自分 不器用 ですから。 不器用で、あまりにも滑稽で、痛々しい【愛】 子どもの七五三のお祝いの前日の話し。うちの親に『明日何時に迎えに行く

不器用主婦の失敗談から学べ! 手作りマスクの落とし穴

自分 不器用 ですから

子どもの七五三のお祝いの前日の話しです。 うちの親に『明日何時に迎えに行くからね。 』と電話をしただけのことでした。 『はいはい。 分かりました。 お祝いしましょうね。 楽しみ。 』・・・母と、こんな会話に発展することは、私の場合、決してあり得ません。 欲しくて欲しくて、やっと授かることができた、子どもの成長を喜び願うお祝いの前日に、私が聴いた言葉はまさかの『行かない』でした。 初孫のお祝いの席に、『行かない』理由が、私には全く理解できませんでした。 急遽、母は急病ということにして、実家からは父だけが笑顔でお祝いに来てくれた七五三。 この時の私は、母への怒りと憎しみの分だけ、主人と子どもに対して申し訳ない気持ちになるのでした。 母は、私がどうすると一番苦しいかを知っているかのよう。 私にとって大切な人をないがしろにすることは、私への復讐か何かなのでしょうか。 それほど憎まれる大罪を、私はしでかしたのでしょうか。 母を語ると、私はいつも心が鉛のように重たくなるのを感じます。 私のアルバムの全ては、母の手によっていつの間にか焼却されいました。 母を真直ぐ見つめていた幼い日の純粋な思いまで、捨てられた気がしました。 私は、母の深い闇を感じて、心が凍りつきそうでした。 これまでの、人生の節目や日常でさえ、傷を負わずに済んだことはありません。 いつも何かしら、母からの心無い言葉や態度に傷つき、そんな母が情けなかったし、大嫌いで、顔を合わせない努力をしてきました。 記憶の蓋が開いて気づく【愛】 ある日、私は第2チャクラを癒す瞑想をしていたときのことです。 既に母のことなど、すっかり記憶の奥底に閉じ込めて、何も思ってもいませんでした。 ほどなくして、大きなオレンジ色が見えてきました。 それは、私に夕日を連想させました。 すると、オルゴールの音色が聞こえてくるのです。 夕焼け小焼けのメロディーが、私の記憶の蓋を開けるかのように・・・ 夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる おててつないでみなかえろう からすといっしょにかえりましょ まだ、幼稚園か或いはそれよりもと幼かったかもしれません。 虫歯が痛くて、歯医者に行った帰り、母が私に買ってくれたオルゴール。 ピンクの小さな箱を開けると、優しく奏でる夕焼け小焼け。 今となっては、遠い記憶。 実家を出て一人暮らしをする時にも、一緒に持っていったオルゴール。 それから十数年経ち、東京から実家に戻る時には、オルゴールは持ち帰りませんでした。 捨ててきたのです。 母に対する痛みが、怒りになっていた私は、母を捨てるように、オルゴールを処分したのです。 瞑想の中で、そうした自分の痛みにも、当然のことながら気づくのですが、私は、母の寂しさ、悲しさと苦悩にも、同時に触れてしまったのです。 母は、私が大好きで、いつまででも手元に置いておきたかったのです。 何故なら唯一、母を守る鉄壁のガードが、私でもあったからです。 『私のために』『私が望むから』そう言えば何でもまかり通るほど、私は家族中に愛されていました。 何十年経っても【嫁】でしかなかった母は、私を盾にすることで、自分の居場所を確保していたのです。 かわいそうな母。。。 成長と共に、私を失う恐怖と絶望は、どれほどだったことでしょう。 母の言いなりにはならなくなっていく私を、どれほど歯がゆく感じたことでしょう。 私が離れていくにしたがって、1人で闘うしかなくなっていく人生に、どれほどの不安を募らせていたことでしょう。 母の失望はそのまま、私への嫌悪と変わり果てます。 母は、私を憎むことでしか、子離れする方法を知らなかったのかもしれません。 これが、母なりの自分を守るやり方だったのです。 母は、確かに私を愛していました。 私を、とても大事に思ってくれてました。 たくさんの愛を、母から注がれていました。 そうした時間の中で私も次第に、束縛に変わっていく母の愛から、少しでも遠くへと離れていきたくなるのです。 そうすることで、私は、私を守ったのです。 愛のカタチ 人生では親子ですが、それぞれに人生のテーマがあるのですから、自分のことでいっぱい一杯になっても、何ら不思議はありません。 起こった出来事の表面しか見えなければ、誤解を生みます。 お互いの成長を、傷つけあうことでしか果たせなかった、私たち親子のように。 愛が、憎しみへとだって、易々と変貌を遂げるのです。 この惑星において、愛と憎しみは、同じものです。 憎しみは、根底に愛がなければ存在できません。 愛の反対側は、憎しみではないのです。 愛が在るからこそ、憎いのです。 そこに愛がなければ、何も思うことはないはず。 こんなに愛している!という届かない叫びが、憎しみと名を変えるのです。 私たち親子の葛藤に、本質を見出すことが出来れば、全ては【愛】だったと気づくことができます。 例え歪んでいたとしても、【愛】で在ることに気づけたら、人は癒されます。 母の、なんて不器用で、あまりにも滑稽で、痛々しい【愛】の表現。 そんな表現しか出来なかった母の【痛み】に、今は寄り添いたいのです。 私は、長年嫌いでたまらなかった母を、本当には嫌いになれなかったことを悟りました。 そこに気づけただけで、感謝が溢れました。 自然に、母への慈しみが湧きました。 もはや、赦すとか、そんな次元ではなくなっているのです。 母を思う気持ちが温かくて、あまりにも甘美で、切なくて・・・。 夕焼け小焼けを何度も繰り返し聴いた、子ども時代と同じ気持ちで、母を慕う自分に出会うことができました。 母が嫌いです。 そう言っていた私もまた、歪んだ愛の表現を、精一杯していたのです。 憎しみと名を変えた愛で。 私も母も、何てかわいらしい人間なんだろう。 あのオルゴールを、捨ててしまったことが悔やまれます。 ですがその音色もまた、ハートの中で、いつでも美しく再現できることを私は知っています。 母に対する感情的なエネルギーを、癒す必要があったのでしょう。 私は長い間、そのことを認めたくありませんでしたし、避けていました。 でも、ハートは知っていました。 私の人生を創造する上で、このエネルギーを解放する必要があることを。 清らかで、優しいエネルギーに包まれていく私の記憶。 【愛】を見ることは、脳にはできません。 エネルギーを見るには、ハートなくしてはできないのです。 【愛】に気づくには、ハートは必須です。 変容は、ハートを通して起こります。 誰の内にも、ハートは在るのです。 テーマは 変容です! 魂の望む生き方を願うなら、あなたは、必要があります。 起業家さまへ をプレゼントしております。 【自分の人生に感動を起こす!】無料講座はです。

次の

不器用な人の特徴は?自分に合てはまるかチェックしてみよう|MINE(マイン)

自分 不器用 ですから

いいなー、いいなー。 底の方で勇気を持って買った人いいなー、すごいなー。 オレは一生負け組なのかなぁ -. - なんて、完全にマイナスマインドの傍観者になっておりました。 すると、前場の勢いそのままに、 本日のクライマックス、後場明けての30分間には 一時3%超えるところまでSETは上昇。 しかし、このMax株価をキープしたのは5分も無く、少しずつ下落していきました。 この下落の勢いは止まらず、 結局終わってみれば続騰とは行かず、下落しプリクローズ。 大引けでは結局上げて終了となりましたが、 15時まで騰がってからの下落となり、多くの銘柄で上ヒゲがつく結果となったので、 今後の株価のリバウンドがどうなるのか動向は要チェックですね。 明日の金曜日までは上げ相場で、来週はちょい下げるでしょーとか思っていたのですが、 やっぱり見事に予想をハズしてくるあたり、さすが負け組のおっさんです。 そんな中年のおじさんは、 こんな見事な上下運動激しいリバウンドで みんながノリノリの上げ上げ相場の恩恵にも乗っかること能わず。 たった1人こんなアゲアゲのタイミングでひっそりと損切りとなりました。 そこから怒涛の急落で6bahtまで下げて、反発した本日損切りと致しました。 買ったのが9. 11baht、売却したのは、7. 65バーツで20,000株。 約3万bahtの損切りです。 まだ保有数が少なかった事が救いですね。 売却した理由はただ一つ。 中国からの投資目的による資金流入でなんとか体をなしていたタイの不動産相場。 今後、コロナが落ち着いたとしても、生活も投資もまずは身の回りが整ってから。 とてもじゃないけど、海外に投資している場合じゃないだろうし、 株価は反発するのかも知れないけど、正直言って タイの不動産市場が今後どうなるか全く分からない。 不動産を買うのは、相場もいまいちよく分からないし、管理も大変だろうしってことで 株に投資したわけですが、株でも良く分からないものに資金投下するべきではありませんね。 とはいえ、これまでしばらくは大丈夫そうと思っていたのは、 今期の配当はすでに発表されていて、1株あたり0. 40baht。 権利落ち日が5月6日を予定しているので、 そこに向かって株価は今よりももっと騰がっていく可能性は大いにあります。 しかし、「結局下がるんだろうな」と思っている株を保有しているのは精神衛生上良くないので 許容できる損切り額まできたし、ここが最後の逃げ所と思い、売り。 大引けでは7. 25bahtまで下げていたので、 今日の所は正解トレード。 まぁ、その許容できる含み損を超えた段階で損切りも出来ず、 ダラダラと下落する銘柄を保有していた時点で、トレード下手であることは間違いないですが -. - 損切りを今日行ったもう一つの理由 それは、SET指数のリバウンドの幅の自分予想に基づいています。 高いところから落としたボールが、勢いそのままに地面で反発して跳ね返るように 株価も高いところから落ちれば、当然反発します。 今がまさにそのリバウンド中。 しかし、この反作用は少なくとも現在タイの経済が停滞し、 成長など見込めない状況では 落ちた高さよりも大きく跳ね上がることはないと 個人的には思っています。 なので、今日は終わってみれば下落して終了したものの、 跳ね返る可能性が高い最大値は、3月9日の大暴落直前の水準、 3月6日の株価、SET指数ですと1,364ポイントということになります。 ここまでは届かず下落する可能性は高いと思ってはいますが、 もし、3月6日の株価より上にまでこのまま株価が跳ねたとしたら、 完全強気相場・上昇局面入りしたと判断し、 もしその段階まで資金投下を控えていたとしても、間違いだったと考えを改めたいと思っています。 といっても、その頃にはSET指数は1,400を回復。 気付くの遅すぎか。 当然、暴落局面バーゲンセールで優良株ゲット作戦は失敗してますね -. - そうなったら、また次の10年後の暴落を目指すかな。 さてさて、明日の相場はどうなるのか。 本日の相場は、波乱含みとなったもの、終わってみればしっかり上げて終了。 まだまだ買い気の多いマーケットです。

次の

第45話 自分、不器用ですから

自分 不器用 ですから

不器用の意味とは 自分が不器用で生きづらいと感じる人は少なくありません。 主に人間関係や仕事・勉強の成果やスピードに対して感じることが多いでしょう。 自分ではそう思っていなくても周りの人に不器用と言われたことのある人もいるかもしれません。 今回は不器用な人の性格や長所、不器用だと自覚している人の対応の仕方について解説します。 そもそも不器用とは、本来どういった意味なのでしょうか? 要領が悪いこと 不器用とは、もともとは手先が器用でないことをさします。 現在では一般的に要領が悪いことを意味する場合が多いでしょう。 例えば、人づきあいや世渡りがうまくできない人や2つの物事を同時進行できない人のことを不器用と表します。 英語では『clumsy』や『unskillful』と表現されることが多いです。 clumsyはドジな人を指すことが多く、unskillfulの方が日本語の不器用に近い表現です。 スキルが十分でない、という表現からもさまざまな物事にスマートに対応できない人物像が目に浮かびます。 不器用の類語も紹介 不器用をほかの言葉で表現すると『ぎこちない』『不手際』『下手』などが類語として当てはまるでしょう。 手先の動きを示すものなのか、要領や手際の良さを示すものかによって使い分ける必要のない『不器用』という言葉はある意味、非常に便利で的確な言葉といえるでしょう。 不器用な人の性格 不器用な人には特有の性格があります。 自分を不器用だと思っている人は当てはまるものがないか見ていきましょう。 周りに気を使いすぎる 不器用な人は、性格的に周りに気を使いすぎる傾向があります。 自信のないタイプが多く、あらゆる場面で上手く出来なかったら周りの人に迷惑がかかると心配しがちです。 そのため、1つ1つの行動に時間がかかったり、委縮してミスにつながったりします。 また、不器用な人は周りに気を使いすぎて断るのが苦手なため、キャパオーバーな量の仕事や雑事を抱え込みがちです。 手際が悪い人でなくともこなせる量ではないため滞りがちで、不器用な人とのレッテルを貼られます。 優柔不断で決断力がない 不器用な人は、優柔不断で決断力がない面があります。 これは前述した周りに気を使いすぎる性格に起因するものかもしれません。 何をするにも周りと歩調が合っているか、どう思われるかを気にしてしまい優柔不断となっている人が多いでしょう。 自信がないために自分の答えが正解かどうか慎重になりすぎて決断に時間がかかり、一度決めたことでも最善だったのか、くよくよ悩むこともあるでしょう。 こうした場面が日に何度も起こることで周りから不器用な人と思われてしまうのです。 臆病で傷つきやすい 不器用な人は繊細で傷つきやすく、そのため臆病な一面があるでしょう。 要領よく世渡りができないので、傷つく出来事にあいやすく臆病になっているといえるかもしれません。 人から叱られたり、冷笑されたりした経験が積み重なり、何か行動を起こすときに委縮したり優柔不断になったりしがちです。 過去は過去、と割り切ることがむずかしく、不器用さに拍車がかかっている人もいます。 不器用な人の特徴 不器用な人の性格はどういった場面で現れやすいのでしょうか。 不器用な人の特徴をみていきましょう。 柔軟性がなくミスが多い 不器用な人は柔軟性がなくミスが多いです。 要領が悪いと一言で済ませられてしまいがちですが、不器用な人は自分の考えや物事の進め方が正しいか自信がありません。 そのため慎重になりすぎたり言われたことを守ろうとしすぎたりして緊張状態になることが原因と考えられます。 萎縮しながら行動を起こすので、周囲の言葉がすんなり耳に入らずミスが生まれやすいといえるでしょう。 また、不器用な人は一度言われたことに疑問点や変化があっても聞き返すことが苦手です。 初めに言われたやり方や自分のやり方を押し通そうとするため、要領が悪く非効率的と思われがちといえます。 言葉で表現するのが苦手 かなり昔の話ですが、無口な人や言葉が見つからない時に「不器用ですから」と言うのが流行りました。 「不器用ですから」のセリフが印象的なCMに出演した俳優・高倉健さんの魅力から流行したともいえますが、不器用な人の言葉での表現が苦手な一面をよく表していることから共感する人が多かったのでしょう。 不器用な人は、気持ちや物事を言語化するのが苦手です。 言葉足らずで周囲からは考えが読めない人の印象を抱かれがちです。 慎重な性格の人が多く、気軽に言葉にするのに抵抗があったり、言い訳をしたくなかったりといった面が災いしているともいえます。 また、不器用な人は自分がやるべき1つの事に過度に集中しがちなため、そうした周囲の心配に気づけない事があるでしょう。 恋愛においても上手くアピールできない 不器用な人は言葉で表現したり、要領よく立ち回ったりできないので、恋愛においてもうまくアピールできず、相手に誤解を与えたり、ライバルに出し抜かれたりしがちです。 交際関係にあっても、恋人が不安になった時に気づいたり、上手く対応できなかったりするため、相手が不安や不満を募らせることもあるでしょう。 気持ちは十分にあるのに慎重すぎたり伝え方が上手ではないせいで大切な人を逃してしまうこともあります。 不器用な人にも長所がいっぱい 不器用な人の性格や特徴をみていくと短所ばかりが目につきますが、昔から短所は長所とよくいったものです。 不器用だからこその素敵な長所がいっぱいあります。 日頃から不器用さを理由に自己嫌悪に陥っている人にもぜひ気づいてもらいたい長所を紹介します。 嘘などが下手で純粋 不器用な人は、純粋で嘘をつくのが苦手な人が多いです。 要領よく世間と付き合っていくためには、時には嘘や媚、言い訳が必要です。 不器用な人は純粋なため、自分の心や事実に反したことを思いつきすらしないでしょう。 正直でまっすぐな人柄の人が多く、たくさんの人に理解されなくても、とても親密な関係の友人や恋人に恵まれるタイプといえます。 自分のやり方や考え方にポリシーやこだわりがあり、ゆずれない人も少なくありません。 自分以外の人の考えややり方に影響を受けることも少なく、唯一無二の存在感をまとう人も多いです。 なにごとにも一生懸命 不器用な人はなにごとも一生懸命に取り組みます。 時間がかかったり、要領よくこなしたりはできないにしても、自分の中で最良と思えるまで些細なことでも一生懸命努力できるタイプが多いでしょう。 そのため、思いもよらない大きな成果を上げたり、大事な場面で重宝されたりします。 言い訳をしたり手順を省いたりもしないので、周囲から信用を勝ちとることも多いでしょう。 また、自分のやるべきことに一生懸命なため、人の足をひっぱたり妬んだりすることもありません。 何か得意なことや集中できることが見つかれば、周囲にとって非常に魅力的な人物にうつります。 不器用さを治したいなら 不器用なことは短所でもありますが、上手く活かすことができれば長所にもなりえます。 しかし、不器用なことが理由で生きづらさを感じる人もいるでしょう。 そのままでいると長所を生かしきれないかもしれません。 もし、自分の不器用な面を治したいのなら試してほしい克服法をいくつか紹介します。 家族や恋人など身近な人が不器用さに悩んでいる場合にも参考になるでしょう。 自分を客観視する癖をつける 不器用な人は複数のことを同時進行するのは苦手ですが、一つのことに集中するのは得意です。 そのため周りが見えなくなったり優先順位がわからなくなったりしがちです。 融通が利かない、柔軟性がないと捉えられることがあるでしょう。 こうした癖に気づいたら、自分をなるべく冷静に客観視するように心がけましょう。 今自分が何をしていて、次は何をすべきか文字に書き起こしたり、口に出したりして言語化してみるのも意識が変わりおすすめです。 朝、1日のタスクを順序立てて並べるのもよいでしょう。 思い込みや自分の希望は一旦横に置き、第三者になったつもりで行うと周囲の気持ちを思いやることもできるでしょう。 失敗しないよう準備を怠らない 不器用な人は一つの失敗や自分の思い通りにいかなかったことに、長い間とらわれてしまったり失速したりする傾向があります。 そのため、何事も準備を怠らず、失敗しないように心がけるとよいでしょう。 また、失敗したときのために先を見越して、違った案や考え方、余裕をもったスケジュールを準備しておくことも大切です。 何かに集中している間はなかなか軌道修正がむずかしくなるタイプなので、こうした先回りが心や時間の余裕を生むと覚えておきましょう。 苦手なことは周りに助けを借りて 不器用な人は自分の現状を言葉にして説明したり、いくつもの事案を同時進行させたりすることができません。 無理に押し進めればパニックやミスにつながるでしょう。 そのため苦手なことは周りに理解や助けを求めるのが最善の策です。 不器用な人の特徴として、自信がないわりに自分の考えに固執しがちな点があります。 しかし、周囲の意見をきいたり、助けを求めたりすることで、自分では思いもよらなかったアイデアや対応策を得られることがあるものです。 勇気を出して周りに助けを借りましょう。 まとめ 不器用とは要領や手際が悪いことを意味します。 そのため、不器用な性格の人は柔軟性がなかったり優柔不断だったりして生きづらさを感じているかもしれません。 しかし不器用な人にも正直さや生真面目さなど長所はたくさんあります。 時には自分を冷静に客観視したり、入念な準備をしたうえで周囲の助けを借りたりしながら長所を生かしていけるといいですね。

次の