ゴミ屋敷 仙台。 便利屋仙台ユナイテットサービス不用品回収・家電処分ご相談下さい

ゴミ屋敷の片付け清掃|不用品回収仙台Smilelife

ゴミ屋敷 仙台

宮城県でゴミ屋敷の片付けに困った場合はご連絡ください。 実績が豊富な専門知識を持った作業員がしっかりと現場を確認させていただきます。 前述の通り、ゴミ屋敷の片付けは、ご近所、地域住民への配慮連携など まったく経験の無い業者に、任せると、トラブルを招くことが、多々あります。 経験豊富で、実績と信頼、安心できる専門業者である私達にお任せください。 現地調査に無料で、お伺いしております。 ゴミ屋敷はけっして、恥ずかしい事ではありません。 ゴミ屋敷になる理由は様々です。 全然恥ずかしいことでも何でもありません。 誰にだっておこりえる事なんです。 もし、気づかれたくない 恥ずかしいと、いう気持ちの方はご相談ください 私達が責任をもちます。 プライバシー厳守で個人の秘密はバレないように こっそりとサポートさせていただきます。 1人でもう悩まないでください、ゴミ屋敷片付けの経験豊富なプロ、片付け作業、経験者があらゆるケースのゴミ屋敷を解決いたします! (参考に)ゴミ屋敷の片付け・汚部屋の片付け処分について• 粗大ごみ、家具、家電など 山林、川や空き地に不法投棄した場合は。 不法投棄の罰則. 個人の場合 5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金またはその両方の罰に科せられる恐れがあります。 ごみを適正に処理 廃棄物の処理および清掃に関する法律があります。 自分の土地に不法投棄された場合は? 投棄者が判明しない場合は、その土地の所有者 管理者 が自らの責任でごみを撤去しなければなりません。 不法投棄された廃棄物は投棄者に処理させることが原則ですが、見つからない場合は、土地の所有者が全部被害をこうむり損します。 ゴミ屋敷の片付け・汚部屋の片付けについては 一般家庭の個人の方も、法人さまも廃棄物処理に関する決まりがあるので十分注意をしてください。 許可・認可を受けているので安心です。 産業廃棄物運搬収集の許可番号• 第00400199516号 一般廃棄物の収集、運搬• 角田市指令第701号• 岩沼市指令第305号• 丸森町指令第590号• 蔵王町指令第284号• 七ヶ宿町指令第141号• 山元町指令第145号• 柴田町指令第372号• 亘理町指令第150号• 白石市指令第1178号• 名取市指令第128号• 新地町指令第24号 古物商許可証• 宮城県公安委員会 第221040001346号• 宮城県公安委員会 第221090000368号• 宮城県公安委員会 第221030002729号 お電話またはメールでお気軽にご連絡ください。

次の

ゴミ屋敷片付け(整理) | 宮城の不用品回収買取りのことなら宮城(仙台)片付け110番へ

ゴミ屋敷 仙台

空き家の整理・処分に関するお困りごとはおまかせください 高齢化や過疎化に伴い、空き家整理に関するご相談が増えています。 誰も住んでいない空き家は、急速に廃墟化が進みます。 放置しておくと、防災上・衛生上の問題も発生しかねません。 売却・賃貸等その後の活用を考えていたとしても、未整理の状態が長引けば資産価値も下がってしまいます。 空き家措置法の施行に伴い、全国的に防災・衛生・景観保全の観点から空き家対策が進むことが予想されます。 実際、空き家を放置しておくと、固定資産税が6倍に跳ね上がる可能性があるのです。 トラブルになる前に、そしてスムーズに遺品整理や相続手続きを進めるために、放置している空き家がある方は早急に整理を始めることをおすすめします。 以下のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひクヨカサービスに空き家整理をお任せください。 空き家を1軒まるまる整理するというのは、かなりの労力を要します。 個人で全ての整理を完了するのは困難です。 だからこそ、空き家整理のプロである私たちにおまかせください。 空き家整理に関するお困りごとを、誠心誠意解決いたします。 空き家整理が必要な理由 防災上・衛生上の問題を防ぐ 空き家を放置しておくと、火災等の原因となるため、防災上の問題が発生します。 また、人の住まない家は劣化も激しく、衛生上も好ましくありません。 ゴミの腐敗が進み、異臭や害虫の発生源として、近隣の方に迷惑をかけてしまうこともあるのです。 遺品整理をスムーズに進められる 遺品整理の点から考えても、空き家整理に着手するメリットは大きいです。 空き家を整理して不用品を片付けることで、大切な遺品に向き合う時間を確保することに繋がるからです。 遺品整理と併せて、空き家整理をご依頼いただくことも可能です。 その後の活用を迅速に始められる 空き家をそのまま所有し続けるという方は少ないと思います。 その後は、住む・売る・貸す・解体するなど、さまざまな活用方法を考えられていることでしょう。 空き家となってすぐに整理を進めておけば、その後の活用方法が決定したときに迅速に対応することができます。 クヨカサービスに空き家整理をご依頼いただくメリット 不用品は可能な限り再利用し、廃棄費用を軽減 空き家の荷物を整理した結果、不要なものは処分しますが、その際には積極的に再利用・リサイクルを行い、廃棄費用の削減に努めています。 また海外のオークション会場とも連携し、出来限り廃棄ゼロを目指しております。 大型家電、楽器、自転車、家具、骨董品、貴金属など、買取可能な物については、高価買取いたしますので、その分の料金が減額できる場合もあります(査定・見積もりの結果、買い取りはキャンセルいただいても構いません)。 遺品整理のご依頼も可能 空き家整理と遺品整理(福祉整理)を併せてご依頼いただくことも可能です。 当社に勤務する遺品整理士の資格を持つスタッフが、故人の遺品を丁寧に整理し、「愛用した物」「不要な物」に仕分けします。 遺品整理の結果、ご遺族が「想い出として遺したい」と思われたものについては、責任を持って郵送対応いたします。 やむを得ず手放すことになった遺品についても、供養を行った上で処分いたしますので、ご安心ください。 必要に応じて、リフォームも提案 当社は、整理後の空き家活用を有効に行うためのリフォームのご提案も行っています。 老朽化した床・畳・壁紙を貼り替えたり、水回りを刷新するだけで、見違えるようにキレイになりますよ。 お家全体の整理からリフォームまで、ワンストップで行えるのも当社の強みです。 具体的には、以下のようなリフォームに対応いたします。 また、大規模なリフォームではなくても、「汚れている箇所をキレイにしたい」というご相談にも対応しています。 ハウスクリーニングもおまかせください。 「空き家整理と併せて、こんなリフォームはお願いできるのか」と迷われている方は、お気軽にクヨカサービスへお問合せください。

次の

ゴミ屋敷と法律・条令。行政執行される理由とは?

ゴミ屋敷 仙台

空き家の整理・処分に関するお困りごとはおまかせください 高齢化や過疎化に伴い、空き家整理に関するご相談が増えています。 誰も住んでいない空き家は、急速に廃墟化が進みます。 放置しておくと、防災上・衛生上の問題も発生しかねません。 売却・賃貸等その後の活用を考えていたとしても、未整理の状態が長引けば資産価値も下がってしまいます。 空き家措置法の施行に伴い、全国的に防災・衛生・景観保全の観点から空き家対策が進むことが予想されます。 実際、空き家を放置しておくと、固定資産税が6倍に跳ね上がる可能性があるのです。 トラブルになる前に、そしてスムーズに遺品整理や相続手続きを進めるために、放置している空き家がある方は早急に整理を始めることをおすすめします。 以下のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひクヨカサービスに空き家整理をお任せください。 空き家を1軒まるまる整理するというのは、かなりの労力を要します。 個人で全ての整理を完了するのは困難です。 だからこそ、空き家整理のプロである私たちにおまかせください。 空き家整理に関するお困りごとを、誠心誠意解決いたします。 空き家整理が必要な理由 防災上・衛生上の問題を防ぐ 空き家を放置しておくと、火災等の原因となるため、防災上の問題が発生します。 また、人の住まない家は劣化も激しく、衛生上も好ましくありません。 ゴミの腐敗が進み、異臭や害虫の発生源として、近隣の方に迷惑をかけてしまうこともあるのです。 遺品整理をスムーズに進められる 遺品整理の点から考えても、空き家整理に着手するメリットは大きいです。 空き家を整理して不用品を片付けることで、大切な遺品に向き合う時間を確保することに繋がるからです。 遺品整理と併せて、空き家整理をご依頼いただくことも可能です。 その後の活用を迅速に始められる 空き家をそのまま所有し続けるという方は少ないと思います。 その後は、住む・売る・貸す・解体するなど、さまざまな活用方法を考えられていることでしょう。 空き家となってすぐに整理を進めておけば、その後の活用方法が決定したときに迅速に対応することができます。 クヨカサービスに空き家整理をご依頼いただくメリット 不用品は可能な限り再利用し、廃棄費用を軽減 空き家の荷物を整理した結果、不要なものは処分しますが、その際には積極的に再利用・リサイクルを行い、廃棄費用の削減に努めています。 また海外のオークション会場とも連携し、出来限り廃棄ゼロを目指しております。 大型家電、楽器、自転車、家具、骨董品、貴金属など、買取可能な物については、高価買取いたしますので、その分の料金が減額できる場合もあります(査定・見積もりの結果、買い取りはキャンセルいただいても構いません)。 遺品整理のご依頼も可能 空き家整理と遺品整理(福祉整理)を併せてご依頼いただくことも可能です。 当社に勤務する遺品整理士の資格を持つスタッフが、故人の遺品を丁寧に整理し、「愛用した物」「不要な物」に仕分けします。 遺品整理の結果、ご遺族が「想い出として遺したい」と思われたものについては、責任を持って郵送対応いたします。 やむを得ず手放すことになった遺品についても、供養を行った上で処分いたしますので、ご安心ください。 必要に応じて、リフォームも提案 当社は、整理後の空き家活用を有効に行うためのリフォームのご提案も行っています。 老朽化した床・畳・壁紙を貼り替えたり、水回りを刷新するだけで、見違えるようにキレイになりますよ。 お家全体の整理からリフォームまで、ワンストップで行えるのも当社の強みです。 具体的には、以下のようなリフォームに対応いたします。 また、大規模なリフォームではなくても、「汚れている箇所をキレイにしたい」というご相談にも対応しています。 ハウスクリーニングもおまかせください。 「空き家整理と併せて、こんなリフォームはお願いできるのか」と迷われている方は、お気軽にクヨカサービスへお問合せください。

次の