キャバ嬢 貯金。 【現役ホステスが暴露】キャバ嬢が同伴以外で店外するお客様の共通点5つ

キャバ嬢の税金事情-確定申告は行うべきか?

キャバ嬢 貯金

こんにちは、アラサーOLのハナです。 貯金のために週1でホステスのバイトを始めて、1年になります。 まだまだ実力不足ですが、「店で一番かわいい子」ポジションにおります。 照 毎週のようにデートのお誘い、同伴・アフターのお誘いを頂いていますが…正直なところ 95%はお断りしています。 …が! 喜んで店外させていただく場合が稀にあります。 この記事では、• キャストが店外デートしちゃうお客様の5つの共通点 をご紹介します!• キャバ嬢・ホステスが店外デートOKしちゃうお客様の5つの共通点 まずは何故キャストが店外デートを断るのか、その理由をご存知ですか? 断られる理由を知っていないと、 勝率は絶対に上がりません。 読んでいただけましたか? ありがとうございます! 仕事のできるキャスト、分別のあるキャストほど、無暗に店外デートをOKしないことはご理解いただけたと思います。 しかし、筆者が 「95%はお断り」と記したように、 5%の勝率はあるんです! キャストがプライベートな時間を削ってもいいなと思えるお客様には、いくつかの共通点があります。 特別仲良くなりたいキャストがいる人は、是非参考にしてくださいね 【1】月に最低2回以上のペースで指名してくれる キャストのお仕事は、お店で売り上げを上げることです。 売り上げを上げるためには、• お客様をたくさん呼ぶ• お客様に飲ませていただく が基本中の基本です。 だから、お店に来てくれる 頻度が少ないお客様と店外していては仕事にならないんです。 だってお客様は「〇〇ちゃんと飲みたいな」「〇〇ちゃんに会いたいな」という気持ちがあってお店に来てくれるわけですよね。 お店に滅多に来られないお客様と簡単に外で会ってしまったら、 お店に行かなくても、会えるじゃん! となってしまいます。 それでは売り上げが上がらず、キャストは お店で叱られたり肩身が狭い思いをしてしまうんです。 キャストの 成績に貢献していることが前提になります。 当たり前ですが、フリーや場内指名じゃダメですよ? お店やキャストの感覚にもよりますが、一般的に月1来店のお客様は細客と呼ばれています。 店外やアフターを交渉するなら、どんなに少なくても月2以上です。 忙しくて月1~月2しか難しいという場合は、1回の来店で気持ち高めの支払いになるようにしましょう。 予算内で安く飲むお客様を嫌いになったりしませんが、そういうお客様と店外するメリットは皆無です ちなみに、キャストによっては週1指名してくれるお客様をたくさん抱えていますので、店外のハードルはライバルによっても変わります。 【2】ケチアピール、お金がないアピールを一切していない これ、当たり前ですけど大切です。 キャストはお客様の懐事情をとても気にしています。 あなたがお金持ちかどうかで優劣をつけているのでなく、あなたに楽しくお店で過ごしてもらうために気を配っているんです。 こんな感じで、できるキャストほどお客様が安心して楽しく飲めるよう配慮しているんです。 そんなキャストの前で、 「最近マジで厳しいわー」 「全然お金ない(笑)」 なんて冗談でも口にしてはいけません。 店外だなんてとんでもない! 安くてもいいから、お店に来てくれる方が嬉しいもん! となってしまいますからね。 【3】過剰な下ネタを口にしない 夜の店の女の子なら、どんな下ネタを言ってもいいと勘違いしている男性が多いです。 もちろん仕事なのでノリノリで受け答えしてくれるキャストも多いですよね。 しかし、あなたがそのキャストに好かれたい、親しくなりたいと思っているなら下ネタはほどほどにしましょう。 目安としては 、 会社の女性に言えるレベルの下ネタまでです。 過度な下ネタは、キャストに性的な印象を強く与えてしまいます。 賢明な女性ほど、そういう男性とふたりきりで出かけようとは思いません。 【4】キャストとしてでなく、女性として扱ってくれる これは単に「可愛いね!」と褒めればいいわけではありません。 「店の女の子」ではなく、対等に接してくれるお客様はキャストから めちゃくちゃ好かれます。 苦手な種類のお酒でも飲む• 一気飲みをコールで煽られる• 手・肩・腰・太ももなどに手を置かれる• カラオケで歌うことを強要される• 「面白い話して」と言われる それが仕事じゃん と言われればそれまでですが、普通に考えて分かる通りこれらは本当にしんどいんです。 仕事とはいえ、これを当然に求めてくる男性と店外でまで会いたくないのが信条です。 入れるお酒を女の子に任せてくれる• 女の子のペースでお代わりを促してくれる• 自分からは一切触らない• キャストがカラオケが好きかどうか確認してから曲を入れる• 「最近どう?」と当たり障りない聞き方。 例えば、キャストによってはワインやウイスキーが苦手です。 何かボトルを入れる場合、 ウイスキー入れるけど、一緒に飲む? 苦手なら他の飲んでいいよ と言ってくれると、本当に本当に嬉しいです。 お言葉に甘えることもあるし、気持ちをありがたく頂いた上でお客様に合わせる場合もあります。 店の女の子なんだから、俺に合わせてね 俺を楽しませてよ という態度のお客様より、まるで 対等かのように接してくれる方にキャストは心惹かれます。 そういうお客様なら、お会計が高かろうが安かろうがにかかわらずに嬉しいものです。 キャストを対等に丁寧に扱ってくれるお客様ほど、キャストとご飯に行ったりスポーツ観戦やライブに行ったりしてます 【5】誘い方が具体的で、返答しやすい これ、とっても大切です。 筆者のお客様にただ 「デートしようよ!」と口説いてくる人がいます。 こちらがベタ惚れしている男性からなら、これで十分嬉しいですが、お客様からこう誘われても返事できません。 何をするのか• どこに行くのか• それがいつなのか がハッキリしていて、かつ 返答に猶予を与えていることです。 キャストが興味を示すもので誘うのは、基本中の基本ですね。 まとめ:やみくもに店外に誘っても絶対断られる。 キャストの仕事を理解し、夜の女ではなく普通の女性を誘うときと同じ準備で誘おう。 いかがでしたか? 筆者が知っている中にお客様と結婚した女の子がいますし、お客様と付き合ったことのある女の子も数名います。 キャストは 絶対に口説けない存在ではありません。 しかし、一歩やり方を間違ってしまうと、男性としてどころかお客様としても「嫌な人」になりかねません。 人気のあるキャストほど、お客様のことをよく観察しています。 嫌なお客にも良いお客にも人一倍出会っています。 senaharu.

次の

【貧困女子】大卒元キャバ嬢、目減りする貯金と孤独と向き合う、平成最後の年末年始……~その2~

キャバ嬢 貯金

貯金できる・できないはキャバ嬢によって分かれる キャバ嬢って、一般的な昼職の収入に比べるとかなり稼げる職業なので、たくさんお金が入ってくるんですよね。 ですが、その入ってきたお金をすぐに使ってしまうか、コツコツ貯金できるかどうかはその人次第。 なのでキャバ嬢にも、貯金ができる人とできない人の2種類に分けることができるんです。 当サイトでは、についても紹介していますので興味がある人はこちらの記事も是非ご覧ください。 貯金できるキャバ嬢 貯金ができるキャバ嬢は入ってきたお金を貯金用の別口座や定期預金で毎月一定額貯金していたり、日頃必要ない経費は落として節約している人が多いです。 例えば、タクシーではなくなるべく電車やバスを利用したり、ですね。 こうした日常からのちょっとした工夫をすることで、しっかりお金を貯めている人が多いです。 貯金できないキャバ嬢 それに対して貯金ができないキャバ嬢はお給料を日払いでもらって口座に入れずにすぐに現金で使ってしまったり、浪費癖がある人です。 趣味が多かったり、疲れているとブランド品を買い漁っちゃったり。 貯金ができない人は同時に家のなかに物が溢れかえっている人も多いですね。 キャバ嬢が貯金するコツ キャバ嬢になるなら、貯金できる人になっておくことに越したことはないですよね。 キャバ嬢を引退して貯金ゼロっていうのはかなり絶望的で、生活も転職活動もまともにできません。 貯金のコツを押さえて現役のときから少しずつ貯金をしていきましょう! 買わないものを決める 特に服やバックなど、可愛い新作が出ると衝動的に買ってしまいたくなるのはわかりますが、グッとこらえましょう。 必要ないものは買わない、買っても使う機会がないというものは買わないようにすることが大切です。 真っ先に貯金する 給料は月給制、銀行振込にして、給料が入ったら使う前に真っ先に貯金用の口座に移し替える。 こうした習慣をつけることで毎月一定額を貯金することができますよね。 自分で移し替えなくても良いように定期預金の契約をするのもおすすめです。 使う以上に稼ぐ それでも自由に使えるお金はある程度欲しい!それなら、使う以上に仕事を頑張ってたくさん稼ぎましょう。 キャバ嬢として出費が掛かるし、プライベートで使えるお金もある程度欲しい!それなら、その分たくさん稼げば良いんです。 たくさん出勤したり接客に力を入れて、収入をアップさせましょう。 キャバ嬢の経費を減らす キャバ嬢の仕事は何かと出費がかさばります。 なので、もし1〜2年以内に引退を考えているのであれば、ドレス代や交際費を少しずつ抑えることで、キャバ嬢の仕事に関する経費を減らしましょう。 また、ネイルやマツエクの頻度を少しだけ落としたり、エステ通いをやめたり。 綺麗でいることは大切ですが、意外と美容関連の出費を見てみると、不要な部分が多い可能性もあります。 友達の貯金額 実際のところキャバ嬢はどれくらい貯金している人が多いのでしょうか。 ここで、友達のキャバ嬢の貯金額についてご紹介いたします。 正直ちょっと聞くのがはばかられたんですが、みんな快く答えてくれました!ありがとう! 私の貯金額 友達の貯金公表して私は公表しないのはフェアじゃないですよね。 ということで、ぶっちゃけるとキャバ嬢を引退した当時の貯金額は3000万円です。 当時26歳、キャバ嬢歴は約7年。 かなり多めに感じるかもしれませんが、24歳くらいからキャバ嬢の引退は考えてたので、引退後のことを考えてその辺りから意図的にたくさん貯金してたのが要因です。 転職活動や保険料の支払いで収入ゼロなのにお金が飛ぶのがわかっていたので、これだけ貯めてました。 ナナミさんの貯金額 ナナミさんは私のほぼ同期のキャバ嬢で歳も一緒。 今も現役キャバ嬢をしてるんですが、その貯金額は1800万円なんだそうです。 「まだ引退を考えてないとはいえ、ある程度貯金してないと将来的に不安だから」とのこと。 確かに、貯金額が1000万超えていたらお金にそこまでの不安はありませんよね。 ミサキさんの貯金額 ミサキさんは私の2歳下の現役キャバ嬢で、貯金額はなんと5600万! 6年くらいキャバ嬢を続けていて、始めた当初からかなり多めに貯金してるんだそうです。 なぜなら、「将来的にカフェを開きたいから、その開店資金のためにキャバクラで働いてるんです」だそうです。 学費や夢のためにお金を稼いでるキャバ嬢もいるので、これくらいの貯金額のキャバ嬢も意外と少なくはないのかもしれませんね。 アヤカさんの貯金額 私の先輩キャバ嬢で同じく引退済みのアヤカさんは、現役時代の最高貯金額は600万円。 「正直、コツコツ貯金するのが苦手だったから、600万でも頑張った方だよ」だそうです。 ちなみに、アヤカさんは引退してすぐ、当時のお店のお客さんと結婚しているので、今も生活には全く困っていないそう。 今も旦那さんと子供と楽しく暮らしています。 寿引退っていうパターンのキャバ嬢にはすごく多いんですよね。 まとめ キャバクラで働くと、たくさん稼ぐことができますがその分出費がかさむ部分も多いので、貯金するためにはある程度工夫をしなくてはいけません。 買うもの、買わないものを決めてよく考えて買い物をする• 毎月一定額貯金できるように工夫をする• 支出より収入が上回るようにたくさん稼ぐ キャバ嬢の仕事をすることによって、美しさとキャバ嬢としての接客スキルは身につきますが、いざ引退して転職するとなるとその道は過酷です。 資格なし実務経験なしで就活が難航する元キャバ嬢も多いので、貯金はある程度多いに越したことはありません。 今貯金できていなくても、これから貯金するための工夫をすれば問題ありません。 たくさん稼いで、貯金もたくさん貯めてキャバ嬢引退後の人生に備えておきましょう。

次の

【現役ホステスが暴露】キャバ嬢が同伴以外で店外するお客様の共通点5つ

キャバ嬢 貯金

ホステスです。 フッと他のホステス、キャバ嬢の方の収入、家計簿、貯金額が気になりました・・・。 私は平均50万です。 毎月の出費額は 携帯代 30,000(家の電話、インターネット代含む) タクシー代 40,000(終電で帰れない為) 誕生日代 10,000(お客様用のプレゼント代) ご飯代 10,000(後輩とのお付き合い) おみやげ代 10,000(接待で来てくれたお客様用のお土産代) 家に入れるお金 50,000 旅行代 30,000(毎月貯金してある金額になったら旅行に行く) 欲しい物貯金 20,000(毎月貯金してある金額になったら高価な物を買う コート等) 美容代20,000(化粧品、基礎化粧品等) お小遣い80,000(服、交際費、趣味、コンビニ、タバコ代等) 毎月の出費は合計32万です。 残り約18万を毎月貯金してます。 エステにはいきません。 ネイルもしません。 まつげエクステもしません。 ドレスはお小遣いの中から工面して買います。 みんさんのお給料の内訳はどんな感じですか? 50万頂いてて毎月18万の貯金は少ないですかね? 8万のお小遣いは少ないですか?それとも多いですか? 自分の中では8万で抑えるのはとてもキツイですが頑張っています。 これって金銭感覚がマヒしてるのかな??? 本当はエステにも行きたいし、ネイルもしてみたいですが、我慢してます。 どこか見直す所がありますか? 質問ばかりですが、回答宜しくお願いします。 タクシー代、痛いですよね 泣 わたしは、25であがるまでは、景気がマシだったこともあり、50から100万をいただいていました。 うちは、手渡しと振り込みを選べ、さらに週払いか月払いか選べたので、月払いにして、毎月かならず半分以上は貯金していました。 家賃 86000 食費 30000 主に自炊 携帯 20000 光熱費水道費 15000 美容代 50000 服、雑費 20000から50000 お土産、プレゼント 必要に応じて ドレス ドレスは、レンタルや、used、オークションも利用していました。 これも必要に応じて 交際費 30000 美容とドレスやプレゼントはしかたないとしても、家賃や交際費、服、遊びなどは、できるだけ辞めたときを想定して、普通職の友達を参考にして生活していました。 タクシー代を避けるため店の近くに住み、一人暮らしのため自炊をして、生活をコントロールしていました。 ごはんは同伴でいただく機会も多かったですし、助かりました。 コンビニは大敵ですよ!1日何回もいかないほうがいいです。 今一般職で、手取り20位ですが、おかげでスムーズに普通の金銭感覚に戻れました。 しかも、ちゃんと貯金していたために、後ろ楯があり、心が楽です。 もしわたしが質問者様の出費を削るなら、コンビニとタバコで随分かわるかな、と思います。 でも、決して派手すぎな使い方ではなく、おうちにもお金をいれていて、偉いなと思います。 頑張ってください! きちんと確定申告していますか?毎年そろそろ 昼間会計士さんがきてくれて 昼間何十人も みてもらいます。 くらべても仕方ないのですが 私は和装なので美容室とクリーニングで毎月7~8万、着物購入のため2~3万キープ で美容室と着物に 10万 ネイルケア、化粧品等 1万 帰りに集合かかり飲みに行くから飲み代 5万 お稽古代 お茶と三味線と踊りの月謝その他 3万円~10万円 携帯代 1万円 車ガス代 1万 プレゼントお土産代 3万 毎月のお付き合い、お中元とかの徴収 1万円~ 合計25万~30万位が 経費で計上 残りを生活費にしていました。 お小遣いからドレスとかあり得ないのですが。 ちゃんと確定申告しないと まずいはず です。 指導がないお店ですか? 残りで家賃払い 寝るだけみたいな生活ですから お小遣いもあまり必要では無かったので お金は置き家のお母さんに預けていました。 天引きみたいに 何万か集めて組合で預金していたみたいですが これは自分で管理しないのでわかりません。 興味無かったので。 年に一度記帳はしていました。 一度 生活費と経費を分けて考える事をお勧めします。 経費がかかる仕事ですが ちゃんと申告したら 経費には税金 かかりません。

次の