軽蔑 意味。 軽蔑の意味

「サイゼリヤ」の意味・由来!一般的な説は間違いって本当?

軽蔑 意味

ironic - using words that suggest the opposite of what you intend, usually in order to be humorous つまり、「シニカル」は「他人のよい面を信じず、人はみな自己中心的だと思うこと」というの意味になります。 これを日本語では「皮肉的な態度」と訳してします。 「シニカル」は相手を信じない、というネガティブなニュアンスが強いのがわかります。 一方で「アイロニカル/アイロニック」は「ユーモアのために相手の意図することと反対の言葉を使う」という意味になります。 「ユーモア」という言葉からもわかるように「アイロニカル」には元々ネガティブなニュアンスはありません。 「反語」と約されます。 しかし「アイロニカル」はそこから転じて、軽蔑や嘲笑の意味でも使われるようになり「皮肉」という和訳があてられました。 したがって、「シニカル」は「他人を信じず自己中心的だと判断する皮肉」で、「アイロニカル」は「相手と反対のことを言う皮肉」を指します。 どちらかというと「シニカル」の方が悪意があります。 どちらも「皮肉」ですし、どれくらいネガティブなニュアンスなのかは文脈や場面によるので一概には言うことはできません。

次の

【軽蔑】 と 【侮蔑】 はどう違いますか?

軽蔑 意味

「軽視」の意味 軽視というのは、対象を軽く見ることであり、重要とは考えないことです。 スポーツの例で言えば、対戦チームを甘く考え、分析などをおろそかにするという状況があります。 重要とは考えないということから、相手をバカにしているということが言え、基本的にはいい意味で使われることはない言葉であり、侮辱しているような状況のときに使用されるのです。 「軽蔑」の意味 軽蔑というのは、対象をバカにしたり、さげすむという意味があります。 単純にバカにするだけではなく、さげすむという状況も含まれるので、侮辱することに加えて、信用に値しないというような意味も含まれているのです。 軽視よりも軽蔑の方が、対象に対しての見方がよりマイナスな状況であり、軽蔑に関しても良い意味としては使われない言葉です。 「軽視」と「軽蔑」の用法や用例 「今回の敗因は相手チームを軽視したことだ。 簡単に勝てるはずだと油断した結果、分析が疎かになり、弱点を突くことができなかった。 」 「何であの子はこんな問題すらも解くことができないんだ。 もはや信じられない。 私は無意識のうちにあの子を軽蔑してしまっていたが、できるようになるまでしっかりと教えてあげたいと思った。 」 軽視と軽蔑の意味はほぼ同じ 軽視と軽蔑というのは意味自体はそんなに変わりません。 したがって、あとは程度の問題ということになります。 軽視よりも軽蔑の方がよりマイナスな視線を送っている状況と言えるのです。 軽蔑という言葉にはさげすむという意味合いがあるので、こちらの方が対象に対してより良い印象を持っていないときに使われる言葉と言えるのでしょう。

次の

軽蔑とは?職場で軽蔑される人の15個の特徴

軽蔑 意味

軽蔑される人の特徴として、すぐに感情的になることも挙げられます。 すぐに感情的になるというのは、いわゆる「キレる人」のことです。 感情的になって怒鳴られたり一方的に責めたてられると、された方はとても傷つきます。 トラウマにすらなります。 感情的になったのが理不尽な理由であれば、なおさらです。 感情的にというのは、大声で怒鳴り散らすことだけをいうのではありません。 静かにネチネチと相手を責め続けることも同じです。 すぐに感情的になる人は問題を引き起こすことが多く、他人に大きな危害を加える可能性があります。 だからパワハラやモラハラが社会問題となっているのです。 感情的になってその感情に流されるのは、自分をコントロール出来ていない証拠。 すぐに感情的になる特徴をもつ人からは、周りの人が離れていってしまうことでしょう。 すぐに感情的になる性質をもっている人は、それがどれだけ周りに迷惑になっているかを考えて、改善していくのを強くお勧めします。 感情的にならない方法としては、自分を客観的に見る癖をつけて、つい感情的になるのをおさえるという方法があります。 心理教育であるアンガーマネジメントを学ぶのもいいかもしれませんね。 平気で嘘をつく特徴のある、嘘つきな人もまた軽蔑されます。 嘘をついてもなんとも思わない、その神経を疑われます。 人間性すら疑われ、信用してもらえなくなるでしょう。 普通はなかなか平気で嘘をつけません。 もし仕方なく嘘をついたとしても、後ろめたいような心苦しい気持ちになるものです。 誰も「嘘つき!」なんて責められたくないのは同じです。 そして平気で嘘をつく特徴をもつ人には、嘘に嘘を重ねて生きるという特徴もあります。 たとえば日常的に浮気を繰り返したり、小さな嘘を何度もつく、といったふうにです。 表面的にはうまくいっていても、その生き方が人から尊敬されることはありません。 頭の回転の良さは認めますが、平気で嘘をついていたら、陰で軽蔑されてしまいますよ。 嫌な事から逃げて努力しない、という特徴を持つ人は、もしかしたら現代人の特徴として多いかもしれません。 現代は自由な社会であるといえます。 いろんな選択肢があって、嫌な事から逃げるための理由も方法も、たくさんあります。 けれども自由であるということは、すべて自分で決めないといけないということ。 裏を返せば責任がともなうのです。 ときには逃げることも必要ですが、いつも嫌な事から逃げて努力しないのは考えもの。 努力しないことが習慣になると、ふんばりがきかないので、ここぞというときにも努力できなくなってしまいます。 逃げ続けることも、努力しないことも、本当の気持ちの奥底では苦しいもの。 前向きな努力は自分を解放してくれます。 軽蔑されないためにも、勇気を出して努力への一歩を踏み出してみませんか。 人を軽蔑してしまうと、相手のことを受けつけなくなり、やがて嫌いになってしまいます。 なぜ人は人を軽蔑してしまうのでしょうか。 嫌いになってしまうのでしょうか。 その気持ちの心理の1つは「道徳観」「倫理観」にあるといえます。 人として、してはいけないことをしている人のことを許せないと思う心理です。 正義感、といってもいいかもしれませんね。 その気持ちを無理におさえこむことはありません。 いやなものはいやだし、ダメなことはダメだからです。 ですが、人はいろんな側面をもちます。 100パーセント悪いだけの人間はいません。 もし人を軽蔑してしまっても、その人の良いところを見つける努力をしていった方がいいといえます。 また、あなたのその正義感は素晴らしいものですが、時代によって「正しいこと」は変わります。 正しいと思っている信念も、人によって違います。 その人の住んでいる場所、文化、信じているもの、育ってきた環境など、いろいろな背景があるのもまた事実です。 軽蔑される人だって、好きでそのような人間性におちいったわけではないことも多いはず。 心理的に「軽蔑する」ようになっても、なぜ軽蔑される人間性をもつようになったかという背景を考えずに、その人だけを責めるのはナンセンスです。 他人を軽蔑ばかりしていると、自分も軽蔑されるような人になる危険性もあります。 自分もまた人を傷つける可能性のある存在であると忘れずに、謙虚な姿勢をもつことが必要です。 社会の一般的なルールやマナーを知らないと、軽蔑とまではいえなくても、確実にあなたが損します。 知らない間に人の心を傷つけてしまうこともあるかもしれません。 たとえば、花の世話をするとします。 その花をどう育てるのかで、花のその後が変わります。 肥料は何をやるのか、水は1日にどれくらいあげるのかなど。 どんなにその花を大切に思っていても、花を育てる一般的な知識がないと、その花がのびのび育つことができません。 基本的な知識がなければ、育てていく中で知恵もわきません。 それと同じように、この世の中で人としてよりよく生きていくためには、社会のルールやマナーを知ることが必須といえます。 それこそネットで調べたら、いくらでも情報が載っています。 情報をよく精査して、正しいルール・マナーを知っていきましょう。

次の