ニュー速 オワタあんてな。 オワタあんてな私用 \(^o^)/新参

オワタあんてな私用 \(^o^)/新参

ニュー速 オワタあんてな

「報ステスタッフ20人前後が、2日の放送終了後、複数の飲食店に分かれて大勢でドンチャン騒ぎをしたそうなんです」 と明かすのは、別のテレ朝関係者だ。 「朝6時まで飲んだ猛者もいて、タクシーを拾おうと局に戻った際、酔っ払い同士で騒いだことで会社の知るところとなった。 ちなみに、高熱を出したスタッフは、飲み会を主導した一人。 ちょうどその日は、都内で感染者が100人超えとなり、会社からもスタッフ同士の会合を控えるよう通達が出ていたのに……。 局の上層部はもう怒り心頭でして。 集団で街に繰り出した番組スタッフ全員を、週明けの6日から10日まで『出勤停止』としたのです」 報ステでは一気に20人前後のシフトが狂い、制作現場は大混乱に陥った。 21 歌手のJUJUが21日、ブルーノート東京からの無観客配信ライブを行った。 NHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」でともにMCを務める俳優・三浦春馬さん(享年30)が18日に急逝。 後半では「世界は-」のテーマ曲「Remember(The Good Times)」を、声を震わせながら歌った。 ワー!」と絶叫。 その後前を向き「NHKで『世界はほしいモノにあふれてる』をやらせていただいて、いろんなことに触れた方がいいのかということもあるんですが、ただ…」と声を詰まらせた。 (略) そして再び後ろを向き、「ワー!」と絶叫した後、「なのでこれからも、いろんな気持ちは自分の中でかみ砕いて、それを歌に乗せて伝える。 『Remember』にも、NHKに携われたことも宝物です」と心情を吐露した。 梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。 その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。 そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。 改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。 同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。 局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。

次の

img.idealinternet.com

ニュー速 オワタあんてな

年明けにサッカー元日本代表選手との〝ただならぬ関係〟がウワサされたが、今回はそれとは別。 仮にAとした場合、男性の特徴は「大手事務所所属」「男性グループ」「30代」「ミュージシャン」「ラップする」「俳優活動もしている」「イケメン」だ。 芸能関係者が声をひそめて明かす。 「この条件のほとんどを満たすのが、『嵐』の櫻井翔です。 ジャニーズという業界最大手事務所で嵐という男性グループ。 歌も演技もする。 これだけならば嵐の他のメンバーも当てはまりますが、櫻井が疑われる要素はラップ。 ラップのインパクトが強いから、疑惑の目が向けられるようになりました」と芸能プロ関係者。 あまりにもAの条件と櫻井が符合するため、一時は業界内でも本気で疑う人が続出したほど。 発端は16日放送の『news zero』(日本テレビ系)で東京女子医科大学病院に勤務する20代の女性看護師が語った内容。 同病院は、医師や看護師などの医療従事者への夏のボーナスを全額カットしたとして約400人の看護師が退職の意向を表明したことが報じられている。 自ら志願して「コロナ病棟」で働くことになったが、過酷な勤務状況にも関わらず給料は下がってしまったとし、「危険手当もでない、ボーナスもでないっていうのは看護師をバカにしてるとしか思えない」「命を削って働いたのに手取り14万円はひどいなと思った。 生活していけない」とショックを受けたという。 感染対策のため勤務形態が変わって夜勤手当などが減り、月の手取りは寮費を除いて14万円になったようで、以前の給料から約3万円減…といった内容が語られた。 女性によれば「本当につらい。 今すぐやめたい」と涙ながらに話す看護師は少なくないようだ。 これを受け、ツイッターで「手取り14万」がトレンドに浮上。 「やりがいだけで人は働けないということからいい加減目を逸らさないでくれって思う」「医療従事者がお金を貰えないなんておかしい」「14万円で生活なんてできる気がしない」といった同情や怒りの声が相次いでいる。 「脅迫論証」とは、パワハラ上司の決め台詞である「俺の言うことが聞けないんだったら辞めてもらうしかない」といった発言です。 この台詞のどこが卑劣かというと、冷静に考えれば指示に従わなくても社内規定に照らし合わせて辞める必要などないのに、あたかも「従うか辞めるかの2つしか選択肢がない」ように錯覚させ、相手を服従させようとする点にあります。 「ここで土下座しなかったら社長にクレームをつけるぞ」とか「私の診断に異論があるなら退院してもらって結構」といった発言も同様。 前者はカスハラ(カスタマーハラスメント)、後者はドクハラ(ドクターハラスメント)と呼ばれるものです。 この脅迫論証は、各種ハラスメントやヘイトスピーチと親和性が高く、とにかくマウンティングをしたがる人が頻繁に使用する傾向があります。

次の

海外の反応アンテナ オワタあんてな私用 \(^o^)/

ニュー速 オワタあんてな

「報ステスタッフ20人前後が、2日の放送終了後、複数の飲食店に分かれて大勢でドンチャン騒ぎをしたそうなんです」 と明かすのは、別のテレ朝関係者だ。 「朝6時まで飲んだ猛者もいて、タクシーを拾おうと局に戻った際、酔っ払い同士で騒いだことで会社の知るところとなった。 ちなみに、高熱を出したスタッフは、飲み会を主導した一人。 ちょうどその日は、都内で感染者が100人超えとなり、会社からもスタッフ同士の会合を控えるよう通達が出ていたのに……。 局の上層部はもう怒り心頭でして。 集団で街に繰り出した番組スタッフ全員を、週明けの6日から10日まで『出勤停止』としたのです」 報ステでは一気に20人前後のシフトが狂い、制作現場は大混乱に陥った。 21 歌手のJUJUが21日、ブルーノート東京からの無観客配信ライブを行った。 NHK総合「世界はほしいモノにあふれてる」でともにMCを務める俳優・三浦春馬さん(享年30)が18日に急逝。 後半では「世界は-」のテーマ曲「Remember(The Good Times)」を、声を震わせながら歌った。 ワー!」と絶叫。 その後前を向き「NHKで『世界はほしいモノにあふれてる』をやらせていただいて、いろんなことに触れた方がいいのかということもあるんですが、ただ…」と声を詰まらせた。 (略) そして再び後ろを向き、「ワー!」と絶叫した後、「なのでこれからも、いろんな気持ちは自分の中でかみ砕いて、それを歌に乗せて伝える。 『Remember』にも、NHKに携われたことも宝物です」と心情を吐露した。 梶原の態度が気に入らず、上沼が収録中に罵倒。 その場面はお蔵入りとなり、梶原は上沼のラジオ番組のレギュラーも含めて降板を申し出た。 そこで上沼は騒動後、同局側に「番組をもっと良くしたい。 改めるところがあったら何でも言ってほしい」と提案。 同局側が上沼と話し合いの場を持ち、現場スタッフらの意見を伝えたところ、「そこまで言われるなら辞めてやる」と逆ギレ。 局側は9月末での卒業を打診したものの、上沼の出演拒否により24日放送で終了することが突如、決まったとみられる。

次の