行政法 行政書士。 行政書士とは?

行政法の勉強法

行政法 行政書士

行政事件訴訟法 第25条(執行停止) (執行停止) 第25条 処分の取消しの訴えの提起は、処分の 効力、処分の 執行又は 手続の続行を妨げない。 2 処分の取消しの訴えの提起があつた場合において、処分、処分の 執行又は 手続の続行により生ずる 重大な損害を避けるため緊急の必要があるときは、裁判所は、 申立てにより、 決定をもつて、処分の 効力、処分の 執行又は 手続の続行の全部又は一部の停止(以下「 執行停止」という。 )をすることができる。 ただし、 処分の効力の停止は、 処分の執行又は 手続の続行の停止によつて目的を達することができる場合には、することができない。 3 裁判所は、前項に規定する 重大な損害を生ずるか否かを判断するに当たつては、損害の回復の困難の程度を考慮するものとし、損害の性質及び程度並びに処分の内容及び性質をも勘案するものとする。 4 執行停止は、 公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるとき、又は 本案について理由がないとみえるときは、することができない。 ・・・ 一括非表示 執行停止の要件 穴埋め箇所が多くなり過ぎてしまったので少し整理しましょう。 その前に、第2項で「処分の取消しの訴えの提起があった場合において」と限定されていますが、この第25条の執行停止は、取消訴訟だけでなく、 無効等確認訴訟や 民衆訴訟又は 機関訴訟で処分又は裁決の取消し等を求めるものにも準用されていることを押さえておきましょう。 また、第4項に出てくる「 本案」とは、この場合、取消訴訟や無効等確認訴訟など、執行停止の申立ての要件としてセットで提起されている訴訟を指します。 本案がメインとなる請求なのですが、第1項にあるとおり訴訟を提起しても処分の効力、処分の執行又は手続の続行は止まりません。 そこで、 仮の救済として執行停止の制度があるわけです。 本案がメインで、執行停止はオプション。 メインなしではオプションの申立てはできないということを押さえておきましょう。 それでは要件のまとめです。 取消訴訟、 無効等確認訴訟などが 提起されていること• 重大な損害を避けるため緊急の必要があること• 執行停止の 申立てがされていること• 公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがないこと• 本案について 理由がないとみえないこと なお、執行停止の申立て要件については、申立てのほか裁判所の職権でもできる、というような選択肢が本試験でたびたび登場しています。 行政不服審査法で行政庁が行う執行停止の場合には、申立てのほか職権でも行われることがありますが、裁判所が行う執行停止では申立てがないと行うことができません。 この違いで引っ掛けてきますので、確実に覚えておくようにしましょう。 裁判所は、処分の執行停止の必要があると認めるときは、 職権で、処分の効力、処分の執行又は手続の続行の全部又は一部の停止を することができる ( )。 (行政書士試験 平成25年度 問題18) 本案訴訟を審理する 裁判所は、原告が申し立てた場合のほか、必要があると認めた場合には、 職権で処分の執行停止を することができる ( )。 (行政書士試験 平成27年度 問題17) この点については、行政庁と裁判所では、行政庁は身軽で自ら動けるけれど、裁判所は動きが重いので自分からは動けない、というようなイメージを持っておけば覚えやすいでしょうか。 でも、裁判所には自ら動ける「 職権証拠調べ」(第24条)がありましたね。 あくまでも、行政庁と裁判所で職権で執行停止ができる場合があるのはどっちだったっけ?というのを思い出すためのイメージとしてお取り扱いください。 行政不服審査法と行政事件訴訟法の執行停止の比較 細かいところではほかにも違いはありますが、とりあえず整理しておきたいところを表にまとめてみました。 上で説明した職権による執行停止が異なるほか、 行政不服審査法では、審査請求人の 申立てがあった場合で 重大な損害を避けるために緊急の必要があると認めるときは、審査庁は 執行停止を しなければならない旨が規定されています。 この 義務的執行停止についても押さえておきましょう。 行政不服審査法 行政事件訴訟法 執行不停止の原則 あり 職権による執行停止 審査庁が処分庁の上級行政庁 又は処分庁の場合に あり なし 申立てによる執行停止 あり 緊急要件 重大な損害を避けるため緊急の必要があるとき 申立て+緊急のとき 執行停止は 義務 義務はない 執行停止不可1 公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれがあるとき 執行停止不可2 本案について理由がないとみえるとき まとめ いかがだったでしょうか。 執行停止の要件は覚えるべき事項が多いので大変ですが、行政事件訴訟法の中でも重要なポイントです。 今回は執行停止だけを取り上げましたが、実際には 義務付け訴訟、 差止め訴訟、 仮の義務付け、 仮の差止めの要件とも比較してセットで覚えておくことが重要です。 次回はこのあたりを見ていきたいと思います。 それではまた。 義務付け訴訟・差止め訴訟の条文穴埋めチャレンジはこちら 仮の義務付け・仮の差止めの条文穴埋めチャレンジはこちら.

次の

行政書士法

行政法 行政書士

第13条の20の3 会社法第828条第1項 (第7号及び第8号に係る部分に限る。 )及び第2項 (第7号及び第8号に係る部分に限る。 )、第834条 (第7号及び第8号に係る部分に限る。 )、第835条第1項、第836条第2項及び第3項、第837条から第839条まで、第843条 (第1項第3号及び第4号並びに第2項ただし書を除く。 )並びに第846条の規定は行政書士法人の合併の無効の訴えについて、同法第868条第6項、第870条第2項 (第6号に係る部分に限る。 )、第870条の2、第871条本文、第872条 (第5号に係る部分に限る。 )、第872条の2、第873条本文、第875条及び第876条の規定はこの条において準用する同法第843条第4項の申立てについて、それぞれ準用する。 第13条の21 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律 (平成18年法律第48号)第4条並びに会社法第600条、第614条から第619条まで、第621条及び第622条の規定は行政書士法人について、同法第580条第1項、第581条、第582条、第585条第1項及び第4項、第586条、第593条、第595条、第596条、第599条第4項及び第5項、第601条、第605条、第606条、第609条第1項及び第2項、第611条 (第1項ただし書を除く。 )、第612条並びに第613条の規定は行政書士法人の社員について、同法第589条第1項の規定は行政書士法人の社員であると誤認させる行為をした者の責任について、同法第859条から第862条までの規定は行政書士法人の社員の除名並びに業務を執行する権利及び代表権の消滅の訴えについて、それぞれ準用する。 この場合において、同法第613条中「商号」とあるのは「名称」と、同法第615条第1項、第617条第1項及び第2項並びに第618条第1項第2号中「法務省令」とあるのは「総務省令」と、同法第617条第3項中「電磁的記録」とあるのは「電磁的記録(行政書士法第1条の2第1項に規定する電磁的記録をいう。 次条第1項第2号において同じ。 )」と、同法第859条第2号中「第594条第1項(第598条第2項において準用する場合を含む。 )」とあるのは「行政書士法第13条の16第1項」と読み替えるものとする。 2 会社法第644条 (第3号を除く。 )、第645条から第649条まで、第650条第1項及び第2項、第651条第1項及び第2項 (同法第594条の準用に係る部分を除く。 )、第652条、第653条、第655条から第659条まで、第662条から第664条まで、第666条から第673条まで、第675条、第863条、第864条、第868条第1項、第869条、第870条第1項 (第1号及び第2号に係る部分に限る。 )、第871条、第872条 (第4号に係る部分に限る。 )、第874条 (第1号及び第4号に係る部分に限る。 )、第875条並びに第876条の規定は、行政書士法人の解散及び清算について準用する。 この場合において、同法第644条第1号中「第641条第5号」とあるのは「行政書士法第13条の19第1項第3号」と、同法第647条第3項中「第641条第4号又は第7号」とあるのは「行政書士法第13条の19第1項第5号若しくは第6号又は第2項」と、同法第658条第1項及び第669条中「法務省令」とあるのは「総務省令」と、同法第668条第1項及び第669条中「第641条第1号から第3号まで」とあるのは「行政書士法第13条の19第1項第1号又は第2号」と、同法第670条第3項中「第939条第1項」とあるのは「行政書士法第13条の20の2第6項において準用する第939条第1項」と、同法第673条第1項中「第580条」とあるのは「行政書士法第13条の21第1項において準用する第580条第1項」と読み替えるものとする。 3 会社法第824条、第826条、第868条第1項、第870条第1項 (第10号に係る部分に限る。 )、第871条本文、第872条 (第4号に係る部分に限る。 )、第873条本文、第875条、第876条、第904条及び第937条第1項 (第3号ロに係る部分に限る。 )の規定は行政書士法人の解散の命令について、同法第825条、第868条第1項、第870条第1項 (第1号に係る部分に限る。 )、第871条、第872条 (第1号及び第4号に係る部分に限る。 )、第873条、第874条 (第2号及び第3号に係る部分に限る。 )、第875条、第876条、第905条及び第906条の規定はこの項において準用する同法第824条第1項の申立てがあつた場合における行政書士法人の財産の保全について、それぞれ準用する。 第14条 この法律 (附則第1条各号に掲げる規定については、当該各規定。 以下この条及び第16条において同じ。 )の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定によりされた許可等の処分その他の行為 (以下この条において 「処分等の行為」という。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 )で、この法律の施行の日においてこれらの行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則第2条から前条までの規定又は改正後のそれぞれの法律 (これに基づく命令を含む。 )の経過措置に関する規定に定めるものを除き、この法律の施行の日以後における改正後のそれぞれの法律の適用については、改正後のそれぞれの法律の相当規定によりされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。 一 第1条中地方自治法第250条の次に五条、節名並びに二款及び款名を加える改正規定 (同法第250条の9第1項に係る部分 (両議院の同意を得ることに係る部分に限る。 )に限る。 )、第40条中自然公園法附則第9項及び第10項の改正規定 (同法附則第10項に係る部分に限る。 )、第244条の規定 (農業改良助長法第14条の3の改正規定に係る部分を除く。 )並びに第472条の規定 (市町村の合併の特例に関する法律第6条、第8条及び第17条の改正規定に係る部分を除く。 )並びに附則第7条、第10条、第12条、第59条ただし書、第60条第4項及び第5項、第73条、第77条、第157条第4項から第6項まで、第160条、第163条、第164条並びに第202条の規定 公布の日 第160条 この法律 (附則第1条各号に掲げる規定については、当該各規定。 以下この条及び附則第163条において同じ。 )の施行前に改正前のそれぞれの法律の規定によりされた許可等の処分その他の行為 (以下この条において 「処分等の行為」という。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 )で、この法律の施行の日においてこれらの行為に係る行政事務を行うべき者が異なることとなるものは、附則第2条から前条までの規定又は改正後のそれぞれの法律 (これに基づく命令を含む。 )の経過措置に関する規定に定めるものを除き、この法律の施行の日以後における改正後のそれぞれの法律の適用については、改正後のそれぞれの法律の相当規定によりされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。 第117条 この法律の施行前にした行為、この附則の規定によりなお従前の例によることとされる場合におけるこの法律の施行後にした行為、この法律の施行後附則第9条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便為替法第38条の8 (第2号及び第3号に係る部分に限る。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第13条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替法第70条 (第2号及び第3号に係る部分に限る。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第27条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧郵便振替預り金寄附委託法第8条 (第2号に係る部分に限る。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第39条第2項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法第70条 (第2号に係る部分に限る。 )の規定の失効前にした行為、この法律の施行後附則第42条第1項の規定によりなおその効力を有するものとされる旧公社法第71条及び第72条 (第15号に係る部分に限る。 )の規定の失効前にした行為並びに附則第2条第2項の規定の適用がある場合における郵政民営化法第104条に規定する郵便貯金銀行に係る特定日前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による。 二 第3条、第4条、第5条 (国家戦略特別区域法第19条の2第1項の改正規定を除く。 )、第2章第2節及び第4節、第41条 (地方自治法第252条の28の改正規定を除く。 )、第42条から第48条まで、第50条、第54条、第57条、第60条、第62条、第66条から第69条まで、第75条 (児童福祉法第34条の20の改正規定を除く。 )、第76条、第77条、第79条、第80条、第82条、第84条、第87条、第88条、第90条 (職業能力開発促進法第30条の19第2項第1号の改正規定を除く。 )、第95条、第96条、第98条から第100条まで、第104条、第108条、第109条、第112条、第113条、第115条、第116条、第119条、第121条、第123条、第133条、第135条、第138条、第139条、第161条から第163条まで、第166条、第169条、第170条、第172条 (フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律第29条第1項第1号の改正規定に限る。 )並びに第173条並びに附則第16条、第17条、第20条、第21条及び第23条から第29条までの規定 公布の日から起算して6月を経過した日.

次の

行政法

行政法 行政書士

行政法は、たくさんの法律の総称。 「これ全部やらないといけないの!? 」と驚かれたかもしれませんが、ご安心を。 これらの法律の大半は、条文の数が少ないのです。 例えば、 国家賠償法や 行政代執行法なんて、どちらもたったの6条です。 国家公務員法と 地方公務員法は、どちらも過去問や予想問題でひととおり解いたらあとは一度軽く条文流し読むだけでかまいません。 地方自治法は条文数は多いものの、出題される箇所に限りがあるので実際に学習する範囲はそんなに広くはありません。 こう考えると、何となくやれそうな気がしますよね。 行政法の試験対策のポイント ただし、行政書士という名である以上、行政法が学習の要となることは避けられません。 それは何故か?行政法の配点が大きいからです。 科目 出題形式 問題数 配点 基礎法学 5肢択一式 2問 8点 憲法 5肢択一式 5問 20点 行政法 5肢択一式 19問 76点 民法 5肢択一式 9問 36点 商法・会社法 5肢択一式 5問 20点 憲法 多肢選択式 1問 8点 行政法 多肢選択式 2問 16点 行政法 記述式 1問 20点 民法 記述式 2問 40点 政治・経済・社会 5肢択一式 8問 32点 行政書士試験では、択一40問中行政法だけで19問出題されます。 択一のほぼ半分近く、点数にすると76点です。 行政法総論、最初読んだときはサッパリでした。 センスないかも... と本気で思いました。 行政手続法 行政手続法は主に手続き規定について書かれています。 ここはシステマチックに頭に入れていけばOKです。 比較的とっつきやすいのは、意見公募手続(パブリックコメント)のあたりでしょうか。 行政不服審査法 行政不服審査法は、大々的な法改正が行われたばかりなので、法改正があった箇所は確実に押さえておきましょう。 行政不服審査法と行政事件訴訟法 初心者の方は、 行政不服審査法と 行政事件訴訟法の区別がつけにくいかもしれません。 行政不服審査法はあくまでも行政に対する不服を行政自身に対して「審査してほしい」と頼むための法律であり、 行政事件訴訟法は、行政の作為・不作為他に対して裁判所に訴えを起こすための法律です。 そんな感じでおおざっぱに捉えた上で、行政不服審査法と行政事件訴訟法については、 類似の制度を並べて比較しながら学習すると効率的ですよ。 行政事件訴訟法にも注意 行政事件訴訟法は、とにかくまずは抗告訴訟を理解しましょう。 それが理解できないことには、当事者訴訟、民衆訴訟、機関訴訟の理解はおぼつきません。 行政法に出てくる判例の中には、憲法にも出てくる重要な判例もいくつかあります(例:川崎民商事件、猿払事件等)。 そういった判例はどちらで出ても大丈夫なように、しっかり学習しておきましょう。 行政法の注意点 行政法で注意しておかなくてはいけないことは、 近年、地方自治法が記述で出題されるようになってきたことです。 平成26年度の本試験記述式で出題されるまでは、地方自治法を捨て問として捉えている受験生も少なからずいました。 でも、平成26年度の本試験で記述に出題されて以来、地方自治法を捨てるわけにはいかなくなりました。

次の