コムテック zdr025。 ドライブレコーダー ZDR025

「コムテック ZDR

コムテック zdr025

今回はドライブレコーダー業界のシェアトップ3を常に争い続けているコムテックとケンウッドから「 コムテック ZDR-015」と「 ケンウッド DRV-MR740」をご紹介いたします。 車を利用しているとどうしても交通事故や当て逃げなどのリスクがありますよね。 かつては、状況証拠やお互いの言い分でした解決することができませんでしたが、ドライブレコーダーが普及したことで客観的な証拠を提示することができ、スムーズに問題が解決するようになってきました。 タクシーなどでの暴力行為も最近はよく取り上げられるようになり、ほとんどのタクシーではドライブレコーダーが標準装備されるようになっています。 急速に普及し始めているドライブレコーダーですが、いざ装備しようと思ってもどんなものを選べばいいかわからないという方も多いはず。 そこで両機種を比較しながら、それぞれの魅力についてお伝えします。 コムテック ZDR-015はカメラ本体に液晶画面がついているためその場で映像を確認できるのが大きな特徴です。 オプションのAVケーブルをつなげばカーナビの画面でも映像を再生することができます。 エンジンONで録画がスタートする常時録画機能や、衝撃を検出した場合に自動的に衝撃録画データとしてデータを保存してくれるGセンサー、スイッチを押すと任意のタイミングで映像を記録することができるマニュアル録画機能を搭載。 また急に電源が落ちてもファイルを復元できるファイル保護機能や、取り逃し防止のSDカードチェック機能、大事なデータの上書きを防ぐ緊急録画停止機能も搭載しているため大事なデータを保護することができます。 ケンウッド DRV-MR740はカメラ本体に液晶画面はありませんが、常時録画機能やGセンサーはしっかり搭載されています。 大きな特徴は業界トップクラスの最長24時間録画に対応した「駐車監視録画」機能です。 別売りの車載電源ケーブルを利用することで最長24時間の衝撃や視界範囲内の監視が可能で、検知前と検知後の5秒間をしっかり録画保存してくれるため当て逃げされることなくしっかりと証拠を残すことができます。 コムテック ZDR-015にも同機能は搭載されていますが、最大12時間なので少々短いです。 両者とも優れた機能が多いですが、データの管理力が高いのがコムテックで、駐車中の記録に長けているのがケンウッドといえるでしょう。 「コムテック ZDR-015」VS「ケンウッド DRV-MR740」録画時間を比較 ケンウッド DRV-MR740もほとんど同じ機能を有していますが、エコドライブ表示があるのが特徴的です。 運転支援機能はほぼ両者とも互角といえるでしょう。 「コムテック ZDR-015」VS「ケンウッド DRV-MR740」価格を比較 価格は価格. comの最安値基準で比較するとコムテック ZDR-015が税込で 約24,000円。 ケンウッド DRV-MR740が税込で 約27,500円となっており、3500円ほどの差でコムテックの方が安いです。 映像のきれいさが価格に反映していると言えますね。 おすすめはどっちのドライブレコーダー? 両機種ともにそれぞれの魅力がありますが、普通の街乗り程度で車を利用している限りはコムテック ZDR-015でも十分ではないかなと思います。 画素数も10万画素しかかわらないですし、データをしっかり守ってくれるというのは証拠を残す役割が強いドライブレコーダーにとって非常にありがたいことです。 仕事などで長く駐車をすることが多いという方にとってはケンウッド DRV-MR740がおすすめですね。 24時間監視してくれるのは安心できます。 今回はコムテック ZDR-015とケンウッド DRV-MR740をご紹介いたしました。 ぜひ自分に合ったドライブレコーダーを搭載し、万が一に備えて安全なドライブを楽しみましょう。 (ドケチでもあります。 ) 私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。 その結果は・・・ なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。 本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。 本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。 ・・・というわけで、 私が使った、 3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。 誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。 興味の無い方は、Yahoo! トップページに飛んでください。 ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。 そうすることで・・ 「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、 ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。 」 という値引きへのアピールを意思表示できます。 そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。 実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。 ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。 忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。 しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。 ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。 そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。 この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。 これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。 買取査定は本当にピンきりで、 最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。 一番オススメなのが、「 」です。 私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。 一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。 ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。 どうやら高額買取してくれる店は、 東南アジアに輸出してるみたいです。 だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。 なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、 無料一括見積りをすることをおすすめします。 最後に・・ 私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか? あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。 そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。 3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。 買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。 翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。 少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、 カーリースが良い選択です。

次の

img.idealinternet.com:カスタマーレビュー: コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 SONY製CMOSセンサー搭載 LED信号対応 専用microSD(32GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 後続車接近通知 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC

コムテック zdr025

5fpsになった点以外は「ZDR025」と大差ないと言った印象です。 セット内容とデザイン なお、こちらの動画でも概要をレビューしています。 セット内容についてはこちらの通りとなります。 (ぱっと見の印象は同サイズ) 液晶はドラレコとしてはやや大きめの2. 7型 筐体の下側面には5つの操作ボタン 右側面には2つの操作ボタンとmicroSDカードスロット 左側面にはminiHDMI端子とリセットボタン 上部には左からカメラ接続端子、3PIN電源端子が装備されています。 なお、マウントは上下左右に動かせますが、2つの固定ボルトは六角タイプですので付属のレンチを使用して前後左右の角度調整を行います。 リアカメラ リアカメラは他のコムテックの2カメラモデルとほとんど同じデザインのコンパクトな長方形タイプとなっています。 リアカメラも固定ボルトは六角タイプです。 カメラ接続ケーブルは9mのアナログ4極タイプですのでコムテックの他の製品と同じです。 電源ケーブル 電源ケーブルはシガープラグタイプとなりますが、駐車監視の運用には別途専用の3芯常時電源ケーブルが必要です。 インターフェイスについて 電源ONから録画開始までの起動時間は18秒程度と2カメラドライブレコーダーとしては遅めです。 メニューツリーは一本化されており、ボタンの役割が液晶下にプリントされていますので使い勝手は悪くありません。 ただし、夜間にはこのプリントが見えませんので操作には慣れが必要です。 車内への取付けについて 今回は初期型のリーフに取り付けを行いました。 ミラー裏に簡単に隠せますが、なるべくレンズが車の真ん中近くになるように設置したいところです。 リアカメラケーブルは長めの9mですので、ミニバンなどでもケーブルをマット下などに這わせる事が出来るでしょう。 ドライブレコーダーとしての画質について 画質については次の3つの2カメラドライブレコーダーと前後の映像を比較しました。 これら4つのモデルの前後合わせた録画視野角を広い順番に並べると次のようになります。 ナンバー読み取り精度について 「HDR963GW」はフロント・リアともに録画視野角が非常に広めで、リアについてはアナログ接続です。 従ってナンバー認識精度では不利になり、フルハイビジョンモデルとしては最も低い部類となります。 (ここで比較している製品は広角なのでナンバー認識精度は低め) 【フロント】 【リア】 またリアカメラについては不具合なのか仕様なのかは分かりませんが、映像が2重に見えます。 確かかなり昔のコムテックの製品でもこのような事があった気がしますが、その後ファームアップデートで修正されたかどうかまでは記憶にありません。 逆光補正能力について 「HDR963GW」は前後カメラともHDR補正が掛かっており、「ZDR025」と同様にトンネル内での白飛びに強くなっています。 一方で光の外側が暗くなりますので、黒潰れは出易いチューニングと言えます。 【フロント】 リアカメラについては「ZDR025」と比べるとやや白飛びが強いですが、実用上は問題のないレベルかと思います。 【リア】 夜間のナンバー読み取り精度について 夜のヘッドライトが強く反射した状態のナンバープレートの読み取り精度は、コムテックの2つの製品が非常に高く、次いでセルスターの「CS-91FH」と続き、ユピテルの「SN-TW9500dp」が低いと言った結果です。 【フロント】 リアカメラについては後続車のヘッドライトが点灯した状態では「HDR963GW」が映像の重なりのせいか、最もナンバーの読み取り精度が低いと言う結果でした。 【リア】 夜間の明るさについて 夜の明るさについてはネオンが多い市街地ではどれも充分な明るさです。 【フロント】 ネオンが減ってくると「CS-91FH」「TW9500dp」の2機種が明るく、それに比べるとコムテックの2機種はやや明るさが落ち、微妙な差ではありますが「ZDR025」の方が「HDR963GW」よりも若干明るくなっています。 リアに関してもネオンが多い市街地ではどれも充分な明るさです。 【リア】 ネオンが減ってくると「9500dp」のみが暗くなり、他はそこそこの明るさを維持しています。 街灯が少ない暗い場所ではフロントはコムテックの2機種が暗くなり、その他のセルスターとユピテルの製品はSTARVISらしい明るさだが目立ちます。 【フロント】 リアについては「ZDR025」と「CS-91FH」が最も明るく、次いで「HDR963GW」、ユピテルの「9500dp」は暗いと言った結果です。 【リア】 暗視能力についてはフロントは「CS-91FH」が最も高く、次いで「SN-TW9500dp」、「HDR963GW」「ZDR025」にはほとんど期待できません。 リアカメラは「CS-91FH」「ZDR025」が全ドラレコの中でも最高クラス、僅差で「HDR963GW」、「SN-TW9500dp」は真っ暗に近い状態です。 「HDR963GW」のドライブレコーダーとしての見え方とまとめると、概ね「ZDR025」に近い特性ではあるものの、リアカメラの映像が二重に映る点、夜間の撮影能力が「ZDR025」に若干劣る点が認められた為、画質の評価では「ZDR025」の方が上となります。 西日本LED信号の見え方について 「HDR963GW」のフレームレートは前後とも27. 5fpsとなっていますので、日本全国でLED信号が高速点滅して映るでしょう。 安全運転支援機能について 「HDR963GW」にはこちらの5つの安全運転支援機能が搭載されています。 先行車発進お知らせ 「ZDR025」ではお知らせタイミングを調整できましたが、本機では調整不可です。 結果は誤検出が多く、少々うるさいと感じました。 お知らせタイミングを調整できる下位グレードである筈の「ZDR025」の方が快適です。 先行車接近お知らせ 時速60km以上でアクティブになります。 高速道路で前方車両との車間を詰めてみましたが、お知らせは出ませんでした。 誤報もありませんでしたが役に立つかどうかは不明です。 車線逸脱お知らせ 時速60km以上でアクティブになります。 高速道路で車線変更時にお知らせがありましたが、タイミングが遅く豪快に車線からはみ出さなければならない事が多い状況でした。 一方でそこそこ誤報もあります。 本機の安全運転支援機能は、精度の面でも種類の面でも後方からの煽り運転のファイルロックが行える「ZDR025」に劣ると感じました。 GPS警報について こちらは最上位機種である本機ならではの機能ですが、こちらの4つの種類があります。 ただし、衝撃5秒前からのデータを保存できるメリットがあります。 また、「ZDR025」と同様にPARKINGボタンで駐車監視ONの設定状態から1度だけ駐車監視キャンセル、駐車監視OFFの設定状態から1度だけ駐車監視を実施する事も出来ます。 なお、エリアONの設定を有効にした場合、登録ポイント以外では自動で電源が落ちますが、PARKINGボタンを押すとポイント登録が行われ、次回からその地点では自動で駐車監視が実施されます。 駐車監視機能の面では「ZDR025」よりも多機能ですが、エリアON機能は登録ポイントをいちいち覚えるのが面倒ですし、本来必要なのは自宅駐車場などで自動的に電源を落とすエリアOFF機能かと思います。 「ZDR025」と比較した場合の運用上のメリットはほとんどないと言えるかも知れません。 その他の外部バッテリーでの駆動時間の予測はこちらの表の通りです。 8Wh 115. 4Wh 76Wh 153Wh 駆動時間 5時間 20時間 15時間 30時間 満充電 180分 240分 50分 100分 動画ファイルの再生方法について 動画の再生については以下の3つの方法をテストしました。 5~2. PC汎用ビュワーでの再生について PC汎用ビュワーでの再生については、Windows 10のメディアプレイヤー、OSにデフォルトで搭載されている「フォト」「映画&テレビ」での再生も可能でした。 サポート外の容量のmicroSDカードでの録画状況について 「HDR963GW」の録画データサイズは以下の通りです。 7GB microSDカードの容量は32GBまでサポートされていますが、以下のサポート外の大容量のカードは問題なく使用が可能でしたが、512GBのmicroSDではフォーマットに3分掛かりました。 なお、本機はフォーマット時にファイル収納用のコンテナが作成されますが、コンテナのサイズは32GBまでのmicroSDカードの場合には98MBとなりこのコンテナに収納される録画データは1分となります。 32GB以上のmicroSDカードはサポートされていませんが、512GBの場合にはコンテナサイズが5倍となり、1ファイル当たりの録画時間は5分となってます。 256GB・128GBでは3分、64GBでは通常通り1分のファイル構成でした。 ラジオへのノイズの影響も確認出来ませんでしたが、車種やカーナビの種類、アンテナの位置で状況は変わる事がありますので結果は参考程度に捉えて下さい。 「HDR963GW」の総評 「HDR963GW」の各比較項目をまとめるとこちらの通りとなります。 2020年 点数 視野角 ナンバー昼 ナンバー夜 逆光 明るさ 暗視 22. 5pt 対「ZDR025」との比較では、概ね似たような画質ではあるものの、夜間の明るさ・逆光補正の面で若干「ZDR025」に劣り、リアカメラの2重ボケも気になるところです。 安全運転支援警報も、後方の煽り運転記録がある「ZDR025」の方が高評価です。 一方で最上位モデルとしての固有の機能は、こちらの4つのGPS警報と駐車監視のエリアON機能のみとなります。 画質と安全運転支援機能が「ZDR025」と全く同じで、更にGPS警報が付いたと言う話であれば「HDR963GW」をおすすめしていたかも知れませんが、今の段階では通常の場合には画質と安全運転支援機能、価格のアドバンテージがある「ZDR025」の方をおすすめします。 それでも最上位モデルが良い!と言う方は「HDR963GW」をどうぞ!.

次の

img.idealinternet.com: コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025 前後200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 SONY製CMOSセンサー搭載 LED信号対応 専用microSD(32GB)付 1年保証 Gセンサー GPS 高速起動 後続車接近通知 駐車監視/安全運転支援機能付 COMTEC: 車&バイク

コムテック zdr025

今回はドライブレコーダー業界のシェアトップ3を常に争い続けているコムテックとケンウッドから「 コムテック ZDR-015」と「 ケンウッド DRV-MR740」をご紹介いたします。 車を利用しているとどうしても交通事故や当て逃げなどのリスクがありますよね。 かつては、状況証拠やお互いの言い分でした解決することができませんでしたが、ドライブレコーダーが普及したことで客観的な証拠を提示することができ、スムーズに問題が解決するようになってきました。 タクシーなどでの暴力行為も最近はよく取り上げられるようになり、ほとんどのタクシーではドライブレコーダーが標準装備されるようになっています。 急速に普及し始めているドライブレコーダーですが、いざ装備しようと思ってもどんなものを選べばいいかわからないという方も多いはず。 そこで両機種を比較しながら、それぞれの魅力についてお伝えします。 コムテック ZDR-015はカメラ本体に液晶画面がついているためその場で映像を確認できるのが大きな特徴です。 オプションのAVケーブルをつなげばカーナビの画面でも映像を再生することができます。 エンジンONで録画がスタートする常時録画機能や、衝撃を検出した場合に自動的に衝撃録画データとしてデータを保存してくれるGセンサー、スイッチを押すと任意のタイミングで映像を記録することができるマニュアル録画機能を搭載。 また急に電源が落ちてもファイルを復元できるファイル保護機能や、取り逃し防止のSDカードチェック機能、大事なデータの上書きを防ぐ緊急録画停止機能も搭載しているため大事なデータを保護することができます。 ケンウッド DRV-MR740はカメラ本体に液晶画面はありませんが、常時録画機能やGセンサーはしっかり搭載されています。 大きな特徴は業界トップクラスの最長24時間録画に対応した「駐車監視録画」機能です。 別売りの車載電源ケーブルを利用することで最長24時間の衝撃や視界範囲内の監視が可能で、検知前と検知後の5秒間をしっかり録画保存してくれるため当て逃げされることなくしっかりと証拠を残すことができます。 コムテック ZDR-015にも同機能は搭載されていますが、最大12時間なので少々短いです。 両者とも優れた機能が多いですが、データの管理力が高いのがコムテックで、駐車中の記録に長けているのがケンウッドといえるでしょう。 「コムテック ZDR-015」VS「ケンウッド DRV-MR740」録画時間を比較 ケンウッド DRV-MR740もほとんど同じ機能を有していますが、エコドライブ表示があるのが特徴的です。 運転支援機能はほぼ両者とも互角といえるでしょう。 「コムテック ZDR-015」VS「ケンウッド DRV-MR740」価格を比較 価格は価格. comの最安値基準で比較するとコムテック ZDR-015が税込で 約24,000円。 ケンウッド DRV-MR740が税込で 約27,500円となっており、3500円ほどの差でコムテックの方が安いです。 映像のきれいさが価格に反映していると言えますね。 おすすめはどっちのドライブレコーダー? 両機種ともにそれぞれの魅力がありますが、普通の街乗り程度で車を利用している限りはコムテック ZDR-015でも十分ではないかなと思います。 画素数も10万画素しかかわらないですし、データをしっかり守ってくれるというのは証拠を残す役割が強いドライブレコーダーにとって非常にありがたいことです。 仕事などで長く駐車をすることが多いという方にとってはケンウッド DRV-MR740がおすすめですね。 24時間監視してくれるのは安心できます。 今回はコムテック ZDR-015とケンウッド DRV-MR740をご紹介いたしました。 ぜひ自分に合ったドライブレコーダーを搭載し、万が一に備えて安全なドライブを楽しみましょう。 (ドケチでもあります。 ) 私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。 その結果は・・・ なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。 本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。 本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。 ・・・というわけで、 私が使った、 3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。 誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。 興味の無い方は、Yahoo! トップページに飛んでください。 ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。 そうすることで・・ 「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、 ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。 」 という値引きへのアピールを意思表示できます。 そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。 実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。 ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。 忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。 しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。 ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。 そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。 この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。 これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。 買取査定は本当にピンきりで、 最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。 一番オススメなのが、「 」です。 私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。 一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。 ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。 どうやら高額買取してくれる店は、 東南アジアに輸出してるみたいです。 だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。 なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、 無料一括見積りをすることをおすすめします。 最後に・・ 私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか? あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。 そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。 3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。 買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。 翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。 少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、 カーリースが良い選択です。

次の