保温ランチジャー。 【楽天市場】保温ランチジャー

保温ジャーの弁当は夏場でも大丈夫?絶対守るべき腐らない温度管理について解説!

保温ランチジャー

保温ジャーの弁当は夏場でも大丈夫? 結論から言いますと、 夏場でも保温ジャーの弁当は使用はオッケーです! しかし、温度や時間に気をつけるべき点がありますので、確認しておきましょう。 まずは保温ジャーの保温力が高いかどうかを確認しましょう。 説明書やパッケージを読み、「6時間後でも、温度が60度以上を保つことが出来る」となっている保温ジャーであれば安心して使用できます。 次に、弁当を作ってから食べるまでの時間を、 6時間以内にするようにします。 これは保温ジャーにも注意点として記載されており、6時間以上たった保温ジャーの弁当を食べるのは、お腹を壊してしまうリスクがあるので注意してください。 夏のランチジャーの正しい使い方は? 夏場に保温ジャーにお弁当を作る際、おかずはなるべく前日の残り物はできるだけ使わず、朝に調理したものを入れるようにしましょう。 理由としては主に作り置きの危険性です。 ご飯はなるべく炊きたてのご飯を入れ、前日に炊いたご飯や温めた冷凍ご飯を入れるのは避けてください。 先ほど紹介したように保温ジャーの特性を活かすには一定の食品温度が必要です。 「6時間後でも、温度が60度以上を保つことが出来る」ことでしたね。 もし、ランチジャーのメーカーが推奨している温度を保てないとランチジャーの中のお弁当に菌が繁殖しやすくなってしまうのです。 おかずに関しては、きちんと冷ましてから詰めるようにします。 おかずは作り立てでも、ご飯のように高温になることはほぼありませんので、暖かいまま詰めるのは逆効果です。 つまり、 おかずに関しては保温させないということです。 温めてしまうとランチジャーの中で中途半端な温度になり細菌が繁殖します。 また、暖かいご飯と冷たいおかずは別々に入れるようにすると、より傷みにくくなります。 もっとも保温ジャーはご飯の熱がおかずに移らない構造になっていますので大丈夫です。 ごはんの上におかずを乗せるのはやめておきましょうね。 弁当が腐る温度に気をつけよう! 夏に弁当が傷みやすくなる原因は細菌がいちばんの原因なんです。 細菌がもっとも繁殖しやすい温度は、30度~40度。 夏場に温度管理をまったくしていない弁当箱は、 丁度30度~40度になるため夏の弁当は傷みやすいと言われているのです。 ですから、ランチジャーに中途半端な温度のご飯をいれると夏の暑さで温まり、細菌が発生してしまう温度(30度~40度)になる可能性があるのです。 スポンサーリンク ランチジャーはあくまで保温ですので、適温に温度が上がる事はありません。 ですから、最初から熱々のごはんを入れて、60度以上を保たせる必要があるのです。 保温ジャーは普通の弁当箱のように冷ましてから詰めると逆効果ですので覚えておいてくださいね。 ご飯はできるだけ炊きたてのアツアツの状態で詰めて、すぐに蓋を閉めて冷めないようにするのが正解です。 保温ジャーを正しく使えば温かいごはんが食べられて細菌も繁殖しにくいとなれば、炊き込みご飯やチャーハンもおいしく食べられそうですが。 ちょっと待ったぁ〜です。 炊いたお米は高温を維持できても中の具は高温を維持できず、ランチジャー全体の温度が下がって細菌が繁殖してしまう恐れがあるのです。 チャーハンや炊き込みごはんは夏のお弁当には不向きな料理として有名です。 炊き込みご飯やおかずで夏のお弁当に不向きな食材を別の記事で紹介しています。 スポンサーリンク ランチジャーは保冷も出来る? ランチジャーは、中に入れたものの温度を変えず長時間保つことが出来る、魔法瓶効果があります。 ですから、保温だけではなく保冷も可能なのです。 例えばそうめんや冷やし中華、冷たいそばやうどんを入れて持っていくのはいかがでしょうか? スープジャーなどにだし汁やつゆを入れ、おかず用の弁当箱に具材や薬味を入れます。 私は冷たく冷やしたご飯にお茶漬けの素をかけ、氷水をかけた「冷やし茶漬け」弁当を作って持っていたこともあります。 食欲があまりないときには冷製スープや、時間があるときにはパスタをゆでて冷まして冷製パスタを作るのもいいですね。 注意点として、暖かいものと一緒に入れるのは厳禁ですよ〜! 温かいものと一緒に入れてしまうと温度が混ざり合い、細菌が繁殖しやすい30度~40度にランチジャー内が温められてしまう恐れがあるからです。 保温も保冷も出来る万能なランチジャーですが、なぜか使いたがらないパパさんもいますよね。 また、温かいご飯とお弁当用に冷ましたおかずを用意するのが面倒!というママさんもいるのではないでしょうか? 保温ジャーを使わずに猛暑の中お弁当を腐らせない方法を別の記事でご紹介しています。 ちょっと荷物になりますけど、メリットもありますので参考にしてみてください!.

次の

【保温弁当箱とスープジャーの保温力比較】タイプ別の保温効果を実験でチェック!

保温ランチジャー

おかず入れが問題なのですよ。 ご飯のところは冬でもしっかり保温できる、つまり外気温と完全に遮断した状態にしてありますが、置かず入れは殆どの製品がそうではありません。 したがって、暑い夏場はおかずは中途半端な、もっとも雑菌が繁殖しやすい温度になりがちなのです。 最近はこのおかず入れも外気温の影響を受けにくい製品が作られているようですよ。 主たるメーカーのQ&Aでは ランチジャーは、1年中(夏場でも)ご使用いただけます。 おかずは腐りにくい物を選び、一度火をとおした食材を冷ましてから入れてください。 (象印) 直射日光や熱い自動車の中を避けて、涼しい環境であれば大丈夫です。 特に菜入れは、周囲の温度に影響されるので十分気をつけてください。 (タイガー) 密封してあっても熱は常に温度の高い方から、低い方へと移動します。 間に空気などの熱伝導率の低いもの(つまり、熱をつたえにくいもの)を入れる事によって保温効果をあげますが、熱の移動をゼロにすることはできません。 ですから特に保温性能を追求していないおかず入れの部分は、外部の温度の影響を受けやすいと言えます。

次の

【楽天市場】保温ランチジャー

保温ランチジャー

意外と知らない? スープジャーの保温の実力 名前のとおり、お味噌汁やスープなど温かい汁物料理を持ち運ぶのにとっても便利な「スープジャー」。 保温力を生かして、! お店に行くと、たくさんの種類のスープジャーが並んでいますよね。 サイズが小さいもの、大きいもの、シンプルなデザインのもの、キャラクター商品など、さまざまです。 スープジャーの実力のバロメータ「保温効力」とは? スープジャーのパッケージを見ると、保温効力という項目が書いてあることがあります。 例えば… 保温効力/80度以上(1時間)、50度以上(6時間)と、あります。 これはつまり、スープジャーの中に95~100度の熱湯を入れて室温が20度前後の場所に置いておくと、 1時間後までは80度以上に、6時間後までは50度以上に保温することができますよー、という意味。 下のパッケージ写真は黒いスープジャーのもので、容量は380ml。 こちらのは、 保温効力/56度以上(6時間)。 6時間後の温度が高いので、 THERMOS(サーモス)のスープジャーのほうが保温効力が高いといえます。 この保温効力、日本国内で販売される魔法瓶には必ず記載されますので、ぜひチェックしてみてくださいね! でも、保温効力以外のスープジャーそのものの違いって、あまり知られていないかも?? というわけで、今回は知られざる(笑)スープジャーの内側を徹底比較しちゃいます。 スープジャーの内側や飲み口の違いも重要! まずは、スープジャーのフタを開けてみましょう。 スープジャーはステンレス製なので、フタを開けると、このとおり。 保温性の高いステンレス製なので、内側の色はシルバーです。 ところが! スープジャーの中には、セラミックコートという処理がされているものもあります。 それがこちら。 色がグレーがかっていて、手触りもなめらかです。 普通、口を付ける部分は、内側と同じくステンレス製になっています。 端が細い分、口を付けたら違和感を覚えることもあるかも? ところが! スープジャーの中には、口が当たる部分に樹脂製のカバーが付くものがあります。 それがこちら。 スープジャーにありがち!?「フタが開かない」トラブル 「スープジャーの内側」や「飲み口」の違いに続いて、今回注目するのは スープジャーの開けやすさ! 熱いものをスープジャーのような密閉型容器に入れると、フタが開きにくくなることってありますよね? これ、意外と多いトラブルらしいんです。 その原因は?? 容器の内側に熱いものを入れると、内部の圧力に変化が起こるから、ということです。 うーん、ozawaにはちょっと難しいのですが。 重要なのは、 いざ食べようという時にフタが固くて開かなかったら、とても困る!ということです。 どれだけ力を込めても最後までフタが開かず、せっかく持って出かけた温かな料理が冷めるまで食べられなかったら? 想像するだけでブルーな気分…… そういう、 スープジャーの「フタが開かない」トラブルを解決してくれるのが、こちら! スタイラスというブランドのスープジャーで、指で押しているのは 「空気抜きボタン」。 こちらは、魔法瓶のパイオニアメーカー THERMOS(サーモス)のスープジャーです。 さすがは実力派メーカー! 細かなところまでバッチリ気遣った設計です。 スープジャーの機能を比較!選ぶポイントまとめ 3種類のスープジャーを使って、内側や機能の比較を一覧にしてみました。 使ったのは、これまでに紹介したスープジャー。 魔法瓶のパイオニアメーカー THERMOS(サーモス)の商品と、ポップなデザインがかわいい Ricke(リッケ)の商品、そして、コスパ抜群の スタイラスの商品です。 並べてみると、同じスープジャーでも少しずつ違いますね。 普通のお弁当箱に比べると便利な機能が多いのですが、その分価格も高め。 そして、サイズとデザイン以外の違いは意外とわかりにくいかも? 保温弁当箱・ランチジャー・スープジャーの違いとは? では、ここでは保温弁当箱の構造タイプ別に、主な種類をご紹介。 ランチジャー、保温弁当箱、スープジャーの3つについてみていきます。 魔法瓶構造の「 ランチジャータイプ」 昔ながらの大きなサイズは「お味噌汁が入るお父さんのお弁当箱」として馴染みのある方もいらっしゃるのでは? そもそも、ランチジャーというのはなんなのか?? 調べてみると、「魔法瓶型のお弁当箱」とのことでした。 そして、容器を収納するハードケースが、魔法瓶構造! これです! 保温機能バッチリのこのケースが、ごはんやおかずの温もりをキープしてくれるんですね~。 少食な方や女性向けのランチジャーもたくさん販売されています。 こちらは LUNTUS(ランタス)というシリーズ。 スタイリッシュなデザインが人気です。 こちらは同じシリーズの女性向け。 こちらは THERMOS(サーモス)の保温弁当箱で… ごはん入れが魔法瓶構造になっています。 おかず入れと一緒に専用ポーチに収納。 ランチジャーと大きく違うのは、ケースに魔法瓶構造がないということ。 このお弁当箱には専用ポーチがついていますが、写真で見るとおり、ソフトケース。 お弁当箱をガードするクッション性のある生地ですが、保温機能はありません。 密閉性、保温性の高いスープジャー お次は、スープジャー。 保温弁当箱の中でもとくに密閉性の高い、スープ用のお弁当箱です。 保温弁当は冬以外にも便利!おすすめレシピと活用術 保温弁当箱は寒い冬に便利!なんて思っていませんか? 実は、保温弁当箱は夏にもオススメなんです。 保温弁当箱があれば、暑~い猛暑日に、冷た~いそうめんや冷やしうどん、冷やし中華…… 冷たいメニューもどんと来い! こちらは、当店バイヤーの真夏の愛妻弁当。 そうめん、ざるそば、冷やし中華…などなど、いろんな冷たいメニューを食べていました。 すごいぞ、奥さん! 編集部ozawaも、スープジャーを使って夏にそうめんランチを食べましたが、容器の中に氷を入れておくとお昼までキンキン。 レシピ探しにはメーカーのウェブサイトが便利 冷たいデザートや、ランチ替わりのスムージー…… アイディア次第でいろんな使い方を楽しめるのも、スープジャーや保温弁当箱の人気の秘密。 THERMOSをはじめ、toneシリーズなど、保温弁当箱やスープジャーを多く取り扱うメーカーには、ウェブサイトにレシピを載せているところもあります。 レシピだけでなく、とっておきの使い方を紹介するサイトもあるので、ぜひ一度チェックを! 書店ではレシピ本もたくさん売られています。

次の