わさび ドラえもん。 ドラえもん映画作品

水田わさび、ドラえもんとの14年 年を重ねて気付いた責任→まに見るけどやっぱり違和感

わさび ドラえもん

概要・特色 1980年より毎年3月 に子供の春休みの時期に合わせ公開されている(交代の行われた2005年を除く)。 その影響もあり、四季が設定されている作品の場合、作中の季節は春及び夏になる事が多い。 1980年公開の『』から1997年公開の『』までは、藤子・F・不二雄によって描かれた「大長編ドラえもん」の第1作『のび太の恐竜』から第17作『のび太のねじ巻き都市冒険記』を原作としている。 ただし、1988年公開の『』は、作者が入院中であったため「大長編ドラえもん」は執筆されていない。 作者逝去により、1998年公開の『』以降の作品については、藤子プロのスタッフが、映画を原作とした漫画を執筆している。 なお、作者が在命時は「今年はこんな冒険をするんだよ」と家族に話すのが恒例だったとのこと。 や美術設定は各作品ごとに設定が起こされ(リメイクを除き)、レギュラー陣の普段着がテレビ版のそれと比べて若干複雑なデザインとなる、普段から馴染みの場所であっても背景としての書き込みがより細かくなるといった特徴がある。 同時上映の短編でドラミやが主人公になったり、藤子の他のキャラクターと共演することもある。 例年数百万人の観客動員と数十億円台の配給収入を維持しており、日本映画が低調であった時代でも上位を占める大ヒットシリーズとなっている。 2013年公開の『』で邦画史上初となるシリーズ累計動員1億人を突破している。 声優陣の交代 2005年3月に25年にわたって連続登板し続けたレギュラー声優陣が交代した(参照)。 1980年から2004年まで毎年3月に大長編ドラえもんの映画作品が上映されていたが、交代劇によって該当年の映画は製作されず、ドラえもん映画史において唯一の空白期となる。 ら声優陣での映画作品は2004年公開の第25作『』で最後となり、2006年公開の第26作『』からはら声優陣によるものとなった。 これにより、2005年を境に ドラえもんによる第1陣声優の映画(~)シリーズを第1期、 ドラえもんによる第2陣声優の映画(~以降継続中)シリーズを第2期として区分けされる。 DVD販売等の媒体では、タイトルを青(第1陣)と赤(第2陣)で区別表記している。 声優交代が行われて以降2016年までは、基本的に第2陣声優陣による新作と第1陣声優作のリメイク作品が交互に公開されていたが 、2017年以降は連続して新作が公開されている。 また、第1陣声優作で恒例だった短編映画の併映はオミットされており、全て長編映画のみの単独公開となっている。 第2陣声優作には必ず「小動物」のキャラクターが登場するようになり、それらは通常の味方であれば、ピッポのように当初はドラえもんらと対立する敵であったりもする。 また設定やストーリーなど第1陣声優作に比べて原作寄りにはなっているが、前述のように新キャラを登場させたりストーリーを別の方向へ変えたりして親世代も二度楽しめるような工夫を凝らしている。 第2陣声優陣によるオリジナルは第1陣声優作に比べ、ドラえもんは主人公に相応しい活躍をしている作品もある が、のび太達やゲストキャラクターにスポットが当たる為に扱いが悪く、目立った活躍が出来ていない作品 もある。 のび太は原作やTVシリーズのように扱いが悪く活躍も少ないが、ゲストキャラクターと親しくなり、絆を深め、終盤で重要な役割を果たすことが多い。 が登場する作品では第1陣声優作・原作ではドラえもん達は彼らにほぼ頼りがちになっているが、第2陣声優作では彼らの力を借りずに自分達で困難や強敵に立ち向かっている。 テレビ放送では第2陣声優の映画以降、オープニング・エンディングをカットして放送されている()。 チェーン系劇場では4月中旬の金曜日に終映となり、翌土曜日から同じ制作会社・配給系列の「」へ入れ替えとなるパターンが多い。 一部の劇場(主にシネマコンプレックス及び地方部の単館系劇場・巡回上映)では終映日を延長したり、上映開始日を遅らせる関係で5月以降も上映している場合もある。 また、向けに付版の上映も劇場と時間を指定のうえ行われており、DVDソフト版での日本語字幕の収録においても活用されている。 前記の通り第1陣・第2陣声優により2005年以前を1期群、以降を2期群と区別し、「期数-期内で何作目か」の形で示し、『その他』の項目で登場する派生作品もこれに順ずる。 それぞれの期の詳細に付いては、テレビアニメ記事(・)を参照。 何作目であるかは以下の通りで示している。 「通算」では通算で何作目かを示す。 タイトルソート内は「のび太の(と)」を省略(例:のび太の恐竜は「きようりゆう」でソートされる)• 動員は観客総動員数。 備考の箇条書きは併映作品。 大長編 コロコロコミック本誌で連載する物とは別に、映画用原作として執筆された『』を元とした物(リメイクを除く)。 忍者ハットリくん・ニンニンふるさと大作戦の巻• ・バードマンがやってきた!! とびだせ! バケバケ大作戦• スーパーGOLFワールドへの挑戦!! プロゴルファー猿 甲賀秘境! 影の忍法ゴルファー参上! オバケのQ太郎 進め! 星空のダンシングドール• ブラックホールからの独裁者B・B!! 宇宙いけ! 裸足のプリンセス• 宇宙の果てからパンパロパン! 1981年7月にとして上映/1981年10月5日TV特番放映• 全国心身障害児福祉財団製作で公民館など公共施設でのホール上映となった。 監督・演出 - もとひら了• 脚本 - 水出弘一• 音楽 -• 一般の映画館で夏に公開される『ドラえもん』映画としては、『』以来約33年振り2作目となる。 令和シリーズ初の立体映画作品。 オープニングテーマ 第25作目『のび太のワンニャン時空伝』までは、シリーズ主題歌としてテレビ主題歌がオープニングに流れるのが通例だった。 第1作『のび太の恐竜』、第2作『のび太の宇宙開拓史』では、『』が使われた。 両作では今で言う所謂アバンパートはなく、配給会社社紋()の直後からオープニングテーマがスタートした。 第3作『のび太の大魔境』からオープニングが『』(版)となり、アバンパートが入るようになる。 『のび太と鉄人兵団』からはのび太が「ドラえも〜ん」と叫ぶシーンまでをアバンパートとして入れる構成になった。 第10作『のび太の日本誕生』から版に変更されたが、藤子・F・不二雄の存命中の作品では大杉版時代と同様、のび太の泣き言までをアバンパートとする構成が貫かれた。 藤子の逝去後の作品では、アバンパートからOPに入る際の泣き言がのび太の代わりにスネ夫・ジャイアンによるものだったり、逆にドラえもんが「のび太く〜ん」と泣き言をあげる場合もあった。 第19作『のび太の南海大冒険』ではエンディングと統一感を出す形で版が使われた。 また、第21作『のび太の太陽王伝説』では版が使用された。 しかし、完全に交代することはなく、テレビシリーズと共通感を出すためこの2作を除いた形で第25作まで山野版が使用された。 当初はテレビシリーズでの歌手交代後に歌手を交代する予定だったが1989年からの浸透もあり好評だったため、山野と契約が結ばれた。 また『』以降の作品では、オープニングテーマの『ドラえもんのうた』前のプロローグで、最後にのび太が「ドラえも〜ん」と叫ぶのが定番になっている(『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』だけは例外的に、のび太の叫び声の後にドラえもんが「のび太く〜ん」と叫ぶ。 なお、『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』ではのび太ではなく、ジャイアンとスネ夫が担当)。 これは、プロローグにドラえもんたちが一切登場しない場合でも行われる(『ドラえもん のび太の日本誕生』と『ドラえもん のび太と雲の王国』。 なお『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』ではのび太の父のみの登場)。 リニューアル後の作品では、『』(アバンパートがない)、『』、『』(ドラえもんたちが登場しない)、『』、『』を除き、オープニング前にのび太が「ドラえも〜ん」と叫ぶシーンが挿入されている。 なお『』では、のび太ではなく、ドラえもんが担当し、「のび太く〜ん」と叫ぶ。 主題歌 1996年公開『のび太と銀河超特急』までの主題歌は、1984年公開の『のび太の魔界大冒険』を除いてが作詞。 絵コンテを読んで作詞し、その詞に合う曲を作れる人に曲を依頼するという流れで制作された。 は初期の2-4作はだったが、90年代以降はほとんどの楽曲を武田鉄矢あるいは1994年に復活したが担当した。 また、のび太と夢幻三剣士では、主題歌、挿入歌、共に武田鉄矢一座となっている。 武田本人が一番気に入っていると認め、藤子・F・不二雄も気に入っていた曲は『少年期』(後表参照)。 藤子・F・不二雄の死去後、武田は「 藤子先生が亡くなった今、僕はドラえもんの映画の作詞を引退します」と宣言し、勇退。 以降は毎回違った作詞家・作曲家が担当している。 ただし、2010年公開『のび太の人魚大海戦』では映画30周年を記念して、再び武田が挿入歌の作詞・歌を担当した。 映画シリーズの主題歌を請け負ったことのある団体や個人としては、・・・・・・などが知られている。 また、・・・・といった公開当時にやとして活躍していた芸能人も担当している。 なお『のび太とふしぎ風使い』、『のび太のワンニャン時空伝』では公開当時のテレビ版のエンディングを使用していた。 なお、『のび太の魔界大冒険』の主題歌である小泉今日子の「」は他作品とは扱いが異なる映画公開時とで配信されている本作の映像 の使用・契約であり、を保有しているのおよび歌唱者のマネージメント元であると2次使用についての契約が何らかの理由で締結されなかったため、発売されている同作品のすべての(1980年代に発売されたVHS版より)およびテレビ放送では前々作主題歌(「だからみんなで」)に差し換えられている。 なお、同曲のドラえもん関連のCDへの収録は2010年発売のコンピレーションアルバム(後述)まで全く行われなかった。 多くの作品で、エンディングのほかに物語中盤の挿入歌として使用されている。 ヘッチャララ!! 1995年3月1日、が『ドラえもん映画主題歌集』を発売した。 これには・武田鉄矢一座および海援隊()が作詞・歌唱した映画主題歌とそのカラオケ音源が収録されている。 ただし、に提供した「時の旅人」のみ武田歌唱で録り下ろした曲となっている。 のデザインは「のび太の創世日記」の場面と、当時の海援隊メンバーの写真である。 1999年4月21日、が『DORA THE BEST』を限定生産で発売した。 これは、映画20周年を記念して、それまでの映画主題歌(『のび太の南海大冒険』まで)すべてとテレビアニメで流れた楽曲の計36曲を収録した2枚組CDとなっている。 ただし「風のマジカル」はボーカルがないカラオケ(インストゥルメンタル)バージョンで収録されている。 期間限定生産商品で発売前の受注予約も実施していたため、メーカー在庫切れ状態になった。 2004年9月22日、CME(コロムビアミュージックエンタテインメント。 現:)が『映画ドラえもん25周年 ドラえもん映画主題歌篇』を発売した。 コロムビアが音源を保有する楽曲を中心に選り抜きで収録している。 また、『ドラえもん のび太の太陽王伝説』以降の主題歌が初めて収録されたコンピレーションである。 2010年2月24日、CMEは映画30周年を記念し、武田鉄矢および海援隊が歌唱した楽曲を除いた2009年までの映画主題歌(などドラえもん以外の併映作品は除く)を2枚組で収録した『映画ドラえもん30周年記念企画 ドラえもん映画主題歌大全集』を発売した。 が発売した「風のマジカル」の音源を初めて収録した作品である。 2009年11月には同様のコンセプトでテレビアニメの主題歌を収録した『テレビアニメ30周年記念ドラえもんテレビ主題歌大全集』が連動企画で発売されている。 1995年の『ドラえもん映画主題歌集』(先述)収録曲に加え、1996年の「私のなかの銀河」と2010年の「遠い海から来たあなた」を追加した内容となっている。 『ドラえもん映画主題歌大全集』と「」を補完することで、を除く30年分の主題歌を網羅できる構成となっている。 事実上、1995年盤の再版かつマイナーチェンジ版であるが、ライナーノーツやCDのデザインは改めている。 なお、同じレコード会社所属の島崎和歌子による主題歌については『ドラえもん映画主題歌集』が収録している。 2013年9月18日、日本コロムビアから5枚組の『藤子・F・不二雄生誕80周年 ドラえもん 歌の大全集』が発売された。 これにはテレビアニメ版、映画版の主題歌・挿入歌をはじめ、併映作品等の関連作品の楽曲も収録されている。 ただし、2011年の主題歌『友達の唄』及び挿入歌は収録されていない。 2015年4月1日、日本コロムビアから3枚組のアルバム『映画ドラえもん主題歌大全集』が発売された。 これには『のび太の宇宙英雄記』までの長編・短編映画の主題歌・一部挿入歌が収録されている。 前回未収録となった『友達の唄』は収録されたが、『風のマジカル』・『君だけを忘れない』 『』エンディングテーマ ・『君にいてほしい』 『』主題歌 ・『』 『』主題歌 ・『』は未収録となり、『のび太の宇宙英雄記』関連の楽曲は『』 キャラクターソングヴァージョン と『ミラクル銀河防衛隊のテーマ』のみの収録となった。 2020年2月26日、日本コロムビアから4枚組のアルバム『映画ドラえもん うたの大全集』が発売された。 全82曲。 『のび太の月面探査記』までの長編・短編作品の主題歌および挿入歌を収録している。 2015年のアルバムで未収録となった楽曲はすべて収録されている。 アスペクト比について 第1作『のび太の恐竜』から第18作『のび太のねじ巻き都市冒険記』までは4:3で制作されており、TV放送やDVD等のメディアではそのまま使われている。 映画館では上下カットの16:9として上映。 第19作『のび太の南海大冒険』以降は制作時から16:9で、TV放送やDVD等のメディアと映画館上映時が全て統一されて上下がカットされる事は無くなった。 第1作『のび太の恐竜』の版はパッケージに「ビスタサイズ・ノーカット版」と表記されているがこれは誤植であり、実際は4:3スタンダードサイズで収録されている。 この節のが望まれています。 エンドロール後のおまけ映像について リニューアル後の第1作目である『のび太の恐竜2006』から始まった。 これまでのところ、ドラえもんが「みんな、面白かった? 来年もまた見てね! (年によっては「またね! 」)」と翌年も新作の映画が公開されることを告知するために利用されてきた。 なお『新魔界大冒険』以降からは翌年の映画に登場する物やキャラクターが登場し、次の映画の内容を一部明らかにするようなスタイルが取られている。 このイベントは名目上「大人だけ」となっているわけではなく、本当に18歳未満の者・高校生以下は参加できない。 これは、東京都の条例によって、23時以降に終了する映画上映会に18歳未満の者の入場が禁止されているためである。 このイベントでは23時前後から翌日の早朝までその年の新作映画を含む過去の映画数本が上映されるほか、監督や声優たちの舞台挨拶やトークなども行われた。 なお「チケットぴあ」のみで発売される入場券は、発売からわずか数分で完売するほどであった。 その後、に声優交代を含めた完全リニューアルのため新作映画の公開が中止となり、「大人だけのドラえもんオールナイト」は一応の終了としていた。 しかし、3月5日にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて6年ぶりに開催されたのを皮切りに以後再び2014年まで毎年行われ好評だった。 従来と同じような監督や声優たちの舞台挨拶やトークなどのほか、旧メインレギュラー声優陣の5人うち、大山のぶ代を除いた毎年2名が事前公表なしでサプライズゲストとして登場するのが恒例となっていた(大山は会場への手紙のみで参加した年もある)。 そのため、めったに見られない旧声優と現声優の共演トークが見られる貴重な機会でもあった。 2015年は後述の「ドラえもん映画祭」が開催されたため実質上の発展的終了となり10年ぶりに開催は見送られ、翌年2016年についても行われていない。 ドラえもん映画祭 「」も参照 ドラえもん映画祭は、2010年の2月上旬から3月上旬にかけて、にあるにて開催された映画『ドラえもん』30周年記念イベントである。 過去に公開された『ドラえもん』映画作品を劇場のスクリーンで上映するという趣旨のイベントであり、上映にあたっては当時のフィルムのうち保存状態が良好なものをそのまま使用したため、当時の劇場公開時にしか観られない映像(上映終了後のCMなど)も観賞することができた。 イベントの前売券は劇場窓口で即完売し、追加上映も決定するほどの反響を呼んだ。 2010年が想定以上の人気と反響があったことから、同じく節目の年である2015年にも同・神保町シアターで行われた。 価格は2014年に増税が行われたため、200円値上げされた。 テレビ放送 のとおりテレビ(ドラえもんのアニメ)で放送されることがある。 各タイトル放送は『』以降、新作の公開前日に放送されるようになった。 テレビ放送でのカット箇所 第2陣声優の映画以降、オープニング・エンディングがカットされて放送されている。 ただし、必ずカットされるとされるオープニング・エンディング以外、必ずしもノーカットというわけではなく、オープニング・エンディング以外にも一部のシーンがカットされている。 以下にその内容を示す。 ここではタイトル名はフルネームではなく、「ドラえもん のび太の(と)」を省略したもので表記する。 放送日時 タイトル名 カットされた内容 2007年3月10日 (2007年放送版) 2008年3月21日 (2008年放送版) 2009年2月6日• オープニングカットならず。 オープニングカットならず。 2018年2月25日 ひみつ道具博物館 (2018年放送版)• 掃除機でしずかの服が破れてしまうシーンにおけるしずかの裸の姿の部分 (完全カット やフィークス館長のへそくりのシーンなど時間の都合上様々なシーンがカットされている。 及びのみ8月。 前者は歴代の映画シリーズにカウントされておらず、番外扱いとされている。 後者は諸事情により当初の公開日であった3月6日から延期されるという1期・2期を通して唯一の異例の事態になった。 例外は及び。 これらの作品での作中の季節は秋になっている。 近年はや・をゲスト声優として出演させている。 例外として、2006年・2007年はリメイク作品が、2012年・2013年は新作が連続して公開された。 第1期テレビシリーズでも1991年8月16日に放送。 第1期テレビシリーズでも「変身リングとカード」というタイトルで1989年8月11日に放送。 第1期テレビシリーズでも1979年10月3日に放送。 第1期テレビシリーズでも「のらイヌたちをすくえ!! 」というタイトルで1981年3月10日・11日に、原作と同名のタイトルでリメイク版が1987年1月2日に放送。 第2期テレビシリーズでも2008年3月14日と2017年8月25日に放送。 第2期テレビシリーズでも2017年7月7日に放送。 公開直後に発生したに伴う自粛ムードが広がったことなどが原因となり、第2期映画シリーズワースト2位のとなった。 の自粛も行ったため、予定していた広報活動を行えなかったことも原因のひとつ。 第2期テレビシリーズでも2010年8月27日に放送。 第2期テレビシリーズでも2009年5月1日と8日に放送。 元公開日は2020年3月6日、しかし、新型コロナウイルスの影響で公開が8月7日に延期• ロップルたちとの別れの際の挿入歌として用いられ、エンディングでは「ポケットの中に」が使用された。 ビデオソフトでは権利上の関係で「だからみんなで」に差し替えられているが、Amazonビデオで配信されている本作の映像では「だからみんなで」に差し替えられていない。 『』『』• 『』『』• 『「ドラえもん」への感謝状』(小学館、2014年)p. 117• 楠部三吉郎『「ドラえもん」への感謝状』(小学館、2014年)p. 120• 121• 2014年1月28日閲覧。 2014年8月28日閲覧。 2020年4月2日閲覧。 ORICON NEWS 2017年3月28日. 2018年12月5日閲覧。 2018年7月23日閲覧。 ドラえもんチャンネル. 2013年11月14日• 2014年11月28日閲覧。 日本コロムビア公式サイト. 2020年5月14日閲覧。 2018年3月11日閲覧。 「ドラえもん映画祭」公式サイト• J-CASTニュース 2014年3月11日 関連項目• (上映期間中は系各局並びに関東地方のである、、にて、通常CMではなく電話風の応援メッセージを流す)• 外部リンク• シリーズの映画作品全体を紹介している。 最新作をはじめとする最近公開された映画作品の個別の公式サイト。 - チャンネル 通番 公開年 題名 主題歌 同時上映 第1作 1980年 (リバイバル) 第2作 1981年 番外 1981年 (メイン) 第3作 1982年 岩渕まこと 第4作 1983年 海はぼくらと 岩渕まこと 第5作 1984年 第6作 1985年 第7作 1986年 大杉久美子 第8作 1987年 友達だから 大山のぶ代 森の木児童合唱団 第9作 1988年 君がいるから 第10作 1989年 時の旅人 第11作 1990年 天までとどけ 武田鉄矢 第12作 1991年 夢のゆくえ 第13作 1992年 雲がゆくのは… 武田鉄矢 第14作 1993年 何かいい事きっとある 第15作 1994年 武田鉄矢一座 第16作 1995年 さよならにさよなら 第17作 1996年 私のなかの銀河 海援隊 第18作 1997年 Love is you 第19作 1998年 第20作 1999年 第21作 2000年 この星のどこかで 第22作 2001年 第23作 2002年 いっしょに歩こう 〜Walking Into Sunshine〜 第24作 2003年 第25作 2004年 通番 公開年 題名 主題歌 第26作 2006年 第27作 2007年 第28作 2008年 第29作 2009年 第30作 2010年 第31作 2011年 第32作 2012年 第33作 2013年 第34作 2014年 番外 2014年 第35作 2015年 第36作 2016年 第37作 2017年 第38作 2018年 第39作 2019年 第40作 2020年 番外 2020年.

次の

【アニメ・ドラえもん 水田わさび公式】 わさドラブログ | 星野源さんの…ラジオへ

わさび ドラえもん

出演: , , , ,• 監督:• 形式: 色, ドルビー, ワイドスクリーン• 字幕: 日本語• リージョンコード: リージョン2 このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。 詳細についてはこちらをご覧ください• 画面サイズ: 1. 78:1• ディスク枚数: 1• 販売元: ポニーキャニオン• 時間: 106 分• カスタマーレビュー:• ASIN: B000IMUXCA• JAN: 4988013225442• Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 94,372位• 生まれ変わった記念すべき映画ドラえもん。 興収34億円の大ヒット! 声優としても出演。 一億年の時を超え、めざすは白亜紀の日本! 愛と友情がつまったタイム・トラベルアドベンチャー! ある日、恐竜の化石を自慢するスネ夫に、のび太は「恐竜のまるごとを発掘してみせる! 」 と宣言。 ドラえもんに叱られながらも、一人で化石を探しはじめる。 やがて恐竜の卵らしきものを発見し、孵化させてみると、生まれたのは白亜紀に 生息していたフタバスズキリュウだった! のび太はピー助と名づけ、ママに内緒で育て始める。 どんどん成長するピー助を公園の池で飼うことにするが、「公園の池に怪獣がいる」と 町中が大騒ぎに・・・。 のび太はピー助を本当の故郷へ戻すため、タイムマシンに乗り込んだ。 ところが超空間を移動中に謎の男に攻撃されてしまう…。 この謎の男の正体は!? ドラえもんたちは、無事にピー助を故郷に戻すことができるのか!? 1chサラウンドEX 2. ステレオ 字幕1. 日本語 オン・オフ可 c 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK Amazonレビュー 1979年にスタートした映画「ドラえもん」シリーズだが、2005年にはTVシリーズの声優陣を大幅にリニューアル。 その新しい声のキャストが、初めて挑むのは劇場版第1作『のび太の恐竜』のリメイク『のび太の恐竜2006』である。 のび太の見つけた卵が孵化し、中から恐竜の子どもが登場する。 ピー助と名付けられた恐竜は急激に成長。 のび太はついにピー助を本当の故郷に帰すべく、ドラえもんのタイムマシンに乗り、過去へと旅立つ。 本来は子ども観客を対象とした「ドラえもん」シリーズだが、本作はむしろ、子どもたちよりもその同伴の父兄たちに向かって作られているように見える。 楽しさはもちろんのこと、「感動」を全面に押し出したその内容は、オリジナル版を見て育った、現在の親たちの涙を絞るのには充分な完成度。 長い歴史を持つシリーズだから可能となる、心憎いアプローチだ。 ただし本作でのドラえもんはいささか役不足。 ジャイアンが強いリーダーシップを発揮するというのも時代の反映か。 (斉藤守彦) 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第26弾。 劇場版第1弾の『ドラえもん のび太の恐竜』を新キャストにてリメイク。 ある日、のび太は恐竜の卵を見つけ、孵化に成功。 のび太はピー助と名付けたその恐竜を白亜紀に帰すため、大冒険を繰り広げる。 内容(「Oricon」データベースより) のび太は恐竜の化石を自慢するスネ夫に、「恐竜まるごとを発掘してみせる! 」と宣言し、一人で化石を探しはじめる。 そして、恐竜の卵らしきものを発見し、孵化させてみると白亜紀に生息していたフタバスズキリュウが生まれた。 のび太はピー助と名づけて育てるのだが「公園の池に怪獣がいる」と町中が大騒ぎに…。 のび太はピー助を故郷へ戻すため、タイムマシンに乗り込むが超空間を移動中に謎の男に攻撃されてしまう…。

次の

ドラえもん 声優交代時期から何年?大山のぶ代 と水田わさび の年数比較で驚く!ルパン三世 は?世代交代が心配な長寿アニメ一覧

わさび ドラえもん

TVアニメ『ドラえもん』はアニメ放送40周年を記念して、7月19日19時より「40周年だよ!ドラえもん1時間スペシャル」を放送する。 これに先駆けて、ドラえもん役の水田わさび、のび太役の大原めぐみからコメントが到着。 水田が夫から「お前には務まらない。 水田が大山のぶ代、大原が小原乃梨子という大ベテランから大役を受け継いだのは2005年のことだ。 水田は当時を振り返り「ドラえもん役を引き継いだときは、何にも考える余裕がありませんでした。 ただ、藤子・F・不二雄先生を崇拝している夫から、『お前には務まらない。 やめるなら今だ』と言われたことは、一生忘れられないです。 その言葉で、それだけ大きな作品のキャラクターを演じることになったんだということを実感しました」というエピソードを告白。 一方の大原は、15年目を迎えた今の思いとして「15年目を迎えられたのは、支えてくれたスタッフさんや仲間、家族のおかげ。 まずみなさんに感謝の気持ちを伝えたいです。 監督さんが以前、『誰かの心に残るものを作りたい』とおっしゃっていたのですが、私もその気持ちを大切にのび太くんと向き合ってドラえもんを盛り上げていきたいです」と述べている。 なお今回の1時間スペシャルでは、アニメ放送40周年を記念して開催された「40周年だよ!ドラえもんひみつ道具コンテスト」の最優秀賞をミニアニメ化して発表する。 応募者にはKis-My-Ft2やバイオリニストの高嶋ちさ子、俳優の高橋一生、齋藤工、滝藤賢一ら有名人もいるが、どんな作品が選ばれどんなアニメが完成したのだろうか。 さらに放送エピソードには、ドラえもんの身体がさまざまな色&柄に変わってしまう「イロガラドラえもん」をはじめ、夏休みらしいストーリーとして「海に入らず海底を散歩する方法」と「22世紀で夏休み」がラインナップ。 TVアニメ『ドラえもん』初年の1979年4月10日に放送された、大山演じるドラえもんと小原演じるのび太のドタバタなやりとりが面白い「恐竜ハンター」の再登場にも注目だ。 「40周年だよ!ドラえもん1時間スペシャル」はテレビ朝日系24局にて、7月19日19時よりオンエア。 40年間、変わらずお送りできたのは、ひとえに視聴者の皆様のおかげだと思っています。 ただ藤子・F・不二雄先生を崇拝している夫から、「お前には務まらない。 やめるなら今だ」と言われたことは、一生忘れられないです。 その言葉で、それだけ大きな作品のキャラクターを演じることになったんだということを実感しました。 とにかくドラちゃんは丸くてカワイイので、私はかわいく演じることを心がけています。 味方って、友だちじゃなくてもゲームでも本でもいいと思うんです。 また、藤子・F・不二雄先生は環境問題や平和の尊さなども描いていて、『ドラえもん』という作品だからこそ伝えられるものがあるなと思っています。 また、『22世紀で夏休み』は離れていてもドラえもんとのび太の友情を感じるおはなし。 改めてのび太くんが愛おしくなりました。 『ドラえもん』の魅力は、子どもたちも感情移入しながら一緒にハラハラドキドキして見ることができるところだと思っています。 私はそういう、のび太くんの男前なところが好き。 本気で叱ってくれるし、一緒に喜んでくれる…。 親のような、兄弟のような、親友のような…いろいろな面を持っていて、のび太くんと本気で向き合ってくれる存在です。 自分なりの信念を持って、言葉に責任を持ってセリフを言うようにしてきたつもりです。 今の思いを聞かせてください! 15年目を迎えられたのは、支えてくれたスタッフさんや仲間、家族のおかげ。 まずみなさんに感謝の気持ちを伝えたいです。 監督さんが以前、「誰かの心に残るものを作りたい」とおっしゃっていたのですが、私もその気持ちを大切にのび太くんと向き合ってドラえもんを盛り上げていきたいです。 TVアニメ『ドラえもん』「40周年だよ!ドラえもん1時間スペシャル」 2019年7月19日(金)19:00~19:54 (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 《仲瀬 コウタロウ》.

次の