2q モノソミー。 2qトリソミー

22q11.2欠失症候群(指定難病203)

2q モノソミー

22q11. 2欠失症候群とは 22q11. 22番の染色体(22q11. 2と呼ばれる部分)の微細欠失(顕微鏡では見えない程度の欠失)が認められ、その部分に位置する約30個の遺伝子が欠失しているため、特にTBX1というヒトの形を司る遺伝子の欠失によって発症します。 心疾患は、ファロー四徴症(+肺動脈弁欠損、肺動脈閉鎖、主要体肺側副動脈)や大動脈離断症の合併が多いです。 ファロー四徴症は、(1)左右の心室を分ける心室中隔という仕切りの壁の大きな穴(心室中隔欠損)、(2)全身へ血液を送る大動脈が左右の心室にまたがっている(大動脈騎乗)、(3)肺へ血液を送る肺動脈の右室の出口(漏斗部)が肺動脈弁と一緒に狭くなる 肺動脈 ・漏斗部狭窄 、(4)左右の心室の圧が等しくなり、右室が肥大する(右室肥大)の4つの特徴をもった心疾患です。 ファロー四徴症で肺動脈閉鎖をともなうものを、ファロー四徴症極型と呼ぶこともあります。 22q11. 2欠失症候群では、ファロー四徴症極型で中心肺動脈が無く、主要体肺側副動脈によって肺動脈血流が供給される型が多いのが特徴です。 この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 4,000~5,000人に1人の頻度で発症します。 ファロー四徴症の15%の患者さんが22q11. 2欠失症候群です。 この病気はどのような人に多いですか 現時点で、「このような場合に22q11. 2欠失症候群の赤ちゃんが生まれることが多い」と断定できる環境、要因は見つかっていません。 この病気の原因はわかっているのですか 遺伝子異常が原因です。 この病気は遺伝するのですか ご本人に加えて親子や兄弟にこの病気があることは稀ですが、存在します。 本人の遺伝子異常は多くは突然 です。 本人の遺伝子異常が子どもに伝わる可能性は50%の確率です。 この病気ではどのような症状がでますか 発達遅延、特徴的顔貌、先天性心血管疾患、口蓋裂、胸腺低形成、低カルシウム血症など多様な臨床症状がでる可能性があります。 22q11. 2欠失症候群の に深く関わるのが心血管疾患の重症度です。 ファロー四徴症や大動脈弓離断の合併が多く認められます。 、心不全症状(呼吸促迫、体重増加不良、哺乳困難)を呈することがあります。 右室から肺動脈への通路が、どの程度狭いかによって、チアノーゼ(低酸素血症のために口唇や爪床が紫色になる症状)の出現の時期と程度が変わります。 はじめは、泣いた後や運動時にチアノーゼがみられ、成長にともないいつも見られるようになります。 歩き始める頃になると、走ったり歩いて息が切れるとしゃがみ込むような姿勢をとることが見られるようになります。 生後2ヶ月以後には、この疾患に特有の「チアノーゼ発作(低酸素発作)」がみられることがあります。 この発作は、最初はよく寝た後や午前中に見られることが多く、重くなると一日中起きるようになります。 症状は、急に不機嫌になり、チアノーゼと呼吸困難が強くなり、高度になると意識がなくなったり全身のけいれんを起こすことがあります。 通常10分程度で自然に改善することが多いですが、長時間続く場合は死亡することもあります。 チアノーゼが出現して6ヶ月以上経つと手足の指先が円く変形して、太鼓のばちのような形になります。 (ばち指と呼びます)。 現在では乳児期に短絡手術または心内修復術を行うことが多いため、手術をしないで学童期まで到達することは少ないですが、未手術の場合はチアノーゼが強く、少し運動しただけで息が切れるようになり日常生活の制限が強くなります。 また、多血症を生じ、 を起こしやすくなり、右—左短絡のために脳 を合併することがあります。 重症な心疾患に加え、低身長、血小板減少、汎血球減少、痙攣、斜視、気管支軟化症、脳萎縮、白内障、尖足、側弯症、腎奇形、尿道下裂、鎖肛、鼠径ヘルニアなど多くの臨床症状が合併する可能性があります。 精神発達遅延は小学校前から目立ってきます。 免疫低下による は、あまり顕著ではありません。 風邪を引きやすい、「ぜこぜこ」いいやすい、といった症状が多いです。 この病気にはどのような治療法がありますか 新生児期から個々の症例に適した手術計画を立て、生涯にわたって、臨床症状に基づいた生活指導や治療を続ける必要があります。 ファロー四徴症で高度肺動脈狭窄または肺動脈閉鎖の場合には、新生児期に短絡術が必要となることがあります。 治療の基本は、心臓手術です。 手術は低酸素血症を改善するため、手にいく鎖骨下動脈という動脈と肺動脈をつなぐブラロックータウシッヒ短絡手術と心室中隔欠損を閉鎖して狭い右室流出路を拡大形成する心内修復術があります。 ブラロックータウシッヒ短絡手術は、新生児や乳児早期で体重が小さかったり、「チアノーゼ発作」の改善のためや細い肺動脈や左室が小さいために心内修復術が難しい場合に行われます。 ファロー四徴症の心内修復術は、通常生後6ヶ月以後2歳以下に行われることが多く、狭い右室流出路の手術法に自分の肺動脈弁を残す方法(自己弁温存法)、右室流出路にパッチと呼ばれる膜を当てて拡大形成する方法(右室流出路パッチ拡大術)、人工血管などの導管を使って右室から肺動脈へ通路を作成する方法(ラステリ手術)の3通りがあります。 特に肺動脈閉鎖をともなう場合にはラステリ手術が行われます。 中心肺動脈が無く主要肺体側副動脈の場合には、末梢肺動脈をまとめて左右の肺動脈をつくる手術が必要になることがあります。 小児期に心内修復術が行われた後、右室流出路が再び狭くなったり肺動脈が狭くなったりした場合には、バルーンカテーテルやステントで拡大する が行われる場合があります。 また大動脈から肺動脈に異常なバイパス血管が出来た場合にはコイル塞栓術が行われる場合があります。 術後遠隔期には、肺動脈弁閉鎖不全の進行のために右心室が拡大し手右室の収縮が低下して を生じる場合があります。 この場合には肺動脈弁置換術を必要とすることがあります。 成人期にラステリ手術後の導管に狭いところができて、導管を交換する手術が必要になることがあります。 この病気はどのような経過をたどるのですか 通常は、乳児期にチアノーゼを生じてチアノーゼ発作や運動制限などのために手術が行われます。 心内修復術を行えば術後の状態にもよりますが通常の日常生活は過ごせるようになりますが、激しい競技スポーツや運動は制限されます。 加齢とともに肺動脈弁閉鎖不全が進行すると運動時の息切れや日常生活の制限が起こるようになり、右室機能低下や三尖弁閉鎖不全を生じて心不全を呈するようになります。 この場合には肺動脈弁置換術を必要とすることがあります。 また、肺動脈閉鎖でラステリ手術を行った場合は、右室—肺動脈の導管の狭窄が進行することがあり、カテーテル治療による拡大を必要としたり導管を交換する手術が必要になることがあります。 患者さんに精神発達遅延がある場合には、学校生活や就職などに際して社会支援が必要なことがあります。 職業訓練などについて、学校や行政機関と相談して支援をしていく必要があります。 この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 手術前と術後の症状や手術後の状態によって異なります。 術後は、激しい競技スポーツは制限されることがあります。 人工物を使用した心臓手術となるため、抜歯や出血をともなう歯科治療、その他の外科手術時などには感染性心内膜炎の予防が必要です。 術後の合併症が重くなければ妊娠出産は可能ですが、担当主治医と事前によく相談して心機能を評価することが大切です。 遺伝に関しては、主治医や遺伝カウンセラーのいる施設で相談するのが良いです。

次の

2番染色体長腕(2q24.3)の小さな中間部欠損 2q中央部モノソミー症候群の詳報

2q モノソミー

5q-症候群の骨髄。 通常では見られない単核の巨核球が明らかに増加している。 図で明らかに核と細胞自身が大きな細胞が巨核球である 5q-症候群 ファイブ・キュー・マイナスしょうこうぐん 英名:5q-syndrome とは MDS)の一種で造血細胞の5番染色体の長椀 5q に欠失が生じたことが原因で発症し 、大球性貧血を特徴とする骨髄異形成症候群 MDS)のなかでは進行のゆっくりとした 比較的予後の良い血液疾患である。 ただし、5番染色体の長椀の一部だけでなく一本を丸々失ったもの(モノソミー5、monosomy5)や5q以外にも異常を伴ったものは一般に極めて悪性度が高いMDSであり、本稿で述べる5q-症候群とは異なる。 WHO2008 [ ] 2008年のWHO分類では、この疾患の名称は Myelodysplastic syndromes associated with isolated del 5q chromasome abnormality 日本語では「del 5q 単独の染色体異常を伴う骨髄異形成症候群」というが、名称が長すぎるために通常は 5q-syndrome、日本語では5q-症候群と略称される。 芽球は5%未満で5q-単独の染色体異常を持つものと定義されている。 疫学 [ ] 一般に男性に多い骨髄異形成症候群 MDS)のなかでは珍しく、5q-症候群だけは女性に多く 高齢者に多い。 欧米ではMDSの10%を占めMDSでは多い病型であるが アジア人には少なく 日本人ではMDSの中で1. 3%程度である。 症状 [ ] 大球性貧血になるので、自覚症状としては一般の貧血と同じく、倦怠感・蒼白などであるが、輸血が不可欠になるほどの高度な貧血を呈することが多い。 原因 [ ] 造血細胞の5番染色体の長椀にある5q31-5q33領域を欠くことで発症する。 5q-症候群に関する遺伝子としてはRNA干渉によりタンパク質のが有力視されている。 前述したように5番染色体1本丸々の欠損 モノソミー5 や5q欠損以外の異常があると本型と異なる疾患とみなされる。 病理学的所見 [ ] 末梢血では大球性貧血となる。 血小板は増加していることが多いが正常値であることもある。 芽球は1%以下である。 骨髄では白血球系と巨核球系では正形成か、もしくは過形成であるが、赤芽球系に関しては低形成である。 細胞の異形成はあっても軽く 、巨核球は単核か2核の小型の物が増加するのが特徴である。 診断 [ ] 診断に血液学的所見を重視する他の血液疾患と違い、5q-症候群は第5染色体のq31-33領域の欠失のみで明確に定義されるところは大きな特徴である。 治療 [ ] 5q-症候群はMDSのなかでは珍しく原因遺伝子が明確に特定され、また治療法の開発の進んでいる病型である。 5q-症候群は重い貧血を呈することが多く、輸血が治療の中心である。 輸血で症状の緩和は容易であるが、しかし継続的に輸血が必要となり輸血依存性の様々な問題が生じかねない。 近年、誘導体である新薬 Lenalidomide が極めて有効であることが確認され、輸血依存性の患者には朗報となる可能性が高い。 レナリドミドは,では5番染色体長腕欠失を伴う低リスクMDSに対して適応となっており,赤血球輸血量の減少効果が認められている. 予後 [ ] 5q-症候群の予後はMDSのなかでは良好で、患者の多い欧米では患者には比較的高齢者が多いにも関わらず生存中央値は145ヶ月 、患者数の少ない日本の症例検討では200ヶ月以上 と長期生存が可能で白血病化する例も少ない。 新規に開発された薬 Lenalidomide が著効を示すので今後はさらに良い結果が得られる可能性が高いと思われる。 ただし、本疾患は強い貧血を伴い輸血が不可欠になることが多いので、制度を含む医療制度の整っていない国では必ずしも生命予後が良いとは言えない。 5q-以外にも異常をきたしている病型は極めて不良であり、WHOでも別疾患として扱っている。 2万円、1年間で約483万円の薬代 、医療保険制度の整った国家で無いと相当に裕福な患者以外には使用できない経済的な問題が発生する可能性がある。 また、この薬はサリドマイドの誘導体であり、極めて強い催奇性を持つので妊婦には絶対に与えてはならない。 脚注 [ ]• 『造血器腫瘍取扱い規約』p77• 『造血器腫瘍取扱い規約』p79• p53の異常:動物モデルの解析」• Ebert BL, Pretz J, Bosco J, et al:Identification of RPS14 as a 5q- syndrome gene by RNA interference screen. Nature 451:335-339, 2008• 『ウィントローブ臨床血液学アトラス』p100• 2011. 02閲覧• 2011. 31閲覧• 2011. 31閲覧• 2011. 31閲覧 参考文献 [ ] 書籍• 阿部 達生 編集『造血器腫瘍アトラス』改訂第4版、日本医事新報社、2009年、• 押味和夫 監修 木崎昌弘,田丸淳一編著『WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』中外医学社、2009年、• 日本血液学会、日本リンパ網内系学会 編集『造血器腫瘍取扱い規約』金原出版、2010年• 直江 他 編集『WHO血液腫瘍分類』医薬ジャーナル社、2010年、• ダグラス C. カチャック,ジャン V. ヒルシュマン 編集『ウィントローブ臨床血液学アトラス』東田、他、訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2008年、• 日本血液学会 編集『造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版』 論文• 千葉「5q-症候群とmiRNA. p53の異常:動物モデルの解析」『Annual review 血液 2011』中外医学社、2011年、p55-59 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

2qトリソミー

2q モノソミー

この記事の目次• 21トリソミーは、ダウン症で知られる染色体異常 21トリソミー。 という言葉を聞くと「?」と感じるかもしれませんが、別名「ダウン症候群」として知られている障害の事です。 21トリソミーは、21番目の遺伝子に起こる異常で、通常2本の対になっている染色体が3本になってしまっていることで起こる染色体異常になります。 約800人に一人生まれてくると言われていますが、その発現率も母親の出産年齢によって変わってきます。 原因・年齢によってみられる発症確率 21トリソミーの原因は、多くの場合、遺伝とは関係ありません。 卵子や精子が作られるその過程で異常が起きると言われています。 中でも、女性の出産年齢によって発現する確率が高いのも特徴で、35歳あたりから発症確率が一段と上がることが分かっています。 有限会社胎児生命科学センターのデータによると、年齢があがるほど21トリソミーの発症確率が上がるのがよくわかります。 年齢 割合 20代前半 1450~1300人に1人 20代後半 1300~1050人に1人 30代前半 940~460人に1人 30代後半 350~110人に1人 40代前半 85~40人に1人 40代後半 35~30人に1人 このように女性の出産年齢が上がるにつれて、確率が上がるのがわかります。 大きくかかわっているのが女性の年齢で、男性の年齢はあまり関係ないと考えられています。 新生児の時は、あまり泣かない。 おとなしい。 という印象を持つこともあります。 また筋肉も弱いので、たくさん飲み込むことが難しく、ミルクや母乳の飲みが悪くなってしまう傾向にあります。 中には、体が柔らかくふにゃふにゃとしている子もいます。 筋肉が弱いために、歩きはじめるのも訓練が必要となります。 時間はかかりますが、親が丁寧に手助けをしてあげることでゆっくりと、歩けるようになっていきます。 同じことを何度も繰り返しながら覚えていくので、焦らずゆっくりと丁寧に教えてあげる必要があります。 心臓疾患を患う事も。 臓器に現れる症状 21トリソミーの方の中には、染色体異常が原因で、臓器などの先天性の疾患を持っている方もいます。 心臓疾患• 甲状腺機能の低下• 消化器系の疾患 全ての方に見られるわけではありませんが、このような病を生まれた時から患っていることもあります。 その場合、症状や病気に合わせて生活を気を付けたり、医師と相談しながら良い治療方法を見つけていくことになります。 いざという時のためにも親身になってくれる先生と連携を 公益財団法人日本ダウン症協会によると、ダウン症の子供たちの中には病気に縁が無い子もいるほどで、皆さんが思っているほど「病気がち」ではないようです。 中には、合併症などの症状が現れる子もいますが、一般の子供よりやや病気がち。 という程度です。 しかも、真性喘息・川崎病・新生児仮死による脳症麻痺・癌などは、21トリソミーの子供にはあまり見られない症状になります。 医学は常に前へ前へと進んでいます。 良い治療方法に出会うためにも、常に最新の医学に目を向けておきたいところです。 医学の進歩により寿命は、著しく長く 21トリソミーの方は、60歳以上まで生きられる方もおり、短命というわけではありません。 その割合も比較的多く、10人の内9人の方が長期生存をしています。 一昔前までは、20歳まで生きられないと考えられていました。 当時は、もともとダウン症の方が先天性の疾患として心臓病などの病を患っている場合、その合併症により早くお亡くなりになることが多くありました。 しかし現在は、様々な治療が可能となり、合併症から命を守ることができるようになってきました。 そのため、生存率も著しく上がり、今では平均寿命は50歳以上となりました。 21トリソミー自体で命をおとすというよりは、合併症が引き金となるのが主な原因です。 根治を目指す治療でなくとも、治療をすることで子供を命の危険から守ることができるようになるのです。 結婚したり、社会に出て企業に勤めている方もいる 21トリソミーの方はゆっくりと成長していきます。 個人差はありますが、おおよそ3歳で、1歳半くらいの子供ができることができるようになる子もいます。 10歳で3歳くらいの成長というケースもあります。 時間はかかりますが、周りがサポートすることで様々なことができるようになります。 食事も普通にできますし、学校にも行くこともできます。 中には、自立した生活をめざして訓練をされている方もいます。 結果、社会人として会社で働く方もいますし、結婚して幸せな家庭を築くことができた方もいます。 「この子の将来が不安。 」この気持ちは、ダウン症の子供を育てている多くのママやパパが感じる事のようです。

次の