シート 削除 ショートカット。 Excelのシート名変更のショートカットキー(Windows)|Office Hack

Adobe Acrobat のショートカットキー

シート 削除 ショートカット

Office には、小さい変化だけれど使いやすくなったなーと感じる機能があります。 逆に、昔から変わらないから覚えてしまえばずっと使える効率のよい操作というものもあります。 今回はそんな 2 つが含まれるシートの操作についてご紹介します。 短くまとめると、 「アクティブ シートの左側に新しいシートを挿入するショートカット キーは [Shift] + [F11] です。 」 「Excel 2013 以降の [新しいシート] ボタン は右側にシートを追加できます。 」 なんですが、興味があれば使い分けや詳細を本文でご覧ください。 紹介をするにあたって、勝手ではありますが、Excel 2007、2010 を「グループ A」、Excel 2013 と 2016 を「グループ B」とします。 ということは、2013 を境にして違いがあるってことですね^^ 新しいシートの挿入 極端な例かもしれませんが、Excel 2010 を使って 2 つのパターンを比較します。 パターン 1 たとえば、「青森」シートと「宮城」シートの間に、「岩手」シートを追加したいとき、下記が代表的な方法だろうと思うのですが、みなさんだったらどれを使いますか?• ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「宮城」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「宮城」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 考えるより先に手が動いているかもしれません。 ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「鹿児島」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「鹿児島」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 逆にいうと、大昔 Excel 2003 以前 はなかった [ワークシートの挿入] はうれしい機能ではあるのですが、これもどんな場面でも便利、というわけではなさそうです。 [ワークシートの挿入] と [新しいシート] は違う グループ A の [ワークシートの挿入] とグループ B の [新しいシート] には違いがあります。 "新しいシートを挿入する" というアクションは同じなのですが、"どこに" が違います。 Excel 2007、2010 の [ワークシートの挿入] [ワークシートの挿入] は、どのシートを選択していても 末尾 右端 に新しいワークシートが挿入されます。 勝手に正式名称をつけるとしたら、「末尾に新しいワークシートを挿入」かな。 Excel 2013、2016 の [新しいシート] [新しいシート] は、 選択しているシートの右側に新しいワークシートが挿入されます。 こちらの勝手な正式名称は「アクティブ シートの右側にシートを挿入」ですかね? ながいなー。 たとえば、「愛知」シートを選択して [新しいシート] をクリックすると、「愛知」シートの右側に新しいシートが追加されます。 アクティブ シートの右側に追加できる、というのは、地味にすごいんですよ。 ショートカット キーも、右クリックからの操作も、リボンからの操作も、基本的にシートの挿入はアクティブ シートの左側!というのが当たり前で、「すばやく右側に追加したい」というリクエストには、マクロを作成して対応していたのですから。 グループ A の [ワークシートの挿入] は、右端のワークシートのさらに右側にあったので、使うためにそこまで移動しなければならなかったのですが、[新しいシート] は、いつでも表示されているので、使うために右端まで移動する必要はないです。 昔から変わらない [Shift] + [F11] というショートカット キーを知っていればすばやく確実にシートを追加できます。 ただ、これだけではまかなえない、"右側に追加したい" という部分を新しい機能がフォローしてくれます。 昔からのよいところ、変わることのよいところ、両方を上手に使い分けられるといいですね。 石田 かのこ.

次の

【Word(ワード)活用塾】不要なページを削除するには?

シート 削除 ショートカット

中田元樹 なかた げんき 業務改善コンサルタント 東進ハイスクール校舎長、社長室担当を歴任。 その後、日本IBMを経て、 NTTデータ経営研究所にて業務改革のコンサルティングを行い、独立する。 東進ハイスクールにおいては、のべ1万回の進路指導を行い、コーチングスキルを獲得。 日本IBMでは、業務改革コンサルティングチームに所属。 膨大な仕事量に忙殺され、睡眠時間を削って仕事をする日々を過ごす。 「このままではお客様に満足していただけるパフォーマンスは出せない」と、 1秒でも早くデータを分析するための方論を模索し、日々改善を続ける。 結果、Excel を活用したデータ分析のスピードが飛躍的に上昇していく。 "Excelのプロ集団"として認知されていた業務改革コンサルティングチーム の中でも、最も操作スピードが速く、約2万人の社員の中で一番の使い手と される。 総勢30人程度のExcel研修サービスチームを結成し、 外資系コンサルから大学生まで、幅広い層にExcel研修を行う。 指導実績は1000人を超え、受講満足度は 99. 噂が噂を呼び、現在は日本のみならず、スイスやフィリピンからも 研修オファーがあり、活躍の舞台を世界に広げている。 神速Excel ノーマウスでエクセル時短! 外資系コンサルで「Excelの神」と呼ばれた男の哲学とノウハウ。 受講満足度99. 7%! 大人気セミナーのエッセンスをギュッと凝縮! 発売即3万部の大重版! 今、話題のExcel本! の著者である中田元樹氏が、今まで語られてこなかったExcelテクニックをやさしく解説します。 「高速化」と聞くと、「ショートカットを駆使して操作を行う」というイメージを持たれるかもしれません。 しかしそれよりも、 ・セルの移動と選択をスピーディに行う ・不具合が起こった際に瞬時に解決する ・スピーディにセルの値や数式を編集する ・関数を一瞬で複製する こうした基本動作を「無意識レベル」で行えるかどうかがカギなのです。 この土台の上にショートカットの知識が組み合わさり、初めて「Excelスピードインパクト」を実現できます。 基本動作をわかりやすく解説し、一つ一つの仕組みを紐解いていきます。 「基本動作」と「ショートカット」をマスターし、「達人の技」を身につけてもらうのが本連載の狙いです。 Photo: Adobe Stock マウスは時間がかかる! でもキーボードなら速い! 本日はシートの挿入・削除を練習しましょう。 新しいシートを挿入するとき、皆さんはこれまで 「シート名のところまでマウスでカーソルを持っていき、右クリック」などをしていたかもしれません。 しかし実は、ショートカットを使えば0. 5秒できます。 Alt + I + Wで新しいシートを増やすことができます。 覚え方は 「Alt + Insert(挿入する)+ Worksheet(シート)」です。 押してみると、今見ているシートの左側に新しいシートが増えます。 何回も押すと、操作の回数だけシートが増えていきます。 次の画像を見てください。

次の

【初級】これで作業スピード爆速!スプレッドシート効率化術 ショートカット編

シート 削除 ショートカット

この記事の内容• Excelシートの削除・移動・コピーできない原因 Excelシートの削除や移動、コピーができない場合は、次の中に当てはまるケースがないか確認してみてください。 操作項目がグレーで選択できない 「削除」や「コピー」などの操作項目がグレーになっていて選択できない場合、ブックの共有機能が有効になっていることが考えられます。 してみてください。 シートの追加・編集の操作ができない シートの追加や編集などの操作ができない場合、ワークブックが保護ビューモードになっていることが考えられます。 保護ビューモードが有効になっていないか確認し、なっている場合はにします。 既に名前があるエラーが出る エラーメッセージ「移動またはコピー先のワークシートに既にある名前が含まれています」が出る場合は、シートの名前が重複していることが考えられます。 します。 行列数が少ないエラーが出る エラーメッセージ「移動先またはコピー先のブックの行列数が元のブックの行列数よりも少ないため、シートを移動先またはコピー先のブックに挿入できません。 」が出る場合、エクセルのバージョンに問題があることが考えられます。 Excelアプリケーションのを試してみてください。 「校閲」タブの中にある「共有ブックの保護解除」をクリックします。 パスワード入力画面が表示された場合はパスワードを入力します。 パスワードがわからない場合はシートの作成者にパスワードを求めてください。 対処2:保護ビューモードを無効化する インターネットからダウンロードしたファイルを開いた時など、セキュリティ機能により保護ビューモードが有効になってしまうことがあります。 「インターネットから入手したファイルは、ウイルスに感染している可能性があります」というメッセージが表示されますが、保護ビューモードが有効になっているとシートの編集操作ができなくなってしまうので、安全であることがわかっているファイルであれば保護ビューモードは無効にして問題ありません。 保護ビューモードを無効にするには以下の手順で操作します。 上部メニューにある「ファイル」をクリックします。 左メニューの中にある「情報」をクリックします。 画面中央に「編集を有効にする」というボタンが表示されるのでクリックします。 これで保護ビューモードが無効化され、シートの編集ができるようになります。 対処3:名前の定義を修正する Excelには名前という作業効率化のための機能がありますが、シートの複製を行うと名前の重複によりエラーが発生してしまうことがあります。 エラー発生時には「コピー先のワークシートに既にある名前が含まれています」というメッセージが表示されます。 問題を解決するには定義済みの名前を削除します。 ただし名前の削除を行うと計算式やマクロが正しく動作しなくなる可能性がありますので、操作の前に必ずバックアップを作成してください。 コピー元のブックを開きます。 上部メニューにある「数式」タブをクリックします。 タブ内にある「名前の管理」ボタンをクリックします。 「名前の管理」ウィンドウが開きます。 リストに表示された名前の定義項目をクリックし、「削除」ボタンをクリックして定義を削除します。 操作を繰り返しリストに登録されているすべての名前を削除します。 名前の管理ウィンドウを閉じ、コピー先のブックにシートをコピーします。 対処4:Excelの更新とファイル形式を変換する シートの移動またはコピーをする際、2つのブックのファイル形式が一致していないとエラーが発生することがあります。 まず、現在使用しているExcelアプリケーションのバージョンが古い場合は最新版に更新してください。 アプリケーションのバージョンを確認したら、コピー先のブックのファイル形式を変更します。 コピー先ブックを開きます。 上部メニューの「ファイル」をクリックします。 左メニューの「情報」をクリックします。 「変換」ボタンをクリックします。 確認メッセージが表示されたら「OK」をクリックします。 これでファイル形式が変更されます。 この状態でもう1度シートのコピーまたは移動を試してみてください。 いずれの対処法も効果がなく、問題が解決できない場合はシート全体をコピーするのではなくデータのみをコピーすることでトラブルに対処できる可能性があります。 この状態でデータをコピーし、新規シートにデータを貼り付けしてください。

次の