かくしごと 11巻 ネタバレ。 かくしごとアニメ(未来編結末最終回ネタバレ)父の可久士は死亡?(記憶喪失・事故)母の死因・考察

【かくしごと】第11話のネタバレ!連載が打ち切り?不幸が止まらない!

かくしごと 11巻 ネタバレ

【かくしごと】第11話のあらすじ 十丸院は、編集会議が憂鬱だった。 憂鬱がる十丸院の話を外で聞いている可久士。 いつの間にか六篠先生も加わる。 それぞれが自分の会議で悩んでいたので、皆が悩みを親身に聞いてくれていると誤解するのであった。 十丸院は、美味しい料理を食べたいが、自分の経費で落ちなさそうなので、編集長に可久士が編集長と話したがっていると声をかける。 十丸院の一言から、可久士は編集長と話をすることになった。 可久士は、連載の打ち切りを覚悟し、編集長は、待遇に不満があるのだと思っていた。 お互いに考えていることが違うまま、連載についての話し合いが行われる。 可久士は、「(漫画の打ち切りは)具体的に、いつになるのか?」話を切り出す。 戸惑う編集長。 「10話くらい先だと、ありがたい」と可久士。 「ええ、そんな先で?」と聞く編集長。 「それくらい先なら、用意できるでしょう」と編集長。 「何を?」と可久士。 「カラーを」と編集長。 可久士は、もうすぐ打ち切りにするから、その代わりとしてカラーページの依頼が来たと誤解する。 同席した十丸院は、担当作家に美味しいものを食べさせ、カラーページの確約もさせるなんて、なんて自分は優秀な編集者なんだと感動していた。 帰宅後、コタツで居眠りしていた姫を見て、可久士は、姫に心配をかけさせないように精一杯仕事をすることを誓う。 仕事場では、できる限りにこやかに、アシスタントに打ち切りの決定を報告する。 アシ一同が悲しみに暮れると思いきや、意外に皆平然としていた。 打ち切りが決まってからの可久士は、鬼気迫るものがあった。 「どーせ、終わるなら好きにやってやる!」やりたい放題にやった漫画は、面白く、編集長も大喜び。 読者アンケートも好調! 絶好調で漫画を描いていた可久士だったが、十丸院と話をしているうちに打ち切りがないことに気づく。 アシ一同に打ち切りがないことを伝える。 アシ一同は、自身の取材旅行の予約を取ったりしていたので、皆がっかりする。 集中力を欠いた可久士の漫画は、再び面白くない漫画に逆戻りするのであった。 姫との家族会議は、クラスメートが見つけた井戸の前で行うことに決定。 姫に井戸の地図を渡された可久士は、井戸に姫を落ちたら大変と思い、大急ぎで井戸に向かう。 井戸についた可久士は、姫の叫び声を耳にする。 井戸の中からは、番町皿屋敷のように、1枚、2枚と数を数える声がする。 恐怖におののく可久士たちだったが、声の正体は、風で飛ばされた可久士の生原稿の枚数を数える十丸院だった。 原稿の枚数は、依然として足りなかったが、羅砂がコピーを取っていたので事なきを得た。 姫が会議で話したかったことは、唐揚げの作り方。 一人ではまだ作れないので、一緒に作ってほしいとの内容だった。 可久士は、お安い御用とばかりに快諾する。 月日は流れ、約半年後の姫の誕生日。 11歳を迎えた姫は、お誕生日会を盛大にやってもらう。 お誕生会の後は、可久士と姫の2人だけ、いやロクも加わって3人だけで誕生日を祝う。 可久士は、姫にオルゴールをプレゼントし、毎年2度誕生日を祝うことを再度約束するのであった。 【かくしごと】第11話の感想 今回の「かくしごと」では、雪に降ってましたね。 夏のイメージが濃い「かくしごと」ですが、貴重な雪のシーンが見られてよかったです。 漫画家の打ち切りって、恐ろしいですね。 いわゆる派遣切りと同じような印象を受けます。 漫画がヒットすれば、お金持ちになれそうですがスポーツ並に厳しい世界だと実感しました。 仕事がない状態で、日々貯金を切り崩していく。 かなり不安な状況です。 そんな中、自分が描いた漫画がアニメになるなんて、最高としか言いようがないですね。 「かくしごと」に関して言えば、漫画の再現性はほぼ100%と言っていいと思うので、本当にアニメ化して良かったと思います。 姫ちゃんの話になりますが、とうとう姫ちゃんが10歳でなく11歳になってしまいました。 少しずつ、いやこれからは急に大人になっていく姫ちゃんが寂しくて仕方がありません。 子供の小学校時代は、長いようで短く、中学になってからは高校、大学までもっと短く感じるのだと思います。 可久士は、姫にたっぷりの愛情を注いでますが、第11話のエンディングでは、18歳になった姫が思い出のアルバムを一人で見ているシーンがありました。 アルバムでは、11歳のお誕生日会以降の写真があるかどうか、イマイチ分かりませんでしたが、薄暗い部屋でアルバムを見つめる姫は、とても悲しそうでした。 今後の後藤家がどうなっていくのか、不安でたまりません。 毎年2度、誕生日を祝ってやると言っていた可久士がどうなってしまったのか、次回の最終回ですべての謎が明らかになります。 最終回では、18歳の誕生日を迎えた未来編のみが放送されるであろうと思われます。 まだ漫画が完結していない中、どのようなエンディングになるのでしょうか? 今まで、漫画を完全に再現してきた村野佑太監督による「かくしごと」の最終回が楽しみです! まとめ 今回の話で、姫は11歳になってしまいました。 「かくしごと」の放送も残り1回!可久士や姫にどんなことが起ころうと、2人の愛情は変わらないと思いますが、不安でたまりません。 もはや、ギャグ漫画と言えなくなってきた「かくしごと」。 後藤家には、さらなる悲劇が待っているのか?次回の最終回の放送が見逃せません! 追記: 漫画家の打ち切りって残酷です。 才能があり漫画も面白いのに、何故か不人気で漫画が打ち切りになった「週刊少年ジャンプ」の1981年の漫画、富沢順の「」を思い出しました。 富沢順は、車田正美のアシスタントをしていたこともあり、少し絵も似ています。 「コマンダー0」は、全2巻で終わってしまいましたが、プロテクターをまとって闇の軍団フェニックスと戦う漫画は、とても面白かったです。 また、「コマンダー0」が世に出て数年後、車田正美は「聖闘士聖矢」の連載がスタートしますが、その設定に多少の影響を与えたかもしれません。 富沢氏は、その後「企業戦士YAMAZAKI」で人気を博しますが、やはり「コマンダー0」の続編を読みたいと思ってしまいました。

次の

かくしごとアニメ(未来編結末最終回ネタバレ)父の可久士は死亡?(記憶喪失・事故)母の死因・考察

かくしごと 11巻 ネタバレ

【内容紹介】 ちょっと下品な漫画を描いてる、漫画家の後藤可久士先生は、一人娘の姫ちゃんが何にもまして、最優先。 そんな親バカの後藤先生が、この世で1番恐れていることは、娘に仕事がばれること。 漫画家だなんて知られたら、もしかしたら娘に嫌われるのでは!? アシスタントや編集者を巻き込んで、今日も心配症の後藤先生の1日が始まります! 第一印象としては、キャラが多い。 というのも読み続けていけば分かるが、 主人公とその娘さん、漫画の担当とアシスタント達、そしてハーレム要員のヒロイン達と、メインキャラの多くは1巻の時点で大半が出揃っている。 ハーレム要素があったことに少し驚きましたが、 花屋さんみたいに1巻で登場以降ほぼ出番がないキャラもいたりと、そこはあまり重要視していなさそう。 絵に関しては絶望先生の頃からほぼ変化がなく、 漫画家としての絵柄は、もう完成しているご様子。 ストーリー性はあまり高くない作品なので、 1巻が合わなければ今後も楽しめない可能性は高いです。 なので気になっている方は、とりあえず1巻を読んでみて判断するのが吉だと思いますね。 第2巻感想 【内容紹介】 漫画家の後藤可久士先生は、娘の姫ちゃんのこととたると超がつくほど心配性。 後藤プロの若手スタッフたちや、ご近所の女性の皆様を巻き込んで、毎日がトラブルの連続! 成長した18歳の姫ちゃんの、謎多き過去をめぐる旅の続編も、フルカラー8Pで描き下ろし収録!久米田康治のおまけエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も1巻に続き、大好評掲載です! らしさを発揮というかなんというか(笑)。 キャラにイェーガーみたいな格好良い名前を付けるのは中学生みたいで恥ずかしい、背景を書いていないジャンプの人気作を「息を止めて1話で読める」と評するなど、「進〇の巨人」や「ブ〇ーチ」などを小ばかにしたようなシーンがあるこの第2巻(笑)。 確かに打ち切りだった作品だし、ロボアニメとしては微妙ですが、 ヒューマンドラマは一級品なんですけどねー。 話が逸れましたが、8年後の高校生編では先生が行方不明?っぽかったりと、 続きが気になる要素が多い巻でもありました。 【内容紹介】 漫画家という仕事を、娘の姫ちゃんにひた隠す後藤可久士先生。 そんな折、後藤家に届いた謎のランドセルの送り主は、姫ちゃんの母親の関係者!? 新たな登場人物とトラブル発生で、後藤家や後藤プロダクションに激震走る第3巻! そして今巻もフルカラー8P描き下ろし収録の「18歳の姫ちゃん編」。 鎌倉で見つけた箱には、どんな親子の「かくしごと」が!?大好評・漫画業界の裏事情を暴露するエッセイ「描く仕事の本当のところを書く仕事」も4本収録! 漫画家ネタが多め。 確かにそういうこともあるのかもしれないと思わされる。 「なんで売れているのか不思議な漫画は7つどころじゃない」かー。 まあそうかも(笑)。 といっても、仮にそういうアンケートとかを取れば、 上位は人気作で埋め尽くされるでしょうけど。 人気な分アンチも多いわけで。 今だったら、ジャンプの某鬼退治漫画がトップになりそう。 結局そういうのは主観なんですよね。 第4巻感想 【あらすじ】 漫画家という仕事がバレないように、育児にいそしむ後藤可久士先生。 授業参観や秋のレジャーへお出かけで、小4の娘・姫ちゃんと、忙しくも楽しい毎日だ。 そんな後藤家に突然、新しい家族が増えることになりそうで!? まさかまさかの急展開!! 巻末カラー連載「18歳の姫ちゃん編」には、ついにあの先生が登場!? 「言いやすいジャンル言いづらいジャンル」のピラミッドは、 確かにそういうのはあるなと思わされる(笑)。 スポーツものは知人レベルの人にも読んでいると言いやすいけれど、 エロや下ネタものはなあ(笑) かなり親しい間柄じゃないと中々言えないとは思う。 いずれにせよラブコメは言いづらい。 ぶっちゃけ、上記ピラミッドで最下層に置かれている、下ネタ、エロ系よりもラブコメのほうが言いづらいところがあるように思う。 なんだろう、オッサンになるとセックスよりもキスのほうが、何か気恥ずかしい響きをもつような気がするのだが、それと同じじゃなかろうか。 微妙にピュアっぽいところが、気持ち悪さを加速させるのか? 年を取ってくると、エロ系よりラブコメの方が人に言いづらい説。 ある・・・のかな? ただ、奇しくも本作と同クールで放送される「イエスタデイをうたって」みたいのだとどうなんだろう。 この理論だとああいう純愛は、よりアウトな気がするが。 第5巻感想 【内容紹介】 漫画家・後藤可久士先生、連載100回記念!でも誰も祝ってくれなくて?「逆風」の漫画家パパと「成長」の小4娘物語、最新刊! 連載100回を認識していなかった担当が相変わらず酷いw 今回新しい家族となった犬の名前が決定しますが、 小学生とはいえさすがにそんなことは無いのではと感じてしまった(笑)。 本来癒されるべきシーンなんでしょうけども。 編集さんが漫画家を先生と呼ぶのは蔑称なのかー。 確かにこの巻で挙げられた例だと蔑称だなと思わされますが、極端な例なだけな気も(笑)。 第一印象を超えられないっていうのは、物作りをやる人なら共感できそうなお話。 ゲームのキャラクリエイトなんかでも、上手く言ったキャラを間違って消しちゃって新しく作り直すと、どうしても前の方が良かったように感じてしまいますからね(笑)。 第6巻感想 【内容紹介】 後藤先生が朝起きたら、姫ちゃんがいない。 家出!? パパの心配MAXな第7巻! 描き下ろしカラー「高校生姫ちゃん」編は急展開! 前巻で登場した弟君は、正確には弟ではなく従妹でした。 家を整理していたのはこの従妹君なのでしょうか? そして、後藤先生が隠し子だったことも判明。 親は有名な歌舞伎役者なのか・・・。 主人公の出生が明らかになったことによって、これまでの伏線が繋がり始める第7巻。 出生のシリアスさを隠すために裸で漫画を描いたりしていたと・・・。 なるほどなー。 そして、今の漫画家はネトゲに逃げ込んでいるというお話。 実際どうなんだろ? 某ゲームのシナリオライターがフロムゲーのハマってサボってるというような噂話はよく聞いたけど(笑)。 しかし、深刻な話なのに笑えてしまうのは何故だろうかw 昔の漫画が今更アニメ化となるのは、昔の読者が業界に入って力を得たからという話。 そういうことなのかな? 原作が枯渇しているというのもありそうだけど。 最後は8年後パートで、 後藤先生の過去が週刊誌にスクープされ、最悪の結果になった事が判明します。 ネットでの叩かれようが、妙にリアルで怖い。 しかし実際どうだろ。 奥さんが亡くなっても読者のために漫画を描き続けたって評価されそうな気もするけど。 ただ下ネタ漫画だからなぁ。 こういう反応になる可能性はあるか。 【内容紹介】 漫画家バレを防ぐため、仕事場引っ越し計画中の後藤先生。 というか、実際キャラの数だけは多くてそれぞれの掘り下げは全くできていない作品は枚挙にいとまがない。 スポーツが例として出てきますけど、 実際「スラムダンク」が名作なのは、5人制スポーツであるバスケを題材にしたからというのも大きいと思うんですよね。 そこから共通認識の話へ。 こういうものだと分かっていれば、無駄な説明が省けて中身を濃く出来る。 それが現代の異世界転生なのだとか。 ただ個人的には、異世界に転生したばかりの主人公から「ステータス」なんて言葉がいきなり飛び出す共通認識は、どうかと思っていますけどね。 なんかお約束みたいになっていますけど、違和感しかないですし。 8年後パートでは、後藤先生が昏睡状態であることも明らかに・・・。 8年後の後藤先生、ついに目覚める。 昏睡状態にあった後藤先生ですが、いよいよ目を覚まします。 しかし、記憶は現在(8年前)まで退行してしまっていました。 そのころが一番楽しかった時期だから?なるほど。 長年続いた漫画は読者が入りづらいというのは確かに。 ただ最近ではアニメ化によってブーストがかかる作品も多々あるので、 良い企画と制作会社に恵まれれば、ワンチャンあると思いますけどね。 というか長年続いた漫画もそうですけど、 途中で他紙から移籍してきた漫画とかどうなんでしょうね。 新しい読者とか付いたりするのだろうか。 第11巻感想 アニメ第1話と第2話のペース配分から、アニメは大体原作でいうところの5巻か6巻くらいまでの内容になると予想できます。 から、TVアニメが1クールであることは確定していますから、とりあえずはそこで一区切りということになりますね。 「かくしごと」の原作漫画は全12巻での完結が予告されているので、てっきり同じ雑誌で連載されていたみたいに原作とアニメが同時に終了する手法を取ってくるのかと思っていましたが、思ったより丁寧なアニメ化となっていました。 しかしそうなってくると、アニメで完結まで描かれるかどうかは確定していないということになるため、人気が出るかどうかが重要になってきます。 今後の盛り上がりに期待したいところです。

次の

【漫画】「かくしごと」がつまらない?いいえ、超面白いんです

かくしごと 11巻 ネタバレ

かくしごと未来編でお父さんは死亡している? アニメ「かくしごと 」Cパートで放送される姫が大きくなったあとがわかる「未来編」。 なぜかこの「未来編」にはお父さんである可久士が登場していません。 時間軸としては 姫は18歳になっており、本編からは8年もの時が流れています。 そして 雰囲気が異様なんですよね・・・。 さらに可久士が出てこないことで不穏な雰囲気を感じる人が多い模様・・・。 姫あてに可久士が用意した箱を抱きしめて泣いているシーンなど、確かにそうとれる展開となっています。 But that mundane life... was everything that I'd ever dreamed of. おそらくアニメでも原作漫画と同じ展開になると予想されますが・・・。 気になるお父さんである可久士の生死ですが 原作では「生きている」、しかも普通に登場しますw お父さんの未来編ネタバレと考察!原作結末は? 原作コミックス「かくしごと 」でのお父さんである可久士の状態について解説いたします。 原作コミックスは11巻まで発売、12巻で完結予定とのことなので、クライマックス間際の展開です。 事故にあい昏睡状態に アニメでは姫が鎌倉の家を尋ねますが、この時点での可久士は「意識不明で入院中」でした。 とあることがきっかけで 漫画を書くことをやめてしまった可久士は、工場で働き始めますが 不幸な 事故にあい意識不明の重体に(漫画雑誌ジャンポに押しつぶされるw)。 そして そのまま1年以上目を覚ますことがなかったのです。 姫が鎌倉の家を尋ねたときに、鍵はアシスタントの墨田が姫に渡したことが明らかにされてましたが、可久士は意識がないからだったんですね。 しかしなぜ可久士が墨田に鍵を託したのかは現段階では謎のままです。 つまり、姫の涙は可久士の想いを感じ取ったこと、意識が未だ戻らない父のことを想ったものだと考えられます。 Kakushigoto[ 05] C'mon guys, leave me be. Why can't I just watch a single episode without been sharply hit? All those hints around, implying that something went wrong... Stop that already. いい知らせとは、 父である可久士の意識が戻ったこと。 悪い知らせとは、可久士の記憶が「 姫が10歳当時のままで止まっていたこと」でした。 お父さんが目を覚ましたと聞いて急いげ駆けつけてきた18歳の姫に対し、可久士は冷たく「だれ」と言い放ちます・・・。 事件が起こったのは1年前なので10歳〜17歳までの記憶がすっぽり抜けてしまったことに。 事件当時を同僚が振り返ったときに「可久士は漫画が嫌いだった」こと。 漫画を書くのをやめてしまったこと。 そのせいで生活が困窮し、慣れない肉体労働をこなしていたこと(中目黒の家がボロボロになっていたのも、この過程で手放したのかもしれないですね)。 またそれ以外にも判明した 可久士の辛い過去のことから、この姫が17歳になるまでの記憶が失われた期間は 可久士とって辛い期間だったことが伺い知れます。 漫画の連載を始める 昏睡状態から目覚めた可久士は「10歳の姫」にあいに病院から脱走をはかります。 周囲はすでに姫は18歳で、漫画を書くのもやめていたことは話していない様子。 どうやら記憶喪失に悪影響を及ぼすから、とのことでした。 さらに可久士の記憶は「10歳の姫」のお父さん頃の仕事、漫画「タイツ」の連載が続いていると思い込んでしまいます。 その結果当時のアシスタントが病院に集結し、すでに完結してしまった漫画を描き始めるのでした。 さらには記憶のないはずなのにが「タイツ」の続きは、過去に可久士が書いたものがそっくりなぞらえて書かれていました。 しかし姫は過去をひたすらなぞる可久士に新しい物語を書いてもらうため、 記憶を呼び戻すためとあることを思いつきます。 というのが原作「かくしごと未来編」の明らかになっているところまでのネタバレです。 お父さんの過去と母は死んでる? 原作「かくしごと未来編」では物語の核心や伏線がいくつも回収されています。 例えば「姫のお母さんはどうなったのか」「姫と可久士は本当の親子なのか」などです。 隠し子はお父さん(可久士)だった タイトルの「かくしごと 」が「隠し事」「書く仕事」など色々な意味を含んでいることは有名ですがその中の説に「隠し子と」があります。 姫は可久士の本当の娘ではなく「(誰かの)隠し子と」ではないか?という考察です。 かくしごと、姫の母方の祖父が日本画の巨匠なのか。 それもあって下ネタのマンガを描いてる可久士とは仲悪いんだろうな。 死別だとばかり思っていたけれど、これそもそも結婚してない可能性もあるんじゃないか?未婚で死別。 隠し事、描く仕事に加えて、隠し子との可能性もありそう。 可久士は歌舞伎役者「石川斉蔵」の隠し子だったのです。 可久士が姫へ異様なくらい愛情を注いでいたこと。 妻と姫の3人での日々を待ち望んでいたことは、この可久士の出生の秘密が影響しているかもしれませんね。 姫のお母さんは死んでる? アニメ「かくしごと」本編には姫のお母さんの姿はありません。 OPに数カットイラストが入っていますね。 引用: 本編にも未来編にも登場しないこと、未来編ではお父さんの可久士が意識不明になってから親戚の家に姫が身を寄せていたことから、母は死んだかと推測されていました。 しかし「未来編」では 姫のお母さんは亡くなっていない?ことが明らかになっています。 正しくは「行方不明状態」。 姫がまだ幼い頃に 海難事故に会い、生死不明の行方知らずとなっていたのでした。 可久士は 漫画で稼いだ財産を妻の捜索に当てていたことも明らかに。 本編〜未来編に至るまでに可久士は漫画を描くのをやめてしまっていますが、実はこれもこの妻の捜索が原因でした。 財産をつぎ込んで妻の捜索を続ける漫画家が週刊誌に取り上げられてしまい、「作者の背景がちらついて漫画で笑ってもらえない」と考え込んでしまったのです。 面白い漫画が描けなくなってしまったことで可久士は筆を折ってしまったのでした。 気になる母の行方ですが、いまだにわかってません。 アニメでは6話「スクールランドセル」で原作コミックス3巻収録の「未来編」が放送されました。 コミックスの完結は12巻と言われているので、約4/1の段階ですね。 原作は2020年3月に11巻が発売したばかりなので、 アニメの方はコミックスの最終回よりも早く終わってしまいそうですね。 アニメは1クールになりそうなので、展開的にも 可久士が隠し子であることがわかったシーン(7巻)あたりくらいまでが今回のアニメの放送範囲となりそうです。 今期ではかなり人気が出たアニメなので、2期できちんと最終回までアニメ化して欲しいですね。

次の