プロテスタント と カトリック。 カトリックとプロテスタントの「自殺」に対する考え方の違いはあります...

キリスト教【プロテスタントとカトリックの違い】

プロテスタント と カトリック

カトリックとプロテスタントとにはどのような違いがありますか。 本項はよくある質問の一つですが、下記ホセ・ヨンバルト司祭による「カトリックとプロテスタント」「サンパウロ」出版 日本図書協会選定図書に簡潔な説明がありますので、その多くを参考とさせていただきました。 なお、まとめて説明するには教理、教派のさまざまな違いがありますので、代表的な項目に絞らせていただき、しかも例外は多々あることを念のためご了承願いたいと思います。 それからこれはとても大切なことですが、カトリックもプロテスタントも信じる神は父・子・聖霊の三位一体なる同一の神であり、したがって、イエス・キリストも同一であること。 聖書も基本的には同一であること。 近年はカトリックとプロテスタントによる画期的な共同作業の成果による「新共同訳」が誕生し、この聖書はカトリックもプロテスタントの多くが使用していることにも着目していただきたいと思います。 (ただし、カトリックの場合はプロテスタントが典外書として扱う続編が付いています。 ) 1.「教会」理解について カトリックでは目に見える人間となった神 イエス・キリスト の救いの業をすべての人に与え続けるために、キリスト自身ははただ一つの目に見える教会を直接意思で作った。 そしてその教会は神と人間の間に介在するものではなく、むしろ教会の中で人間が直接キリストに結ばれるものと考えます。 一方、プロテスタントでは教会という組織はあるものの、これは人間の作ったものであり、真の教会とは目に見えない信仰によって結ばれた信者たちのことであり、信者を拘束するような教会の権威は認められないと主張します。 目に見える教会は信者の意思に基づくもの、すなわち、民主主義的な制度であるととらえられます。 上記ホセ・ヨンバルト司祭 2.教職名と内容の違い カトリックは神父。 プロテスタントは牧師と呼びます。 神父 Father とはローマカトリック教会で叙階 カトリックの秘蹟 サクラメント の一つ を受け、儀式や典礼を執行する司祭 priest の敬称です。 聖公会や東方正教会でも司祭と呼称) 司祭は生涯をもっぱら神職に献げるため独身です。 これに対して信徒の霊的ケアや伝道の責任を持つプロテスタントの教役者・教職者は牧師 pastor といいます。 (例外もあり、聖イエス会では司牧という職名を使用しています。 司祭の上位聖職者は司教 bishop といい、司教区を統括します。 聖公会や東方正教会では主教と呼称) 司教座 主教座 のある聖堂は大聖堂(Cathedral--カテドラル)と呼ばれています。 なお、プロテスタントでも司教・主教に相当する職として、北欧およびドイツのルター派教会、アメリカのメソジスト教会、プレスビテリアン 長老派 教会などでは監督と呼ばれる教役者・教職者を置いています。 ついでながら司祭の下部聖職者は助祭、牧師の下部教役者・教職者は伝道師といいます。 3.サクラメント Sacramento--秘跡 カトリックにはイエス・キリストが制定したとされる秘跡があります。 秘跡は神の恩恵を示し、神の働きによってそれを与える「しるし」です。 すなわち、目に見える形式 跡 で、目に見えない恵み 秘 が与えられることです。 カトリックでは洗礼、堅信、聖体、罪のゆるし、病者の塗油、叙階、婚姻の7つがありますが、プロテスタントでは洗礼、堅信、聖体 聖餐 以下は人間の定めたものとして、これを認めません。 4.洗礼名 洗礼を受けると日本のカトリックの場合は洗礼名が授けられますが(ただし、外国はなし)、大半のプロテスタントには洗礼名はありませんが、たとえば聖イエス会には洗礼名があります。 5.聖母マリアの扱い カトリックではいわゆる「聖母マリアへの祈り」などマリアは聖家族の一員として扱い、教会堂内にはイエスの像とならびマリアの像が見られますが、プロテスタントではマリアは普通の人間として考えます。 讃美歌の「聖しこの夜」ではカトリックは「救いの御子は御母の胸に・・・」とあるのに対して、プロテスタントの場合は「救いの御子は馬槽の中に・・・」となっています。 なお、マリア信仰と呼ばれるものの背景は歴史的にも深いものがあり、教理とも絡みますので、ここでは表層的な説明とさせていただきます。 6.離婚問題 カトリックでは信者同志が結婚し、上記秘跡により結婚が成立した場合には離婚は認められません。 英国のヘンリー8世の離婚問題がローマ法王との間でこじれたことに端を発し、そこに政治的な思惑も絡んで、英国のカトリックはローマから離れ、英国国教会が生まれたのは有名な話です。 参照文献:「カトリックとプロテスタント」ホセ・ヨンバルト司祭著 「サンパウロ」出版 参照文献:ブリタニカ国際大百科事典.

次の

教会式のマナーって?カトリックとプロテスタントの違いは? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

プロテスタント と カトリック

教会式ってどんな式? そもそも教会式ってどんな挙式スタイルなのでしょうか? 教会式は、「キリスト教のしきたりにのっとって、神に結婚を誓う」挙式スタイルです。 キリスト教において結婚式とは、教会の「礼拝」の一つ。 礼拝には、 ・キリスト教に関する行事的なもの (クリスマスやイースターなど) ・一人ひとりの人生の節目を祝う「通過儀礼」 (出生や成人、結婚などのお祝い) の2つがあります。 結婚式はこのうちの「通過儀礼」の礼拝にあたり、とても大切なものと考えられているようです。 せっかく教会式を挙げるなら、こうした「儀式としての意義」にも思いをはせてみると良いですね。 「カトリック」と「プロテスタント」の違い キリスト教には、大きく分けて2つの宗派があります。 「カトリック」と「プロテスタント」。 この2つは何が違うのでしょう? 結婚式にも、違いが出てくるのでしょうか? さっそく見ていきましょう! カトリックとは カトリック教会は、ローマ教皇(法王)を中心として、全世界に12億人以上 ! の信徒がいる、キリスト教最大の宗派です。 別名「ローマ教会」、「ローマ・カトリック教会」とも言います。 カトリックの場合は、結婚する二人のうち、少なくとも一人がカトリックの信徒でないと、結婚式ができません。 また、「初婚であること」も式を挙げるための条件。 ただし、前の夫もしくは妻と死別している場合は再婚でも大丈夫なようです。 式を進めてくれるのは「神父」。 バージンロードの色は「赤」や「緑」が多いよう。 祭壇には、十字架にかけられたキリストの像が掲げてあります。 プロテスタントとは プロテスタント教会は、中世の宗教改革でカトリック教会から分かれてできた宗派です。 日本では「新教」とも言われています。 プロテスタントの場合、 信者でなくても結婚式を挙げられる教会がほとんどのよう。 礼拝や勉強会(講習)に参加したあと、教会から認められれば挙式ができます。 式を進めるのは「牧師」で、バージンロードの色は「白」が多いようです。 祭壇の十字架にキリスト像がついていないのも特徴です。 キリスト教徒でなければ、なかなか違いに気付かないかもしれませんね。 街の「教会」で挙式をする際には、カトリック、プロテスタントどちらの場合にも、結婚式の前に講習を受けることが多いようです。 「事前に講習の期間がいる」ということは覚えておきましょう。 カトリック・プロテスタントとも、教会によって違いもあるので、事前に問合せるといいですね。 また、ホテルや結婚式場の「チャペル」なら、カトリックかプロテスタントかは関係ありません。 「チャペル」はあくまで「教会型の結婚式場」なので、信仰がなくても、誰でも教会式を挙げることができる(!) ということのようです。 教会式で気をつけたいマナーとは!? 次に、教会式で気をつけたいマナーを5つご紹介します。 まず、 『式を挙げる本人』が気をつけるマナー から見ていきましょう。 信者のための神聖なセレモニーであることを心に置いておく 教会式だと、美しい教会や純白のウェディングドレスにうっとり、という花嫁が多そうです。 それは悪いことではないのですが、忘れないようにしたいのは、 「式の目的は、教会やドレスじゃない」 ということ。 教会式はもともと、キリスト教の神聖な「礼拝」の一つでしたよね。 その意義をしっかり理解して、結婚式当日も心に留めておくことが大事です。 そうすれば、きっと式への思い入れも強くなって、ずっと心に残るセレモニーになると思います。 挙式料は「献金」として用意する 街の教会にとって、挙式は「ビジネス」ではありません。 ですから、挙式のお金も「料金」ではなく、「献金」として用意します。 「献金」なので、信者が「自発的に献(ささ)げるお金」、と考えるのが基本です。 そのためか、教会によっては、挙式の金額に定めがないところも。 その場合は、 「お金はいくらほど納めればよろしいでしょうか?」 と教会の挙式担当者にたずねてみましょう。 続いて、 『参列するゲスト』に気をつけてもらいたいマナーについて、ご紹介をします。 肌の露出やアクセサリは控えめに 教会式のゲストの服装は、「ひかえめ」が基本。 具体的には、肩を出したり、ネックレスなどのアクセサリを身に着けたりすることは、控えてもらいましょう。 ただ、ゲストによっては 「ノースリーブのドレスもダメなの…?」 という人がいるかもしれません。 そんな場合も考えて、ゲストには 「肌を隠すストールなどの羽織ものを持ってきてください」 と事前にお願いしておくとベターです。 写真が撮れない教会も! 教会のなかには、写真や動画が撮れないところもあるので注意してください。 また、撮影できる場合でも、 「プロのカメラマンなど、決められた人のみ可」 「決められた場所でのみ可」 などというケースも。 そういった決まりについては、前もってゲストに伝えておきましょう。 バージンロードを踏まない 教会のバージンロードは、結婚式において特別な意味のある場所です。 ゲストは、立ち入らないのがマナー。 もしゲストがバージンロードに立ち入っている場合は、スタッフに指示を出してもらって、ゲスト席へ移動してもらいましょう。

次の

「カトリックとプロテスタントの違い」を非クリスチャン向けに解説するよ!

プロテスタント と カトリック

いいえ,エホバの証人は クリスチャンですが,プロテスタントではありません。 プロテスタント主義は,「ローマ・カトリックに反対する宗教運動」とも定義されます。 エホバの証人は,確かにカトリック教会の教えを受け入れていませんが,自分たちをプロテスタントとは考えていません。 それには以下の理由があります。 プロテスタントの信条の多くは聖書が実際に教えている事柄と一致しない。 聖書は,「神はただひとり」であると教えています。。 ()また,神は邪悪な人々を永久に滅ぼすことによって処罰する,と教えています。 エホバの証人はカトリック教会や他の宗教団体に対し,抗議(プロテスト)を行なったり改革を試みたりはしない。 エホバの証人は神の王国の良いたよりを宣べ(のべ)伝え,人々がその良いたよりに信仰を持つよう援助することに努力を傾けます。 ()他の宗教団体を改革することにではなく,誠実な人々に神と神の言葉 聖書に関する真理を教えることに関心を払います。

次の