市川一家4人殺人事件 長女。 市川一家4人殺人事件

市川一家4人殺人事件の当時19歳の関光彦の死刑が執行 ネット民「このクズの死刑は当然だね」

市川一家4人殺人事件 長女

市川一家殺人事件において、犯人は死刑の判決を下されました。 第一審が始まったのは1992年12月、その約2年後1994年8月8日の第11回後半にて死刑判決が出たのです。 弁護人側は精神鑑定で罪を少しでも軽くしようと動いていたようですが、認められませんでした。 弁護人側は「Sの胎児期に母親Yが流産予防薬として服用した黄体ホルモンの影響で、Sは『爆発的精神病質者』であり犯行当時は心神耗弱状態だった」と主張していたが、これに対して千葉地裁は「2度の精神鑑定から『心神耗弱だった』と断言するのは困難で、『爆発的精神病質者』との鑑定があるが責任能力に支障をきたすほどではなかった」として退け『責任能力は問題なくあった」と結論付けた。 (引用:Wikipedia) その後控訴審、上告審においても死刑判決が覆ることはなく2001年12月には死刑判決が確定されました。 そして、2006年に再審請求を行なっていますが受け入れられることはありませんでした。 関光彦元死刑囚の生い立ち 学校が休みの日は祖父の元へ避難し、日常に幸せを見いだすことができていましたが、やはり父親からのDVは治らず、さらには母親からもDVを受けていました。 そんな時、学校の親友から勧められた『聖書』を読むようになったのです。 その友人はエホバの証人の信者で、関元死刑囚に聖書を勧めたのです。 そして関元死刑囚はエホバの証人に没頭するようになります。 エホバの証人は「過激なほどの徹底的な純粋性からキリスト教内部でも異端視されていた」が、Sは「愛と平和を高らかに説く教え」に魅了された上、常に自分を温かく出迎えてくれては丁寧に教義を教えてくれた信者一家のことも気に入っており「聖書の教えを真剣に学べばいつか自分の両親もわかってくれる。 (引用:Wikipedia) 聖書を破られた事で父親を恨んで生きるようになる このように虐待を受けるなど壮絶な生い立ちの中、関光彦元死刑囚が9歳の時でした。 熱心に聖書を読んでいところを父親に「こんなくだらないもの読みやがって」と聖書を破り捨てられてしまいます。 破り捨てられたことで、今まで「恐れていた父親」に向かって初めて歯向いました。 「全身の血が沸騰するほどの怒りを覚え、それまでわずかに残っていた父親への情愛も完全に砕け散った」上に「いつか仕返ししてやる」と心に誓った。 (引用:Wikipedia) 関光彦元死刑囚は、後にこのように発言をしていたそうです。 自身の拠り所であったものを壊され、神に背く行為をさせられたことで父を恨んで生きていくようになるのです。

次の

市川一家4人殺人事件の犯人・関光彦とは!長女のその後や死刑への賛否は

市川一家4人殺人事件 長女

犯行当時19歳1ヶ月だった関光彦 1992年2月、関光彦は千葉県市川市内のスナックバーに勤めるフィリピン人のホステスを自宅に監禁して暴行をしたことから、店側が雇った暴力団に慰謝料200万の支払いを求めて追われていました。 関光彦はその200万円を金策するために恐喝を繰り返し、たまたま自転車で通りかかった当時15歳の高校1年生の少女を車で軽く轢いて、病院に連れて行った帰りにナイフで脅しながら自宅アパートに監禁して強姦しました。 その時に関光彦は少女の学生証に記載してあった住所や氏名を控えており、1ヶ月後に少女の自宅マンションに強盗目的で押し入り、少女の父親・母親・祖母・妹を次々と絞殺・刺殺しました。 関光彦は母親を刺殺した後、横たわる母親の目の前で再び少女を強姦し、自宅と父親の勤務先から現金を奪った上で少女をラブホテルに連れて行き三度強姦しました。 そして関光彦は再び少女のマンションに戻り、犯行に使用した包丁を握らせて犯人を装うように命令しましたが、家族全員を殺されて放心状態の少女は床に座り込んでしまったため、それに激怒して声を荒らげたところ、現場に急行していた警察官らが聞きつけて踏み込み逮捕となりました。 関光彦は少年犯罪史上稀となる死刑が確定し、2017年12月19日に当時44歳で死刑執行されました。 「市川一家4人殺人事件」関光彦の生い立ちと家族(父・母・弟)情報 関光彦、実家はウナギの加工・販売会社を経営 関光彦の父親は祖父からお店を任されると売り上げで高級品を買い漁ったり豪遊するようになり、どんどん借金が膨らんだことからお店に大損害を与えました。 その結果、父親は借りてはいけない場所からお金を借りていたことから、暴力団に取り立てで追われるようになり、そのストレスから妻子に暴力を振るうようになり、関光彦は度々虐待されていました。 このどうしようもない父親のせいで関光彦というモンスターが世に放たれたと言えるでしょう。 なお、関光彦の祖父はこの父親と娘が結婚するのを猛反対しており、事件後に以下のように語っています。 「自分はZを初対面の時から『人相が良くない上に真面目に働くような顔ではない』から『娘Yと結婚させたくない』と思っていたのにYは自分の言いつけをちゃんと聞いてくれなかった。 Yが言いつけを聞いてくれていたら『ろくでなしの孫』(S)などこの世に生まれていない。 いっそSは離婚するときにZにくれてやればよかった」 引用: 自宅にいても父親から暴力を振るわれたり、両親の激しい喧嘩が絶えなかったため、関光彦は週末になると勉強道具を持って祖父母の家に避難していました。 祖父母は関光彦のことをとても可愛がっていましたが、後に関光彦が犯罪者となっていく過程で恩を仇で返されることになります。 関光彦、父親から逃げるため母親と弟と夜逃げ 出典: 関光彦は1985年4月に葛飾区立立石中学校に進学して野球部に所属しますが、生来の体格の良さと高い運動神経からエースで4番を務めるようになり、いじめられていた小学校時代から一転して交友関係は良くなりました。 卒業後は芸能人が多く通う堀越高等学校の普通科大学進学コースに進学しましたが、関光彦は甲子園出場歴のある強豪校の同校で野球に打ち込むはずでした。 しかし、関光彦は怪我の影響で硬式野球部を断念し、入部した軟式野球部でも先輩らのしごきが激しく辞めてしまい、道を踏み外して不良とつるむようになっていきます。 もし、関光彦が高校でも野球に打ち込めて活躍できていたなら、その後凶悪殺人犯などにはならなかったかもしれません。 関光彦、高2で恐喝事件を起こし堀越高校を自主退学 出典: 関光彦は 高校2年生の1学期に恐喝事件を起こして自宅謹慎処分となり、高校から自主退学を促されたため中退しました。 その後しばらくは祖父のうなぎ屋を手伝っていましたが、不良仲間と毎日のように深夜徘徊をして飲み歩き、未成年にも関わらず喫煙していたことから精神はどんどん荒んで行きました。 関光彦は母親や弟に対して暴力を振るうようになり、野球で培った体格と膂力を武器に外でも喧嘩に明け暮れていた関光彦は、「喧嘩に勝てばお金が手に入る」と認識するようになり恐喝行為を繰り返しました。 その頃にはうなぎ屋にも顔を出さなくなっており、関光彦は無職となって夜の街でアルバイトを始めて市原市内でアパート暮らしを始めました。 中学校時代から女性経験のあった関光彦は述べ3人の女性と関係を持って同棲していましたが、いずれも長く続かず出て行かれていました。 なお、関光彦を中学校時代から知る同級生の証言では、その人物像について以下のように語っています。 「Sはやりたいことはなんでもやった。 中学時代から飲酒・喫煙をしていたしギャンブルも好きだった。 野球も結構やっていたが適当にサボってバンドなどもやっていた。 事件直前は女ばかり追いかけ回しており『金で思うようにならないと暴力で(服従させる)』というパターンだった」 「Sは店でも年上の従業員などには常に遜っていて従順だったし、中学時代も不良たちとは適度に距離を置いて目を付けられないようにしていた。 結局、Sは『優しい人や弱い者に徹底的につけ込む性格』」 引用: 「市川一家4人殺人事件」関光光彦の犯行の経緯と手口 関光彦、実家の売上金を盗み祖父を失明させる【事件前】 関光彦は恐喝、傷害、強姦、窃盗など犯罪を重ねた 関光彦は遊ぶ金が無くなると うなぎ屋に侵入して売上金120万円を盗み、それに激怒した祖父の顔面に蹴りを入れ、親指が目に入ったため祖父の片目は失明してしまいました。 関光彦はうなぎ屋で働いていた頃に先輩からフィリピンパブに連れて行って貰ったことでハマってしまい、お金が入ってはあしげくフィリピンパブに通っていました。 そうする中で、関光彦は18歳の頃にとある店の当時21歳の女性と仲良くなり、女性がフィリピンに帰国すると追いかけて2度渡航しました。 そして、1991年10月31日に現地で結婚し、日本に連れ戻ってからも入籍しました。 しかし結婚生活は長く続かず、女性は結婚から約3ヶ月後となる1992年1月22日にフィリピンの病気の姉と会うという口実で帰国し、そのまま二度と戻ることはありませんでした。 この直後に関光彦は「市川一家4人殺人事件」を起こすことになります。 関光彦、たまたま自転車で通りかかった15歳少女を強姦 関光彦は、深夜2時ころに自転車でとおりかかった被害者一家の当時15歳の長女を見つけ、憂さ晴らしに車で後ろから衝突しました。 夜遅くまで勉強していた少女は、シャーペンの替え芯を買いにコンビニに行った帰りの出来事でした。 関光彦は優しく接しながら少女を病院に連れて行き治療を受けさせ、自宅まで車で送ると言って安心させ車に乗せると、「このまま帰すのも勿体無い」と感じて人気の無い路肩に車を停め、折りたたみナイフで少女を傷つけながら「俺のいうことを聞け」と脅しました。 関光彦は 自宅アパートに少女を連れ込んで2度強姦し、生徒手帳に記載されていた住所や氏名を控えた後に少女を残して外に出ました。 再び戻ると少女は自力で逃亡、関光彦は特に気に留めることもなかったものの、後に暴力団に200万円を請求される事件を起こしたことでこの1ヶ月後に被害者少女の家族を襲うことになります。 関光彦、ヤクザに200万円を請求され強姦した少女宅への強盗を思い立つ 出典: 関光彦は1992年2月6日に市川市内にあるスナックバーに勤めていたフィリピン人女性を店に無断で自宅に連れ込み、監禁状態にして暴行しました。 2日後の8日に関光彦の自宅アパートから逃げてきた女性は店に泣きながら状況を話し、激怒した店の関係者は暴力団に「落とし前」を付けるように依頼しました。 住吉会系暴力団に追われるようになった関光彦は、その組長から東京都港区赤坂にある東京全日空ホテル(現・ANAインターコンチネンタルホテル東京)まで来るように脅されて言うとおりにしました。 その一室で関光彦は組長から 「店の損害は200万になる」と損害賠償を求められ、断ることができない雰囲気に関光彦は了承してその場を後にしました。 それから関光彦は200万円の金策を考えながら、自宅アパートに戻ると暴力団から取り立てに遭うと思い、車上泊を続けていました。 しかし、関光彦はお金も付きて自宅アパートにも戻れず八方塞がりになったことから、被害者家族の自宅に侵入して強盗をすることを思い立ちました。 関光彦、強姦した15歳少女の自宅に強盗に入る 出典: 関光彦は1992年3月5日午前4時頃に被害者家族の自宅があるマンションの前にあるタバコ屋前に車を停め、近くの公衆電話から被害者家族宅に電話をかけて不在であることを確認し侵入しました。 関光彦は外階段からマンション内に侵入し、被害者家族宅がある806号室までくるとインターホンを押し、反応が無かったためドアノブを回すと施錠されておらず家の中に入れました。 当初関光彦は財布や貴金属類を盗んで逃走するつもりでいましたが、洋間からテレビの音が聞こえたため覗いてみると、高齢女性(被害者少女の祖母)がテレビをつけたまま寝ていました。 家中を探しても金品類が見つからなかったことから、関光彦は高齢女性の脚を蹴り上げて起こし、居直り強盗として金品類を出すように脅しました。 関光彦は金品類を探させている間にトイレで用を足しましたが、戻ってみるとちょうど高齢女性が警察に110番をするところだったため、体当たりをして床に倒すと右尺骨および右脛骨を骨折させる暴行を加えました。 関光彦、強姦した15歳少女以外の家族4人を惨殺 関光彦が行った少年犯罪史上稀に見る鬼畜の所業 高齢女性は関光彦に唾を吐きかけて激しく抵抗したため、逆上した関光彦は近くにあった 電気コードを祖母の首に巻きつけて絞殺しました。 関光彦は祖母が死亡したことを確認すると、布団に寝かせて偽装工作し、一度外に出てタバコとジュースを買ってきて他の被害者家族の帰宅を待ちました。 午後7時頃に被害者少女と母親が帰宅したため、関光彦は家にあった柳刃包丁を使って脅すも、母親は気が強く物怖じしていない様子だったため内心恐れをなし、取り逃がしては終わりだと思いうつぶせにさせた状態で 背中に立て続けに包丁を突き立てて母親を殺害しました。 そして、関光彦は少女を監禁するとその15分後に4歳の妹が保母に連れられて帰宅したため、少女に命令して家に入れさせました。 そして関光彦は少女に晩ご飯を作らせて妹と3人で食事をし、妹は祖母の遺体がある部屋でテレビを見させらせ、そのまま寝てしまいました。 関光彦は父親が帰宅する11時過ぎまで時間があったため、「暇つぶし」として少女を三度目の強姦をしました。 しかし、強姦していた最中に父親が予想よりも早く帰宅したため、関光彦は焦って服を着てリビングにあった包丁を取りに行き、少女の部屋の前にいた父親を背後から肩あたりを突き刺しました。 その後、父親を脅して通帳を手に入れた関光彦は暴力団に支払う200万円以上を手に入れていましたが、父親が勤務先の事務所に別の通帳があることを明かしたため、それを取りに行くという 電話をかけさせた後で事件の発覚を恐れて背中を刺し父親を殺害しました。 関光彦は少女を連れて事務所まで行き通帳を取って越させると、その後ラブホテルに行きさらに2度に渡る強姦をして夜を明かしました。 翌日に再び被害者家族宅の806号室に戻った関光彦は 妹を刺殺し、少女を犯人に仕立てようと画策しましたが、事務所の従業員がすでに通報していたため警察が駆けつけ逮捕となりました。 「市川一家4人殺人事件」関光彦に死刑判決…死刑執行前の最後の言葉とは 関光彦、未成年ながら一審・二審ともに死刑判決 出典: 関光彦の犯行内容はもはや未成年かどうかという以前に人間とは言い難い凄惨なものだったため、一審、二審ともに死刑判決は当然のものでした。 一審千葉地裁、二審東京高裁とも 「冷酷非情な犯行。 少年だったことを考慮しても死刑はやむを得ない」と死刑判決を言い渡した。 弁護側は、18歳未満には死刑を適用しない少年法の規定に触れ「1年1カ月の経過が生死を分けるほど大きな意味を持つ年齢差とはならない」と主張。 「幼児期の虐待の影響などで、行為を制御する能力が著しく劣った心神耗弱の状態だった」とも訴え、死刑回避を求めたが、最高裁は平成13年12月、「4人の生命を奪った結果は重大」と退けた。 引用: 関光彦がどれだけ生い立ちが不幸だったとしても、事件での身勝手な動機による一連の残虐な犯行は生きて許されるものではないでしょう。 関光彦の死刑執行と最後の言葉【2017年12月】 関光彦は獄中で殺害した4人の霊に怯えていた 関光彦が44歳となった2017年12月19日に死刑執行が行われたことが報じられました。 弁護人を務めていた一場順子弁護士によると、最近は2カ月に1回ほど面会し、最後に会ったのは10月末。 新聞をよく読んでいたといい、小説の「ハリー・ポッター」や雑誌を差し入れていた。 面会時には気候や体調など、たわいもない話が多く、本人も落ち着いていた様子だったが、かつては 「4人がいつも自分にくっついていて、おまえのことを許せないと言っているようで苦しい」と打ち明けたこともあった。 引用: 関光彦の死刑直前の最後の言葉は明かされていませんが、獄中では殺害した被害者4人に対しての罪の意識が芽生えていたようで、その影に怯え続けてきたことが一場順子弁護士により明かされています。 市川一家4人殺人事件についてのネットの反応 「市川一家4人殺人事件」の事件の全貌が明かされると、それを知った多くの人の反応は「知らなければ良かった」という声が多いようです。 関光彦と父親が売上金を使い倒したうなぎ店は倒産した 祖父が一代で築き上げたうなぎ屋のチェーン店は関光彦とその父親の存在により倒産したことが官報の情報から分かっているようです。 破産手続きをし倒産しています。 破産管財人 弁護士 村西 大作 破産債権の届出期間 平成25年12月4日まで 財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日 平成26年2月6日午前10時30分 東京地方裁判所民事第20部 引用: 祖父が娘との結婚を猛反対した父親の存在が「市川一家4人殺人事件」の元凶だと言えますが、この祖父も違った絶望を関光彦から味わってきたことから取材のインタビューでその気持ちを吐露しています。 関光彦にすべてを滅茶苦茶にされた祖父の言葉 出典: 関光彦が幼い頃は可愛がっていた祖父でしたが、中学校時代から手の付けられない悪童となり犯罪を繰り返すようになってからは、当然ながら見限っていたようです。 「 生きていても苦しい事ばかりで何もいいことはないしもう死にたい。 なぜ(4人を殺害した凶悪事件を起こした)あいつ(S)が今でも生きていられるか不思議でならない。 自分がそのような事件を起こしたら耐え切れずに自殺する」 「Sが逮捕された日に突然、自分の家に新聞記者が来て『あいつ(S)が人を殺した』と聞かされた。 『Sはろくでなしだ』とは承知していたが『4人も人を殺す』とは思っていなかったから、聞いたことが理解できず血の気が引き、腰が抜けそうだった」 「 あの事件のせいですべて滅茶苦茶になった。 あれだけのことをやったんだからSはもう生きてはいられないだろうし、自分ももう関わりたくない。 Sは法に従えばいいんだ」 引用: 関光彦の母親と弟の現在 ・関光彦は1992年2月、1ヶ月前に強姦した15歳少女宅に押し入り祖母・母・父・妹の4人を惨殺、現金を奪い少女を何度も強姦した ・関光彦の実家は祖父の代からうなぎの加工・販売会社を経営、父親は会社のお金を使いこみ闇金から借金、家族に暴力をふるっていた ・関光彦は犯行時19歳ながら死刑判決が下り、2017年12月19日に 未成年犯罪では日本で史上2度目となる 死刑執行 がされた ・関光彦は獄中で惨殺した4人の被害者の亡霊に怯えていた ・関光彦に人生を滅茶苦茶にされた被害者少女は、関光彦の死刑執行が確定した2004年に結婚、現在はヨーロッパで暮らしている 平穏に暮らしていた一家4人が惨殺され、当時15歳の少女が強姦されせき「市川一家4人殺人事件」について総まとめしてきました。 関光彦のようなモンスターに出会う確率は極めて低いとはいえ、「市川一家4人殺人事件」のような事件を知ると、年頃の娘を持つ親は夜に出歩くのを禁止にした家庭も多いでしょう。

次の

市川一家4人殺人事件

市川一家4人殺人事件 長女

Contents• 市川一家殺人の関光彦死刑囚の死刑執行 第2次安倍政権以降では、 計21人の死刑執行が行われていることをご存知ですか? そのうちの1人が本日、死刑執行された関光彦(てるひこ)死刑囚(44)。 事件当時19歳で未成年だった関被告でしたが… 【出典:】 あまりに酷い事件だったことから異例として上川陽子法相は死刑執行を決断。 しかし 再審請求中の異例の死刑執行でした。 そこまでさせた、この悲惨な事件を振り返ってみましょう! 市川一家殺人のおさらい 【出典:】 92年3月5日午後5時 関光彦死刑囚は、千葉県市川市の民家に強盗目的で侵入。 編集プロダクションを経営の役員一家4人を殺害し、15歳の娘に怪我を負わせました。 こんな事をした理由は、トラブルを起こし 200万円必要になった為…。 それはヤクザがらみで逃げられなかったようです。 200万円恐喝された訳 関被告は 恐喝、暴行、傷害、強姦を繰り返し、18歳でフィリピン女性と結婚。 しかし3ヶ月で妻は母国へ帰ってしまったそうです。 【出典:】 それを根に持ってか、フィリピンパブで働く女性を店に 無断で連れ出し外泊させた関死刑囚。 それを知った経営者がヤクザを使って、 200万の慰謝料を請求してきたのです。 そのお金を工面する為の殺人だった…しかしなぜこの家を選んだのしょうか? なぜこの家にしたのか? 実は唯一殺さなかった 長女Aさんと面識があったようです。 この大量殺人を起こす1ヶ月前、関被告はわざと長女Aさんに車をぶつけます。 【出典:】 この後、怪我をした長女Aさんを介抱すると見せかけ マンションに連れ込み強姦! 黙らせるためにAさんの生徒手帳から、彼女の家の住所をメモしていたそうです。 それで思いついたのか、お金の匂いを感じたのか…。 エグすぎる… 事件は強姦から始まっていたのですね! こんな酷い関死刑囚に迷わず死刑の宣告が下されます。 判決は死刑! 関死刑囚は当時 未成年の19歳で、少年院行きで終わると思っていたようです。 1989年の綾瀬女子高校生コンクリート詰め殺人ですら死刑にならなかったですからね。 【出典:】 しかし、裁判所は甘くなかった…。 関被告の弁護側は 少年法の精神を考えると、量刑は重いと訴えましたが… 「4人の生命を奪った結果が極めて重大で、犯行は残虐かつ冷酷。 金目当てに何の落ち度もない四人もの命を理不尽にも奪おうという身勝手な動機で、たぐいまれな凶悪犯罪。 家族を一挙に失った被害者(当時15歳の長女)の感情も非常に厳しく、死刑はやむを得ない」 死刑判決を言い渡され、1、2審の死刑判決を支持し、上告は棄却。 未成年犯罪で死刑判決が出たのは1968年連続射殺事件の永山則夫以来でした。 しかし、ここまで残忍な事件ができてしまったのはなぜなのか? それは 幼少期の悲惨な体験が根底にあるようです。 スポンサーリンク エグい日々が彼を悪魔にさせた… 母の実家は鰻屋のチェーン店を展開する 裕福な家でした。 しかし父は借金まみれでDV… その膨大な 借金支払いの為に祖父は資産を失い生活は貧窮します。 【出典:】 その後 両親は離婚し、祖父からも絶縁を言い渡される関死刑囚の家族。 ありえないのは、今度は 関被告が母親や弟に暴力を振るうようになったことです。 高校も恐喝で退学になり、祖父の鰻屋で働くもののすぐに辞める始末…。 【出典:】 さらに遊び呆けて祖父の店から、 120万盗み、さらに翌月もお金を盗みます。 それを咎めた祖父の顔面を蹴り、 眼球破裂で失明させた関被告! そんな彼が殺人を起こすのはもはや時間の問題だったことでしょう。 いかがでしたか? 幼少の頃家庭に問題があったのはわかりますが、まともな人もいますからね…。 どんな理由であれ、一家殺人で唯一残された長女の全てを奪ったのは許せないこと! 本当に、この件に関しては 少年法が適用されなくてよかったと思いますよね(汗汗汗) スポンサーリンク.

次の