軽 キャンピングカー 中古 車。 インディアナRV インディ727は軽キャンピングカー!中古車価格や口コミと燃費から車中泊まで

中古車情報 新しいキャンピングカーが続々入庫中 | オリジナル軽キャンパー制作・販売、中古キャンピングカー販売「カーショップスリーセブン」

軽 キャンピングカー 中古 車

キャンプを楽しむ機能に特化した軽自動車が「軽キャンピングカー」 キャンピングカーは一般的に車内に寝泊まり出来る設備などを備えていて、8ナンバーの特殊用途車両に分類される車ですが、軽キャンピングカーはサイズ感が大型のものに比べてコンパクトな車や軽自動車をベースとし、宿泊するための設備や水回りを改造によって備え付けた車の事を言います。 水回りを備えていなくても、ダイハツのウェイクのようにオプション機能を充実させれば、キャンプをより満喫できる車も含まれます。 最近のトレンドでは キャンプを楽しむために特化している軽自動車は、軽キャンピングカーに分類しています。 お手軽に車中泊!人気の軽キャンピングカーを紹介 お手軽さが魅力でライトなアウトドアユーザーにおすすめなのが、軽キャンピングカーです。 近年流行している車中泊も楽々こなせるのが魅力で注目を集めています。 おすすめの軽キャンピングカーを紹介します。 COBBY 10位 ロードセレクト コンパクト|カスタムセレクト 最初に紹介する軽キャンピングカーのロードセレクトコンパクトはカスタムセレクトオリジナルの 4名乗車・4名就寝の軽自動車キャンピングカーです。 日産クリッパーをベースとした車内は、ロフトボードを採用したことにより広大な室内を獲得し、サブバッテリーや引き出しテーブルや6つのアクセサリーソケットなど必要十分な機能を備えています。 長期間の車中泊に必要な衣類を収納するケースやキャンプ用具を入れる収納スペースも設けるなど、ベテランのキャンプ愛好家や初めて車中泊をする方も納得できる軽キャンピングカーです。 車の中には電子レンジや回転式テレビモニター、冷蔵庫や遮光カーテン、カフェ感覚でお茶ができるちゃぶ台など、キャンピングカーに追加できるオプションも豊富に取り揃えています。 お手頃価格で自分好みのアウトドア装備を整えられるのもロードセレクトコンパクトの魅力です。 COBBY 9位 HIJET CARGOクルーズ 旅楽|ダイハツクラフト 次にCOBBYで紹介する「HIJET CARGOクルーズ 旅楽」は、D-Craft(ダイハツクラフト)が開発販売されている軽キャンピングカーです。 ダイハツクラフトはダイハツグループと葵機械工業株式会社が特装車を開発するために立ち上げたキャンピングカーも作っているブランドです。 同車は、まとまった休みに各行楽地をドライブして、車中泊を楽しむ夫婦をメインユーザーとしてビジネスを展開しています。 フロントシートを前へスライドさせ、リヤシートを折り畳むことで、ベッドが車内に準備できます。 アクセサリーを利用すれば、キャンプがより快適になります。 軽自動車なのに、沢山のキャンプグッズを収納できるカーゴスペースはウェイクマジックと言われています。 キャンプの際には、人数分のシュラフ、コンロ、クーラーボックスなどとにかく沢山の荷物が必要になり、それを車に詰め込まなければなりません。 撥水加工がされている軽自動車のシートは、衣服が汚れることの多いキャンプのシーンでは汚れが付きにくく処理も楽です。 シートを倒してロングソファーモードにすればキャンプ泊も可能です。 COBBY 4位 Lunentta ルネッタ バンテックセールス ルネットはスズキのエブリイバンワゴンをベース車両としている軽キャンピングカーです。 車のエクステリアは、フロントグリルの網目構造と、直線の多いデフォルメとの相性がよく、清潔感が漂っていて、キャンピングカーのイメージの薄い車体が魅力的でもあります。 車内空間のあちこちに設置されている間接照明が、軽自動車にもかかわらず上質な空間を演出しており、アウトドア以外の遊びも知っている趣味の幅が広い方が存分に楽しめる車です。 キャンピングカーの車内のどこにいても、見やすい角度と場所に配置されている19インチテレビ(オプション)は、さらなるくつろぎを与えてくれます。 キャンピングカーのシンク周りにも清潔感があって、キャンプ料理を作る楽しみ食べる楽しみが助長されます。 ノズルを延ばすことで、シャワーとしても利用できる水回りは、アウトドアシーンで助かります。 ベース車両 スズキ エブリイバン ワゴン ハイルーフ 5ドア エンジン 水冷4サイクル直列3気筒 インタークーラーターボ トランスミッション 2WD・4速オートマチック フルタイム4WD・4速オートマチック 燃料タンク容量 37L 最小回転半径 4. 軽タイプのキャンピングカーですが、本格志向のユーザー満足度の高い1台でもあります。 コングの魅力は、やはり「シート」「ソファー」「ベッド」へと、キャンプシーンの使用目的に合わせて簡単に車のシートをアレンジすることができる3WAYマルチシートです。 料理以外でも、顔を洗ったり、手を洗ったりする時にも役立つデラックスキッチン、サイドラックなどの標準装備は充実しています。 車のオプションで、ソーラーパネルやシャワーの蛇口などを設置すればキャンピングカーとしての機能性は更に高まります。 5色の車のボディにあるパネルのカラーから自分の好きな色を選べる事も人気の秘訣です。 車内空間は広々設計で、軽自動車なのにカフェにいるかのようなデザインが施されています。 車内では、日常生活から離れた上質なキャンプの時間を堪能できて、思う存分にリフレッシュが出来そうです。 車名やボディラインに描かれているロゴマークが可愛らしくもあり、ゆるさもあり独特の存在感を示している軽キャンピングカーです。 かるキャンの最大の特徴といえば、キャンプの移動で道路上を走行している時や駐車場に駐車している際には箱バンスタイルですが、 車中泊モードではまるでお家のような形に形を変えられることです。 COBBY筆者の変身もの好き男子としては、レンタルでもいいので一度は乗車してみたいです。 きっとひと夏のキャンプをいい思い出としてくれます。 かるキャンは設備も充実しています。 オートキャンプ場に設置されている電源を利用できるソケットなどの機能面はキャンパー達への思いやりであふれています。

次の

【ミニマムに暮らす】300万円で軽キャンピングカーを買ったら…

軽 キャンピングカー 中古 車

キャンプを楽しむ機能に特化した軽自動車が「軽キャンピングカー」 キャンピングカーは一般的に車内に寝泊まり出来る設備などを備えていて、8ナンバーの特殊用途車両に分類される車ですが、軽キャンピングカーはサイズ感が大型のものに比べてコンパクトな車や軽自動車をベースとし、宿泊するための設備や水回りを改造によって備え付けた車の事を言います。 水回りを備えていなくても、ダイハツのウェイクのようにオプション機能を充実させれば、キャンプをより満喫できる車も含まれます。 最近のトレンドでは キャンプを楽しむために特化している軽自動車は、軽キャンピングカーに分類しています。 お手軽に車中泊!人気の軽キャンピングカーを紹介 お手軽さが魅力でライトなアウトドアユーザーにおすすめなのが、軽キャンピングカーです。 近年流行している車中泊も楽々こなせるのが魅力で注目を集めています。 おすすめの軽キャンピングカーを紹介します。 COBBY 10位 ロードセレクト コンパクト|カスタムセレクト 最初に紹介する軽キャンピングカーのロードセレクトコンパクトはカスタムセレクトオリジナルの 4名乗車・4名就寝の軽自動車キャンピングカーです。 日産クリッパーをベースとした車内は、ロフトボードを採用したことにより広大な室内を獲得し、サブバッテリーや引き出しテーブルや6つのアクセサリーソケットなど必要十分な機能を備えています。 長期間の車中泊に必要な衣類を収納するケースやキャンプ用具を入れる収納スペースも設けるなど、ベテランのキャンプ愛好家や初めて車中泊をする方も納得できる軽キャンピングカーです。 車の中には電子レンジや回転式テレビモニター、冷蔵庫や遮光カーテン、カフェ感覚でお茶ができるちゃぶ台など、キャンピングカーに追加できるオプションも豊富に取り揃えています。 お手頃価格で自分好みのアウトドア装備を整えられるのもロードセレクトコンパクトの魅力です。 COBBY 9位 HIJET CARGOクルーズ 旅楽|ダイハツクラフト 次にCOBBYで紹介する「HIJET CARGOクルーズ 旅楽」は、D-Craft(ダイハツクラフト)が開発販売されている軽キャンピングカーです。 ダイハツクラフトはダイハツグループと葵機械工業株式会社が特装車を開発するために立ち上げたキャンピングカーも作っているブランドです。 同車は、まとまった休みに各行楽地をドライブして、車中泊を楽しむ夫婦をメインユーザーとしてビジネスを展開しています。 フロントシートを前へスライドさせ、リヤシートを折り畳むことで、ベッドが車内に準備できます。 アクセサリーを利用すれば、キャンプがより快適になります。 軽自動車なのに、沢山のキャンプグッズを収納できるカーゴスペースはウェイクマジックと言われています。 キャンプの際には、人数分のシュラフ、コンロ、クーラーボックスなどとにかく沢山の荷物が必要になり、それを車に詰め込まなければなりません。 撥水加工がされている軽自動車のシートは、衣服が汚れることの多いキャンプのシーンでは汚れが付きにくく処理も楽です。 シートを倒してロングソファーモードにすればキャンプ泊も可能です。 COBBY 4位 Lunentta ルネッタ バンテックセールス ルネットはスズキのエブリイバンワゴンをベース車両としている軽キャンピングカーです。 車のエクステリアは、フロントグリルの網目構造と、直線の多いデフォルメとの相性がよく、清潔感が漂っていて、キャンピングカーのイメージの薄い車体が魅力的でもあります。 車内空間のあちこちに設置されている間接照明が、軽自動車にもかかわらず上質な空間を演出しており、アウトドア以外の遊びも知っている趣味の幅が広い方が存分に楽しめる車です。 キャンピングカーの車内のどこにいても、見やすい角度と場所に配置されている19インチテレビ(オプション)は、さらなるくつろぎを与えてくれます。 キャンピングカーのシンク周りにも清潔感があって、キャンプ料理を作る楽しみ食べる楽しみが助長されます。 ノズルを延ばすことで、シャワーとしても利用できる水回りは、アウトドアシーンで助かります。 ベース車両 スズキ エブリイバン ワゴン ハイルーフ 5ドア エンジン 水冷4サイクル直列3気筒 インタークーラーターボ トランスミッション 2WD・4速オートマチック フルタイム4WD・4速オートマチック 燃料タンク容量 37L 最小回転半径 4. 軽タイプのキャンピングカーですが、本格志向のユーザー満足度の高い1台でもあります。 コングの魅力は、やはり「シート」「ソファー」「ベッド」へと、キャンプシーンの使用目的に合わせて簡単に車のシートをアレンジすることができる3WAYマルチシートです。 料理以外でも、顔を洗ったり、手を洗ったりする時にも役立つデラックスキッチン、サイドラックなどの標準装備は充実しています。 車のオプションで、ソーラーパネルやシャワーの蛇口などを設置すればキャンピングカーとしての機能性は更に高まります。 5色の車のボディにあるパネルのカラーから自分の好きな色を選べる事も人気の秘訣です。 車内空間は広々設計で、軽自動車なのにカフェにいるかのようなデザインが施されています。 車内では、日常生活から離れた上質なキャンプの時間を堪能できて、思う存分にリフレッシュが出来そうです。 車名やボディラインに描かれているロゴマークが可愛らしくもあり、ゆるさもあり独特の存在感を示している軽キャンピングカーです。 かるキャンの最大の特徴といえば、キャンプの移動で道路上を走行している時や駐車場に駐車している際には箱バンスタイルですが、 車中泊モードではまるでお家のような形に形を変えられることです。 COBBY筆者の変身もの好き男子としては、レンタルでもいいので一度は乗車してみたいです。 きっとひと夏のキャンプをいい思い出としてくれます。 かるキャンは設備も充実しています。 オートキャンプ場に設置されている電源を利用できるソケットなどの機能面はキャンパー達への思いやりであふれています。

次の

インディアナRV インディ727は軽キャンピングカー!中古車価格や口コミと燃費から車中泊まで

軽 キャンピングカー 中古 車

スポンサーリンク 軽キャンピングカーに憧れる管理人が初めて知った軽キャブコンがテントむしだったこともあり、いつかは乗りたい車でもあります。 と言っても、潤沢な予算があるわけではないので、まずが中古車でもいいと思い、中古車の価格を調べてみようとしたのですが、テントむしの中古車を見つけること自体、至難の業でした。 やなどの中古車販売サイトで『テントむし』と検索をかけてみても、タイミングと運で稀に見つかることもありますが、毎回見つけることはほぼ皆無です。 確かにテントむしを購入する方の多くは、管理人のように憧れを抱き続けて入手するわけで、そう簡単には手放さないことから中古車として出回るのはごく稀なことになるのです。 つまり、現時点で確実にテントむしを入手したい場合は新車を購入する以外に方法はなさそうです。 そこでいつかテントむしオーナーになる時のためにテントむしの種類と新車価格を調べてみました。 スポンサーリンク テントむしの新車価格 テントむしの価格はベース車のダイハツハイゼットのグレード、2WDもしくは4WDの駆動方式、MTもしくはATのミッション、シェル内の設備などによって変わってきます。 テントむしの車両本体価格で最も安いのが、グレードは2シータータイプの4ナンバースタンダード、駆動方式は2WD、ミッションは5MT、内装設備がなしで 2548800円(税込)です。 車両本体価格が最も高いのが、グレードはFタイプのスマアシ3搭載の8ナンバーエクストラ、駆動方式は4WD、ミッションは4AT、内装設備がFASP座席というもので 3559680円(税込)です。 組み合わせは全部で36種類もありますが、価格は最安の2548800円(税込)から最高の3559680円(税込)の間に入ります。 車両本体価格の他にかかる費用は以下のようになります。 取得税:15300円~24200円 リサイクル料:6160円 重量税:6600円 自賠責:8ナンバー15600円 4ナンバー25880円 この数字を基準にテントむしを入手するためのおおまかな金額は 261万円から361万円となります。 まとめ 261万円から361万円が高いと見るか、妥当と見るか、安いと見るかは個人個人の価値観によりますが、個人的には現時点ではちょっと手が出ません。 それでもテントむしの人気が高いことの証明として、トミカからはが発売されたこともあります。 今では発売中止になってしまったようで、プレミアムが付いていてミニカー1台の価格も2000円以上になっています。 そのうち本物のテントむしのシェル内にテントむしのミニカーを置いて、ゆっくり眺めてみたいみたいものです。

次の