頭皮 かゆみ ストレス。 【医師監修】かゆみをともなう頭皮湿疹の原因とセルフケア・皮膚科での治療

頭皮のかゆみの原因は?繰り返さないためのセルフケアをチェック!

頭皮 かゆみ ストレス

スポンサーリンク 頭皮のかゆみの原因がストレスにあるという理由 ストレスとは、外部から刺激を受けた時に生じる緊張状態のことをいいます。 外部からの刺激には、天候や騒音といった環境的なもの、病気や睡眠不足といった身体的なもの、不安や悩みといった心理的なもの、人間関係や仕事が忙しいといった社会的なものなどがあります。 要するに、毎日の生活のなかで起きる様々な出来事が、 ストレスの原因になるのです。 そして、 頭皮のかゆみはストレスによる自律神経の乱れからくる症状なのです。 自律神経が乱れると、ホルモンの分泌に影響し、睡眠が妨げられることで、良質な睡眠がとれなくなり、頭皮や髪のトラブルに繋がりやすくなるのです。 また、ストレスは、かゆみ物質である「ヒスタミン」の分泌を促し、知覚神経に作用することで、どんどんかゆみが広がっていくという現象がみられるといわれています。 人間はストレスを強く受けると、自律神経の中でも副交感神経が優位に働くようになります。 そうなると、男性ホルモンの分泌が多くなり、頭皮に皮脂が過剰に分泌されることになり、頭皮はベタつくことになり、結果として頭皮のかゆみに繋がるのです。 ストレスを解消して頭皮のかゆみを改善する方法 ストレスの感じ方には個人差があります。 しかし、受けたストレスを少しでも改善し、早めに対処することで頭皮や髪が悪影響を受けることも少なくなります。 運動は最も効果的なストレス解消法 何故、運動がストレスを解消するのに効果があるのかという理由については、様々な意見があるようですが、適度な運動をすることで脳の構造や機能が変化し、ストレスへの対処が上手になるのではないかと考えられています。 自分が好きなスポーツを楽しんだ後に、心地よい気分になられた方が多くいますが、自ら進んでスポーツや運動に取り組むことは、ストレスを解消するのに大変有効です。 軽めの運動を毎日行う 最近の研究によると、 ストレッチした後にはストレス物質が減ることがわかってきたそうです。 しかも、10分程度行うことで効果が得られるのです。 大きく呼吸をしながら、筋肉が伸びるのを感じながら、ゆっくりとした動作で行うことを心がけてください。 最も効果が期待できるのは、このストレッチを 就寝前に行い、呼吸を整えて力を抜いて緊張をほぐして終了すると、寝つきやすくなります。 もちろん自分の生活に合わせて、毎日無理なくできる簡単な運動を続けて行うことをおすすめします。 質の良い睡眠をしっかりととる 睡眠には脳を休息させ、自律神経を整えてくれる働きがあります。 そのため、ストレスを感じたりするとき、ぐっすり眠ることで脳内の分泌物質を正常に戻すことで、 ストレスの緩和や軽減できる効果が期待できます。 また、寝ているときには、肌のターンオーバーを促進してくれる成長ホルモンの分泌が始まり、 頭皮や髪の環境を改善してくれる効果が期待できます。 入浴で体を温める 寝つきをよくするためには、 寝る前の2~3時間前に入浴するのが効果的です。 しっかりとお湯に浸かると、体中の末梢神経が拡張することで血行が促進されるので、ぐっすりと寝ることができます。 スポンサーリンク 頭皮マッサージですっきりとストレス解消 頭皮マッサージを行うことでリラックス効果を得ることができます。 頭皮が柔らかくなることで疲れを解消し、体のだるさも改善できるので、 ストレス解消効果も期待できます。 そのためには、頭皮マッサージの効果を最大限に発揮させるための、正しいやり方を身につけることがとても大切です。 効果的なマッサージのタイミングは、シャンプーの時です。 正しい頭皮マッサージのやり方 1.ブラッシングする まず初めに、ブラッシングし、髪の表面や頭皮の汚れを浮かせておきます。 2.オイルを馴染ませる 指と頭皮が摩擦を起こすと、頭皮に余計な負担がかかるので、指の滑りをよくするためにオイルを使います。 オイルを手のひらに500円硬貨位の量を目安にとります。 頭皮全体に行き渡るように、地肌になでるようにつけます。 3.指の腹で円を描くようにマッサージをする 指の腹を使い、頭頂部から後頭部へと頭皮全体をマッサージします。 マッサージは、指の腹を軽く頭皮に軽く押しあてながら、円を描くようにするのがコツです。 爪を立てて肌を傷つけないようにやさしくマッサージするようにしてください。 4.時間を置いて馴染ませる 5分程度マッサージをしたら、蒸しタオル( シャワーキャップで代用も可)で頭を覆って5分から10分ほど待ち、皮脂とオイルを馴染ませます。 保湿して待つことで、効率よくオイルが浸透します。 この時オイルに馴染んだ余分な皮脂や汚れを一緒に洗い流すことができます。 オイルが残らないようにするために、 しっかり時間をかけて行うようにしてください。 6.シャンプーをしすすぎ洗いをする オイルをしっかりと落としてから、シャンプーをします。 頭皮の汚れは浮き出ていますので、力を入れたりこすったりする必要はありません。 残ったオイルの脂分がしっかりと落ちるように、 泡立てとすすぎを念入りに行うようにしてください。 以上が、オイルを使った頭皮マッサージのやり方です。 オイルを使った頭皮マッサージについて詳しくは、という記事で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。 まとめ 頭皮のかゆみは、頭皮へのダメージや乾燥などが原因で引き起こされます。 しかし、こういった原因に心当たりがない場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。 ストレスとは、外部から刺激を受けた時に生じる緊張状態のことをいいます。 そして、頭皮のかゆみはストレスによる自律神経が乱れることで発生する症状なのです。 ストレスが原因の頭皮のかゆみを改善するには、 1.ストレッチなど軽めの運動を毎日継続して行う。 2.質の良い睡眠をしっかりととる。 3.頭皮マッサージをする といったことを行うことで効果が期待できます。

次の

【コラム】6人に1人が頭皮トラブル!?頭皮湿疹の4つの原因とは?

頭皮 かゆみ ストレス

なぜストレスが原因で頭皮がかゆい症状になるのか? 頭皮がかゆい症状の原因には頭皮の皮脂の過剰分泌が考えられています。 頭皮の皮脂が過剰に分泌する事で酸性である皮脂が頭皮と毛穴を刺激してかゆみを発症させています。 頭皮の皮脂が過剰に分泌する理由には、ストレスがたまることによる交感神経の働きが影響しています。 人間の体はストレスが溜まると交感神経が過剰に働き、皮脂を多く分泌させるそうです。 その結果、頭皮がかゆい症状を発症します。 ストレスが溜まったりイライラしたときに、人は頭を搔く行動を多くとりますが、こちらの理由にも交感神経が関係していると言うわけです。 1 スカルプシャンプー スカルプシャンプーを使った対処法は簡単に皮脂を落とすことができるのでオススメです。 洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーを使用すると、さらに頭皮の皮脂分泌が過剰になる可能性もあるので注意してください。 おすすめスカルプシャンプー【チャップアップ】 頭皮に安全な国産のオーガニックスカルプシャンプーです。 添加物や頭皮に悪影響のある、合成成分や化学物質を一切含んでいないオーガニックシャンプーです。 頭皮のかゆみ改善にも高い効果があります。 シャンプーの具体的なやり方から抜け毛や薄毛を防ぐ頭皮マッサージのやり方など、自宅でできる頭皮を健康に保つやり方です。 正しい頭皮ケアの実践で薄毛や抜け毛、頭皮トラブルも防ぐことができます。 頭がかゆい理由や頭皮トラブルの原因もわかりますので、抜け毛や薄毛をを予防することができますよ。 無料キャンペーンがあるときにご利用してみて下さい。 育毛剤の効果には頭皮を健康に保つ作用があるので、乱れた頭皮環境を改善してくれます。 シャンプーの後の育毛剤ケアも頭皮の異常を改善するためには効果的です。 男性用おすすめ育毛剤【チャップアップ育毛剤】 頭皮にかゆみがある人でも安心して使える無添加育毛剤です。 天然成分とアミノ酸で作られている育毛剤なので、頭皮トラブルやかゆみがある方でも安心して使うことができます。 もし使ってみて頭皮がヒリヒリした方は、永久返金保証制度がありますので、いつでも全額返金していただけますよ。 頭皮のかゆみを早く改善したい方にはオススメできる、安全な男性用育毛剤です。 頭皮のかゆみや乾燥対策の1剤と、薄毛を改善できる2剤に分かれた新発想の育毛剤です。 こちらも2週間分のお試しセットがありますので、気軽に試すことができます。 頭皮の乾燥や頭皮のかゆみを予防できる人気の女性用育毛剤です。 頭皮のかゆみの原因である頭皮の荒れを解消し、フケやかゆみを素早く止める効果があります。 市販のかゆみ止めとは違う、かゆみを改善する効果が売れている理由です。 頭皮環境が崩れることで皮脂の過剰分泌が起きていますので、刺激の強いシャンプーを使わないことでも、頭皮の乱れは改善していきます。 福山雅治さんもお勧めしている、シャンプーを使わないシャンプーのやり方です。 6 オゾントリートメント オゾン水を使ったオゾントリートメントにも、頭皮のかゆみや過剰な皮脂分泌を改善する効果があります。 オゾン水にはすぐれた殺菌効果があり頭皮の細菌を減らす効果もありますのでオススメです。 まとめ 頭皮がかゆい原因は様々ありますので、自分の頭皮のかゆみの原因を見つけることが、早くかゆみを改善するためには必要です。 知らないうちに体に溜まっているストレス!自分にあったストレス解消法を見つけて頭皮トラブルを防ぎましょう。 以上、(ストレスが原因で頭皮がかゆい人が増えて来ている理由!)でした。

次の

【注意】ストレスが原因で頭皮がかゆい人が増えて来ている!効果的な対処法|抜け毛や薄毛、白髪や頭皮トラブルなど男性女性の髪の悩みを解決

頭皮 かゆみ ストレス

つらい頭皮のかゆみ、原因を知って今すぐ対策! 「かゆい!」でも、「かゆみ」って何? 「頭皮がかゆくて、ガマンできない・・・」 掻いても掻いても治らない強いかゆみは、意外とつらいもの。 そして、頭皮のかゆみがそれほど強くなくても、「気がつけば頭を掻いている・・・」できれば、人からそんな風に思われたくはないものです。 実は、「かゆみ」のメカニズムはまだ完全には解明されていません。 しかし、「脂肪細胞」から出る「ヒスタミン」が知覚神経に作用して「かゆみ」が脳に伝わると同時に痒みの刺激は皮膚末梢にも伝えられます。 この時に神経伝達物質の「神経ペプチド」が放出され、これが再び肥満細胞を刺激することでさらにヒスタミンが分泌されます。 「ちょっと掻いたら、どんどんかゆみが広がって、気がついたらあちこち掻いている。 」そんな現象に心当たりのある方も多いのではないでしょうか。 これは、かゆみが広がっていく「かゆみスパイラル」とでもいうべきこの現象によるものと考えられています。 皮膚の「新陳代謝=ターンオーバー」 そして、頭皮のかゆみと、他の部分のかゆみの症状とで違うのは「フケ」が出ること。 皮膚は、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれています。 一番外側にある表皮は何層にも重なっていて、その一番内側にある「表皮細胞」と呼ばれる細胞によって、いわゆる「肌」が日々作られています。 表皮細胞は内側から外側に向かって積み重ねられ、1ヶ月ほどかかって一番外側の「角層」なった後、「垢」になって剥がれていきます。 これがいわゆる「新陳代謝=ターンオーバー」と呼ばれる現象です。 頭皮をかくと出るもの・・・それは「フケ!」 頭皮も他の皮膚と同じように、約1ヶ月ほどでターンオーバーし、頭皮の場合は「フケ」と呼ばれるものになって剥がれ落ちていきます。 しかし、頭皮環境の悪化、トラブル発生によりかゆみの症状がある場合、このターンオーバーが乱れてフケが多く出てしまうことがあります。 そしてかゆみがガマンできず、掻いているとさらにかゆみの症状が増してしまう「かゆみスパイラル」に陥ることにもつながります。 それに加えて、出てくるフケや、頭を掻きむしる姿は、あまり人にいい印象を与えません。 頭皮環境悪化の原因を知って、頭皮のかゆみ予防と対策に備えましょう。 頭皮環境の悪化について、詳しくはこちらの記事もお読みください。 「」 「」 頭皮のかゆみを引き起こす5つの原因 頭皮のかゆみには、様々な原因があります。 中には皮膚科など病院で治療すべき症状もあります。 ここでは頭皮のかゆみの原因になる主な例を5つあげてみましょう。 頭皮のかゆみの原因(1)皮脂が多い(脂漏性湿疹) 頭皮は体の皮膚の中で最も皮脂が多く分泌します。 髪の毛があるため見た目ではわかりにくいため、イメージしにくいかもしれませんが、数日頭を洗わないと頭皮の皮脂で髪の毛がべっとりしてしまうのはご存知でしょうか。 髪がべとつくほどの皮脂が頭皮を覆ってしまうと、毛穴が詰まったり雑菌が繁殖したり、かゆみや炎症(脂漏性湿疹)などのトラブルの元になります。 あまりにも症状がひどい場合は、皮膚科などで適切な治療をうけましょう。 頭皮のかゆみの原因(2)乾燥している(ひこう性湿疹) 頭皮に皮脂が多いとはいえ、皮脂の量は人それぞれ。 もともと皮脂の分泌量の少ない人も存在します。 皮脂はただ分泌するだけではなく、皮膚を守る働きもあります。 その皮脂が少なくなると、皮膚は乾燥してしまい、これが頭皮のかゆみの元になります。 また、乾燥した肌は表皮のターンオーバーを早めて、大量のフケを出します。 これが積み重なって雑菌が繁殖すると、炎症(ひこう性湿疹)を起こしてしまうことがあります。 皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮に悪影響。 症状が治らず悪化している場合は、皮膚科など病院を受診しましょう。 頭皮のかゆみの原因(3)汗や蒸れ、汚れ 帽子やニットキャップ、ヘルメットなどを常時被っていると、頭が汗を掻いて蒸れてしまうことはありませんか?汗や皮脂が出た状態で放っておくと、雑菌などの汚れが溜まって炎症を起こす原因になります。 いわゆる汗疹と同じですが、頭皮の皮脂が加わり、臭いの元になることもあります。 特に汗をかきやすい夏季や、蒸し暑い職場では、頭皮の汚れに注意しましょう。 頭皮のかゆみの原因(4)紫外線 長時間強い日差しを浴びて日焼けをすると、しばらくしてかゆみの症状が出てきます。 日焼けしすぎると皮膚が真っ赤になって水ぶくれができて皮膚が剥がれたりするのも、日焼けによる火傷のの一つです。 そこまでの日焼けでなくても、強い日差しを浴び続けていると頭皮も皮脂の酸化による毛根の萎縮や、髪の毛の隙間をぬって降り注ぐ紫外線によってダメージを受けてしまいます。 ケアをせずにほおっておくと、日焼けによる炎症やかゆみ、皮膚が乾燥することによって、過剰なターンオーバーを起こす原因にもなり、注意が必要です。 重度の日焼けは自己判断をせず、皮膚科など病院を受診してみるのもおすすめです。 (参照) 頭皮のかゆみの原因(5)皮膚疾患(アトピー・乾癬など) 皮膚が乾燥し、バリア機能が弱くなって刺激を受けやすくなってしまう「アトピー性皮膚炎」。 濃い赤い班が出て、その上に白いかさぶたのようなものができる「乾癬」なども、頭皮にかゆみを伴う疾患の一つです。 これらの皮膚疾患の原因はまだ解明できておらず、皮膚科の治療で完治させることは難しいと言われています。 頭皮のかゆみの原因(6)ストレス ストレスによる自律神経の乱れは、過剰な皮脂分泌や血行不良など様々な症状を起こし、頭皮のかゆみの元になることがあります。 かゆみが起きると、それだけでストレスが増してしまいます。 できればストレスによるかゆみが出る前に、ストレス自体をどうにかしたいものですよね。 頭皮のかゆみを放置すると「湿疹(炎症)」を起こすことも 前述のかゆみの原因は、放っておくとやがて悪化して「湿疹(炎症)」を起こすこともあります。 アトピー性皮膚炎や乾癬、そのほかの様々な原因による湿疹は、悪化させる前に適切な治療が求められる皮膚疾患です。 「皮脂が多い」「乾燥している」「汗や汚れ」「日焼け」なども、初期症状のうち、あるいは症状が出る前に予防や対策を講じておいたほうが良いものです。 溜まった皮脂に常在菌が繁殖して起こる「脂漏性湿疹」や、過剰に出たフケに常在菌が繁殖して起こる「ひこう性湿疹」も、その良い例でしょう。 頭皮のかゆみは、掻いてしまうことで皮膚が刺激を受け、さらにかゆみが増します。 掻き壊した所に雑菌が入って炎症を起こすと、処置は「かゆみ対策」ではなく「炎症対策」になります。 当然、頭皮のかゆみよりも炎症の方が治癒にも時間がかかります。 頭皮のかゆみに気が付いたら、まず日頃のケアに気をつけ、悪化させないように心掛けましょう。 【頭皮のかゆみ対策】この原因にはこの対策! 頭皮のかゆみの原因としてまず挙げられる「脂漏性湿疹」と「ひこう性湿疹」。 もともと皮脂分泌が多い「オイリー肌」や逆に少ない「乾燥肌」など、体質によるものも考えられますが、適切な対策によって回避することもできます。 ここでは、それぞれの頭皮のかゆみ対策について詳しくご紹介します。 脂漏性湿疹は、もともと皮脂が多いタイプに多く、頭皮の中でも皮脂の多い頭頂部からかゆみ、フケが出ます。 シャンプーは洗浄力のある物を選び、毎日きちんとシャンプーをしましょう。 できればシャワーだけではなく、お風呂にも入りたいもの。 ゆっくりと湯船に浸かることで毛穴が開いて汗と一緒に毛穴の汚れを落とすこともできます。 シャンプーで皮脂を落とし、その後に使うコンディショナーやトリートメントのすすぎもしっかりと行いましょう。 普通は1日1回のシャンプーで充分です。 皮脂が多くても、洗いすぎると乾燥から皮膚を守るために余計に皮脂が出る場合があります。 毎日きちんとお風呂に入り、シャンプーで皮脂と毛穴の汚れと一緒に1日の疲れやストレスも流してしまいましょう。 頭皮のかゆみ対策(2)「ひこう性湿疹」によるかゆみを防ぐなら ひこう性湿疹は、皮脂が少なく乾燥してしまうことでおきます。 皮脂が少ないために肌のバリアができず、刺激に弱くかゆみを感じやすくなり、かきむしってしまったり、剥がれ落ちたフケが溜まって雑菌が繁殖することが原因です。 もともと肌が弱い人や乾燥の強い人、老人性の乾燥肌の人などが洗浄力の強いシャンプーを使ったり、洗いすぎが続くことでひこう性湿疹を発症することもあります。 その場合は、低刺激のシャンプーを選んだり、保湿成分の配合されたシャンプー、トリートメントなどを選ぶようにしましょう。 頭皮をかゆみから守りたい。 デイリーに使える頭皮ケアは? 頭皮ケア(1)シャンプー他ヘアケア、スタイリング剤を見直す 先の項にもありますが、肌質に合ったシャンプー選びは頭皮のかゆみ対策の基本です。 自分の肌質に合ったものを選んで、適切なケアをしていきましょう。 また、頭皮にかゆみや痛みがある時は、シャンプー以外のヘアケア製品、スタイリング剤なども低刺激なものがおすすめです。 なるべく香りの強いものを避け、ナチュラルなスタイリングに切り替えてみるのも良いかもしれません。 頭皮ケア(2)外的な刺激を避ける(汗、汚れ、日焼けなど) ニットキャップ、帽子、ヘルメットを長時間被っていると汗をかいたり蒸れたりと、かゆみの原因にもなり、頭皮にはあまりいいものではありません。 日焼け防止のための帽子なども同様です。 乾燥、かゆみの元になる日焼け自体はあまりしたくないものですが、必要に応じて適度に通気を心がけるようにしましょう。 汗をかいたらマメにふき取るようにし、汗をかいていなくても1日の汚れを落とすシャンプーはしっかりとしましょう。 頭皮ケア(3)食生活を見直す 脂っこいものや、刺激の強いもの。 ビタミンミネラルの欠けたバランスのよくない食生活は、そのままお肌と頭皮に影響します。 不摂生な生活や過剰なダイエットなどで食生活が乱れている方は、お肌、頭皮のターンオーバーを促すタンパク質、ビタミンミネラルを多く摂るよう心がけましょう。 頭皮ケア(4)生活全般を見直し、ストレスを回避する 頭皮もお肌の一部。 肌ケアのための生活習慣は、頭皮ケアの習慣でもあります。 適度な飲酒、美味しい食事も一時的なストレス解消にはなりますが、度をすぎると、体調不良の原因にもなり得ます。 このところ、生活習慣が乱れていたという人は、食事・睡眠・運動をほどよくとり、できればストレスは減らして快適に過ごせるように工夫をしましょう。 それでも「頭皮がかゆい!」と思ったら、病院へ! 「たかが頭皮のかゆみ」と侮るなかれ。 頭皮のかゆみ対策としてヘアケアを見直し、生活を変えても治らないかゆみは、違う疾患が隠れている場合もあります。 どうしても頭皮のかゆみが治らなければ、皮膚科や頭皮専門の医療機関を受診しましょう。 治療の必要な皮膚疾患の他、長期間使っているヘアケア用品が合っていないことで起きるアレルギーもその一例です。 これらの疾患は医療の専門知識や診察経験のある医師、医療機関でないと処置できないことは多くあります。 自分でわからない、治せないかゆみは自己判断せずに、早めに皮膚科などを受診して適切な処置、指導を受けるようにしましょう。 <まとめ>頭皮のかゆみの原因と対策 頭皮のかゆみ。 掻けば収まりそうな身近な症状ではありますが、放置していると、かゆみの先に皮膚炎や脱毛などを引き起こす場合もあります。 健康維持も、健康な頭皮や髪の毛の維持も、毎日の心がけと適切な処置から。 日頃の生活を見直し、シャンプーやヘアケアを見直し、それでも頭皮のかゆみが治らなければ、皮膚科などの医療機関で診てもらうようにしましょう。 Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)のコラムには、他にも、などをまとめた記事があります。

次の