ダーク ナイト 考察。 映画『ダークナイト』感想┃近代映画に転換期を与えた傑作を考察

「ダークナイト」解説|ジョーカーのその後、手紙を燃やした理由など8の考察

ダーク ナイト 考察

公開 2008年 監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル あらすじ 悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。 だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。 最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく。 引用: ダークナイトは冒頭でも紹介した通り、クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ2作目。 全世界でも爆発的な興行収入を記録しました。 彼はヒーローじゃない。 沈黙の守護者、我々を見守る監視者。 凄まじい終わり方ですね。 あとがき ノーラン監督が作る映画は本当に最高ですね。 アメコミ映画をここまで深みのある映画にした功績は本当に凄い。 そしてあえて題名に「バットマン」を入れなかったのもいいですね。 明らかにアメコミという枠には収まり切らない映画ですから。 そして、何より残念なのが、ヒース・レジャーの死。 もっと彼の演技を見たかったです。 ダークナイトを無料で見る方法 冒頭でも少し紹介しましたが、今なら「」、「」、「」でダークナイトを 無料視聴することができます。 また前作のバットマン ビギンズ、次作のダークナイトライジングも同様に視聴可能です。 無料トライアル期間に解約すれば料金は一切かからないため、ダークナイトを初めて見る方や見返したい人は是非利用してみてください。

次の

ダークナイトの感想・考察&レビューを解説【悪役ジョーカーが最高すぎる】

ダーク ナイト 考察

アメコミ原作映画らしからぬトーン、人間の真理を突くストーリー、合理的なアクションシークエンスなど、挙げたらキリがないほど、それまでのどの部類にも属さない作風を確立した『ダークナイト』。 今回は、近代映画に大きな影響を与えたそんな今作を、感想を交えながら考察してみたいと思います。 物語はすべて二面性から始まる『ダークナイト』 この物語には、大富豪ブルース・ウェインと正義の象徴バットマンという、主人公が持つ二面性が大前提としてあります。 そしてそれを筆頭に、誰もが持っている表と裏が、今作を観るうえでとても大事なポイントになっています。 後に顔の半分が焼けてトゥーフェイスとなるハービー・デントのもう一つの顔、彼が持つ両面表だったコインの片面が焼けて出現する裏面、善人面をしている人々からジョーカーが引き出そうとした人間の醜い本性など、あらゆる二面性を前面に押し出し、観客の心の奥底に訴えかけます。 そして、立場上は正義と悪であるバットマンとジョーカーを表裏一体で描くことにより、観客が持っている善悪の概念さえも揺るがしてきます。 尋問のシーンでジョーカーがバットマンに言う、「あんたが俺を満たしてくれる」「あんたも俺と同じ怪物だ」というセリフは、今作を象徴する言葉のように感じました(この尋問のシーンがたまらなく良かった)。 世界が燃えているのを見て楽しむジョーカーと、自己犠牲により人々を救おうとするバットマンがなぜ同じなのか?そこで描きたかったものこそが、人間が本質的に持つ二面性ではないかと考えています。 善悪に境界線はあるのか? 秩序なき秩序をもたらす混沌の使者・ジョーカー ほとんどのヒーローものの映画では、悪役が犯罪行為を行うようになったきっかけや過去が描かれ、ヒーローと対峙した時の立場の違いや善悪の境界線が明確にされています。 その方が観客にとっては分かりやすいですし、そもそも一般的に認知されている善悪というものの概念が反映されているからです。 今作は、この悪役の描き方という点においても、他作品とは一線を画していました。 その姿は神話に出てくる悪魔そのもの。 私たちは悪魔の存在理由も目的も知りませんが、ジョーカーはまさにその悪魔のように描かれています。 彼の過去などは決して明かされず(顔の傷の話を披露するが嘘か本当かも分からない)、不気味な笑みを浮かべながら人々の秩序を破壊し、混沌という秩序なき秩序をもたらします。 このように、ジョーカーは人々の、そして正義の象徴であるはずのバットマンの奥底に潜む悪魔として描かれ、善悪の境界線すらも曖昧になっています。 何が善で何が悪なのか?私たちが持っている概念の脆さが今作で暴かれます。 何にしても、ヒース・レジャーが演じたジョーカーのカリスマ性は他の追随を許さない圧倒的なもので、本当に興奮しました。 ダークナイト初めて観たんだけど、これ凄い映画だね。 正義とは?善悪とは?公平とは?重いテーマが根底にあって、単なるヒーローものじゃない濃厚な映画でした。 あと、ヒースの怪演ぶり。 犯罪を純粋に楽しむジョーカーが、自分のすぐ側にいるような、すごくリアルな感じがして鳥肌が立ちました。 ハービーは自身の命を顧みずに正義を貫き、街を平和に導くために奮闘します。 しかし、その強すぎる正義感は小さな破綻の積み重ねでやがて行き先を見失い、ついには自らが行使していた正義に支配されるようになります。 そのきっかけを与えたのが、ほかでもないジョーカーです。 バットマンとハービーが共闘していることを知ったジョーカーは、バットマンの望みを奪うことを企みます。 ハービーとレイチェルを誘拐して別々の場所に監禁したジョーカーは、どちらかが死ぬ結末を用意します。 レイチェルが死ねば復讐に燃えるハービーが闇に堕ち、ハービーが死ねば街の希望が失われる。 どちらにしてもバットマンが敗北を味わう結末です。

次の

相棒13ダークナイトが後味悪いありえない最終回。続編の相棒14はやらないのか?

ダーク ナイト 考察

『ダークナイト』を含むクリストファー・ノーラン監督・脚本のバットマン三部作は、「ダークナイト ・トリロジー」と呼ばれ、非常に完成度の高い三部作映画として今もなお語り継がれている。 DCエクステンデッド・ユニバース DCEU では、ベン・アフレックを起用した新たなバットマンの姿も描かれた。 7月11日には、『ダークナイト』のメインヴィランであったジョーカーを主役に据えた単独作品が、ベン・アフレックの義弟であるホアキン・フェニックス主演で撮影されることも発表された。 ダークナイト・トリロジーは映画界だけでなく、「バットマン」というコンテンツにとっても、大きな影響を与えるシリーズとなったのだ。 ダークナイト以降に登場したトリロジーに注目 大ヒット後に監督が交代した「猿の惑星」 ダークナイト・トリロジーの大きな特徴は、全ての作品で同一監督が脚本を執筆しているという点である。 これが今では如何に特異であることは、ダークナイト・トリロジー以降に登場したSFトリロジーを見れば明らかだ。 まず最初に挙げられるのは、2011年公開の『猿の惑星:創世記』から始まった「猿の惑星」新シリーズだろう。 「創世記」の大ヒットに続き、『猿の惑星:新世紀』 2014 、『猿の惑星:聖戦記』 2017 と、3年に一本のペースで製作が行われた。 一作目の「創世記」で監督を務めたルパート・ワイアット監督は、スケジュールの問題により続編は降板、二作目以降は「クローバーフィールド」シリーズで知られるマット・リーヴス監督が指揮を執った。 創世記のヒットを受けて続編製作が決定した為、ワイアット監督はスケジュールを合わせることができなかったのである。 もちろん、この新三部作が名作シリーズであることに違いはないのだが、クリストファー・ノーラン監督が全作品で脚本を書き指揮を執ったダークナイト ・トリロジーのように、最後まで一人の監督によって製作が進められたものではなかったのだ。 来年には「エピソード9」の公開が予定されているが、こちらも複雑になっているのは監督人事だ。 「フォースの覚醒」では『スター・トレック』のJ・J・エイブラムスが監督と共同脚本を手がけたが、「最後のジェダイ」では同監督は製作総指揮に回り、ライアン・ジョンソンが監督と脚本を担当した。 「最後のジェダイ」の撮影時期は、ちょうどJ・J・エイブラムス監督が製作総指揮を務めたドラマシリーズ二作の撮影時期にも当たる。 ディズニーによる買収後、外伝も含めて毎年リリースされることになった「スター・ウォーズ」シリーズを、一人で捌くには当然無理があるのだ。 そして やはりというべきか 、事件は起きる。 2017年9月、「エピソード9」の監督を務めることになっていたコリン・トレボロウ監督が、脚本の内容を巡って製作会社のルーカス・フィルムと衝突。 結局、第一作で指揮を執ったJ・J・エイブラムス監督が後任に決定した。 以上は、「スター・ウォーズ」という「公共財」の域にある作品ならではの問題かもしれない。 それに、「映画監督」という職業自体が、製作総指揮という仕事やテレビシリーズを手がけるようになったことにも、理由はありそうだ。 だが、いずれにしても、もはや監督主導で映画を作る時代ではなくなったという事実が、一連の騒動を生み出したと言えるだろう。 偉大なコンテンツであるということは、「バットマン」シリーズにも言えることなのだから。 クリストファー・ノーラン監督が振り返る「贅沢な時代」 実は5部作!? 同一監督だから扱えたトリロジーを超えたテーマ では、ダークナイト ・トリロジーの三作全てを監督し、脚本も執筆したクリストファー・ノーラン監督は、こうした現在の映画界の状況をどう見ているのだろうか。 彼は、2005年に『バットマン ビギンズ』、2006年に『プレステージ』、2008年に『ダークナイト 』、2010年に『インセプション』、2012年に『ダークナイト ライジング』を発表している。 全ての作品で自ら脚本を手がけているのだが、この5作には通底するあるテーマが掲げられている。 そのテーマは作品を観てご確認いただきたいが、ここで重要なポイントは、当時のクリストファー・ノーラン監督が描きたかったテーマが、五つもの映画作品を使ってふんだんに扱われたということである。 バットマンシリーズまでその一部になってしまうとは…まさに監督主導の時代を象徴している。 特権の時代の先に そんな時代を生きてきたクリストファー・ノーラン監督だが、昨年の12月にロンドンで行われたBAFTAにて、当時を振り返ってこんなコメントを残している。 映画の作り手が、あんな特権と贅沢を享受することは、もうないでしょうね。 どんな監督でも製作会社に対して、「次回作は作るよ、でも四年後くらいになる」と言える最後の時代だった。 今では公開スケジュールが切迫しすぎている。 でもね、クリエイティビティにとっては、大事なことだったんです。 人として、脚本家として成長し、同じ仲間ともう一度仕事をする為の特権を持っていたんですよ。 by クリストファー・ノーラン ダークナイト・トリロジーに「ダークナイト」の名が冠されているように、このシリーズがここまでの成功を収めることは、『バットマン ビギンズ』の時点では予想されていなかったことだ。 『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』の製作を見据え、腰を据えて脚本の執筆と製作に臨めた環境こそが、「トリロジー」としての大成功を生んだのだ。 クリストファー・ノーラン監督は、そのような環境はあの時代の「特権」だったという。 マーベルやDCが競うように年間複数本のユニバース作品を発表し、毎年「スター・ウォーズ」シリーズが公開されるようになった現在、監督や脚本といった仕事、そして映画製作のあり方は、一体どこへ向かうのだろうか。

次の