がま口 付け方。 縫いつけるがま口作り方④口金をつける : 布と糸の時間plus

口金の付け方

がま口 付け方

今日は、「縫い付ける」タイプのがま口の付け方を詳しく説明します。 通常のがま口の作り方と同じなので、こちらをご参考にされてくださいね。 <用意するもの> 糸は、ボタン付け糸や強くてしっかりした糸を用意しましょう。 太めの糸で、デザインのポイントにしても素敵です。 まず、がま口の中心の穴と袋布の中心部分をしつけで軽く合わせておきます。 縫い合わせる糸は、しっかりした糸2本どりで用意しておきましょう。 縫い合わせていきます。 まず写真のように、 端から2番目の穴から針を出します。 次に、 最初の穴に通します。 次は3番目から出して、4番目に入れて・・・と縫っていくと・・・ こんな感じで縫い目が出来てきましたね! このまま縫い進めて、裏面で玉結びを作って止めると完成です。

次の

人気手芸「手作りがま口」、口金の選び方と紙紐の入れ方のコツ

がま口 付け方

ステップ1 まず必要な道具です。 これは身近な他のモノでも代用できますので、 必ずしも必要な訳ではありません。 ステップ2 最初に口金の長さにあわせて紙紐 かみひも を切ります。 ステップ3 口金のフレームは2本ありますので、 紙紐も2つ折りにして、2本分切ります。 ステップ4 紙紐はハサミやニッパーなどで、サクッと切ります。 ステップ5 作業しやすいように、プチプチを棒状に丸めたモノに 片面を巻き付けます。 ステップ6 それをマチ針で留めます。 こうすれば、布にシワがつきません。 ステップ7 口金にボンドをつけます。 私はこのを使っていますが、 木工用のボンドをつまようじなどで伸ばしながら 塗っても大丈夫です。 ステップ8 口金に本体を入れていきます。 真ん中から入れていくと、左右のバランスが良くなります。 私は100円ショップのマイナスドライバーを使います。 ステップ10 角もキチンと入れます! ステップ11 右側が入れ終わったら、ハズれないように 洗濯バサミで留めます。 ステップ12 今度は同じように左側を入れます。 ステップ13 入れ終わったら同様に洗濯バサミで留めます。 ステップ14 こんな感じになります。 ステップ15 先ほど切った紙紐を2つ折りにします。 これで、紙紐の真ん中に折り目がつきます。 それにしても、手の色が白いですね 笑 蛍光灯の下で撮影したので、光の影響です 苦笑 ステップ16 その紙紐の真ん中部分から口金に入れていきます。 入れる場所もフレームの真ん中です。 両端は洗濯バサミで止まっているので抜けません。 なので安心して真ん中から入れてください。 ステップ17 で右側に向かって入れていきます。 持っていなければ、マイナスドライバーなどで、 ぐいぐい押していきます。 私の場合は自分の「爪」で入れるときもあります 笑 爪は大切な商売道具です 笑 ステップ18 角の部分もキッチリ入れましょう。 ここまで入れてしまえば、洗濯バサミを外しても大丈夫です。 このを使うと簡単に入れることができるので 作業時間が大幅に短縮します。 ステップ19 生地が厚かったり、重ね縫いの部分だと、なかなか紙紐が入りません。 そのときはこのを使います。 ステップ20 左側も入れます。 片面を入れ終わると、こんな感じになります。 ステップ21 もう片面も同様に入れます。 こんな感じで収まります。 ステップ22 で四隅をカシメます。 このは口金をキズつけないので便利です。 この器具を持っていなければ、ペンチに布などを当てて、 カシメます。 ただ、布を当てると、どこの場所を挟んでいるのか、 どのくらいカシメているのかが、わかりづらいので、 量産される方はこの道具をオススメします。 ステップ23 カシメたらこんな感じになります。 ステップ24 ハミ出たボンドなどはウェットティッシュなどで拭きます。 私はペンペンのウェットティッシュを使ってます 笑 ステップ25 一晩ほどボンドを乾かします。 その方が強度が増して、丈夫になります! 【つまみが固い場合】 または「ペンチ」で外側に少し曲げます。 【つまみがゆるい場合】 つまみを2個挟んで力を入れます。 このは真ん中に穴があるので、 ちょうど「つまみ」を挟みやすいんです。

次の

縫いつけるがま口作り方④口金をつける : 布と糸の時間plus

がま口 付け方

材料は手元にあったコットンの糸。 参考にした本にストライプ状のがま口があったので、残り糸を利用しました。 しかも、この2種類の糸は微妙に太さが違います。 使ったかぎ針は4号。 作り目は輪っかの中に6目。 10段までは毎段6目ずつ増やします。 というのは本の中の糸を使ったときのこと。 私の場合は残り糸で、しかも太さが違うので、横幅が8. 5㎝になるまで増やし目をしました。 横幅が8. 5㎝になったら、そのまま増やし目なしで筒状に編み進め、中心から半径の長さが7. 5㎝になるまでまっすぐ編み、糸を切ります。 今回 セリアで購入した口金でしたが、2種類ありました。 手編みの場合は口金に穴が空いているものを使用します。 一番苦戦したのは、やはりがま口の口金を縫付ける部分です。 編み地本体の方に印をつけるんですが、今回本にも載っていた段数リングを私も利用しました。 編み地と口金をとじ付けるとき、ちょっと半返しのように縫い付けるという感じでしょうか。 本を見てもあまりよくわからなかったので、試しに半返しをするように縫い付けてみました。 金具の穴に針を通すとき、針穴が大きいものだと通らないので、普通の縫い針と縫い糸(赤い絹の手縫い糸)を使用しています。 やはり、 口金と本体とのバランスは大切ですね。 私は口金に対して本体のほうが大きすぎたので、形を作るのに苦労しました。 底の部分が円形になっているので安定はとてもいいです。 しっかり作ってメガネケースにしても使い勝手がよさそう。。 もっと小さめにすれば、アクセサリーを入れたり、ピルケース代わりにもなりそうです。 ブログを読んでいただきありがとうございます。 当ブログは、沙羅の好きな編み物を中心に、着物リメイクやぬいぐるみまで、作ったものやその過程を画像とともにお届けしています。 最近の投稿• 人気記事一覧• 最近のコメント• に sara より• に なな より• に sara より• に i より• に sara より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の