キレイライン 口コミ。 キレイラインTwitter口コミ まとめ|オフィシャルブログ

矯正医 キレイラインの評価|オフィシャルブログ

キレイライン 口コミ

Contents• キレイライン矯正 「こんな綺麗な歯並びがたったの2万円で…!?」 「透明なマウスピースだから目立たない!」 以上の売り文句を中心にした広告がインスタグラムのタイムラインに突如現れました。 通常のワイヤー矯正であれば6桁、もしくは7桁の費用がかかるというのにたったの 2万円…!? ただ、 破格の値段、そして広告に登場する 歯列モデルがbeforeとafterで明らかに変わっているところがとっても怪しくて興味があったので、試しに初診に行ってみました! (押し売りされる可能性はゼロじゃないのによく行くねえ、と友達には言われました) 初診予約の流れ 初回検診申し込みはキレイラインから行うことが出来ます。 予約日のご案内の他に記されていたのは、「直前になって初診予約をキャンセルする方が多いので予約確定後のキャンセルは控えて下さい」という内容でした。 「これからも低価格で歯列矯正を提供出来るよう、ご協力お願いします。 」とのことでした。 初診当日 歯の健康状態を見る 健康な歯でなければ歯列矯正を始めることが出来ないので、初診では歯の健康状態をチェックします。 これは 歯列矯正をする、しないに関係なく初診料(3500円以内)が発生します。 私は、数年歯医者に行っていなかったのですが虫歯ゼロでした。 イエーイ! 歯のレントゲンを撮る マウスピースを作成する「キレイライン」へ歯のレントゲンを提出し、マウスピースで治せるレベルの歯列かどうか判断するようです。 歯型を採る あの、ピンクのガムみたいなやつですね。 これも噛み合わせを確認する意味で「キレイライン」に提出するようです。 2万円の歯列矯正で効果はあるのか…? 再診療日、より詳しいお話を伺うと…… 1回のマウスピース(2万円)で終わる可能性は低いようです(笑) マウスピース矯正は、初めは自分の歯型とほぼ同じマウスピースを装着し、周期ごとにマウスピースの型を変えて歯列を整えていく、というのが基本的な流れです。 歯の状態により、完治する回数が異なるそうですが平均的に3〜6回程度のマウスピース作成が必要とのこと。 まぁ、普通のワイヤー矯正と比べたら本当に安いんでしょうけども。 「2万円から 始められる!」という広告が正しいのかもしれません…(笑) 向いている人、向いていない人 また、マウスピース歯列矯正は 口を開いたときに見える前歯6本を中心に動かすものなので、どうしても向き、不向きが出てくるようです。 例として、すきっ歯だったり一本の歯が他の歯よりも少し下がっている等、軽度のものであればマウスピースで矯正が可能のようですが、歯列状態によってはマウスピースを10回作って(実質40万円くらい?)矯正治療をしても満足のいく並びになるかどうか、保障することは出来ないとおっしゃっていました。 私の場合も、既に前歯6本が確立されているため、飛び出ている歯を元の歯列に戻すのは難しいようでした。 やっぱり、お金を貯めてワイヤー矯正で確実に治した方が良いかな…? とうことで、私はお話を聞いて終了。 「ワイヤー矯正についても、興味があれば各歯科の料金比較なども出来るのでまたご相談下さい」とご親切にご案内されました。 内心、「マウスピースで効果は見込めないのでワイヤー矯正しましょう!」と押し付けられるのではないか…と思っていたので(笑) まとめ タイトル回収をすると、マウスピース歯列矯正が2万円で終わらせられる確立はかなり低いようです。 最低でも、10万円程かかるのではないのでしょうか。

次の

【キレイライン矯正】ハード装着

キレイライン 口コミ

キレイライン矯正とは 私のしている矯正はというものです。 「月額4万円から出来る」という低価格が売りの歯科矯正です。 ワイヤーではなくマウスピースを使用するので、痛みが少なく取り外しも可能という点が、費用以外の大きなメリットとして挙げられています。 私の歯の状況 元々叢生のようなひどい歯並びではなかったのですが、捻れとガタツキがあり、少し出っ歯っぽく見えることが気になっていました(イメージとしては生野陽子アナの歯並びに近いです)。 以前別の矯正歯科に行った時には、矯正のスぺース作りのために4本の抜歯が必要、予算は80万と言われ、そこまでのコストをかける歯並びでもないことから、実施を見送りました。 キレイライン矯正の事前検査に行ったところ、私の歯の場合は「非抜歯で治療可能。 歯のスペース作りのためには拡大装置を使用する。 それでもスペース不足であればディスキングを行う。 回数は7クールが目途。 」と言われました。 以前は口を閉じたまま笑うと出っ歯のせいで口が引きつってしまっていたのですが、今は自然な笑顔になり口角も上がったので、キレイライン矯正の効果には十分満足しています。 参考までに、私の歯型模型の写真を掲載します。 before after 左の模型がが上の歯、右の模型が下の歯のものです。 上前歯のビーバー感が減り、下の歯のがたつきはすっかり綺麗になっていると思います。 キレイライン矯正にかかった費用 キレイライン矯正は都度払いで1クール4万円という料金体系ですが、一括契約をすると割引があります。 ごく軽微なガタツキの矯正で4クール、中度で7クール、重度で10クールというのが基本的なプランとなっているようです。 私は7クールのセット料金(ホワイトニング2回のおまけつき)で契約をしました。 かかった料金は合計316,700円。 明細は以下の通りです。 初回検診料・・・3,500円• キレイライン矯正(7クール分)・・・248,400円• キレイラインの公式サイトを見ると、「目安の総額:10万~30万」と書いてありますが、拡大装置を使っている人が多数派なことも考慮すると、10万円台で済む人は殆どいないと思います。 しかし、30万円ちょっとあればしっかり治療できるので、矯正の相場と比べれば安いことは確かですし、追加の請求などもなく、料金体系については安心していいと思います。 キレイライン矯正のメリット・デメリット 費用が妙に安く、怪しいイメージのあるキレイライン矯正ですが、費用以外のメリット・デメリットを私の主観でご紹介したいと思います。 抜歯しなくて良い キレイライン矯正はワイヤー矯正に比べて、適用範囲が限られています。 つまり、キレイライン矯正が出来る=歯を動かす範囲が少なく非抜歯で対応可能ということです。 昔の武井咲ちゃんやAKB岡田奈々ちゃんみたいな歯だと、難しかったりするのかな。 治療期間が短い 以前見てもらった矯正歯科では治療期間は2年と言われましたが、キレイライン矯正では、約半年で満足いく歯並びになりました。 あと1クール(1ヶ月半程)装置を付けたら矯正自体は終了の予定です。 その後数年は後戻り防止のため、リテーナーをつける必要があるのですが、それはどの矯正でも同じなのでしょうがないことだと思っています。 痛みが少ない ワイヤー矯正だと装置を締めた翌日は痛くて食べ物が食べられないなどの問題があるようですが、キレイラインは強い締め付け感はあるものの、食べられなくなる程の痛みはありませんでした。 新しいマウスピースが始まって2日~3日は違和感が強いですが、数日すると殆ど気にならないレベルになりました。 型どりも超音波のような機械で歯の表面をなぞるだけなので、痛みゼロです。 目立たない クリアなマウスピースなので、全く矯正していることが分かりません。 矯正してるんだ、と言うと驚かれることが多かったです。 メンテナンスが楽 キレイラインは装置の取り外しが出来るので、歯磨きなどのメンテナンスがとても楽でした。 食事の際は装置を取り外すので、食べてはいけないものの制限もなく、通常通りに食事を楽しむことが出来ました。 機械によるマウスピース作成のため、医師の技量の差が出ない 歯型を取ったあとは、機械が歯並びをシミュレーションし、それに沿ってマウスピースが作られます。 そのため、医師の技量が問われる部分が少なく、治療効果は安定していると思います。 通院回数が少ない 子育て中だと通院頻度はかなり気になるところだと思うのですが、キレイラインは通院回数が少ないです。 今のところ、初回検診、1クール目のマウスピースの受け取り、2~4クール目までの型取り、拡大装置の初回使用時、5~7クール目までの型取りの計5回くらいしか通院していないです。 しかも装置を渡されて、付け方の説明を聞いたりするだけなので、抱っこ紐に収まる子となら全然一緒に通えちゃいます。 また、2~4クール、5~7クールの装置の受け取りは郵送で対応してもらいました。 子育て中でも負担が少なく治療できるのは、キレイライン矯正の大きな魅力だと思っています。 部分矯正なので全体的な歯並びの悩みには対応できない キレイライン矯正は笑った時に見える部分(上下6本ずつ、計12本)に特化した見た目重視の部分矯正です。 歯並びからくる頭痛や、噛み合わせの悩みに応えてくれるものではないと思います。 マウスピース矯正のメリットは非常に大きいので、全体的に治したい方はインビザライン(マウスピースによる全体矯正)を検討されるのもいいのではないかと思います。 医者がちゃんと見ていない これで矯正歯科と名乗っていいのかよく分からないですが、歯科医が見てくれたのは初回検診とその後の1回のみです。 その後は毎回、歯科衛生士の方のみによる対応です。 恐らく契約第一主義なのでしょうが、虫歯のチェックをちゃんとしている感じもなく正直不安に思うところがありました。 怪しさを拭い切れなかったので、私はかかりつけの信頼出来る歯医者さんでの検診を併用しつつ、矯正を行いました。 信頼できる医師の元で治療したいという方には、キレイラインはおすすめしません。 マウスピースを外さないと食事が出来ない 当然なのですが、マウスピースを付けている間は食事が出来ません。 なので、旅行地で突然試食があったりしても食べられません。 何か食べたら必ず歯磨きをしてマウスピースを付けなおさなくてはならないので、間食が面倒になり、結構痩せました(これはメリットか) マウスピースを付けていると虫歯になりやすいので、甘い飲み物も厳禁です(装置を外せば飲めます)。 コーヒー紅茶は禁止ではないですが、マウスピースにかなりの着色汚れが付きます。 ただ、私は育休中で人と会う機会が少ないこともあり、マウスピースを付けていてもコーヒー紅茶をガンガン飲んでいました。 私はリーテナーブライトという洗浄剤を使っていますが、この洗浄剤はなかなか優秀で、着色汚れも綺麗に落としてくれました。

次の

【キレイライン矯正】低価格で治療できる歯列矯正!費用や症例を紹介

キレイライン 口コミ

キレイライン矯正とは 私のしている矯正はというものです。 「月額4万円から出来る」という低価格が売りの歯科矯正です。 ワイヤーではなくマウスピースを使用するので、痛みが少なく取り外しも可能という点が、費用以外の大きなメリットとして挙げられています。 私の歯の状況 元々叢生のようなひどい歯並びではなかったのですが、捻れとガタツキがあり、少し出っ歯っぽく見えることが気になっていました(イメージとしては生野陽子アナの歯並びに近いです)。 以前別の矯正歯科に行った時には、矯正のスぺース作りのために4本の抜歯が必要、予算は80万と言われ、そこまでのコストをかける歯並びでもないことから、実施を見送りました。 キレイライン矯正の事前検査に行ったところ、私の歯の場合は「非抜歯で治療可能。 歯のスペース作りのためには拡大装置を使用する。 それでもスペース不足であればディスキングを行う。 回数は7クールが目途。 」と言われました。 以前は口を閉じたまま笑うと出っ歯のせいで口が引きつってしまっていたのですが、今は自然な笑顔になり口角も上がったので、キレイライン矯正の効果には十分満足しています。 参考までに、私の歯型模型の写真を掲載します。 before after 左の模型がが上の歯、右の模型が下の歯のものです。 上前歯のビーバー感が減り、下の歯のがたつきはすっかり綺麗になっていると思います。 キレイライン矯正にかかった費用 キレイライン矯正は都度払いで1クール4万円という料金体系ですが、一括契約をすると割引があります。 ごく軽微なガタツキの矯正で4クール、中度で7クール、重度で10クールというのが基本的なプランとなっているようです。 私は7クールのセット料金(ホワイトニング2回のおまけつき)で契約をしました。 かかった料金は合計316,700円。 明細は以下の通りです。 初回検診料・・・3,500円• キレイライン矯正(7クール分)・・・248,400円• キレイラインの公式サイトを見ると、「目安の総額:10万~30万」と書いてありますが、拡大装置を使っている人が多数派なことも考慮すると、10万円台で済む人は殆どいないと思います。 しかし、30万円ちょっとあればしっかり治療できるので、矯正の相場と比べれば安いことは確かですし、追加の請求などもなく、料金体系については安心していいと思います。 キレイライン矯正のメリット・デメリット 費用が妙に安く、怪しいイメージのあるキレイライン矯正ですが、費用以外のメリット・デメリットを私の主観でご紹介したいと思います。 抜歯しなくて良い キレイライン矯正はワイヤー矯正に比べて、適用範囲が限られています。 つまり、キレイライン矯正が出来る=歯を動かす範囲が少なく非抜歯で対応可能ということです。 昔の武井咲ちゃんやAKB岡田奈々ちゃんみたいな歯だと、難しかったりするのかな。 治療期間が短い 以前見てもらった矯正歯科では治療期間は2年と言われましたが、キレイライン矯正では、約半年で満足いく歯並びになりました。 あと1クール(1ヶ月半程)装置を付けたら矯正自体は終了の予定です。 その後数年は後戻り防止のため、リテーナーをつける必要があるのですが、それはどの矯正でも同じなのでしょうがないことだと思っています。 痛みが少ない ワイヤー矯正だと装置を締めた翌日は痛くて食べ物が食べられないなどの問題があるようですが、キレイラインは強い締め付け感はあるものの、食べられなくなる程の痛みはありませんでした。 新しいマウスピースが始まって2日~3日は違和感が強いですが、数日すると殆ど気にならないレベルになりました。 型どりも超音波のような機械で歯の表面をなぞるだけなので、痛みゼロです。 目立たない クリアなマウスピースなので、全く矯正していることが分かりません。 矯正してるんだ、と言うと驚かれることが多かったです。 メンテナンスが楽 キレイラインは装置の取り外しが出来るので、歯磨きなどのメンテナンスがとても楽でした。 食事の際は装置を取り外すので、食べてはいけないものの制限もなく、通常通りに食事を楽しむことが出来ました。 機械によるマウスピース作成のため、医師の技量の差が出ない 歯型を取ったあとは、機械が歯並びをシミュレーションし、それに沿ってマウスピースが作られます。 そのため、医師の技量が問われる部分が少なく、治療効果は安定していると思います。 通院回数が少ない 子育て中だと通院頻度はかなり気になるところだと思うのですが、キレイラインは通院回数が少ないです。 今のところ、初回検診、1クール目のマウスピースの受け取り、2~4クール目までの型取り、拡大装置の初回使用時、5~7クール目までの型取りの計5回くらいしか通院していないです。 しかも装置を渡されて、付け方の説明を聞いたりするだけなので、抱っこ紐に収まる子となら全然一緒に通えちゃいます。 また、2~4クール、5~7クールの装置の受け取りは郵送で対応してもらいました。 子育て中でも負担が少なく治療できるのは、キレイライン矯正の大きな魅力だと思っています。 部分矯正なので全体的な歯並びの悩みには対応できない キレイライン矯正は笑った時に見える部分(上下6本ずつ、計12本)に特化した見た目重視の部分矯正です。 歯並びからくる頭痛や、噛み合わせの悩みに応えてくれるものではないと思います。 マウスピース矯正のメリットは非常に大きいので、全体的に治したい方はインビザライン(マウスピースによる全体矯正)を検討されるのもいいのではないかと思います。 医者がちゃんと見ていない これで矯正歯科と名乗っていいのかよく分からないですが、歯科医が見てくれたのは初回検診とその後の1回のみです。 その後は毎回、歯科衛生士の方のみによる対応です。 恐らく契約第一主義なのでしょうが、虫歯のチェックをちゃんとしている感じもなく正直不安に思うところがありました。 怪しさを拭い切れなかったので、私はかかりつけの信頼出来る歯医者さんでの検診を併用しつつ、矯正を行いました。 信頼できる医師の元で治療したいという方には、キレイラインはおすすめしません。 マウスピースを外さないと食事が出来ない 当然なのですが、マウスピースを付けている間は食事が出来ません。 なので、旅行地で突然試食があったりしても食べられません。 何か食べたら必ず歯磨きをしてマウスピースを付けなおさなくてはならないので、間食が面倒になり、結構痩せました(これはメリットか) マウスピースを付けていると虫歯になりやすいので、甘い飲み物も厳禁です(装置を外せば飲めます)。 コーヒー紅茶は禁止ではないですが、マウスピースにかなりの着色汚れが付きます。 ただ、私は育休中で人と会う機会が少ないこともあり、マウスピースを付けていてもコーヒー紅茶をガンガン飲んでいました。 私はリーテナーブライトという洗浄剤を使っていますが、この洗浄剤はなかなか優秀で、着色汚れも綺麗に落としてくれました。

次の