ハリアー サイド ブレーキ。 ブレーキ警告灯が点灯した意外な原因

ハリアーにサイドブレーキがない事の弊害について

ハリアー サイド ブレーキ

トヨタのハイブリッド車のブレーキフルードの交換方法は通常のガソリン車とは異なり、『 ブレーキ制御禁止モード』というモードに入れて行う必要があります。 このブレーキ制御禁止モードに入れてからでないと、ブレーキフルード交換が正常に行われません。 理由としてはトヨタのハイブリッド車には回生ブレーキという機構が用いられているためです。 通常のガソリン車とは少しブレーキの構造が違います。 ブレーキ制御禁止モードへの移行は、コンピュータを使わなくても車両である操作を行うことで移行できます。 またフルードを抜く順番もガソリン車とは異なりますので紹介していきます。 また、通常のガソリン車のブレーキフルード交換方法については別の記事でまとめていますので、合わせて参考にしてください。 このページの目次• 回生ブレーキとは 回生ブレーキについて簡単にご説明します。 読み飛ばしてもかまいません。 今までのガソリン車のブレーキはブレーキペダルの踏力が直接ブレーキフルードを介してブレーキをかけており、運動エネルギーを摩擦エネルギー 熱エネルギー にして捨てているだけでした。 トヨタハイブリッド車の回生ブレーキは、今まで ブレーキ時に 捨てるだけだったエネルギーを電気エネルギーにして回収する仕組みになっています。 電気エネルギーを回収するのにモーターで発電を行っていますので回転抵抗が発生し車を止めようとする力になります。 不足した制動力を油圧ブレーキで補う仕組みになっており、お互いが協調して制御を行っています。 そのため 回生ブレーキはブレーキペダルの踏力がそのままフルードに作用するわけではありません。 トヨタハイブリッド車はブレーキ時にこの様な制御が働くため、フルード交換を行う際はこの制御を一時的に解除する 『 ブレーキ制御禁止モード』に入れてからフルード交換を行います。 ブレーキ制御禁止モードの入れ方 この方法は30系プリウスからそれ以降に販売されたすべてのハイブリッド車で使える方法です。 ~ブレーキ制御禁止モードに入れる手順~ 1.パーキングブレーキ サイドブレーキ をかけます。 2.IGONの状態にします。 プッシュスタートスイッチの場合ブレーキを踏まずにスイッチを2回押した状態です。 3.ブレーキを踏んでシフトを 「N」ポジションに入れます。 4.「N」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 5.ブレーキを踏んでシフトを 「P」ポジションに入れます。 6.「P」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 7.ブレーキを踏んでシフトを 「N」ポジションに入れます。 8.「N」ポジションに入ったら、 ブレーキペダルを10回ぺダリングします。 9.ブレーキを踏んでシフトを 「P」ポジションに入れます。 10.ブレーキ警告灯 オレンジ色 が点滅したらブレーキ制御禁止モードに入りました。 画像赤丸部の オレンジ色のビックリマークのようなランプが点滅すれば完了です。 手順10までの操作が終わって、 ブレーキのポンプが作動しているときは作動が終わるとモードに入ります。 ポンプの作動が止まるまで少し時間がかかる場合があります。 ポンプ作動中は「ジー」というポンプの作動音が聞こえます。 ブレーキ制御禁止モードは IGOFFすることで解除されます。 この状態でブレーキのフルードを交換します。 交換の手順もガソリン車とは異なるので紹介します。 ブレーキ制御禁止モードの入れ方 動画説明 この記事をたくさんの方に読んでいただいているようなので、さらに分かりやすいようにと思い動画を作成しました。 文字だけで説明されるより、より分かりやすいかなと思います。 車は30系プリウスになりますが、トヨタのハイブリッド車であればどの車種でも操作方法は同じです。 なかなかモードに移行しなくて困っている方は、 ぺダリングのスピードなどを参考にしてみてください。 トヨタハイブリッド車 ブレーキフルードの交換手順 通常のガソリン車ならば、左後ろ、右後ろ、左前、右前、の順でそれぞれぺダリングをしてフルード交換を行うと思いますが、トヨタハイブリッド車の場合手順が異なるので注意してください。 1.上で紹介した方法でブレーキ制御禁止モードにいれ、ブレーキフルードをリザーバタンクに立てます。 2.右前のブレーキからフルードをぺダリングして抜きます。 10回ぺダリングをして最後にペダルを踏み終えると同時にブリーダプラグを締めます。 3.次に 左前のブレーキからフルードをぺダリングして抜きます。 10回ぺダリングをして最後にペダルを踏み終えると同時にブリーダプラグを締めます。 4.次に 左後ろのブレーキからフルードを抜きます。 ブレーキペダルを踏みっぱなしにすることでポンプからフルードが圧送されるので、7秒間抜いてブレーキペダル踏んだままブリーダプラグを締めます。 5.次に 右後ろのブレーキからフルードを抜きます。 同じように ブレーキペダルを踏みっぱなしにすることでポンプからフルードが圧送されるので、7秒間抜いてブレーキペダル踏んだままブリーダプラグを締めます。 6.フルード交換は終了です。 一度IGOFFにしてIGONにします。 7.ブレーキペダル数回ぺダリングします。 ブレーキポンプが作動 ジー音が聞こえます するのを確認してIGOFFします。 画像赤丸部の線が補助ラインです。 通常MINラインとMAXラインの間にあります。 以 上 でブレーキフルードの交換作業は終了になります。 補助ラインに液面を合わせないとブレーキフルードがあふれる恐れがあります。 50系プリウスのフルード交換について 2015年に発売された4代目にあたる50系プリウスのブレーキフルードの交換方法が若干異なっているので、別の記事で紹介します。 ブレーキ制御禁止モードへの移行の仕方は変わらないのですが、 フルードの抜き方が若干異なります。 50系プリウスのブレーキフルードを交換する際にうまくできなくて困っているという場合は参考にしてください。 トヨタハイブリッド車のブレーキフルード交換方法 まとめ トヨタハイブリッド車のブレーキフルード交換は必ず ブレーキ制御禁止モードに入れてから行ってください。 これを怠ってフルード交換を行うと、正常にフルード交換が行われず車がブレーキの異常を感知しチェックランプが点灯してしまうことがあります。 また車のブレーキフルードの 交換時期は2年に1回ですので、車検毎の交換を行うようにしてください。 トヨタハイブリッド車のブレーキフルードにはトヨタ純正ブレーキフルードをおすすめします。 長年ブレーキフルードを交換していない場合、最悪ブレーキが効かなくなる恐れがあるので大変危険です。 ブレーキフルードの交換は正しい方法交換時期で行いましょう。 またハイブリット車の車検を受ける際は車を 「整備モード」に入れて検査ラインに入る必要があります。

次の

【安全性能】ハリアーの安全性能を徹底解説!

ハリアー サイド ブレーキ

2014年5月4日。 1ヶ月ほど前に夏用タイヤに履き替えた時、ブレーキパッドを確認したところ、リアのブレーキパッドが3mmほどまで減っていたので交換した。 なお、フロントは1年以上前ディーラーで交換している。 ブレーキは、保安部品であるから素人が手を出してはいけないと思われるかも知れないが、確かに他人の車を触るのはどうかと思うが、自分の車を自分で整備するのに何の資格も要らない。 ただし、何があっても自己責任。 例えば自分の整備技術の未熟が原因で事故になったとしても、全て自分で責任を取る。 その覚悟があればOKだ。 そのことをふまえて、ブレーキパッドの交換をする。 と言ってもそんなにたいそうなことでもない。 ジャッキアップして馬に載せることとキャリパーボルトがはずせて、適切にそれを締め付けることができれば失敗のしようがない。 僕に関しては一番難しいと感じたのはキャリパーボルト(正式には、ブレーキシリンダーサポートピンという。 )をはずすことだった。 やたら、硬く締まっていた。 下手をすれば舐める(ボルトの角がつぶれる)。 かと言ってCRCを吹いて外れやすくしたりして良いものか。 外れにくい状態にするために油分は禁物のような気がする。 しかし、舐めそうならCRC吹いても問題なさそう。 締める時に塗ってもいいような情報もある。 締め過ぎになるから良くないという情報もある。 ボルトナットの締め付けに油分厳禁ではない。 ともかく作業を終えて、そこが一番危ないところだと思った。 要するにキャリパーボルトの脱着に尽きる。 対応は完璧だ。 専任の問い合わせ担当者の人数が十分確保されているのだろうなと思う。 必要にして十分というか、必要以上に十分な回答。 しかも速い。 期待以上だった。 トヨタだね。 他のメーカーもそうなのだろうか。 これで当然なのだろうか。 常識なのだろうか。 そのあたりのことは経験不足でわからないが、満足度100%以上。 ともかくそれによると、リヤディスクブレーキシリンダーサポートピン(=キャリパーボルト)の締め付けトルクは43N・mであることがわかった。 M10で対面幅14mmの小型6角ボルトだったと思うが、かなり強く締めるのだな。 普通は25N・mくらいだと思うので。 ともかくキャリパーボルトはトルクレンチを使って43N・mで締め付けよう。 作業を終えた今にして思えば、キャリパーボルトが舐めそうなほどきつく締まっているなら、CRC吹いてちょっと叩いてから緩めるのが確実。 再び締める時、その部分をパーツクリーナーで洗い流すのが良いと思った。 ホント、舐めたら面倒なことになるんで。 こういう手段はあるけど。 モノタロウの場合、純正品番が別の品番(同規格で最も若い番号)で記載されていることがあるので、 04466-48060では検索できなかった。 アマゾンや楽天などで検索すると、同規格の品番のリストが販売ページにあったりする。 全く同じものなのに品番だけが違うのだ。 モノタロウはその品番のいちばん若い番号の品番で検索すれば見つかる。 送料が不要ならモノタロウのカシヤマ製がいちばん安いと思う。 リヤ4枚セットで2800円ほどだった。 ショッピング S. S net) 20~110N・mだからホイールナットもいける。 送料無料で三千円しないのはいいね。 ホイールナットを締めるには短いけど僕はVP30の管にこれを突っ込んで倍ほどの長さにして使ってる。 下のリンクはアマゾンでトルクレンチを検索した結果です。 3000円程度からありますね。 のぞいてみて下さい。 ホイールナットが105N・mなので、20~110N・mぐらいをカバーしているものがいいと思います。 DIYの趣味程度で使うなら、安いのでいいと思います。 因みに僕はヤフオクで3000円ぐらいのものを買いましたが、問題なく使えています。 下はヤフオクの検索結果です。 お店の場合、送料や消費税なども考慮しないと一概に安いとは言えません。 因みなんですが、下の広告は ヤフオクでよく利用するお店。 送料がやたらと高いお店がよくあるけど、このお店の送料は適切だと思う。

次の

ブレーキ警告灯が点灯した意外な原因

ハリアー サイド ブレーキ

最近、電動パーキングブレーキを装備したクルマが増えている。 この電動パーキングブレーキには、ブレーキペダルから足を離しても停止し続けてくれる「オートブレーキホールド」機能が備わっていることが多く、信号待ちなどの際にはとても便利な機能。 とはいえ、ブレーキペダルから自ら足を放す、という行為は、かなり勇気が必要なため、あまり使ったことがない、という方が多いようだ。 しかし、一度でも体験すればこの機能のありがたみを感じあるはずだ。 本企画では、オートブレーキホールド機能とはどんな機能なのか、何かの拍子にクルマが動き出してしまったりしないのか、といった疑問について、自動車メーカーで新車開発エンジニアをしていた自動車ジャーナリストの吉川賢一氏が解説する。 文/吉川賢一 写真/ベストカーWeb編集部 ホンダ Adobe Stock こちらは手動式パーキングブレーキ。 今後なくなっていくだろう そもそも電動パーキングブレーキ(以下EPB)とは、従来の手引き式のサイドブレーキや足踏み式のサイドブレーキの代わりとなるもので、指先の操作でパーキングブレーキの「作動と解除」が行うことができる装備だ。 EPBは、車速やシフトノブ位置、シートベルトの状態といった情報を通信して、動作を決定している。 最近では、Dレンジでアクセルを踏むと自動的にEPBを解除したり、エンジンオフでEPBが自動的にかかるクルマも増えてきた。 そのEPBのシステムを利用して、信号待ちの間などの停止中にブレーキペダルから足を離しても、そのまま停止し続けてくれるのが、「オートブレーキホールド機能」だ。 オートブレーキホールドにはうっかりミスはないのか? メーター上にオートブレーキホールド状態になっているか表示される(写真はN-WGN)。 オートブレーキホールド機能は、ホールド状態時にシートベルトを外すと強制的にパーキングブレーキが作動する制御が入っているので、うっかりクルマから降りてしまうことを防いでくれる。 もちろんノロノロ動く渋滞ではこの機能のスイッチは入れず、従来通りブレーキを調整しながら運転した方が楽ではある オートブレーキホールドに対して疑念をもっている方の多くは、「勝手に解除されてしまわないか?」という点を気にされていることだろう。 自動車メーカーは、ユーザーが間違えそうなあらゆるパターンを想定し、ミスが起きないよう、念入りにオートブレーキホールドのロジック設計をしている。 作動条件は、メーカーごとに「オートブレーキホールドの使い方」といった名前で、マニュアルに記載されている。 日産自動車のホームページにある、オートブレーキホールドの説明は以下のようになっている。 ・運転席シートベルトを着用している ・電動パーキングブレーキが解除されている ・セレクトレバーがP位置以外にある ・急な坂道の途中に停車していない ・アイドリングストップ機能が作動していない オートブレーキホールド機能が待機状態のとき、ブレーキペダルを踏んで車両を停止させると、オートブレーキホールド機能によって、自動的にブレーキ力が保持される。 ブレーキ力が保持されているときは、メーター内のオートブレーキホールド表示灯が緑色に点灯する。 ブレーキ力の保持が解除されると、メーター内のオートブレーキホールド表示灯が白色に点灯し、待機状態に戻る。 と、いう日産のオートブレーキホールドの説明だったが、理解していただけただろうか? メーカーごとに記述方法の違いは若干あるが、どのメーカーも、これに似た作動ロジックだと考えてもらえばいい。 また、この厳しい条件を、一つでも外れると作動しない(待機状態にならない)、ということでもある。 このように、メーカー側はオートブレーキホールドを仕掛けるタイミングを厳密に決めている。 よって、ブレーキに故障が生じていたり、何かしらのトラブルが起きていない限り、勝手にオートブレーキホールドが解除されてしまうことはない。 ところで、HOLDスイッチはいつ使うの? 停車中にブレーキペダルから足を離しても、停車状態とアイドリングストップが続く。 足が疲れにくく、気持ちにもゆとりがもて、さらに低燃費。 アクセルを踏めば自動解除され、再発進できる(写真はN-WGN) EPBを搭載するクルマのほとんどに「HOLD」スイッチが搭載されている。 これは、オートブレーキホールドのON/OFFを切り替えるスイッチだ。 「そんなに便利ならば、オートブレーキホールドは常時ONでよいではないか?」と思うかもしれない。 しかし、オートブレーキホールドがかかっていると、面倒になるシーンが稀にある。 それは、「クリープ走行が必要なとき」である。 例えば、交差点内で右折待ちをしているとき、クリープ走行をしてソロリソロリと前走車へついていきたい場合がある。 その時、車両が停止するたびにブレーキホールドが入ってしまうと、再発進までにわずかだが、出遅れてしまうことがある。 同様にアイドリングストップ機構も煩わしいシステムだが、あちらはブレーキから足を離したり、ステリングを少し動かすとエンジンが再始動するので、発進のための準備ができる。 しかしオートブレーキホールドだと、アクセルペダルの操作をしない限り、ブレーキホールドの解除ができない。 筆者も、大きな交差点での右折待ちの際には、極力クルマを止めないようにクリープ走行を維持して進むか、ブレーキホールドを一旦解除するかを、必ずしている。 オートブレーキホールドは、渋滞中、よそ見をしている間にクルマが勝手に進んでいってしまわない、という便利な機能である一方、その特徴をよく理解して使用しなければ、「前に進みたいのに進めない」となり、アクセル操作が粗くなって、周囲のクルマに迷惑をかけてしまいかねない。 各メーカーのオートブレーキホールド機能搭載の車種は? カローラスポーツのiMTにもオートブレーキホールド機能が付いていて非常に便利 2020年3月時点で、オートブレーキホールドを装着している車種一覧を画像ギャラリーにまとめたので見てほしい。 ブレーキホールドがあるメーカーの代表的なモデルをあげると、カローラ、RAV4、フィット、N-WGN、デイズ、ルークス、CX-30、マツダ3、アウトランダー、デリカD:5、レヴォーグ、フォレスターなど約50車種。 手引き式や足踏み式のパーキングブレーキと比べて、オートブレーキホールドとセットとなるEPBのコストは高く、ミドルクラス以上のクルマからの採用となっていたが、昨今、N-WGNやデイズといった軽自動車にも採用され始めている。 グレードによってパーキングブレーキのシステムが使い分けられており、全車標準採用ではなかったりもするが、凄い時代になったものだ。 まとめ オートブレーキホールドはとても便利な装置だが、過信は禁物だ。 筆者も、音やブレーキペダルの重さなど、ブレーキホールドがかかった合図を確認したうえで、そっと足を上げるようにしている。 ブレーキホールドのシステムを信頼しているが、使い方を十分にわかったうえで、上手に使えるようになることが必要だ。 使ってみないことには、そのありがたみは伝わらない。 もしあなたのクルマに装備されていたら、ぜひともチャレンジしてみてもらいたい。

次の