2019 サマー ジャンボ 宝くじ。 サマージャンボ宝くじ 第848回|発売日2020年7月14日(火)

2019年サマージャンボ宝くじの確率と特徴

2019 サマー ジャンボ 宝くじ

Contents• 【やっぱり王道!たくさん人が並んでいる売り場で買う!】 出典: 2019年1月16日、全771回年末ジャンボミニ【有楽町大黒天】2等1,000万円的中 2019年1月16日、 全771回年末ジャンボミニ【門前仲町】3等100万円2本的中 2019年1月16日、全772回年末ジャンボプチ【有楽町大黒天】 2018年、2017年のサマージャンボとミニも的中されています。 ネットから調べるとこういった情報を得る事ができますが、宝くじは売り場にランダムで配られ 「当たりは、どの売場にあるから!」なんてあらかじめ的中させる事はできません。 ただし売り上げの少ない売り場には少ない枚数が納品され、人が多く並んでいる売り場では必然的に納品数が増えるので当たりを連発するのです。 抽選もランダムにされるので当然小さな売り場でも当たりは出ますが、確率的に考えるとやはり多くの人が並んでいる売り場の方が当たりやすいことになります。 特にサマージャンボと年末ジャンボはかなり大きなジャンボなので、当たる買い方としては長蛇の列ができている売り場を目指して購入した方が良いでしょう! よく見られる光景として、いつも買っている宝くじ売り場では買わず、3大ジャンボの時だけ超売れる宝くじ売り場に行ってまで買う人も多くいます。 しかし猛暑で熱中症になりそうになりながら、わざわざ遠くまで出かけて買いに行くのもつらいものです。 それならば近所にある、人がたくさん並んでいる売り場を見つけたら、とりあえずサマージャンボを購入しておくことをオススメします。 【バラと連番と3連バラの買い方】 サマージャンボ宝くじを購入する場合、バラか連番か3連バラ どちらの買い方が高額当選狙いに向いてるのか考えてみます。 バラについて バラは組がバラバラで番号の下一桁が0~9で連続しています。 バラを10枚購入すると0~9が必ずくるため末等300円は確実です 色々な組と番号があったほうが「当たってるかな~?」と1枚1枚調べる楽しみが人気なのはバラです。 しかしサマージャンボではバラ買いで1等が当たっても5億にしかなりません。 (5億でも十分だとは思いますが…) 連番について 連番だと組は同じになるのと番号が連続しています。 コチラも末等は必ず当たります 組は同じで番号も連続しているため、1等が当たると5億円、その前後賞 1億円 も狙えるので合わせて7億円になります。 3連バラについて 赤枠が同じ組で下一桁が連続して30枚セットになってます。 3連バラを買う人はかなり少ないのですが、コアな宝くじファンの間では人気の高い買い方なんですよ。 そんな欲張りな人のための当たるオススメな買い方としては3連バラです。 しかしなぜ3連バラがあまり人気がないかと言うと、3連バラの仕組みが分からないからでしょう。 確かに分からないものには手は出したくありませんよね。 3連バラとはバラの調べる楽しみを残しつつ、連番になるように30枚セットで組まれている珍しい買い方なのです。 実は宝くじは通しで見てみると、バラでも連番になるように作られています。 普通にバラを30枚買ったとしたら前後賞はついてきませんが、3連バラならば連番になっているので大きく当たるチャンスがあります。 つまり前後賞が当たる可能性を秘めているのです。 バラが好き!でも前後賞も欲しい!そんな人に向いているサマージャンボの買い方です。 30枚で9,000円ですが大きく当たる買い方のひとつなので、サマージャンボを買いに行く時は頭の片隅にでも置いておいてください。 【3万円で最低保障も確保しておく】 少々高い気もしますが3万円で大きな当たりを求めつつ最低保証も確保できる買い方があります。 福連・福バラと呼ばれる、これも珍しい当たる買い方のひとつです。 福バラ100• 21組は同じで00~09の10枚分• 59組は同じで10~19の10枚分• 07組は同じで20~29の10枚分• 77組は同じで30~39の10枚分• 55組は同じで40~49の10枚分• 66組は同じで50~59の10枚分• 70組は同じで60~69の10枚分• 95組は同じで70~79の10枚分• 43組は同じで80~89の10枚分• 82組は同じで90~99の10枚分 福連は100枚分で3万円• 01~10組で下二桁が09~00までの10枚分• 11~20組で下二桁が19~10までの10枚分• 21~30組で下二桁が29~20までの10枚分• 31~40組で下二桁が39~30までの10枚分• 41~50組で下二桁が49~40までの10枚分• 51~60組で下二桁が59~50までの10枚分• 61~70組で下二桁が69~60までの10枚分• 71~80組で下二桁が79~70までの10枚分• 81~90組で下二桁が89~80までの10枚分• 91~100組で下二桁が99~90までの10枚分 福バラは100枚分で3万円 福連・福バラは文字通り連番とバラなのですが、袋の窓から見える宝くじ番号の下一桁が0から9まで繋がって組まれている宝くじのことです。 この組み合わせで連番とバラがあるのですが、どちらも100枚の中に必ず3,000円の当たりが入っています。 (まれに2. いろんな宝くじ売り場でサマージャンボを10枚ずつ買い漁るより、ひとつの売り場に集中して福連・福バラを買った方が少しでも投資金額を回収することができるのです。 しかし福連・福バラを買う人達にとっては6,000円なんて狙っていないでもっと大きな当たりを狙っているでしょうが、最低保証も確保しながら億万長者を目指すことができるので、福連・福バラも当たる買い方のひとつと思っておいてくださいね。 【神様お願い!神社の近くで買う!】 時々見かける神社近くの宝くじ売り場ですが、藁にもすがる気持ちで神様に大当たり祈願をするのも当たる買い方です。 実際に神様パワーで大きな当たりを出しているので試してみる価値はあります。 サマージャンボ時期ならば神社も空いていますし、木陰もあってマイナスイオンでリフレッシュしましょう。 買った宝くじを持って参拝すれば汚れを落としてもらえ大きな当たりに一歩近づきます。 ただし、 神社の近くにある宝くじ売り場はチェーン展開しておらず個人経営の場合が多いのです。 売り切れ御免のことがあるので早めにサマージャンボを買いに行かないと売り切れてしまいますよ。 【まとめ】 サマージャンボの当たる買い方を紹介してきましたが、実はどのジャンボ宝くじにも通用する買い方です。 ただサマージャンボの時期は熱中症が多く発生するので、あまり無理をせず買うことで夏の一大イベントサマージャンボをより楽しむことができるのです!.

次の

2019年(平成31年・令和元年)ジャンボ宝くじの購入に縁起のいい吉日は?|大安吉日カレンダードットコム

2019 サマー ジャンボ 宝くじ

福連100とは 連番100枚を買うというもので下2ケタの番号の00から99まで全て入っている。 3万円分の宝くじだが、実質2万4000円で買うことができて3等や4等の当選が狙えるだけでなく1等&前後賞の高額当せんが狙える。 さらに福連100は、 組が10種類あるので連番なのに調べる楽しみがあるお得な買い方だ。 福バラ100とは 福バラ100はこれも下2ケタの数字が00から99まで入っているため6000円は確実に返ってくる仕組みだ。 福連100との違いは 01組から100組まで100種類の組が入っていると言うところ。 1等と前後賞の両方を狙うことは出来ないが普段からバラを購入しているヤツにはたまらない、最高の買い方と言えるだろう。 1000万分の1の確率 ジャンボ宝くじ一等の当選確率が1000万分の1 これは交通事故にあって死ぬ確率や飛行機が墜落して死ぬ確率よりもずっと低い 普通に考えたらまず当たるわけがないのに買うヤツは多いのはなぜか? それは人間は、夢や希望を持って生きているからだ。 一般的なサラリーマンの生涯年収は3億と言われていて その倍以上の7億と言う大金が宝くじでポン!と手に入ると言うのだからもしかしたらと夢を抱かずにはいられない。 当選したら家を買って、高級車を買って、毎日遊び歩いて、たくさんの美女を囲いまくって… こんな甘ったるいことを考えている内に1000万分の1と言う現実からどんどん遠ざかり、当たりもしない宝くじを購入する。 まるで光を求めて炎の中に飛び込んで行く虫のようだ。 200枚も買ったお前がよく言ったな?と思うヤツもいるかもしれないが ブログのネタのために金を惜しまない、これが俺のスタンスだ。 どちらが馬鹿かはおまいらが決めてくれ。 じゃあの。

次の

2019年 サマージャンボ宝くじ 当選番号

2019 サマー ジャンボ 宝くじ

もくじ• 2019年サマージャンボミニ第801回当選番号 2019年の『第801回サマージャンボミニ当選番号』の抽選発表は、8月14日に行われます。 では、今年の当選結果はどのようになったのか見ていきましょう! 等級 金額 組 番号 1等 3,000万円 59組 110987番 1等 3,000万円 86組 191651番 1等 3,000万円 48組 190635番 1等 3,000万円 34組 110462番 1等 3,000万円 68組 185443番 1等 前後賞 1,000万円 1等の 前後番号 2等 100万円 各組共通 114189番 2等 100万円 各組共通 185610番 3等 10万円 下4ケタ 2811番 3等 10万円 下4ケタ 0898番 4等 1万円 下3ケタ 509番 5等 3,000円 下2ケタ 23番 6等 300円 下1ケタ 6番 夏祭り賞 2万円 下4ケタ 8270番 夏祭り賞 2万円 下4ケタ 5732番 夏祭り賞 2万円 下4ケタ 3917番 抽選日:2019年8月14日 水 支払期間:2019年8月19日 月 ~2020年8月18日 火 同時にサマージャンボも当選番号の発表があります。 購入された方はあわせて当選結果の確認をお願いします。 また抽選日は8月14日ですが、払い戻しがすぐにできるわけではありません。 数日たってからでないと無理なので、宝くじの表面にも支払期間として書かれています。 払い戻し期限がいつまでなのかしっかり確認しておきましょう! また、これらの抽選結果はみずほ銀行のでも確認ができます。 サマージャンボミニの換金方法について 宝くじに当選したら支払期間中に換金をするのですが、どうやって換金すればいいのかご存知ですか? 初めての人はどうすればいいのか迷ってしまいますが、換金の仕方は簡単です。 一般的には、サマージャンボミニの当選番号と手持ちの番号を見比べて、当選した宝くじを 『宝くじ売り場』に持っていきます。 これは自分が購入したところでもいいし、別の場所でも構いません。 このとき、1枚の当選金が1万円までならどこでも換金できますが、1枚の当選金が5万円を超える場合は「5万円マーク」のある宝くじ売り場でしか換金できないのでチェックしておきましょう! お店のわかりやすい所にあるので、すぐ確認できると思います。 そしてもし5万円を超える当選がある場合は、みずほ銀行での換金になります。 さらに10万円、50万円、100万円と当選金額が上がるにつれて少し手続きも変わってくるので、こちらのページで確認してください。 スポンサードリンク 過去のサマージャンボミニ1等当選番号 狙って購入できるなら当たる確率も上がるかもしれませんが、そのような傾向はあるのか? 2014年からのデータですが、1等の当選組と番号をまとめて表にしてみました。 年度 金額 組 番号 2019 3千万円 59組 110987番 86組 191651番 48組 190635番 34組 110462番 68組 185443番 2018 3千万円 30組 179174番 02組 184013番 38組 176598番 76組 141501番 76組 110178番 2017 1億円 83組 126564番 04組 161076番 78 130463番 64組 123422番 72組 183788番 2016 7千万円 組下1ケタ9組 169746番 2015 7千万円 組下1ケタ4組 176700番 2014 6千万円 組下1ケタ0組 113472番 スポンサードリンク サマージャンボミニのハズレ券が豪華賞品に! サマージャンボミニの抽選結果を見て、当選していれば換金することができます。 ただ、当選券よりもハズレ券の方が多くなってしまう人がほとんどじゃないでしょうか? そんなハズレ券は「もう持っていても意味がないから捨ててしまおう…。 」って人が多いと思いますが、ちょっと待ってください! 実は、そのハズレ券で豪華賞品が当たるかもしれません。 実は、毎年9月2日(クジの日)に「」というイベントがあり、ハズレ券を対象に豪華賞品が当たる抽選が行われます。 いわゆる敗者復活的なイベントで、• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ こういった賞品がもらえる可能性があるのです。 (*賞品は毎年変わります) はずれたサマージャンボミニにも、まだこういうチャンスがあるので、ぜひこちらにもチャレンジして下さい。 あとがき 2019年の第801回サマージャンボミニ当選番号の抽選発表は、8月14日に行われます。 夏のサマージャンボミニは毎年1等をはじめ当選金額が大きく変わりますし、他の等級の当選本数もかなり変化します。 今年は10万円や100万円の等級がかなり当たりやすくなっているので、当選した人も多いでしょうね。 今年も大きな夢を見つつも、当選番号の発表と手持ちの券を照らし合わせて一喜一憂しましょう!.

次の