宝くじ 当選証明書。 「高額当選証明書」に関するQ&A

「宝くじ」で夢の大当たり、税金トラブルを防ぐ「当選証明書」の仕組み

宝くじ 当選証明書

質問一覧• インターネットで高額当選の証明に対応するのはそれぞれの購入した銀行でありみずほ銀行が高額当選の証明を総括している訳ではありません。 なので購入したそれぞれの銀行の対応によって変わってきます。 インターネットバン... 銀行に問い合わせて下さい。 時と場合によるかなあ。。。 宝くじの当選金を頭金にマイホームを購入したら税務署からそのお金の出所について問い合わせがある場合があります。 こんな時に役立つのが「高額当選証明書」です。 税務署などに対してお金の出所を証明してくれます。 当選金が記入され 高額当選証明書代わりになると 以前にありました。 私は三菱東京銀行を利用していますが エコ通帳のため通帳が無く ネットで確認するしかありません。 このような場合はネット銀行と同様に 当選通知書など... ネットやATMなどで宝くじを購入したら基本的に高額当選証明書は発行されません。 何故か?というと当選金は登録された銀行口座に自動振込みされます。 通帳記帳したら入金に『タカラクジトウセンキン』と記載されます。... 金おろしたら6億振り込まれてた」 ってのを見て ネットで買ったら 指定口座に勝手に振り込まれるようですが その場合、高額当選証明書ってどうなるんでしょうか? 額が額ですから 税金、高額な買い物するときに必要だと思...

次の

宝くじが高額当選した時に贈与税をゼロ円で分ける方法【保存版】

宝くじ 当選証明書

スポンサーリンク まとめ 楽天銀行経由の宝くじで高額当選した場合、当選証明書は自動で送って貰える。 私の家族にこの話をしたら、まだ当選しても無いのにと笑われました。 家族は普通の宝くじ(年末ジャンボなど)を宝くじ売り場で良く買うんですが、当たるとは思ってなくてもしも当たったら~という夢を買っているんだそうです。 ちょっと私にはその感覚は分からないです。 一方の私は当たる気満々なので、年末ジャンボを買う時は当選本数の多いジャンボミニやプチも一緒に買います。 だってどこかの誰かは実際に当たってるわけじゃないですか。 それが私でもいいでしょ?と思うわけです。 あ、でも私クジ運は全く無いです。 会社のビンゴ大会、スーパーの福引、コンビニのスクラッチなどなど全く当たりません。 なのにそんなのよりずっと当選確立の低い宝くじは当たるかもと思って買ってるんですから不思議ですよね(笑) でも買わないことには当たりませんから。 とりあえず、これから楽天銀行のロト6を毎月購入しようと思ってます。 いつかは当たるような気がします。

次の

楽天銀行の宝くじで高額当選した場合、当選証明書は発行して貰える?

宝くじ 当選証明書

1.宝くじの当選金はまさかの非課税!! 皆さんが日頃納めている「所得税」はご自身が得た、所得に対して課税されます。 例えば、給与(給与所得)や事業によって得た所得(事業所得)、不動産貸し付けによって得た所得(不動産所得)などがあります。 そう考えると、宝くじの当選金は「一時所得」ではないの?という気がしますが、宝くじの当選金は宝くじの当選金は 当せん金付証票法という法律によって、非課税所得と定められています。 ちなみにBIGやtotoも同じです。 驚愕の事実ですね。 10億円当選しても税金は1円も取られないのです。 つまり、 所得に含まれませんから、翌年の住民税等への影響も心配ありません。 もちろん、確定申告の必要もありません。 【 一時所得として課税されるもの 】 一時所得として所得税の課税対象となるものは以下のようなものがあります。 競馬や競輪、懸賞や福引は一時所得なのに、宝くじが一時所得にならないというのは不思議ですよね。 その秘密は事項でご説明します。 2.宝くじは実は購入時に税金が取られている! 実は、宝くじは購入した時点で税金が徴収されています。 しかも、その税率は40%です。 購入金額のうち40%は住民税としてその地域に納められています。 購入時にすでに税金が取られているため、当選金には税金が課税されないという訳です。 購入した自治体に住民税が支払われる仕組みになっているため、宝くじは地元で購入してください!という動きがあるわけですね。 3.当選金は非課税だけど、その後使い方で税金が発生する?! 当選金は非課税所得となるため、税金が取られることはありません。 しかし、そのお金をどうするかによって税金が絡んでくる可能性は十分に考えられます。 (1)10億あたったら半分あげる!贈与税が発生!! 宝くじあるあるの一つ「10億円あたったら半分あげるよ」という口約束。 非課税で10億ものお金を手にするわけですから、多少人にあげても良いでしょうという気持ちになりますよね。 しかし、当選金を人にあげると、もらった人には贈与税が課税されます。 贈与税は年間110万円までは非課税となりますが、10億の半分、5億円を贈与した場合・・・ 5億円-110万円=4億9,890万円 が贈与税の課税対象となり、税率は55%(控除額400万円)です。 つまり、約2億7,000万円が贈与税となってしまいます。 (2)使わずにとっておいて相続が発生すれば、当然、相続税が発生。 10億円を使わないまま、当選した人が亡くなってしまった場合、10億円には相続税が発生します。 相続が発生してしまえば、宝くじで当選したお金であろうと被相続人の資産であることに変わりはありませんので、他の現預貯金と同じ扱いになります。 (3)購入したものによっては税金の対象 当選金で車を購入すれば、自動車税の課税対象となりますし、住宅等の不動産を購入した場合には、不動産取得税や固定資産税の課税対象となります。 宝くじはあくまでも、当選金に対して課税されないというだけなので、ずっと税金が発生しないという訳ではありません。 4.宝くじは共同購入で贈与税を回避! 当選金をどうしても分けたい人がいる場合、共同購入することで贈与税が課税されずに当選金を分けることが出来ます。 当選金を受け取る際に、みずほ銀行窓口で、共同購入したので当選金もそれぞれで受け取りたいということを伝えます。 こうすることで、当選金はそれぞれの口座に振り込まれる形となるため、贈与には該当せず贈与税を納める必要はありません。 突然、口座に大金が支払われることになるため、税務調査などを受けると、「このお金は何のお金?税金はらってないんじゃない」と疑いをかけられてしまいます。 口頭で「宝くじが当たったお金です」と伝えても、なかなか信じてもらえないですから、きちんと当選証明書をもらっておきましょう。 まとめ 宝くじの当選金は非課税所得となるため、税金が取られることはありません。 また、所得に換算されないことから翌年の住民税への影響も心配ありません。 もちろん確定申告も不要です。 しかし、当選金を他の人にあげるなどすると、贈与税の課税対象となります。 また、当選金を受け取った方が亡くなった場合には、相続財産となり相続税の課税対象となります。 この記事の監修者 「つぐなび」の運営は、1970年創業の株式会社船井総研ホールディングス 東証1部上場、証券コード:9757 の経営コンサルティング事業を担う株式会社船井総合研究所が行っています。 船井総合研究所は、相続分野において700事務所にものぼる全国の弁護士・税理士・司法書士といった士業事務所のコンサルティングを行っており、その長年のノウハウをもとに「つぐなび」を2020年に開設いたしました。 現在、全国的に高齢人口の急速な増加を続けており、総人口は減少していく一方で、高齢者人口は2040年まで増え続けると予測されています。 それに伴い、相続財産をめぐるトラブルも増加、複雑化していることが喫緊の課題となっており、さらに、問題を未然に防ぐための遺言や民事信託などの生前対策のニーズも年々高まっています。 ・本記事は一般的な情報のみを掲載するものであり、法務助言・税務助言を目的とするものではなく、個別具体的な案件については弁護士、税理士、司法書士等の専門家にご相談し、助言を求めていただく必要がございます。 ・本記事は、本記事執筆時点における法令(別段の言及がある場合を除き日本国におけるものをいいます)を前提として記載するものあり、本記事執筆後の改正等を反映するものではありません。 ・本記事を含むコンテンツ(情報、資料、画像、レイアウト、デザイン等)の著作権は、本サイトの運営者、監修者又は執筆者に帰属します。 法令で認められた場合を除き、本サイトの運営者に無断で複製、転用、販売、放送、公衆送信、翻訳、貸与等の二次利用はできません。 ・本記事の正確性・妥当性等については注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本記事の情報の利用によって利用者等に何等かの損害が発生したとしても、かかる損害について一切の責任を負うことはできません。 ・本サイトの運営者は、本記事の執筆者、監修者のご紹介、斡旋等は行いません。

次の