のりものそくほう。 フットボール速報

[B!] 【悲報】ワイの代車、マニュアル・・・ : 乗り物速報

のりものそくほう

norisoku. com Infomation Name norisoku. com Charset utf-8 Favicon Web server Plack::Handler::Starlet Javascript library jquery IP Address 203. 104. 130. 159 Google Analytic UA-Compatible norisoku. com Out Link Out link twitter. com www. facebook. com www. bikesearch. jp moudamepo. com 2ch-c. net uhouho2ch. com 2blo. net b. hatena. jp livedoor. blogimg. jp turbo-bee. com f1jouhou2. blog. fc2. com ferrarilamborghininews. com blog. livedoor. jp norimono. readers. jp news-pod. net matomeantena. com www. ziyu. net message. blogcms. jp blog. livedoor. com norisoku. com HEADING CONTENT H1 - 乗り物速報 - ひろゆき「車がびっくりするぐらい安くなります」 - バイク需要増やしたいならチビでも乗れる格好良いバイク出せよwwwwwwwww - 【悲報】スポーツカーに乗ってる奴、キモオタかオッサンしかいないwwwwwwww - 【悲報】マツダさん、ショールームの展示車と色が違いすぎるwwwwwwwww(画像あり) - 【悲報】ワイの元へ「自動車運転免許更新はがき」が届いてしまう・・・ H2 - バイクと車のまとめ Backlinks Info Google Yahoo Alexa Bing Aol Indexed Pages Google Yahoo Search. com Bing Aol.

次の

[B!] 【悲報】ワイの代車、マニュアル・・・ : 乗り物速報

のりものそくほう

欧州新車販売39%減、日本メーカーではトヨタと三菱がシェア拡大 2020年上半期 ドイツなど5大主要国のすべてが前年割れ 主要9社の販売実績は、首位のフォルクスワーゲングループ(アウディ、セアト、シュコダなどを含む)が、前年同期比36. 1%減の131万4672台と、2年連続のマイナス。 2位はPSAグループ。 上半期実績は、前年同期比45. 4%減の75万4969台と、2年連続のマイナスだ。 3位はルノーグループ(ダチアを含む)。 その販売台数は52万4891台。 前年同期比は42%減と2年連続の前年割れ。 4位はBMWグループ(MINIを含む)。 上半期は35万6647台を売り上げ、前年同期比は33. 7%減。 5位はヒュンダイグループで、上半期は前年同期比36. 1%減の35万3026台を販売した。 6位はダイムラー(メルセデスベンツとスマート)。 その販売台数は30万5820台。 前年同期比は37. 8%減と、3年連続のマイナスだ。 7位はトヨタグループで、前年同期比27. 9%減の29万9819台とマイナスに転じた。 8位はFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)グループ(ランチアやアルファロメオを含む)。 その他の日本メーカーでは、日産が前年同期比41. 5%減の12万6992台、 マツダは52. 6%減の5万9090台、ホンダは51. 1%減の3万2585台と、 引き続き減少した。 三菱は33. 9%減の5万4302台とマイナスに転じた。 引用元.

次の

フットボール速報

のりものそくほう

65 ID:1sJUCaih9. net サッカーのブラジル1部リーグ、ボタフォゴでプレーする元日本代表MF本田圭佑(34)が18日、自身のツイッターを更新。 若年層の自殺者数が多い日本のお国柄に警鐘を鳴らした。 俳優の三浦春馬さん(30)の急死を受けての発信とみられる。 「死ぬなよってこれまでは自殺する人を責めてきた。 今も死ぬなよって気持ちは変わらんけど、それ以上に20年以上も若者の自殺者の数が世界で1番多い日本が、社会が、そして変えるための行動をしない僕らが何よりも罪深いよな?」とつづった。 厚生労働省の統計では、2019年の自殺者数は約2万人。 30代以下の自殺者はおよそ5200人となっている。 yimg. jpg 横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、2005年から09年にかけてスコットランドの名門セルティックに所属。 不動のレギュラーとして数々のタイトル獲得に貢献し、クラブレジェンドとして名を刻んだ。 そんな中村のセルティック時代のプロフェッショナルぶりに当時のチームメイトが言及。 「一緒にプレーしたなかで最高のフットボーラー」と絶賛している。 日本人史上4人目のセリエAプレーヤーとしてレッジーナで3年間プレーし、2005年にスコットランドへ渡った。 セルティックでは在籍4年間でリーグ優勝3回、2006-07シーズンには年間最優秀選手に輝くなどレジェンドとして語り継がれる活躍を見せたが、なかでも06-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでは強豪マンチェスター・ユナイテッド相手に2度も直接FKを沈め、世界にその名を轟かせた。 今でも現地メディアでは中村の功績を振り返る特集が組まれるなど、その人気は健在だ。 そのなかで今回、英ラジオ「BBCスポーツサウンド」で当時を振り返ったのは、2007~10年にセルティックでプレーしたオーストラリア代表FWスコット・マクドナルド(現ブリスベン・ロアー)だ。 その内容を英紙「スコティッシュ・サン」が報じている。 「ナカムラは私が一緒にプレーしたなかで最高のフットボーラーだ。 彼がどれだけプロフェッショナルだったか。 トレーニングの後、ずっとフリーキックを蹴っていた。 気温がマイナス2度の時も、彼は『もう1本、もう1本だけ』と言っていた。 ナカムラはあまり英語が得意ではなかったけど、完璧主義者だったと思う。 彼はとにかくプロフェッショナルとしてトップの中のトップだった」 サウサンプトンで同僚だった元イングランド代表MFマット・ル・ティシエ、オーストラリア代表で共闘したFWハリー・キューウェルやティム・ケイヒルらを語るなかで、中村についても言及したマクドナルド。 共闘から10年以上経過しても今なお日本人レフティーに賛辞を送ることからも、中村の偉大さを証明していると言えるだろう。 net ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続き、感染者は207万人を突破した。 パンデミック(世界的大流行)が続く現状に、現地に在住する元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏も危機感を募らせている。 自身の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で、「コロナはただの風邪」という問題発言で物議を醸していたブラジルのジャイール・ボルソナロ大統領について、「国民の見本として一番やってはいけないことをやっている」と、その言動に疑問を呈している。 南米初の新型コロナウイルス感染者がブラジルで公表されたのが2月26日。 感染者は207万人を突破し、死者数は8万人に近づいている危機的状況で、闘莉王氏は現在生活するブラジルの現状を悲痛に語った。 ブラジルではボルソナロ大統領が感染し波紋を広げたが、闘莉王氏は「大統領の発言が裏目に出ている」と指摘。 感染当初に「ただの風邪」と発言し、マスクなしで公務を続けた姿勢は物議を醸していた。 「国民の見本として一番やってはいけないことをやっている」と疑問を呈した闘将は、「コロナで亡くなった人たちや親戚の人たちのことを考えると、もうちょっとリスペクトがあってもいいんじゃないかな」と力説していた。 人口9000人の故郷パルメイラ・ド・オエシチでも新型コロナウイルスによる死者が出るなど、パンデミックは地方部に広がっているという。 ブラジルの苦しい現状に、闘将も心を痛めている様子だった。 20 ID:0yHw6KZJ9. net 元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ 29 が17日、現役引退を発表した。 自身のインスタグラムで明かしている。 これまでも現役引退を示唆したことのあるシュールレは今回の決断について「プロのサッカー選手から一歩離れることをお知らせします。 これまでのキャリアにおいてサポートして頂いた全ての人に感謝したいと思います。 彼らが私に注いでくれた愛情は信じられないものでした。 今後に関しては全ての美しい可能性に対して準備していてオープンな状態です」とコメント。 シュールレは2009年にマインツでプロデビュー後、レバークーゼンで活躍。 しかし、その活躍を受けて移籍したチェルシーでは強力なライバルたちの存在もあってレギュラーを奪うには至らず、 ヴォルフスブルク、ドルトムントに移籍。 その後はレンタルでフルアム、昨年夏に再びレンタルでスパルタク・モスクワに移籍していた。 今季はロシアリーグで13試合に出場して1ゴール2アシストを記録していたが、 2021年まで残っていたドルトムントとの契約を先日、両者合意により解消していた。 また、2010年11月にデビューしたドイツ代表では57試合に出場して22ゴールをマーク。 2014年ブラジル・ワールドカップでは決勝のアルゼンチン代表戦でMFマリオ・ゲッツェの決勝弾をアシストし、ドイツ代表の優勝に貢献していた。 yimg. yimg. jpg サムライブルーのナンバー10が窮地に立たされている。 ポルトに所属する中島翔哉だ。 今月15日にポルトはポルトガル・リーグの第32節でスポルティングを2-0で撃破。 2節を残して、2シーズンぶり29回目のリーグ制覇を決めた。 宿敵ベンフィカから王座を奪還したチームは、20日に本拠地ドラゴンで行なわれたモレイレンセ戦後(6-1)に優勝セレモニーを開催。 27人の選手と監督、コーチスタッフに優勝メダルが手渡された。 このモレイレンセ戦でトップチームデビューを飾った22歳の若手GKムハメド・エムバイエでさえメダルを手にしたが、そこにリーグ戦16試合に出場した中島の姿はなかった。 10番を託されるなど、大きな期待を受けて昨夏に加入した中島だが、満足のいくパフォーマンスを披露できずに苦戦を強いられる。 中断明けの5月からは夫人の体調不良や、新型コロナウイルス感染の不安からチーム練習には参加せず。 今月からようやくトレーニングに復帰したが、別メニューでの調整が続いている。 一部メディアでは、セルジオ・コンセイソン監督との関係悪化も指摘されているが、ポルトガル紙『A Bola』によれば、同指揮官は優勝セレモニー後の会見で中島へのコメントを求められ、次のように返したという。 「それは私が答える必要ない質問だ」 現時点で優勝セレモニーに不参加となった明確な理由は不明だ。 しかし、加入から1年でポルトでの立場が危うくなっているのは間違いなさそうだ。 12試合連続で先発出場した冨安は2点ビハインドの44分、ペナルティエリア前右でパスを受けると、1人かわして左足一閃。 豪快なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺してセリエA初ゴールを決めた。 今シーズンからボローニャでプレーする冨安は公式戦29試合目で移籍後初ゴール。 2月29日に行われた第26節のラツィオ戦では豪快なボレーシュートでネットを揺らしたが、味方のオフサイドで幻となっていた。 前節までに勝ち点48で19位につけていたデポルティーボだが、フエンラブラダの選手6名に新型コロナウイルス感染が確認されたために20日の最終節は延期となっていた。 しかし、同日にその他の試合は開催された。 すると、残留争いのライバルであったアルバセーテが首位カディスを1-0で撃破し17位に浮上(勝ち点52)。 またルーゴもミランデスに2-1と競り勝ち、16位に順位を上げている(同52)。 18位ポンフェラディーナはレアル・サラゴサに1-2と敗れ、勝ち点は51のままとなっている。 しかし、デポルティーボは直接対決の成績で劣っており(2試合合計2-3)、勝ち点で並んでも下の順位になる。 そのため、延期された最終節で勝利しても19位以下が確定し、2部Bへの降格が決定した。 2000年代前半には、チャンピオンズリーグの舞台でも躍進したデポルティーボ。 スペインの名門クラブは、2部Bへと降格することとなった。 yimg. yimg. jpg 金沢戦でJ初ゴールを記録した、期待の大型FW櫻川ソロモン。 写真:滝川敏之 かつて山口智、酒井友之、阿部勇樹、佐藤勇人&寿人など、チームの主力となるだけでなく、各年代の日本代表で活躍した選手を輩出し、『育成のジェフ』と呼ばれた時代を持つ千葉のアカデミーから、大きな期待を担うストライカーが誕生した。 【動画】「非常に大きな1点」佐藤寿人も絶賛!櫻川ソロモンのJ初ゴール 今季、トップチームに昇格した櫻川ソロモンは、連戦では2チーム体制で戦うことを選択したユン・ジョンファン監督に、J2第5節のツエーゲン金沢戦でスタメンに抜擢された。 「最初はビックリしたんですけど、スタメンのほうが自分的にもチャンスが多くできると思っていたので、本当に嬉しい反面、やってやるぞという気持ちでやれました」(櫻川) その試合で18歳の櫻川と2トップを組んだのは、アカデミーの先輩である38歳の佐藤寿人だった。 「Jリーグ初出場は(櫻川)ソロモンだけで、ソロもトレーニングでいい準備をしてきているけど、もちろんプロの実戦の場では多少緊張もあると思っていた。 みんなソロが気持ちよくプレーできるように声をかけていた」 櫻川は寿人から「思い切ってやれ」という言葉に加えて、試合の局面ごとに細かいアドバイスをもらったという。 そのおかげか、試合開始当初は緊張していて「最初はうまくボールを収められなかった」のが、「20分過ぎからは自分のペースでしっかり収められるようになった」。 190センチの長身とナイジェリア人の父を持つ彼ならではの強靭なフィジカルを活かし、次第にポストプレーで貢献。 そして、23分には初ゴールをマークしてみせた。 右サイドから矢田旭がクロスボールを入れると、金沢のGKとジャンプして競り合う。 こぼれたボールにすぐさま反応し、思い切りよく右足を振り抜いたゴールだった。 「ヘディングした時にGKに触られて、交錯するなという考えがあったので、その瞬間に(ボールが)こぼれるところを狙っていました」 Jデビュー戦とは思えないほど冷静な状況判断が生み出したこのゴールには、先輩のお膳立てもあった。 それまではクロスボールに対して寿人がニアサイド、櫻川がファーサイドにポジションをとることが多かったが、この場面では寿人が「旭がちょっと時間を作ってくれたので、ソロモンに声をかけてポジションチェンジをした」という。 「結果的にソロモンの高さを前の位置で生かせたので、狙いとしてはよかったかなと思う」と、寿人は試合翌日に振り返った。 yimg. jpg 現地時間7月15日、プレミアリーグ第36節が開催され、リバプールは9位のアーセナルと対戦した。 プレミアリーグ歴代最多勝点(100)の更新に向けて3連勝が条件となっているリバプール。 敵地に乗り込んだ今節もベストメンバーを先発で起用し、南野拓実はベンチスタートとなった。 試合は、リバプールが立ち上がりからアーセナルを押し込んで攻勢に出る。 11分には、前線へキックをしようとした相手GKマルティネスに寄せたフィルミーノのブロックしたボールがポストに直撃する惜しいシーンを作った。 そして、アウェーチームはあっけなく均衡を破る。 フィルミーノとのコンビネーションから敵エリア内左に攻め上がったロバートソンがグラウンダーのクロスを中央へ供給。 これをマネが滑り込みながらねじ込んだ。 先手を取られた後も、防戦一方となっていたアーセナルだったが、思わぬ形で舞い込んでビッグチャンスをものにする。 32分、敵陣深くで、相手CBファン・ダイクがまさかのパスミス。 これをさらったラカゼットが守護神アリソンをかわして同点とした。 相手FWネルソンに腕を掴まれてバランスを崩したとはいえ、名手ファン・ダイクの予期せぬプレーから追いつかれたリバプールは、前半終了間際の44分にも再びミスから失点する。 今度は守護神アリソンからのビルドアップのパスをラカゼットにさらわれて、最後はネルソンに逆転ゴールを決められてしまったのだ。 逆転された後半を迎えたリバプールは、よりギアを上げ、前半以上に一方的に主導権を握ると、51分にマネ、53分にサラーと、立て続けに相手ゴールを脅かすシュートを放っていった。 なおも攻めあぐねたリバプールは、あの男に状況の打開を託す。 60分にフィルミーノを下げて南野を投入したのだ。 先発した30節のエバートン戦以来となる長時間のプレー機会を得た南野は、ファーストプレーとなった62分にいきなり惜しいシュートを放つなど、これまでの鬱憤を晴らすように積極果敢な動きを披露。 この一連のパフォーマンスにクロップ監督が、「グッドタキ(南野の愛称)!」と思わず叫ぶ声が、ピッチサイドの収音マイクに入り込んでいた。 南野の投入がカンフル剤となり、60分を過ぎてから90パーセント以上のボール支配率を維持したリバプールは、アーセナルを自陣に釘付けに。 その後、82分にアタッカーのシャキリとオリギを同時に入れるなど、パワープレーを用いて、攻め続けたレッズだが、土俵際で粘り続けた相手の堅牢を打ち崩せず……。 そして試合は1-2で終了した。 惜しくも敗れて、2017-18シーズンにマンチェスター・シティが達成したプレミアリーグ最多勝点記録更新の可能性が消えたリバプール。 そのなかで、これまで以上に貪欲な姿勢を見せた南野は、ゲームの流れを変えたことを踏まえてもアピールに成功した印象だ。 それだけに今季の本拠地最終戦となる次節のチェルシー戦の起用法に注目したい。 net Jリーグは7月21日、J1第5節の仙台戦で相手を蹴り上げ一発退場となった札幌のMF荒野拓馬の反則行為に対し、声明を発表。 1試合の出場停止処分は妥当であると改めて強調した。 荒野は18日の仙台戦に、ダブルボランチの一角として先発出場。 問題のシーンは1点のビハインドを負って迎えた32分に起きた。 MF関口訓充との空中での激しい競り合いから、両者がもつれながら地面に着地。 その直後に、憤激した荒野は頭にかかっていた手を振り払い、右足で関口の足を蹴り上げた。 荒野はこのプレーでレッドカードを提示され、一発退場に。 判定に納得のいかない様子を見せながらも、味方に諭されるようにしてピッチを去った。 Jリーグはこの行為について、規律委員会で改めて審議を行なったことを明かし、コメントを発表。 「同選手の競り合いによりもつれて倒れた相手競技者の左足を、プレーとは関係の無いタイミングで蹴った行為は、『乱暴な行為』に該当する」とし、1試合の出場停止は妥当であるとの判断を下した。 出場停止となる対象試合は、22日に行なわれるJ1第6節、札幌対FC東京となる。 引用元:.

次の