古文 単語 意味。 【決定版】古文単語の覚え方 効率的に暗記できる勉強法とコツを紹介

超効率的な古文単語の覚え方【1ヶ月で300語暗記】

古文 単語 意味

あなたが古文単語を覚えられない原因 古文単語が覚えられない原因は主に3つあります。 複数の意味のある単語が多い まず、古文単語の特徴として、1つの単語に複数の意味のあるものが多いです。 あいまいに覚えているとせっかく知っている単語なのに、本文を読み違えていってしまうことも少なくありません。 また、せっかく 意味は知っていても文脈に合わせた意味を選べていない人も多いです。 古文単語に苦手意識を持っている人の多くがこの悩みを抱えているのではないでしょうか。 複数の意味のある単語を覚えるのに 有効な勉強法として、後に紹介する例文で単語の意味を覚えることです。 今の勉強法でうまくいかないなという人はぜひ試してみてくださいね。 現代語に近いからとなんとなくで勉強してしまう 文章によっては古文単語を知らなくても何となく意味が取れるものもあります。 ですがそれで読めた気になってしまうと、古文単語の暗記をしっかりせずにフィーリングで読んでしまうクセがついてしまうことも。 中途半端に現代語の意味でも読めてしまうため、単語の暗記に身が入りづらいというのも覚えにくい原因でしょう。 たしかに英語とちがって、単語を知らないと全く意味が分からないということは少ないでしょう。 ですが、問題を解くとなると単語の知識がないとほとんど解けないものばかりです。 そのため、正確な単語の知識は古文の力をつけていくうえで必要不可欠。 古文も外国語を勉強する感覚で、単語などにも触れていくようにしていきましょう。 現代語の意味と混同してしまう 古文単語の中には現代語でも使うが意味が今と全く違うというものも少なくありません。 それなので、そうした違いをしっかり理解して勉強していかないと現代語の意味で読んでしまい話が分からないなんてことも。 このように 現代語とそっくりだけど意味がまったくちがうものがあるというのも覚えにく原因の1つ。 そうした単語は普段から注意して勉強を進めていく必要がありますね。 効率の良い古文単語の覚え方 ここではぼくが実践していた古文単語の勉強法を紹介していきます。 特に、古文単語の勉強法がぜんぜん分からないという人はぜひマネしてみてください。 例文で古文単語を覚える方法 よく英単語の勉強法でも「例文の中で覚える」というのを聞いたことがある人もいるでしょう。 この勉強法は古文単語の暗記でもかなり有効です。 例文で古文単語を覚えることには次の3つのメリットがあります。 1:文中での実際の使われ方が分かる 古文単語を覚える目的は古文を読めるようになることです。 それなので、 単語の意味を覚えても文章の中で分からないと意味がありません。 また、助動詞とくっついたり、語尾が変わったりして、単語帳の見出し語と形がちがうなんてこともしばしば。 実際に文章を読んで単語の意味を思い出しやすくするためにも、例文での意味の暗記はとても効果的です。 2:文法も同時に学べる 古文の中では単語はいろいろな助動詞とくっつき、単語自体も変化していきます。 例文で覚えていけば、そういった文法事項に触れていく機会も多くなっていきますよね。 ちょっと理解があやしい文法があればその場でチェック。 そうすれば、 普段の単語の勉強のなかで文法も復習することができます。 3:有名な文章に触れられる 古文は英語と比べると読んだことがある文章が入試に出やすい科目です。 例文で様々な文章に触れていけば、本番で覚えたフレーズに出会う確率が高まります。 ぼくもたまたま覚えていた例文の一部が入試の現代語訳に出たという経験をしました。 そのため単語帳にのっているような有名な例文を覚えていくことが、入試での得点につながる可能性がかなり高くなります。 古文単語を例文で覚えるメリットを紹介してきました。 例文で覚える勉強法は古文の総合力を底上げできるので個人的にはかなりおすすめの勉強法です。 古文の勉強にある程度時間を取れるよという人はぜひためしてみてください! ゴロで古文単語を覚える方法 「古文単語が全く頭に残らない。 」 「古文の勉強にあまり時間をかけることができない。 」 「できるだけ楽しく古文単語を覚えたい。 」 こんな悩みを持っている人たちにおすすめなのが「ゴロ」で古文単語を覚える方法。 この「ゴロで覚える方法」のメリットは 頭にかなり残りやすく、苦手な人でも続けやすいところ。 古文単語の勉強が苦痛だという人でも始めやすいはずです。 しかし、この「ゴロで覚える方法」にはデメリットもあります。 古文単語は1つの単語に複数の意味があるものかなり多い。 ゴロで覚えるとなるとどうしても複数の意味のうちカバーできないものが出てきてしまいます。 そのため、2次試験や私大入試で古文を使う人、古文を得点源にしていきたい人には少し物足りません。 ゴロで慣れてきたら、ゴロではカバーできなかった単語の意味を確認するようにしていくと力がよりついていくはずです。 自分の目指すレベルを考えながら、ゴロでの勉強だけでいいのか、もう少し肉付けしていく必要があるのか検討していってください! おすすめの古文単語帳 ここでは「例文で覚える方法」や「ゴロで覚える方法」に適した単語帳を紹介していきます。 どれもいい単語帳なので気になったらぜひ使ってみてください! 読んで見て覚える重要古文単語315 古文単語帳の中でもかなり有名な参考書である「古文単語ゴロゴ」。 ゴロはインパクトのあるものが多く、1度みたら頭から離れないというものも多いです。 また、ゴロだけでなくイラストものっているので、イメージで覚えることができるのもいいところ。 普通の単語帳と比べるとかなり楽しみながら勉強することのできる1冊。 ただし、上でも書いたように、しっかり力をつけたい人はゴロゴが終わったらほかの参考書で勉強する必要あり。 また、下ネタのようなゴロもわりと多いので苦手な人は避けた方がいいかもしれません・・・ 古文がかなり苦手だったり、時間をかけず基本的な意味を早く覚えたいという人におすすめの1冊! 古文単語ゴロゴ手帖 ゴロゴの文庫サイズ版。 かなりコンパクトになっているので、移動時間などのスキマ時間での勉強に最適です。 ただ、普通のゴロゴよりもイラストが少なかったりするので、自分の好みに合わせて選んでみてください。 古文の苦手はスタディサプリで克服 実は古文が苦手という受験生は意外にも多いです。 メイン科目ではない割には暗記量が多く、そこまで多くの時間がかけられないのが原因でしょう。 あとは古文のあの文章に馴染めない人も多いでしょう。 しかし、古文も英語同様で、 正しいルールと核心をついた知識を理解すれば、驚くほど暗記量が減ります! そんな 古文を担当するのは 授業はとても元気ハツラツ!親しみやすいイメージの岡本先生。 自分がもともと古文が苦手だったこともあり、わからない受験生目線に立った授業は人気爆発! スタディサプリでは本当にわかりやすい授業を展開してくれます。 このように現代文、古文の苦手はスタディサプリ でピンポイント撃破することが可能です。 今すぐ、登録しましょう! ・すぐ勉強に飽きてしまう ・受験勉強がつまらなくてしょうがない ・ついついゲームやテレビを優先してしまう ・E判定からの逆転合格を狙っている ・1日10時間以上勉強ができない ・やる気はあるけど行動に移せない ・いくら勉強しても偏差値が上がらない こんな悩みを抱えていませんか? これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「 Enjoy Study Method」を無料で配布しています。 高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。 LINE にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。 ぜひ、今すぐ登録してください!.

次の

古文単語 高校受験 一覧

古文 単語 意味

大学受験生の中には、 古文を苦手にしている人が実に多い。 受験生諸君の中には、どうせ昔の日本語だろうと侮っている人もいるのではないか。 確かに、古代日本語といえども、普通に読むだけでは、 何を言っているのか全く訳が分からない。 しかし、単純にある一つのことをすると、古文は各段に読みやすくなる。 それが、 古文単語である。 しっかり古文単語さえ暗記すれば、古文はある程度は読めるようになる! そして、古文単語以外の古文の勉強はラクなので、 古文単語を暗記すれば、次の古文の勉強にもつながる。 それが難しいんだよ、と思う受験生もいるかもしれない。 では、君たちは英単語よりも古文単語のほうが 非常にラクであるということを知っているだろうか? ここでは、 英単語より簡単な古文単語の覚え方をここですべて記す! 是非これを読んで、古文苦手を克服しよう。 英単語より簡単な古文単語 古文単語を覚えるのが苦手だと思っている人は 非常に多い。 しかし、実際に古文単語というものは、英単語を覚えることよりもはるかに 楽である。 ここでは、 どうして英単語より古文単語の方が簡単なのか2つの理由をここで説明する。 まずは、これを読んで古文単語の暗記は自分が考えているよりもはるかに楽であるということを知ろう。 古文単語は、分量がはるかに少ない 君たちは、大学受験に必要な英単語の数はいくつだと思うだろうか? 自分がどのレベルの大学を受験するかによっても変わってくるが、だいたい 4,000から6,000単語くらい必要だと一般的に言われている。 それに比べて古文単語は 300~500個だ。 どうだろうか? 必要な英単語数のたったの10分の1である。 また、中学のうちに学習した英単語の数を君たちは知っているだろうか? 1000個である。 高校で習う古文単語の2倍の英単語を中学のうちに学習してしまっているのである。 300個から500個という単語の数は1ヶ月から2ヶ月あれば、隅から隅まで完璧に暗記することができる。 本気を出せば、すぐに効果を実感することもできるのだ。 このように、まず、 古文単語の覚えるべき分量は、覚えるべき英単語よりも、圧倒的に少ないことを知ってほしい。 これだけで、だいぶ古文単語を覚えるのが 楽に思えるのではないか。 古文単語には、意味を覚えやすいヒントが多い 英単語を覚えるときには、 ただ英単語を「普通」にひたすら覚えるしかない。 しかし、古文単語は昔の日本語だけあって、意味を覚えるにあたって 様々なヒントが存在する。 例えば、 漢字である。 古文単語は、たいてい文章中にひらがなで書いてあることが多い。 しかし、その古文単語に充てられた漢字も現在の日本語と同様にちゃんと存在する。 例として、「めづ」という古文単語を考えてみよう。 これの意味は「愛する。 心惹かれる」である。 そして、「めづ」という単語に充てられた漢字は「愛づ」なのだ。 このように、 古文単語に充てられた漢字とその意味はしっかりと対応しているのだ。 また、古文単語は、現代日本語の知識が我々日本人にはあるので、 どうしてその意味になるのかという由来が覚えやすい。 確かに、英単語にもその意味の由来は存在するのだが、我々はそもそも英語の語彙の知識がほとんど皆無な状況から覚えようとしているため、何も手掛かりにすることができないのだ。 しかし、我々は漢字のそれぞれの意味や、現代日本語の語彙知識を持っているため、どうしてその意味になるのかという由来、 言葉の語源を簡単に覚えることができる。 しかし、単に英単語と同様に何のヒントもなしに、「普通」に覚える作業をして、古文が苦手になってしまった受験生が実に多い。 そんな人は、 漢字であったり、語源であったり、ある程度のその意味を覚える上でのヒントがあることを意識すると、かなり古文単語が覚えやすくなる。 以上の二つの理由から、英単語を覚えるよりも古文単語は圧倒的に覚えることが ラクなのである。 これを読んだ人は、まず古文単語の暗記に対して苦手意識をなくしてほしい。 古文単語の最強の覚え方 上記を読んで、古文単語を覚えることがいかにラクであるかわかったはずである。 実際にやるときも、この特徴を活かして覚えていけば、よりラクに覚えることができる。 ここでは、 東大生の僕が考えた、古文単語最強の覚え方をここでお伝えする。 これを読んで是非実践してみてほしい。 選ぶべき単語帳 やはり英単語と同様に、古文単語も 単語帳には慎重になるべきである。 上記で古文単語には、覚えやすくなる漢字や語源といったヒントが存在すると指摘した。 そのヒントを利用して覚えないというのは非常にバカバカしい。 よって、 その古文単語に充てられた、漢字とその単語の語源の両方がしっかりと書いてある単語帳を選ぶようにしよう。 ほとんどの単語帳にそれらが載っているので基本的に大丈夫だが、たまに語源が一語一語に対して載っていない単語帳が存在する。 このような単語帳は選ばないようにしよう。 古文単語の暗記は、短期集中的に行おう 英単語と違って、古文単語はかなり覚える分量が少ない。 よって、毎日少ない数をちんたらとやっていては、 だらだらするだけで、一回覚えたものをすぐ忘れてしまうだけだ。 少ないからこそ、時間をかけてしまうとより だらけてしまうのだ。 数が少ないということをメリットにするためにも、 古文単語は短期集中でやるべきである。 よって、最長でも2ヶ月以内には単語帳一冊を完璧にする勢いでやってほしい。 また、冬休みなどの1~2週間程度の休みが近いという人は、その期間を使って素早く覚えてしまうのもおすすめだ。 古文単語は数が少ないからこそ短期集中で覚えていこう。 古文単語の暗記方法は、英単語とほとんど同じ 古文単語の基本的な覚え方は、英単語と全く同じである。 古文単語の暗記は文字通り暗記系の勉強である。 暗記系の勉強には 繰り返し学習がもってこいである。 一日一定の数を決めて、まずは一周させよう。 これで終わりにするのではなく、 その単語帳のすべての単語が完璧になるまでに何回も繰り返そう。 詳しい覚え方は以下の記事に書いてあるので合わせて読んでおいてほしい。 また、繰り返し学習は大学受験を成功させるうえで最も重要な勉強法である。 繰り返し学習については以下の記事に書いてあるのでこれも合わせて読んでおいてほしい。 ヒントも合わせて覚えよう 先ほど、 漢字と 語源がしっかり書いてある古文単語帳を購入するように薦めた。 よって、 古文単語を覚える際には、一回目は必ずこの二つに目を当ててほしい。 そして、 覚える際に、語源のイメージや漢字などをヒントとして覚えるように心掛けてほしい。 前も述べたが、何もヒントがないものを覚えるよりも、ヒントが多くあるものの方が圧倒的に覚えやすい。 このヒントとともにしっかりと覚えるようにしよう。 古文単語を完璧にしたその後 以上のやり方を忠実に守って覚えれば、非常にラクに大学受験に必要な古文単語を網羅することができるはずだ。 しかし、単語帳だけやってそのまま長期間古文の勉強を放置しては、 せっかく覚えた古文単語もだんだん忘れて行ってしまう。 では、どうすればよいのだろうか? ここでは、 古文単語を完璧にしたのちにそれを古文全体の勉強へつなげるためにやるべきことを紹介する。 古文の読解問題を解く まず、必ず直後にやってほしいのが、 古文の読解問題である。 古文単語をかなりの数、網羅していれば、読解が非常に読みやすくなっていることが実感できるだろう。 すぐに、古文単語の暗記の効果を実感できるのだ。 また、このような読解するときに意味を思い出すことは、アウトプットに他ならない。 アウトプットをしっかり行うと、 長期的に記憶が保たれるため、時間がたっても格段に古文単語を忘れなくなる。 必ず古文単語を完璧にした直後には古文の読解を始めよう。 古文単語以外の必要なことをする。 古文の読解をやると、以前よりもかなり意味が分かるようになったことが実感できると思う。 しかし、それと同時に、 まだ完璧に読解できないことがわかるはずだ。 そう、古文単語以外にも古文を完璧に読解するには、 古典文法、古典常識、敬語といったような項目を学習しなければいけないことがわかるだろう。 これらは、さらに古文単語に比べて労力がかからないので、古文読解を通して、古文単語の効果を実感するとともに、他にすべき勉強の必要性も同時に感じてほしいのだ。 このようにして、 他の勉強をささっとこなせば、古文においては最強になることができる。 古文単語が完璧になったら、読解と共にそういう勉強もやろう。 まとめ 以上が、 どうして英単語より古文単語のほうが暗記するのに圧倒的に楽なのか、そのラクさを活かした最強の古文単語の覚え方とはどんなものか、またその後の古文全体の勉強につながるには何をすればよいのか、についての詳しい解説である。 上記に説明したように、古文単語は非常に容易に完璧にすることができるので、上のやり方でさっそく実践してほしい。 また、それが終わってからは、必ず上で書いたように、読解とそのほかに必要な勉強をしっかりやって、古文自体を完璧にしてほしい。 この二つさえ守れば、君も古文においては最強になることができるのだ。 今すぐに、実践してみよう。 celly 東京大学理科二類在学• 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 ただし、東京などの大都市圏に住んでいる高校生は受験情報に接する機会が豊富にあると思いますが、地方在住の高校生は良い情報に接することがあまりできません。 なぜなら、早慶レベル以上の大学生・卒業生に接することが地方は難しいからです。 実際に、赤門アカデミーの9割は首都圏以外の塾生です。 そこで大学受験. net(赤門アカデミー)では、東京と地方の情報格差少しでも減らすべく、 東大生との無料音声相談や、格安での受験計画作成・指導プランなどを提供しています。 赤門アカデミーの講師が 1営業日以内にお返事いたします。 合わせて読みたい関連記事.

次の

超効率的な古文単語の覚え方【1ヶ月で300語暗記】

古文 単語 意味

古文単語を意味分類で整理して覚えるシリーズは14回目です。 今日は、仏教に関わる古文単語を解説します。 仏教に関わる古文単語• 「出家する」意味を持つ古文単語 仏教といえば、出家。 世をはかなめば、すぐに出家を考えるのが、古文の世界ですね。 ここには様々な単語があるわけです。 まずは、髪の毛を切るという行為に基づくものですね。 「かしらおろす」とか「御毛(みぐし)おろす」とかです。 姿、形が変わるという意味でいえば、 「様をかふ(変える、は古文では「変ふ」ですよね)」「形を変ふ」というところ。 「やつす」もそういう意味を持ちますね。 続いて、現世を捨てて、隠居するというようなイメージ。 「世をそむく」に始まって「捨つ」「離る(かる)」「遁る(のがる)」「厭ふ」といったところ。 隠語というようなことだと思うんですが、死同様、あまりはっきりと書かないということなんだと思います。 一応、病気と死のところもみておいてください。 現世と、出家をさまたげるもの「ほだし」 「夢うつつ」とか「うつつを抜かす」という言葉がありますが、「うつつ」は「現」ですね。 「うつし心」で正気ということになります。 出家したいときに、それを妨げるのが「ほだし」ですね。 「絆」という漢字があたるんですが、イメージはしにくいかな。 でも、意外と出てくる気がします。 「本意」は「ほい」。 出家の意味を持つことも… 「本意」は「ほい」。 「ん」撥音は書けないので、こうなります。 もともとの望みとか、本来の目的ですが、そもそもそれが、「極楽浄土にいくこと」や「出家すること」とという意味になっているケースがあることを覚えておきましょう。 「本意なし」はまさに「不本意」。 意に沿わないことや残念なことなどをさします。 「おこなふ」には注意が必要~念仏をとなえる・祈る 「行ふ」は「仏道修行」という訳がつくことが多いのですが、当然正しいんですけど、この言葉のおかげで、ちょっとミスが起こるんですよね。 「修行」というと滝に打たれたり、掃除をしたり、下手すると「活」を入れたりしていいるんですけど、このイメージは正しくない。 平安時代で、しかも貴族の仏道修行といえば、「念仏を唱える」こと。 要は、お経をしっかり聞いて、たとえば説経ですね。 そういうお話を聞いて、意味をかみしめながら、唱えていくことがほとんどです。 その意味では「祈る」なんていうことは、非常にいい訳になることが多いですね。 「契り」は、いろいろな意味での「約束」 「ちぎり」は約束です。 恋愛のところでは、「結婚をすること」「関係を持つこと」でした。 恋愛であれば、「添い遂げること」でもあるし、それは「来世でもまた一緒に」というようなことにもなるんですね。 こうなってくると、仏教のところに入ってきます。 「来世」を現在にすれば、「前世からの因縁」ということになってきますし、「来世での約束」というケースも出て来ます。 とにかくありとあらゆる「約束」ですから。 「宿世」は「前世からの因縁」という意味が強くなってきますね。 「宿命」と書けば、現在でも意味が通じます。 「罪」は「罪」と同時に「罰」 非常に仏教的な意味合いが強い単語です。 「罪」とは仏罰に値するかのような行為のこと。 しかし、それは必ず報いを受けます。 因果応報ですね。 ですから、その報い、つまり「罰」と同義になります。 罰という単語は見たことがないです。 仏教だけでなく、道徳的なことについてもそうですね。 「罪す」などいう形で動詞化されたときなど、ほとんど「罰する」という意味になります。 manebi.

次の