とアドバイスされたゴンは、現在、ミト叔母さんのところでたまりにたまった学校のテストやレポート作成に明け暮れています。 さて、今後、ゴンは念能力を取り戻し、物語に戻ってくることが出来るのでしょうか。 そもそも念は、ゆっくり起こす方法と、無理やり起こす方法の2通りがありましたよね。 ゴンとキルアは無理やり起こして急激に強くなっていきました。 もしゴンが念能力を使えない普通の状態に戻ったのであれば、またゆっくり特訓して起こしていったら、使えるようになるのではないでしょうか? もう一つの可能性としては、アルカにお願いすること。 何でも願いをかなえてくれるアルカなら、ゴンの念を復活させることは容易いと思います。 しかし、アルカは暗黒大陸の厄災「アイ」として、まだまだ未知数の存在です。 キルアも、もうアルカになにもお願いをしないと心に決めていますから、この可能性は低いと思います。 また、ゴンがもう物語に参加しない、ということも十分あり得ます。 冨樫先生は、「ジョジョの奇妙な冒険」をかなりリスペクトしていることで有名です。 ジョジョといえば、単独の主人公がおらず、主人公が変わるごとに「1部」、「2部」と部数が進んでいくことで有名です。 ゴンが念を使えなくなったときに入れ替わりに活躍したジンと、新キャラドン=フリークスという人物の存在。 まるで、第1部のゴンが終わりを告げ、第2部のジン、第3部のドン、と進行することを予言しているかのようですよね。 ゴンの今後は、念能力が戻るか否かにかかっています。

次の