佐川 メール 便 追跡。 メール便 を各社徹底比較2019年版!配送料のコストダウンに

【佐川急便】飛脚メール便|雑誌・カタログなどのポストイン宅配・配送サービス

佐川 メール 便 追跡

クロネコメール便、飛脚メール便、ゆうメールと全て利用していましたが、現在は飛脚メール便に落ち着きました。 本当は、クロネコメール便が一番使い勝手がよかったのですが、集荷店の担当者との相性の悪さと、1cmオーバーだときっちり2cmの料金で請求されるようになってしまいやめました。 ゆうメールは2cm以上でも約80円で送ることが可能だったので、重宝したのですが、追跡がない為、少し遅いとすぐ当方にお客様から問い合わせが入り、その対応が面倒でやめてしまいました。 飛脚メール便は、2年以上使っていますが、以前よりはだいぶ良くなったと思います。 ポイントは、WEB追跡できないことを必ず購入者に事前に伝えておくことと、配達状況の問い合わせは購入者最寄りの営業店に電話で確認していただくよう伝えておくことです。 3社のメール便を各数千通ずつは利用しましたが、事故率は対して変わらないかと思います。 到着までのスピードはやはり飛脚メール便は他社に比べて遅めですが、最近は翌日到着なども多く、逆にびっくりします。 契約にもよりますが、とりあえず2cmまでのものが80円前後で送れて、一応、追跡も可能という点で、個人的には評価しています。 消費者として以前は新潟~神奈川で翌日配達もありましたが、あるときに高知~神奈川で7日以上かかったことがありました。 その近辺を境に、ヤフオクのストアで佐川メール便を見なくなったように思います。 またメール便はダイレクトメールが中心ですので、あまり時間を気にしない顧客向けです。 ですので、トラックを使わずに貨物列車で大量輸送してコストダウンをしていることが多いと思われます。 貨物列車はすぐに遅れますので、その分時間はかかります。 個人宅の配送は、基本的に営業所の多いヤマトと郵便局に集約される傾向にあり、地方などでは他社から委託されるケースもあります。 またその中で、ポストに入る大きさ(ダイレクトメール以外)は、特に郵便局に集約されつつあります。 そういう意味では郵便局が一般的ではないでしょうか。 最近は陸送中心のクリックポストやゆうパケットなど拡充させています。 馬鹿なセールスドライバーですね。 やり方次第で、十分にお客様を獲得できる商品なのに、自社の人間が延着はともかく未着を認めるとは・・・・・・・ しかし、未着ではなく前述しました様に、放置状況(下請けの軽運送会社及び個人)なのが現実です。 配達員が自分のものにしてしまう(未着でも補償しないルールの悪用)はヤマトの主婦の方が多いです。 (これは公表データです) 飛脚ゆうメールは日本郵便に丸投げするのですが、利用者が少ない為、日本郵便に渡すまでの仕分けに時間を掛け過ぎています。 この商品は高くつくだけで、あまり意味がございません。 皆様がおっしゃる様にゆうメール・ゆうパケット等は確かでありますが、やはり送料というのは、大きく商いに影響します。 私はamazonの出品でさえ多く飛脚メール便を使いますが、これまでクレームや評価に影響した事は皆無です。 まずは、出品の際に必ず読んで頂けるように、飛脚メール便の時間を要する事を記載しています。 かつ、お送りするお客様には必ず発送時に「情報メール」をお送りします。 そこには、追跡がネットで確認出来ない旨、時間を要する旨(記載の通りと書きます)、そして気遣うのが問合せの配達店の名前と電話番号をお教えします。 その上で「配達済」と言われたら当店にご一報下さい。 と書いています。 やはり、@80円の送料はうまく使えば、と思っています。 ただ、商品によりけりで、ゆうメールを使う場合も勿論ございます。 (お客様には申し訳ないですが、単価や利益額によって分けざるを得ません) いかに、ご注文時に理解の上でご注文頂くか、発送時に納得頂くか、が重要と思われます。 (一度作っておけば、コピペして一部を変更すれば良いので、それ程苦にはしていません) 日本郵便の後納契約も持ってはいますが、ゆうメールも一部を開けて置くのは商品によって危険です。 アルバイトの多い時期には盗難が多発します。 そうなりますといちいち郵便局で目視させて、100%の封入状況しなければならず、面倒は事実です。 やはり、利用数やリスクヘッジ、利益額を鑑み、使うなら最善を尽くすのみと考えます。 とにかく佐川は使うのが大変な会社である事だけは事実です。 2年程前に利用しておりましたが未着、遅延が多く対応に苦慮しておりました。 ヤマト運輸のメール便と比較してサイズの許容範囲が非常に大きかったのだその面では便利に利用していました。 (B4サイズ3cm越えでも大丈夫) 他の方の回答にもありますが翌日に着いているケースもありますが概ね4~7日程度でお客様に到着していた様です。 その為購入者様よりの問合せも多く対応に時間がかかっておりました。 また未着率もヤマト運輸メール便と比較して多く問合せをしても発送店、配達店でたらい回しになったり、明らかに配達していないのに投函済としてするケースなどが散見されました。 実際の配達は佐川急便の社員などではなく地区毎の委託店となり安い工賃でやっているのか投函完了時期管理もいい加減のようでした。 遅延、未着を見越して利用するか(価格に上乗せ)比較的安全な他のサービスに変更するかを検討されたほうがいいかと思います。 佐川急便のヘビーユーザーとしてお伝えします。 まず飛脚メール便は貨物ではございません。 宅配便と同じ陸送です(佐川は特別な料金体系以外は陸送です) 1、土日祝は仕訳はしない。 2、陸送トラックがついても、仕訳は宅配優先でメール便は営業所で2~3日要す。 3、メール便は全て下請け ここで大きな問題があります。 本来ポスト投函後、配達完了のバーコードを鳴かせますが、下請けの多くは 配達前に全て鳴かせてから投函にのんびりしています。 最もひどい例は、1ヶ月掛かった事がありました。 山奥の離れた村落らしいですが、バーコードを鳴かせて 地域的に荷物がまとまるまで行かないと、平気に言い放っていました。 これらは全て営業所の程度によります。 早い営業所は宅配に比べて2~3日後には完了させる(目指しています)所もあります。 今回ヤマトがメール便を辞めるにあたって、佐川は少し改善に向かう姿勢を見せています。 さて、クレームの際は私は必ず配達店に電話をします。 最初の回答は「配達完了」と言いますが、 先にバーコードを鳴かせている事が多い事、(その下請けの配達完了時間を調査させれば、数秒ごとに鳴かせている奇跡が残りますので、佐川も認めざるを得ません)を伝え、本社に報告する旨を伝える(一種の脅しです)と、直ぐに配達します。 この様な下請けの卑怯なやり方はヤマトにも多くありました。 ヤマトは地域の主婦を利用する事が多くありました(拠点の数が多いですから)中にはねこばばする人もいた程です。 ただ、配送会社と違い、内職と同じレベル(生活の直結しますので)抜群に早かったのは事実です。 それに比べ佐川の下請けはメール便への意識は低いので、ここが問題です。 直ぐには直らないでしょうが、ヤマト撤退を受け、力を注ごうとしているのが現状です。 最近は早くなりましたよ。 (以前に比べてですが) その為佐川飛脚メール便を使うお客様には必ず情報をお送りする様にしています。 (文面にはかなり気を遣っています) 当方のメール便は私がうるさいので、集荷担当店の対応(陸送に載せる段取り)はよそ様より優先しています(笑) もっとも安全かつ早いのはゆうメール・定型&定形外郵便ではないでしょうか? 特定記録を付ければ追跡も可能になります。 以上、紛失率はそれほどかつてのヤマトメール便と変わりはないですが、営業所に追跡依頼した時に「完了」となっているのが、まだまだ未熟といいますか、程度が低いと思います。 佐川との関わりは、かなりのパワーが必要と思います。 うるさがれる事、直接配達店に電話されるのを嫌いますし、本社に通報されるのを最も怖がります。 うまく利用すれば使える存在ではありますが、かなりのパワーと時間を最初は必要とします。

次の

佐川急便のメール便・追跡サービスの簡単な利用方法まとめ!

佐川 メール 便 追跡

Contents• 佐川急便の飛脚メール便は追跡できる? 佐川急便の飛脚メール便は 追跡することが可能です。 しかし、他の荷物の配送とは 確認の仕方が違うので 注意が必要になります。 通常の場合、佐川急便のサイト内にある 「お荷物問い合わせサービス」 を利用して荷物を追跡します。 つまり、通常ならWEB上で 荷物の追跡をすることができるのです。 しかし、残念ながら飛脚メール便では WEB上で確認をすることはできないのです。 佐川急便の飛脚メール便の追跡方法! 佐川急便の飛脚メール便を利用した場合 追跡方法が他の荷物とは異なります。 飛脚メール便の追跡方法は 担当営業所に電話するしかないのです。 担当営業所に電話することで 追跡してくれて現在の荷物状況を 教えてもらうことができます。 そのため、もし荷物が 飛脚メール便で発送され なかなか荷物が届かない場合には お近くの担当営業所に電話して 追跡してもらうようにしましょう。 スポンサーリンク なぜ佐川急便の飛脚メール便だけ追跡方法が違う? 飛脚メール便が、他の荷物のように 追跡システムを利用することができない理由は 料金の安さにあります。 飛脚メール便は 300g以内165円 600g以内216円 1㎏以内319円と圧倒的に安いです。 そのため、追跡システムに 追跡番号を反省させたりする時間や お金をかけることはできません。 その結果、他の荷物と同様に WEB上で追跡することはできず 担当営業所に電話して 追跡してもらうしかないのです。 料金が安いため サービスの質が落ちてしまうのは 致し方ありませんね。 もし、WEB上で追跡できないと 心配だというのなら 飛脚メール便ではなく 他のサービスで配送してもらうようにするべきです。 佐川急便の飛脚メール便の特徴とは? 佐川急便の飛脚メール便は 他のサービスのような 追跡はできないのですが 様々な特徴を持っています。 そこで、最後に飛脚メール便の 特徴についてもご紹介しておきたいと思います。 まず、飛脚メール便は 一部地域を除いて 3日~4日で配送されることになっています。 そのため、飛脚メール便を利用して 配送された場合 配送手続き完了の連絡から 4日は待つようにするべきです。 逆に、4日以上経過しても届かない場合は 担当営業所に電話して追跡してもらうのがおすすめです。 また、飛脚メール便の最大の特徴は 料金の安さにあります。 先ほども紹介したように 飛脚メール便はとても安くなっています。 しかも、飛脚メール便は 日本全国一律料金となっているのです。 そのため、荷物の配送を 安く済ませたい場合などに おすすめとなっています。 法人の方は、ぜひ飛脚メール便を利用してみてください。 スポンサーリンク まとめ 佐川急便の飛脚メール便は 他のサービスとは違い WEB上で荷物の配送状況の 確認をすることができません。 しかし、別の方法で荷物の 追跡をすることができます。 その方法とは、担当営業所に電話することです。 担当営業所に電話すれば 荷物の追跡をしてくれて 荷物状況について確認することができるのです。 飛脚メール便がWEB上で追跡できない理由は 料金の安さにあります。 そのため、どうしてもWEB上で 追跡できないと不安な場合は 別の方法で配送してもらうようにしてください。

次の

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム

佐川 メール 便 追跡

小型のDMでは利用できない ハガキや長3形などの小型のDMに頻繁に使われる形状のものは飛脚メール便では利用できません。 ただし、上述したような小型のDMを送付する場合、日本郵便のほうが確実に安価なので、そもそもハガキや小型の封筒を送るのに佐川急便を利用する必要もありません。 法人のみの取り扱い 飛脚メール便は個人では取引ができず、法人のみの取り扱いとなります。 そのため、個人事業主では登録ができないので注意が必要です。 荷受人は個人でも問題ないので、このサービスは法人専門でDMを送るために開発されたサービスということがわかります。 それでは次に、飛脚メール便の規格と料金について解説します。 規格と料金 飛脚メール便の規格規定については下記の表にまとめましたので参考にしてください。 規格規定• 最長辺が40cm以内であること• 厚さが2cm以内であること• 重量が1kg以内であること 最大規格例• また、規格に対する料金設定は一個の荷物に対する重量によって定められています。 そして、飛脚メール便の料金は全国一律となっています。 設定は下記の通りです。 料金 300g以下 168円 600g以下 220円 1kg以下 325円 しかし、あくまでも法人専門のサービスで、発送個数が多くなればなるほど、上記の金額から割引がきくようなので、個数が多い場合などは一度佐川急便へ連絡して問い合わせるのが良いでしょう。 そして、飛脚メール便では1kgまでしか取り扱えませんが、もし1kgを超えるDMを送付する場合は「飛脚ゆうメール便」という扱いになります。 この飛脚ゆうメール便は、日本郵便の「ゆうメール」としての扱いとなり、佐川急便がその発送手続きなどを代行するという方法です。 そのため、規格は飛脚メール便と若干異なり、日本郵便のゆうメールの規格となります。 以下がその規格規定です。 5cm以内• 重量3kg以内 そして、飛脚ゆうメール便の料金設定は全国一律で、下記の通りです。 料金 200g以下 115円 500g以下 168円 1kg以下 299円 2kg以下 330円 3kg以下 456円 ちなみに上記の金額は固定ですので、大量送付につき割引といったことはありません。 しかし、普通にゆうメールを利用するよりも佐川急便を通したほうが圧倒的に安いのでゆうメールを利用する際はかなりおすすめです。 また、飛脚ゆうメール便を利用する場合は封筒などの表面に「料金後納」「ゆうメール」の2つの文章の記載が必要なので注意してください。 差出人欄表記はなくても大丈夫です。 次に飛脚メール便に同梱可能なものなどについて解説します。 入れられるもの、入れられないもの 飛脚メール便では、基本的に、カタログ冊子や雑誌などの紙媒体のものを中心に入れることができます。 この場合、送れないものを知っておいたほうがDMを作成する際にも、送付する際にも注意しやすいかと思いますので、送付できないものを全て挙げておきます。 DM送付の際に参考にしてください。 入れられないもの• 信書、現金、小切手、再発行困難、および再生不可能なもの• 危険物(毒物や引火性、着火性、揮発性のあるもの)• 貨幣や有価証券など代替品がないもの• クレジットカード、キャッシュカードなどのカード類• 個人情報や高額品など 上記のようなものは飛脚メール便にも飛脚ゆうメール便にも入れることができません。 ただし、これらは基本的にどの運送会社のダイレクトメール用のサービスでも同様です。 また、飛脚メール便の保証限度額は運送料金相当なので、内容品の保証は出来ません。 高額なものを送付する際は十分注意しましょう。 しかし、DMを送る際に、そこまで高価なものを入れることも一般的にはありませんので、そこまで深く考える必要もないかと思いますが、あくまで予備知識として参考にしてください。 基本的には、小さめのカレンダーや、カタログ冊子、返信用封筒、アンケート用紙、申し込み用紙など、紙媒体のものが中心であれば入れられるということです。 一つだけ注意が必要なのは、「CD類などの電磁記録媒体」は飛脚メール便ではなく、飛脚ゆうメール便になるということです。 つまり、DMにこれらの媒体を入れて、佐川急便を利用するのであれば、飛脚ゆうメール便となります。 次に、配達方法や追跡番号、配達希望日時などについて解説します。 配達方法、追跡番号、配達希望日時などについて まず、集荷や送り状、配達方法などについて「配達の流れ」を通して解説します。 配達の流れ 飛脚メール便、および飛脚ゆうメール便はともに、法人のみの取り扱いであるので、佐川急便との契約が第一に必要です。 この契約は地域の担当ドライバーや店舗に問い合わせることで簡単に行うことができますが、受付から送付可能になるまで1週間程度かかるので注意が必要です。 その後はドライバーや店舗から送り状をもらって記載し、それを荷物に貼り付け送付という形になります。 ただし、DMですから大量に送付することが基本で、手書きで送り状を書く手間が煩わしいと思います。 そのため、飛脚メール便や飛脚ゆうメール便では、自社で使っている宛名ラベルなどをそのまま利用することもできます。 そうして出来上がった荷物をドライバーに連絡して集荷してもらうか、店舗に直接持って行って「飛脚メール便」もしくは「飛脚ゆうメール便」であることを伝えましょう。 また、飛脚メール便、飛脚ゆうメール便ともに、ポスト投函ですので、受領印などはもらえません。 そして、表札がない場合などは返却されます。 追跡番号や配達希望日時について まず、飛脚メール便には追跡番号があります。 ただし、これはネット上では検索できず、佐川の店舗へ直接問い合わせるまた、飛脚ゆうメール便には追跡番号はありません。 これは配送が日本郵便の管轄になるためです。 配達希望日時についてですが、基本が「ポスト投函」なので、希望はできません。 そして、土日祝の配達は「飛脚メール便」は365日休まず配達、お届けには一部地域を除いて3~4日程度かかります。 一方、飛脚ゆうメール便は、日本郵便の管轄となりますので、配達に5日程度、さらに日・祝は郵便局の配達はありません。 その間の営業がストップするので、たいていの場合1週間程度はかかります。 以上が佐川急便の飛脚メール便の特徴となります。 最後にこれらの特徴を図や表でまとめておきますので参考にしてください。 飛脚メール便の規格と料金 規格• 最長辺が40cm以内であること• 厚さが2cm以内であること• 重量が1kg以内であること 最大規格例• 信書、現金、小切手、再発行困難、および再生不可能なもの• 危険物(毒物や引火性、着火性、揮発性のあるもの)• 貨幣や有価証券など代替品がないもの• クレジットカード、キャッシュカードなどのカード類• 基本的に、飛脚メール便では「紙媒体」を中心にしたDMを送る際に利用すると良いでしょう。 配送・その他 詳細 配達方法 ポスト投函 追跡番号 有(直接店舗に問い合わせることでのみ可能) 配達指定日時 土・日・祝の配送可(ゆうメール便は土のみ配送可)時間指定不可 受領書 無 送り状 集荷時に必要(自社で扱う送り状のラベルでも問題なし) 個人事業主 不可 支払い 後納のみ 補足情報• 送り状は佐川の店舗やドライバーからもらえる• 受取人の住所に表札がない場合は送り返される可能性が高い• 法人のみの取り扱いで掛売しかできない• 飛脚メール便は3~4日程度で配送(土日祝含む、一部地域を除く)• 飛脚メール便はA4サイズ程度のカタログなどのDMを安く大量にお送付するのにとても便利です。 また、個数によっては割引されますし、荷物が少し大きい場合や、電磁記録媒体を入れる場合など、佐川急便を通してゆうメールを利用すると安くなるので大変便利です。 別記事で日本郵便、ヤマト運輸、西濃運輸の記事、それらのメリット・デメリット比較の記事も用意しております。 企業や店舗によって、送付するDMの種類や、大きさ、重さ、量が違いますので、飛脚メール便以外の記事もよくお読みになってベストな配送業者を探してください。

次の