エアバス 株価。 航空機銘柄比較:ボーイングとエアバス

日本におけるエアバス

エアバス 株価

米国もEUも航空機メーカーに補助金支給 ヨーロッパの航空機メーカーであるエアバスにEUが補助金を支給しており、それがアンフェアであるとして、アメリカがEUに対して報復関税を課しました。 10月2日付で、世界貿易機関(WTO)もこの追加関税を承認しています。 実は、アメリカも自国の航空機メーカーであるボーイング(BA)に補助金を支給しており、こっちもWTOで不当であるとの判決が今年の3月に出ています。 ちなみに、EUのエアバスへの補助金支給も不当であることが2018年5月にWTOで判決が出ています。 しかし、それでも補助金をやめないので、今回のアメリカからEUに対しての報復関税が発動された経緯があります。 一方、アメリカ政府もボーイングへ補助金を支給し続けているので、こちらもEUから報復関税がかけられると思います。 激しい外交戦 いやあ、海外の外交は凄まじいせめぎ合いです。 日本と韓国のホワイト国なんかの争いなんて、ほんとちっぽけなことなのかもです。 こんなことぐらいで関係が悪化しているなんて言っていたら、世界では命がいくつあっても足りないくらいです。 ヨーロッパの航空機メーカーのエアバス製の旅客機をデルタ航空は多数使用しています。 デルタ航空は、ボーイング製737Maxをたまたま使用していなかったので、先日の737Maxの連続墜落事故による運行停止の影響を受けず、株価は順調に推移していました。 しかし、その分、エアバス社の旅客機を多数保有しており、現在のところ、254機の輸入オーダーをかけているために、今回の関税は大きな出費になってしまいます。 10月2日に、デルタ航空は、第三四半期の見通しを上方修正しましたが、この追加関税のために株価は上がるどころか大きく下げてしまいました。

次の

航空機銘柄比較:ボーイングとエアバス

エアバス 株価

31日、仏英米の検察当局は欧州の航空機大手エアバス が汚職疑惑捜査を巡り、40億ドルの和解金を支払うことで合意したと発表した。 写真はエアバスのロゴ。 和解金として過去最高額となる。 エアバスは28日、汚職疑惑捜査を巡って、仏英米の当局と和解することで合意したと発表。 その後、仏英米の裁判所が和解について正式に承認した。 今回の和解は事実上の司法取引で、エアバスは刑事訴追を回避することになる。 刑事訴追されれば米国および欧州連合(EU)の公的機関との取引から締め出され、大きな影響を受ける恐れがあった。 ただ検察当局によれば、個人に対する刑事訴追の可能性は依然としてあるという。 エアバスは10年以上に渡り、汚職疑惑を巡る仏英当局の捜査を受けていた。 また米国では輸出管理違反の疑いで調査の対象になっていた。 フランスの金融検察局は、エアバスが同国の腐敗防止機関から3年間にわたり「コンプライアンスに関する軽度の監視」を受けることでも合意したと発表した。 エアバス株価は約1%安。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

日本におけるエアバス

エアバス 株価

ニューヨーク株式市場が過去最大の下げ幅を更新し、ボーイング株も安値を更新した(写真:AP/アフロ) 世界最大の航空機メーカー、ボーイングが経営危機にあえいでいる。 主力の小型民間機「737MAX」が2018~2019年にかけて相次いで墜落事故を起こし、運航停止に追い込まれたことを引き金に業績が急激に悪化。 すでに発注した分のキャンセルも相次いでいる。 ボーイングなどはアメリカ政府や金融機関に総額600億ドルもの支援を求めた。 そこにコロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかける。 顧客である航空会社は売り上げが急減しており、今後新たな航空機の発注を控えることが予想される。 ボーイングの視界不良は晴れそうにない。 22年ぶりの最終赤字で債務超過に ボーイングの2019年12月期決算は売上高が前年同期比24%減の766億ドル、営業利益は19億7500万ドルの赤字だった。 純損失も6億3600万ドルとなり、最終赤字は1997年以来、22年ぶりとなる。 同期末は83億ドルもの債務超過に陥った。 こうした事態に陥った最大の理由は737MAXが運航停止になっていることだ。 2018年10月にインドネシアで、2019年3月にはエチオピアで相次いで墜落事故が発生。 いずれも乗員乗客全員が死亡する大惨事となった。 これを受けて同機は全世界で運航を停止。 新しい機体の納入が進まないほか、運航停止に対する航空会社への補償金も重荷になっている。 2020年1月には、「(737MAXは)道化が設計し、猿が監督している」と揶揄するボーイング社員のメールが見つかったと同社が発表。 「猿」とは航空機の安全を審査し、737MAXの不具合の審査をしているアメリカ連邦航空局 FAA を指すとみられる。 墜落事故への反省の気持ちのないボーイングの体質にアメリカ議会からも厳しい批判の声が上がる。 737MAXの運航再開についてボーイングは2020年夏以降を目指すとしているが、さらに遅れる可能性もある。

次の