畳 夏。 ひんやり《涼感夏用ラグ》

【楽天市場】畳の上に敷くもの ゴザ い草 マット 4.5畳 上敷き 撥水 畳用 ラグ 江戸間 4.5帖(261×261) ござ カーペット フローリング じゅうたん 井草 激安 四畳半 夏用(ペットOK)イグサ いぐさ 御座 和室 洋室 リビング イ草(消臭・防カビ・涼感)モダン オールシーズン対応 奥川:カーペット ラグ 絨毯 なかね家具

畳 夏

畳の利点はたくさんあります。 床を張替えるリフォームをお考えなら、畳も選択肢のひとつに検討してみてはいかがでしょう。 畳のメリットとデメリットを総ざらいしました。 畳の歴史 畳の歴史を追っていくと奈良時代まで遡ります。 日本文化は中国から伝わったものが数多くありますが、畳は日本で生まれたものです。 伝統の技として現代まで受け継がれてきた畳は、どのような変化を遂げてきたのでしょうか。 畳のはじまり 奈良時代・平安時代の頃は現在の畳の形とは異なり、ゴザのようなスタイルで座布団や寝具として使用されていました。 床材となった畳 床材として使用するようになったのは鎌倉時代頃からです。 建造物が書院造りとなり、部屋全体、床全面に畳みが敷き詰められるようになりました。 畳をつくる職人を「畳刺(し)」と呼ばれていたころです。 江戸時代には「御畳奉行」という役職がつくられ、武家や大名たちに大切にされました。 江戸後期には畳をつくることを生業とする「畳職人」が確立し、庶民の家でも畳が使われるようになります。 明治維新後には一般に広く普及し、畳を天日干ししたり裏返したりと、長持ちさせる知恵も生まれます。 畳の生活から椅子の生活へ 昭和に入り高度成長期を迎えると、ダイニングテーブルと椅子、応接間はソファなどが置かれるなど、家の中での暮らしも西洋化してきました。 しかし和室は、昼間は家族団らんの居間として、夜は布団を敷いて寝る寝室としての用途が根強く、まだまだ住宅の中心は畳の部屋でした。 畳からフローリングへ 平成になるとフローリングの人気に加え、家を建てる際に和室をつくると障子や襖などの付帯する建具も増えてしまい、コスト的な問題から和室自体をつくらないようになってきました。 しかし最近では「和ブーム」という言葉も生まれ、畳の良さも改めて見直されています。 フローリングの上に敷くユニット畳などもあり、和室がなくても洋室に畳を取り入れる事例がみられます。 畳に張替えるメリット フローリングやカーペット、クッションフロアなど床材はいろいろありますが、畳に張替えるメリットはたくさんあります。 自然素材のい草 畳に使用するい草は多年性の植物です。 自然素材ならではの利点は、調湿効果があることです。 夏の不快な湿気は吸収し、乾燥している冬はい草が含んでいる水分を放出して湿度を調節してくれます。 睡眠中の汗で布団は湿気を含みます。 フローリングの上に布団を敷いた場合と、畳に敷いた場合を比較してみると、布団の湿気を吸収してくれる畳の方が夏の熱帯夜の寝苦しさを軽減してくれます。 また新しい畳はい草の良い香りがしますね。 い草のフィトンチッドという芳香成分はリラックス効果があると言われています。 空気を含んでいるい草はフローリングに比べてクッション性が高く、階下への物音を軽減させる防音効果もあります。 進化する畳床素材 畳は厚さ3~4cmほどある畳床にい草を貼ります。 従来は稲ワラを圧縮させた畳床でしたが、近年の気密性の高い住宅に合わせて新素材が開発され、耐湿性や断熱性に優れた畳床に進化しています。 汎用性の高さで部屋を有効活用 日本の住宅事情もあって居間と寝室を兼ねていた和室は、常にベッドやソファが置いてある洋室にはない、汎用性の高さがメリットと言えます。 お客様が来たときも、和室ならお布団を敷くだけで泊まってもらえますね。 ゴロンと寝転んでお昼寝したり、くつろぎのスペースとしても和室は重宝します。 畳に張替えるデメリット たくさんのメリットがあることを分かっていただけたと思います。 では畳に張替えるデメリットは何でしょうか。 定期的な裏返しと表替え 畳の欠点は自然素材であるがゆえ、定期的な裏返しや表替えなどのメンテナンスが必要になってくる点です。 3~4年に一度の裏返しや表替え、10年程度で畳床を交換することが望ましいです。 日焼けによる退色 新品の青い畳はキレイですね。 畳は日焼けや酸化環境下を原因に、徐々にい草の色が変化し、やがて褐色になります。 この色の変化を退色と言いますが、決して畳の劣化ではありません。 自然素材のい草ならではの変化で、薄緑から黄色、薄茶色、褐色へと移りゆく経年変化を楽しめると思えば、欠点も利点になりますね。 素材の色の経年変化を楽しむのは、時を経ることで味わいが出る無垢フローリングも同じです。 畳に張替える前の下地工事 フローリングやカーペットから畳に張替えるリフォームの場合、畳には厚みがあるため下地工事が必要となります。 畳を敷いた時に、敷居の高さと合わせるための根太の組み換え工事です。 大掛かりな工事と費用を抑えたい場合は、フローリングの上に敷くユニット畳や置き畳を利用する方法もあります。 厚みや機能、素材や色もさまざまなので可能ならば乗ってみて感触を確かめられるといいでしょう。 床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

ひんやり《涼感夏用ラグ》

畳 夏

い草のラグ・ござ等の敷物にはこんな種類があります。 い草ラグ・花ござ フローリングなどの上に敷くためのものがい草ラグ・い草花ござです。 補強のために裏面をフェルトやウレタンなどで裏打ちしたものも多く、部屋全体に敷き詰められるようにお部屋のサイズに合わせたものから、リビングルームのラグとして使用できるインテリア性の高いものまでサイズ・デザインも様々です。 上敷(うわじき) 家屋において畳の上に敷く場合には上敷(うわしき、うわじき)と呼びます。 主として縁付きの柄無しで作られ、畳の上に敷いて縁の部分を上敷鋲で留めて用いられます。 縁の向きが一方方向に向いているため、部屋を広く感じさせる視覚効果があります。 畳替えの頻度を少なくさせ、両面使うことができます。 ユニット畳・置き畳 表面は畳と同じ「イ草」素材でできており、軽くて丈夫で、置くだけでどんな部屋にも簡単に畳のくつろぎスペースができるとっても便利なアイテム。 フローリングの一角を和のテイストを演出します。 汚れても表面を水拭きできるポリピロプレン素材の商品も人気です。 寝ござ(い草シーツ) 酷暑を凌ぐ快眠グッズとして愛用されてきました。 近年では、サマーシーツとも呼ばれ、都心を中心に寝苦しい熱帯夜を快適に過ごす夏の定番商品。 布団の上に敷き、直接その上に寝るか、一枚シーツを掛けて 使用します。 フローリングの部屋を夏の模様替え用にインテリア性の高いものをお考えなら花ござ。 和室の傷んだ畳を変えたい、一新したい場合は畳替えよりもお手軽で安価ない草上敷きがおすすめです。 部屋全体に敷き詰める場合の注意点は部屋の正確なサイズを把握すること必要です。 団地間 公団、アパート、マンション等の集合住宅のお部屋です。 五六間とも呼ばれることもあります。 江戸間 関東・東北・北海道など東日本でよく使われております。 別名田舎間、五八間とも呼ばれます。 三六間 別名中京間とも呼ばれます。 中京地方で考案された規格です。 現在では、愛知、岐阜、三重などの中京地方や、東北・北陸地方の一部、沖縄・奄美大島などで使用されています。 本間 桃山時代に考案されたと言われており、現在では京都を中心に近畿、中国、四国、九州など西日本で多く使用されています。 京間、本間間とも呼ばれます。 サイズ一覧• い草 い草は非常に高い吸湿性を備え、乾燥時には蓄えた水分を室内に放出する特性を備えています。 また空気清浄・消臭機能にも優れており、シックハウスの原因となる有害物質を吸着して室内の空気をきれいにします。 竹 竹には皮下部分と身の部分があります。 また除菌・抗菌効果もあり、夏の汗でベタベタした体で寝転がっても菌が繁殖するのを防いでくれます• PP(ポリプロピレン) 畳と同じ織り方で細口パイプで密に織り上げる劣化の少ない丈夫な素材です。 い草の質感を再現しつつ、細かい織り方も可能。 ダニやカビの発生がなく衛生的で、水洗いも可能です。 日焼けの心配もないので色褪せることがありません。 籐(ラタン) 籐(ラタン)の特徴は、「軽さ」「柔らかさ」に対し「強さ」という一見相反する特徴を持ち、しなやかな籐(ラタン)の特性から複雑な曲線加工ができます。 表面の皮を細く削ったものを、熟練の職人の手仕事で網代(あじろ)編みされたものを籐カーペット(あじろ)と呼びます。 い草・竹 特集ページ.

次の

【2020年夏】最新のい草ラグ・ござの選び方(畳上敷き・い草花ござ)

畳 夏

「畳って、なーんか癒される~」んだけど… 初夏の緑と畳の青さ、どちらも捨てがたく、さわやか~… 先月、少し早い夏休みと取材を兼ねて、深山の温泉郷に行って参りました。 通された老舗旅館の(まぁまぁ価格の…)客室は、『絵にかいたような和室』。 普段なかなか見ることのない12畳という広さにも「わっ」と思いましたが、あの 畳独特の香りや、そのもたらす 清浄な空気感が窓の向こうの深い緑とあいまって、一気にくつろいでしまいました。 仲居さんがいなくなった途端、お行儀は悪いですけど、そのまま「ごろーん」です。 「畳っていいねぇ~。 これベッドの部屋じゃこうはくつろげないよね~」と同行者と言い合いましたが、何故か 自分の家には「畳の部屋など、無くてもいいと思っている」或いは「畳部屋じたい無い」という意見が多い! どうして?! 「畳って、めんどくさーい」 ダニが出そう? 畳から出やすいコナダニは、実は人を刺しません。 このダニを放置する(=掃除をサボる)と、コナダニを食べるツメダニが繁殖して、噛むのです! 「だって、タタミってどんどんケバ立ってきて、掃除しづらくない?」 「ダニ出そうじゃん」 「猫がオシッコしちゃうと、臭いが取れないんだよね畳」 「家具置いちゃうと狭苦しい感じがするし、使いようがないっていうか」 「和室、気づくと物置化してるし」 ……。 かつて、何でもかんでも洋モノがカッコイイ、という時代がありましたよね。 そんな時代に、幼少期を送ってきたガイドなどの世代は、いささか 奇妙な『和室』でもって、 少々歪んだインテリア観を養ってきてしまったきらいがあります。 例えば、「砂壁の和室なのに、畳の上にカーペットを敷き詰め、カーテンを吊るすなどの 無茶な洋室化」を図った子ども部屋を親にあてがわれた、とか……。 (参考記事:) 「だって畳の部屋にベッド置けないじゃん」 という理由で、今でもそんな「洋室化」を図っているお宅って、案外少なくないのではないでしょうか? (織りのカーペットは「ウッドカーペット」に代わっているかもしれませんが……。 ) 「畳=貧乏臭い」 というイメージも、どこか、あるようです。 でも、高級旅館の『和室』の畳からは、そんな臭さは漂ってきません。 さらに、日本以外では、ZENだのTATAMIだのFUTONだのは、ひどく「カッコイイ」ものの代名詞みたいですね。 海外のインテリア誌をたまに読むと、いろんな意味でぶっとんでしまうことがあるのですが、なかなか新鮮です。 また、オールフローリングで仕上げたマンションなどでも、 『置き畳』を後から採り入れるケースがあります。 「夏はラグよりもさっぱりしてるし、冬は暖かい」というそのメリット、最初から和室を設えていても味わえたはずなのですが……。 かくも我々の『和室』に寄せる思いは、アンビヴァレントかつ複雑であるようです。 でも時代は! エコでロハスでまったり……畳の良さ、再考 古くて、かっこいい……。 価値観は多様化してきています。 センスも! などと言っている中、近年、妙にふるーい『町屋』や『古家』を自分流に住みこなす若いヒトが暮らし・インテリア誌などのカラーページをかざり、そのライフスタイルのエコっぽさやロハスさをアピールしているのが、目に留まります。 それがもう、非常に「カッコイイ」。 なんだか、ペカペカの新建材だらけのマンションなどを、有難がっているのが、どこか、「ださー」いような、気さえしてきます。 そう、その清涼感、癒し、くつろぎ……。 真夏のソウメンなどのCMでは、未だ 「和室、縁側、風鈴、よしず、蝉の声」がセットで「日本の夏の涼!」をイメージさせていますが(観ているこちらはエアコンがんがん効いたリビングに居るにしても…)、そのイメージ映像に胸をつかまれてしまう私たちはまたどこかに、 『和室』や『畳』の「本来あるべき姿」への憧憬を抱きつづけているのでしょうね。 ……という、長い長い前置きの後、我が家の畳部屋を、をお知らせしちゃおうじゃ、ありませんか!.

次の