差別 は いけない と みんな いう けれど。 楽天ブックス: 「差別はいけない」とみんないうけれど。

千葉雅也さん×綿野恵太さん『「差別はいけない」とみんな言うけれど。』刊行記念対談 【前編】アイデンティティとシティズンシップ|じんぶん堂

差別 は いけない と みんな いう けれど

セクハラや差別が跡を絶たないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは、解決できない問題がその背景にあるからだろう。 反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫る。 「週刊読書人」論壇時評で注目の、気鋭のデビュー作。 【詳細内容紹介】 足を踏んだ者には、踏まれた者の痛みはわからない。 「足を踏まれた!」と誰かが叫び、足を踏んだ人間に抗議するのは当然である。 しかし、自分の足は痛くない私たちも、誰かの足を踏んだ人間を非難している。 「みんなが差別を批判できる時代」に私たちは生きている。 だから、テレビでもネットでもすぐに炎上騒ぎになるし、他人の足を踏まないように気をつけて、私たちは日々暮らしている。 このような考え方は、「ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ、PC、政治的正しさ)」と呼ばれている。 けれども、世の中には「差別はいけない」という考えに反発するひともいる。 ポリコレはうっとおししい……正しさを考えるだけで息が詰まる……ハラスメントだってわざとやったわけじゃない……。 セクハラ、パワハラは無くすべきだし、ヘイトスピーチを書き込んではいけない。 それは大前提だ。 しかし、ポリコレへの反発・反感が存在するのにはそれ相応の理由があるはずだ。 みんながポリコレを自覚して、合理的に行動すれば、差別はなくなるのだろうか。 もっとも人間はそんなに賢い生物ではないかもしれない。 セクハラや差別が後をたたないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは、解決できない問題がその背景にあるからだろう。 本書は反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫っていきたい。 【目次】 まえがき?? みんなが差別を批判できる時代 (アイデンティティからシティズンシップへ) 第一章 ポリティカル・コレクトネスの由来 第二章 日本のポリコレ批判 第三章 ハラスメントの論理 第四章 道徳としての差別 第五章 合理的な差別と統治功利主義 第六章 差別は意図的なものか 第七章 天皇制の道徳について あとがき.

次の

『「差別はいけない」とみんないうけれど。』のメモと考えたこと

差別 は いけない と みんな いう けれど

毎日の生活の中で、自分がもっとも多く感じる感覚は「なぜ?」という疑問のように思う。 それで色々調べてはみるのだけど、答えが見つかることはほとんどない。 私が知りたいのは、あなたがその結論に至ったデータなのに、その答えを知っているかのように振る舞う人々は、上から目線で正しい答えを教えるように書いていたり、その結論に導くために都合の良い情報を並べているだけだったり、少しでも疑問を持ったり、食い違うデータに対して意見を求めようとしても、敵扱いされたり、また最近では態度を保留することさえ認めないと言う。 すべてがそんなことばかりだけど、 アメリカで黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官の暴行で死亡してから、今も続いている抗議行動についても、モヤモヤした気分を抱いている人は多いでしょう。 デモが広範囲に拡がっていることもあって、これについて語るのは容易ではないけど、Black Lives Matter(以下BLM)が、なぜ、「All Lives Matter」を否定するのか?という疑問に関して、BLMの支持者たちは、 「社会的弱者が不利となる仕組みが社会構造に取り込まれているため、黒人が黒人として生まれただけで、その後の人生が自動的に不利になる」 という「Systemic Racism(制度的人種差別)」という言葉をよく用いている。 特権を持つ白人を含めた「All Lives Matter」では、黒人の差別は解消されないのだと彼らは強く主張し、黒人の人種差別は白人が考えないと解消できないものだとして、黒人以外の人々の参加を強く呼びかけている。 長い間、この問題が解決しないのは、社会の仕組みを作っている側にこの問題が届いていないから。 それは正しいことかもしれないけど、彼らが「届いていない側」を白人という人種で区別することに、新たな人種差別や人種による分断を感じて賛成しきれない人も多いでしょう。 本書は2019年に出版されたものですが、「シティズンシップ」と「アイデンティティシップ」というふたつの論理を示すことで、現在の反差別運動にある問題がまとめられています。 現在の人種差別への抗議行動は、なぜ白人という人種ごと「差別者」にするのか? また、そういう彼らがトランプが「人種を分断させた」と激しく批判するのはなぜか? そして、私たち日本人はなぜ「人種差別」が理解できないと言われるのか?・・といったことの理解に役立ちそうな内容だったので、 本書の長文のまえがきは、Kindleの無料サンプルで全文読めますが、そこから抜粋して要約してみました。 (要約引用開始) 市民であれば、誰でも差別を批判できる。 これがシティズンシップの論理で、これによって当事者以外の人間も差別問題について雄弁に語れるようになり「ポリティカル・コレクトネス」の時代が到来した。 しかし、みんなが差別を批判できるようになったのは、つい最近のことで、これまでの反人種差別運動では、差別を受けたものしか、その痛みはわからないという考えが支配的だった。 この変化の大きな転換が「アイデンティティ」から「シティズンシップ」だ。 差別は特定の人種、ジェンダー、障害などを持つ人間を不当に扱う行為で、差別は個人が属する社会的カテゴリーに対する偏見から生じる。 これら不当に扱われるアイデンティティ(帰属性)を持つ集団が、社会的地位の向上や偏見の解消を目指す政治運動をアイデンティティ・ポリティクスと言う。 アイデンティティ・ポリティクスを基準にすれば、批判できるのは、差別の対象となっている集団だけだが、ヘイトスピーチ規制法の必要性を訴えたアメリカの法学者ジェレミー・ウォルドロンは、アメリカの政治学者ジョン・ロールズの「秩序ある社会」「公正としての正義」に基づき、法が守るのは「平等なシチズンシップの尊厳」であり、そして尊厳とは、「集団の個々の成員」の「尊厳」なのであって、「集団そのものの尊厳や、集団をまとめる文化的または社会構造の尊厳ではなく、民族や人種といったアイデンティの尊厳ではない、とした。 ロールズはあらゆる社会的アイデンティティにかかわらない「正義」を考え、シティズンシップの論理で、アイデンティティ・ポリティックスが持つ問題点も避けられるはずだった。 「足を踏んだ者は、踏まれた者の痛みがわからない」という言葉をもう一度考えてみよう。 ポイントは「足を踏む」という比喩。 殴るや蹴るは意図的な行為だが、誰しも電車の中で無意識に足を踏んでしまった経験ならあるだろう。 踏んでいたことに気づかなかったこともあるかもしれない。 反差別運動に積極的にコミットしている人でも、意図したわけではなく差別とみなされる可能性は避けられない。 反差別運動は、差別をする意図がなかったししても、差別者には責任があるという考えを前提にしてきた。 しかし、そうなると自分がマジョリティであるというだけで、差別だと非難されるのか、と被害者意識を持つ者も出てくる。 アイデンティ・ポリティクスは、マイノリティによる反差別運動だったが、反ポリコレを訴えるマジョリティによるアイデンティ・ポリティクスが登場する理由にもなった。 また、シティズンシップの論理は、非当事者をふくめたみんなが差別を批判できる状況をつくった一方で、差別批判を「炎上」という娯楽にしてしまった。 ここ数年の炎上騒動は、差別者を一方的に悪者に仕立て上げる傾向があるが、それが可能なのは、みんなが自身が持つ差別性を問われることなく、安心して差別者を糾弾できるからだ。 しかし、本当に差別者だけが悪なのか。 私たちだけが善なのか。 シティズンシップの論理は、もしかしたら差別をしてるかもしれない、と自らに問いなおすこと、差別とは何か、と考えるきっかけを失わせている。 アイデンティティとシティズンシップ。 このふたつの論理ははっきりと区別されるわけではない。 反差別運動において、ときには協働し、ときには対立してきた。 シュミットは、多様な意見を持った個人が市民として討議するのが自由主義。 一方、民主主義の特徴は、支配者と被支配者の同一性、国家の権威の主体と客体との同一性、国民と議会における代表との同一性・・・などを挙げ、同一性を担保とする民主主義は、同じ民族、同じ言語を使うといった「同質性」が必要で、その同質性を保つためには、必要があれば、異質なるものの排除、あるいは殲滅が必要である」と。 自由主義と民主主義は平等をめぐっても異なる考え方を示す。 シュミットによれば、あらゆる人権思想は自由主義的である。 しかし、絶対的な人間の平等は「概念上も実際上も、空虚などうでもいい平等」であるために、経済という「政治上の外見的平等のかたわらで、実質的な不平等が貫徹しているような別の領域」を生んでしまう。 たいして民主主義は、「国民としての同質性」があるために、一国内に限られるとはいえ、「国籍を有するものの範囲内では相対的にみて広汎な人間の平等」を実現する。 シュミットの「自由主義」と「民主主義」の区別を踏まえると、アイデンティティとシティズンシップという反差別言説のふたつのロジックは次のように整理できる。 アイデンティティ・ポリティクスとは、社会的不利益を被っているアイデンティティを持つ集団が結束して社会的地位の向上を目指す政治運動だった。 たとえば、黒人という人種、女性という性別といったさまざまなアイデンティティに基づいた政治運動が存在するが、それらはすべてアイデンティティの「同質性」をもとにしているために、シュミットの区分にしたがえば、民主主義に属するものといえる。 一方、シティズンシップの論理は、あるアイデンティティを持った「集団そのものの尊厳」ではなく、「平等なシティズンシップの尊厳」を守るものであった。 つまり、シティズンシップの論理では、「市民」という「個人」の権利が重視されている。 シュミットの区分にしたがえば、個人の権利、人権もまた自由主義的な考えであった。 しかし、ここで注意すべきなのは、シュミットは「自由主義的な個人意識と民主主義的な同質性」は「克服できない対立」であると述べていることだ。 これから現在の政治状況を見ていくが、シュミットの指摘は正しいように思われる。 アイデンティティとシティズンシップの論理もまた「克服できない対立」なのである (「第二章日本のポリコレ批判」参照)。 (要約引用終了) この後の展開はより興味深い内容なので、目次も確認の上、ぜひ読んでみてください。

次の

千葉雅也さん×綿野恵太さん『「差別はいけない」とみんな言うけれど。』刊行記念対談 【前編】アイデンティティとシティズンシップ|じんぶん堂

差別 は いけない と みんな いう けれど

セクハラや差別が跡を絶たないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは、解決できない問題がその背景にあるからだろう。 反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫る。 「週刊読書人」論壇時評で注目の、気鋭のデビュー作。 【詳細内容紹介】 足を踏んだ者には、踏まれた者の痛みはわからない。 「足を踏まれた!」と誰かが叫び、足を踏んだ人間に抗議するのは当然である。 しかし、自分の足は痛くない私たちも、誰かの足を踏んだ人間を非難している。 「みんなが差別を批判できる時代」に私たちは生きている。 だから、テレビでもネットでもすぐに炎上騒ぎになるし、他人の足を踏まないように気をつけて、私たちは日々暮らしている。 このような考え方は、「ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ、PC、政治的正しさ)」と呼ばれている。 けれども、世の中には「差別はいけない」という考えに反発するひともいる。 ポリコレはうっとおししい……正しさを考えるだけで息が詰まる……ハラスメントだってわざとやったわけじゃない……。 セクハラ、パワハラは無くすべきだし、ヘイトスピーチを書き込んではいけない。 それは大前提だ。 しかし、ポリコレへの反発・反感が存在するのにはそれ相応の理由があるはずだ。 みんながポリコレを自覚して、合理的に行動すれば、差別はなくなるのだろうか。 もっとも人間はそんなに賢い生物ではないかもしれない。 セクハラや差別が後をたたないのは、「差別はいけない」と叫ぶだけでは、解決できない問題がその背景にあるからだろう。 本書は反発・反感を手がかりにして、差別が生じる政治的・経済的・社会的な背景に迫っていきたい。 【目次】 まえがき?? みんなが差別を批判できる時代 (アイデンティティからシティズンシップへ) 第一章 ポリティカル・コレクトネスの由来 第二章 日本のポリコレ批判 第三章 ハラスメントの論理 第四章 道徳としての差別 第五章 合理的な差別と統治功利主義 第六章 差別は意図的なものか 第七章 天皇制の道徳について あとがき.

次の