リヴァイアサン マリス 編成。 どこでも土パマン!~グラブル攻略ブログ ~: リヴァイアサン・マリスHLをソロクリアしました

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHLボス情報&攻略情報まとめ

リヴァイアサン マリス 編成

ティアマト・マリスHLを火属性マグナ編成でソロ攻略してきたのでまとめていきます。 以前はアグニス編成でマリスをソロで討伐したので、今回はマグナ編成で挑戦してきました。 ティアマト・マリスの場合だと、 「殲嵐を鎮めし孤高の翼」 ですね。 称号の報酬にはレジェンドガチャチケットもあります。 とりあえずは、ソロでクリアをしておきたいクエストです。 ソロで討伐出来れば最悪の場合(1人になった)もクリアできますし。 それでティアマト・マリスについてです。 風属性の敵で特長的なことは特殊技を使用してもCTがリセットされないことです。 なので連続で特殊技を受けてしまうことがあるので、ダメージカットのタイミング等には注意ですね。 とは言ってもCTがリセットされない敵は結構いますけどね。 特殊技の一部には強化アビリティの使用間隔が3ターン延長されてしまい、連続で特殊技を受けると10ターン近く遅延されてしまうこともあります。 特殊技自体も火力が高く、クルーエルバイト辺りだと何もしないと3万位のダメージを受けてしまいます。 他にも2種類あるトルネードディザスターの内「殲嵐のトルネードディザスター」は闇属性の攻撃となるので属性ダメージカットを入れる場合は注意です。 そして入手出来る武器は通常ティアマトのマグナ武器に加えてマリス限定の 「ハツオイイルハル」 「マジェスタス」 があります。 「ハツオイイルハル」はイクシードと背水の風属性武器、「マジェスタス」は神威と堅守の闇属性武器となっていますね。 この2つの武器は6周年記念武器交換に含まれているので、どちらか1つを入手することは可能です。 基本的にはティアマト・マリスからのドロップのみから入手することになります。 ちなみにこれを書いている時に「ハツオイイルハル」の方がドロップしました。 武器以外にも「マリス・フラグメント」が入手できます。 これが入手できるのは現状は他に「リヴァイアサンマリス」だけです。 マリス・フラグメントはバハムート等の召喚石を5凸するのに使用したり、ドラゴニックウェポン等の武器を5凸にしたりと上限解放時に必要なアイテムです。 ジータちゃんのジョブはランバージャックにしました。 各キャラ共にスロウ効果を持ちティアマト・マリスからの特殊技を受ける回数を減らしてくれます。 そしてラプソディーに攻撃大幅UPで火力にも貢献してくれます。 それでは本題です。 ・敵のCTが1なのでグラビティは必須。 ・他にはいつものミゼラブルミストと落葉焚き。 ・アルベス・フェルマーレにより奥義火力、加えてラプソディーに攻撃大幅UP、そしてトリプルアタック時の追撃により火力がかなり出せる。 ・他のキャラ同様にスロウによる遅延。 ・ダメージカットと再生、奥義で火属性攻撃UPとガード効果という攻防関連が充実したアテナちゃん。 サブには召喚効果もサブ加護も強力なザ・サン。 奥義で幻影と再生の付与でHPの維持をしていきます。 また風属性ダメージ軽減のテルマにしてあるので、被ダメージを抑えることもできます。 ちなみにアグニス編成の時は、ジータちゃんが6万で他のキャラは5万でした。 火力に関してはゼタに頑張ってもらいます。 アテナのスロウは暗闇効果もあるので通常攻撃による被ダメージ自体も抑えてくれます。 今回はファランクスが無しなので被ダメージが大きくなる場面が多いです。 グラビティが無いと連続で受けてしまい、強化アビリティの取り回しに難が出てきます。 アテナの軽減を使用してダメージを受けました。 トリプルアタックされるとさすがに攻撃が痛いですね。 攻防DOWN(累積)やバリアそしてテルマの軽減もあり3000程のダメージです。 HPが50%になると発動して風属性の全体攻撃となります。 先ずは幻影を召喚等の全体攻撃で解除して、風の障壁をディスペルしていきます。 そしてちょうどCTがMAXなので特殊技「キリングバイト」が発動しました。 追加で弱体効果もありますがmissでした。 弱体効果もいい具合に効いていることや、アテナによるガード効果で1万程度のダメージで済んでいます。 このトルネードディザスターは闇属性攻撃なのでアテナの風属性ダメージ変換を入れてから受けます。 アビリティ使用の調整は黒麒麟の召喚で対応。 エリクシールも使用不可なので戦力がある程度必要となります。 回復効果もゼタ以外が持っています。 やっぱりランバージャックの累積効果が強かった。 画像引用元:グランブルーファンタジー.

次の

【両面土マグナ】リヴァイアサン・マリスHLソロ攻略

リヴァイアサン マリス 編成

【はじめに】 今回は 「リヴァイアサン・マリス」 をソロ討伐できたので 感想とかを書きます。 討伐時に取得できる称号は 「 狂濤を斎みし孤高の翼」 【キャラ】 ジョブは ランバージャックを使用。 アビリティは 累積バフが強力な「落葉焚き」 『溺水Lv』を下げるために 「クリアオール」と「安らぎの木もれ日」 ~メイン~ ・ カイン 1アビの攻防DOWN、弱体耐性DOWNが強い。 全体に追撃付与と3アビでHIT数を稼げる。 ・ アイル 初ターンに1アビと3アビで退場。 ロベリアの正位置効果を発動するために編成。 ・ 水着ブローディア 3ターンの全体かばうと防バフが強い。 『 晦冥のタイダルフォール』対策。 ~サブ~ ・ ロベリア 3アビ仕様後は基本的に1アビを使用して攻撃。 奥義を撃つターンは2アビを使用。 1アビのみで8HITと『引き潮Lv』を下げやすい。 ・ ナルメア 全体かばうと確定TAが強い。 水ブロが落ちた場合の保険として編成。 ~その他~ ・ バアル 自身と選択したキャラに追撃付与。 多段のダメアビで引き潮Lvを下げるのに貢献可能。 ディスペルで『水の障壁』を剥がせる。 ・ サラ かばうと全体50%カットが強い。 フォフ剣の属性変換、水属性カットで 『晦冥のタイダルフォール』を受けれる。 ・ 浴衣ジェシカ 奥義の全体クリアで『溺水Lv』を下げれる。 延長可能な救命射撃が強い。 【攻略時の注意点】 リヴァイアサン・マリスは 『引き潮Lv』と『溺水Lv』が特徴のボス。 チェインバーストを使用すると『引き潮Lv』が1上昇し Lv3で『 晦冥のタイダルフォール』を使用する。 (優先度はHPトリガー>Lv3>CTMAX) 全属性カットが無効で 水、 闇属性攻撃。 『引き潮Lv』は25回攻撃を当てると下がるが HP10%時にも使用するので対策は必須。 今回の編成では ・カインの3アビ、奥義効果の全体追撃 ・ロベリアの1アビ、3アビ「 災禍の雷槌効果」 を使用しフルチェイン後に『引き潮Lv』を下げる。 『溺水Lv』は通常攻撃時に付与されるデバフ。 被ダメ回数に応じて1上昇。 ~特殊行動~ ・85%『 バミュダルア・レイ』 多段ダメージ。 リヴァマリスに 『弱体耐性UP』『水の障壁』付与(5ターン) ・50%『 潰崩のタイダルフォール』 ランダム2回ダメージ。 『絶命』付与(1ターン) 単体の強化効果全消去。 (絶命はマウントかクリアで対策。 ) ・25%『 アナクラシスショット』 全体ダメージ。 『暗闇』付与(3ターン) ・10%『 晦冥のタイダルフォール』 水属性、 闇属性ランダム10回ダメージ。 (全属性カット無効) 全体の強化効果全消去。 全体の奥義ゲージ-200% 【感想】 ロベリアのCT短縮と 水ブロの全体かばうが強い。 カリオストロ、 バアル、 サラで攻略した時は 3回フルチェ後は通常のみで削ったので 難しく感じましたが『引き潮Lv』を 下げれる編成だとかなり楽だなと思いました。 最後まで読んでいただいた方、そうでない方もありがとうございました。 m(_ _)m.

次の

リヴァイアサン・マリス ソロ攻略|すてらん|note

リヴァイアサン マリス 編成

今回はリヴァイアサン・マリスをソロ攻略。 攻略方法は至ってシンプル。 特効キャラ入れてしまえば勝利確定のボスです。 これではあまりにも安直過ぎるので、もうちょっと苦戦してみようと思います。 ジョブはカオスルーダーかつジータ 超重要。 水着ブローディアの全体かばうは強力だが、マリスの通常攻撃を吸い込むとダメージが累積して洒落にならないレベルとなる。 今回は編成の都合により属性バフを沢山確保したいので、リミテッドverを採用。 マリスソロではクリアの枚数確保が鍵となるが、1アビと奥義で弱体回復可能なコワフュールは極めて有能。 マリス相手にも通用するか試してみたくなったので編成。 武器編成も当然ハイランダーとする。 他に編成候補がいなければ入れておきたい。 武器編成。 土マグナハングドマンハイランダー編成 意味不明。 属性バフの確保が重要なので、メインで握りたい。 ハイランダー編成をするなら5凸しておきたい。 ハングドマン編成では通常攻刃武器は恩恵が低いので、5凸しているならバハ武器よりこちらの方が良い。 技巧と連撃を稼げる優秀な武器。 当然必須。 当然必須。 第3スキルは当然渾身。 主人公のクリアとコワフュールの1アビで維持は容易。 それ程弱体耐性が高いボスでは無いので、虚空剣を編成する必要は無い。 有利属性なので当然必須。 石編成。 属性攻撃力ではなくキャラ攻撃力 通常攻刃枠 の為、メインハングドマンはマグナ編成の特権となっている。 メインに編成することで貴重な召喚枠を一つ開けられるという利点がある。 メインハングドマンにすることで編成の余地が生まれる。 デバフが主人公のアンプレディクトのみなので、この石が無いと攻防下限にすることが出来ない。 所持していればとりあえず入れておきたい石。 2枚所持しているならなお良い。 上記編成のランク230のHP。 潰崩のタイダルフォールのダメージが1発15000程度なので、3万程度のHPは確保しておきたい。 まず通常攻撃が6回判定。 全体かばうを発動すると6回全部引き受けてしまうので、累積でHPがどんどん削られてしまう。 水着ブローディアを編成する場合は注意。 また、通常攻撃ごとに溺水レベルというデバフが付与される。 クリアやハングドマン召喚で常にLV2以下に抑えておきたい。 更にチェインバースト発生時に引き潮レベルというバフが付与される。 引き潮レベルが3に到達した次のターンに特殊攻撃の 晦冥のタイダルフォールが発動する。 複数属性の特大ダメージ多段攻撃の為、対策無しには壊滅必至。 引き潮レベルは1ターン25回で下げることが出来るが、今回は無視して攻略する。 サラ1、3アビは基本 晦冥対策で使用する。 ブローディア2アビで完封可能。 コワフュールがいれば暗闇は怖くないので普通のダメカでも良い。 レベル3になったターンではなく、次のターンであることに注意。 クリスマスナルメアがいれば封殺出来る上に引き潮レベルも下げやすいので非常に楽。 土属性ではヤイアが条件付きでかばう回避出来るので、そちらを連れて行くのもあり おまけに剣得意。 サラにかばわせる場合は、ギルガメッシュ召喚と併用すれば4000ダメージ程度に抑えることが可能 ただし溺水レベルゼロに限る。 例によってマリスはトリガーでCTが消費されることは無いが、CTMAXでトリガーを踏めば少しだけ得になる。 バフを全解除するためにはディスペルが2枚必要となる。 水の障壁だけはブローディアの奥義で解除しておきたい。 かなり痛い攻撃なので、ブローディア2アビかギルガメッシュ&ダメカで防ぐ。 絶命は1Tの猶予があるので、クリアは必ず確保しておきたい。 LV5以上だと通常攻撃でもダメカが必要な程痛い。 敵対心UPのLBを付けていると攻撃を吸い込んだ上に溺水レベルが上昇してやぶへびになる。 グラビティは必須。 デバフ切れの悪循環に陥らないように早期にカタをつける。 リヴァイアサン・マリスは引き潮レベルを消去出来るか否かで難易度が変わる。 今回のように引き潮レベル上昇を無視してタイダルフォールを受けつつ攻略することも出来なくはないが、あまりスマートなやり方とは言えない。 サラはマリス相手だとそこまで相性は良くは無い。 防御LBを振り切っても溺水レベルが上昇した攻撃は防ぎきれないし、ギルガメッシュ抜きで 晦冥を受けるのは危険。 攻略時は敵対心UPを付けていたので、一人だけ溺水レベルが上昇して却って脆くなってしまっていた。 そのうち最終上限解放されるキャラだと思うので、強化に期待したい。 メインハングドマンは結構強いのだが、せっかくの上限UP効果が失われてしまうのがネック。 ブレイブグラウンドで追加されたゴライコウで属性バフを確保することが出来るので、5凸進境抜きでも無属性相手に運用可能ではある。 もっとも、両面マグナと比べてHPが不足するという別の問題が出て来てしまうのだが。

次の