君 の 膵臓 を たべ たい 小説。 『君の膵臓を食べたい』最大の謎はXXが一切登場しないこと!その理由とは?

彼女は告白する「だから、私は君の膵臓を食べたい」『君の膵臓をたべたい』【小説感想】

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

まさか、2018年最初に読み終えた本がこれになるとは思いもよらなかった。 こちら2015年に出版された住野よるのデビュー作である。 僕自身はもともと、小説の中でももっと 暗くてひねくれたやつを好んで読む傾向があります。 具体的に何とかはないけど。 そんな僕の好みとは対極に位置する眩しすぎるほどの本書。 話題になったときから本の存在は認知していたけど、どうせ、少女漫画みたいな展開のありふれた 余命青春系ラブストーリーだろ、決めつけてかかりどこかで敬遠していた。 そんな中、たまたま会社の先輩からこの本を借りる機会があって、せっかくなので読んでみたというわけ。 まあ、読後の最初の感想としては、 「なんだこのありふれた 余命青春系ラブストーリーは、、、、」 いえ、別に非難しているわけではない。 ただ、よくある展開の中でも心が温まるというか、いや澄んだ心を持つのは素晴らしいなと。 正直、何番煎じかわからないほどのありがちな恋愛ラブストーリーだとは思う。 それでも、本書ならではの感動と感心する展開があったのは事実。 斜に構えず、純粋な心で読み進めていくと、ちょっと切なく、ほっこりした気持ちになれて心地よい読後感が得られる。 そんなこんなでざっと思うことを書いた。 あらすじ ある日、高校生の僕は病院で一冊の文庫本を拾う。 タイトルは「共病文庫」。 それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。 本書引用 冒頭一行目から 「クラスメイトであった山内桜良の葬儀は~」といきなりヒロインの死が確定して物語はスタートする。 病気の秘密を知ってしまったことで、 人との関わりを避けてきた内向的な 僕と、 明るく天真爛漫でクラスの中心的な存在の 桜良が、接点を持ちお互いに心を通わせていく形で物語は進んでいく。 「君の膵臓をたべたい」の意味について 冒頭に「 昔の人はどこか悪いところがあると、ほか他の動物のその部分を食べた」「そうしたら病気が治るって信じられていたらしいよ」と説明がなされている。 ここでタイトルの意味を明かしたかと思いきや、最後にお互いのことを君の爪の煎じて飲みたいとの表現を改めて、 君の膵臓がたべたいと送り合う。 正反対な二人だと認めながらもお互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れていたという共通の気持ちを示しあい終わる。 つまり 君のようになりたかったということを二人にしか伝わらない方法で表現している。 一見すると、猟奇的な言葉をお互いを尊重しあっている意味に変換して捉えることができるようにした点は素晴らしいと思った。 また恋愛小説とは思わせないギャップのある斬新なタイトルにしたのも惹きつけられる一因かと。 印象的な桜良のセリフ 「私たちは皆、自分で選んでここに来たの。 偶然じゃない。 運命なんかでもない。 君が今まで選んできた選択と、私が今までしてきた選択が私たちを会わせたの。 私たちは自分の意思で出会ったんだよ」 本書引用 偶然、運命ではなく、自分の意思で選択してきた結果。 そんな考え方は自分の現状を自分の力で引き寄せることもできるという意味が込められていると思った。 主体性を持った行動するものにとって自信に繋がる勇気づけられる一節でないかと思い感銘を受けた。 また、名前の由来の話題になったときの主人公のセリフで 春を選んで咲く花の名前、は出会いや出来事を偶然じゃなく選択と考えてる、君の名前にぴったりだって思ったんだ。 本書引用 と言った返しも秀逸でうまいなと。 んで、 共病文庫の中での 17年、私は君に必要とされてるのを待っていたかもしれない。 桜が春をまっているみたいに。 本書引用 と記されているところにリンクしている点も素晴らしい。 ラストシーンの解釈 もう、怖いと思わなかった。 で締めくくられるラスト。 共病文庫の中の桜良の推測として、 僕が桜良の名前を呼ばない理由について、 「いずれ失うってわかっている私を「友達」や「恋人」にするのは 怖かった のではいないか? 当たっていたら、墓前に梅酒でも置いといて 笑 」 とある。 そして、その後の恭子との墓参りのシーンで 「お供え物はその時に買ったお土産なんだ。 学問の神様がいた場所にできた梅で作られてたものだ。 」 とあるため、桜良の推測は的中していたと考えて間違いないでしょう。 主人公は 人と関わりから逃げることがなくなったということだと思う。 まとめ ちょっと鼻につく会話のやり取りもあるが、比較的読みやすく、素直に感動できる作品だと思った。 その感動は普遍的な恋愛小説のようなお互いの気持ちが通い合うことによる感動と主人公の人間的な成長に対しての感動の二面性が味わえる。 おしまい Advertisement 関連する記事• 2018. 15 こんにちは。 また良書に出会えたので、感想を書きたいと思います。 こちら、ドラマもヒットした陸王です。 陸王 -ディレクターズカット版- Blu-ray […]• 2019. 2020. 12 「吾輩は猫である」に匹敵するほどに有名な夏目漱石の代表作の「坊っちゃん」。 この本を自ら手にとる人ってどんな人なんでしょうか? 僕が最初に夏目漱石を読[…]• 2017. 2019. 27 あらゆる自己啓発本の頂点に立つ本。 決して誇張ではない。 そう感じざるを得ない本だった。 結構前に話題になっていてドラマ化、アニメ化もされ[…]• 2018. 2018. 13 久しぶりに面白い本を読んだ。 読み始めたきっかけとしてはただ面白そうという理由のみで手に取った。 実際、後から思い返してみる[…]• 2018. 2019. 18 「なんかいい本ないかなー」とブックオフを物色していたときに惹かれた一冊。 単にタイトルと表紙がかっこよくてジャケ買いした。 一見、堅苦しそうなタイトル[…].

次の

【小説】「君の膵臓をたべたい」を読んだ【感想ネタバレ有】

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

泣ける!と評判のベストセラー小説「君の膵臓を食べたい」が映画化され話題となっています。 「君の膵臓を食べたい」という、少しぎょっとするタイトルですが、内容は膵臓を患い余命わずかな少女と、クラスメイトの男の子との純粋で切ないストーリー。 膵臓を患った少女の闘病記なのかなと思って読み始めましたが、予想外の展開に唖然…! 今回は、「君の膵臓を食べたい」のネタバレあらすじと感想を簡単にまとめてみました。 ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。 スポンサーリンク 君の膵臓を食べたいネタバレ結末【前半】 「君の膵臓をたべたい」 山内桜良 浜辺美波 が僕 北村匠海 が言った。 昔の人はどこか悪いところがあると、他の動物のその部分を食べることにより病気が治ると信じられていたらしいという。 明るく天真爛漫でクラスの人気者の桜良に対し、友達がいない僕は部屋に篭って本を読んで過ごすことが好き。 接点がない二人だが、さくらの「共病文庫」という日記を偶然見たことをきっかけに、僕は桜良が膵臓の病気で余命1年あまりであることを知る。 桜良は誰にも病気のことは話していないようだが、僕には明るく病気のことを打ち明けた。 それから、僕は桜良に誘われるがままに遊びに行くようになる。 最近、近くで通り魔事件が起きたというニュースよりも、次第にクラスの間では僕と桜良の関係が噂されるようになった。 桜良の親友の恭子も僕らの関係に、何か納得していない様子だったが桜良自身は気にしていない様子。 桜良の家に遊びに行った時、桜良が「死ぬまでにしたいことのひとつ、恋人でもない男の人といけないことをしたい」と言い、僕をからかった。 僕は腹が立ち、桜良の家を後にした。 桜良は怒って出ていった僕と、このまま険悪になるのは嫌だと思い追いかけてきた。 二人は、お互いに謝り関係を修復した。 翌日、桜良は学校に来なかった。 その日の夜、桜良が入院したと聞かされた。 スポンサーリンク 君の膵臓を食べたいネタバレ結末【後半】 桜良が入院した日の週末、僕は桜良の病院を訪ねた。 様態が悪くなったわけではなく、検査のための入院だと聞かされた。 桜良はあいからわず天真爛漫であっけらかんとしていた。 お見舞に来てくれる親友の恭子たちや、クラスメイトには盲腸の手術だと偽り、本当のことはまだ話していないらしい。 その後、桜良に呼び出され僕は病室へと向かった。 ゲームをしている中で僕は桜良に語りかけた 「君にとって生きるとはどういうこと?」 桜良はいつものように、おちゃらけた後にこう答えた。 「誰かと心を通わせること。 人との関係が私が生きていること。 」 その言葉に、僕は鳥肌が立ち魂が揺れた。 僕らは、彼女が退院するまで沢山冗談を言い合い、笑って、時に罵倒しあい、尊重しあった。 そんなふうに過ごす日常が僕は好きになっていった。 僕は人との関わりを喜んでいたのだ。 僕は間違いなく桜良に出会って変わった。 その後、桜良は無事に退院し、喫茶店に呼び出された。 僕は、本当は桜良のように、愛し愛される人間になりたかったのだと気づいた。 そして僕は、その意味を伝えたくて、彼女を待つ間メールで送った。 「君の膵臓をたべたい」 しかし、彼女からの返事はなく、桜良は喫茶店に現れなかった。 山内桜良は通り魔に刺されて亡くなったのだった。 スポンサーリンク 桜良が死んだ…。 僕は残り時間が少ない彼女にも明日はまだあると当然のように思っていた。 しかし僕は彼女の物語の残りがあることに気づく。 それは彼女が綴っていた「共病文庫」だ。 彼女の母親に会い「共病文庫」を見せてもらった。 日記には、病気がわかったこと、彼女の日常で起きたことが綴られていた。 そして最後の方に「遺書」が書かれていた。 学校の皆へ、家族へ、親友の恭子へ。 そして、最後に僕に向けて書かれていた。 君は嫌がるかもしれないけど、私は君の膵臓を食べたい。 」 僕は彼女と心を通わせることで、人として初めて生きてきたことに気づき泣き続けた。 僕は桜良との思い出、お墓参りに訪れた。 どことなく桜良の笑う声が聞こえた気がした。 (おわり) 君の膵臓を食べたいネタバレ結末の感想 膵臓を患い余命1年の宣告された少女の闘病生活と、それを支える男子生徒の交流を描いたものなのかなと思い読み始めましたが、想像とは少し違いました。 闘病生活の部分については、ほとんど振られずに、二人の心の交流の部分がメインで書かれていました。 ほぼ8割ぐらい) また、膵臓を患い余命1年あまりということで、最後は病気で亡くなるのかな当たり前のように読み進めていましたが、通り魔に命を奪われるという予想外の展開になり、二人の別れは突然やってきます。 これには驚きましたが、余命1年と宣告されて病気で死ぬかはわからない、あと1年あると甘んじていたと「僕」が言っていたように、確実なものなんてこの世には存在しないということを改めて感じさせてくれた内容でした。 また映画では原作小説になかった大人になった僕と恭子のその後も描かれているので、また違った展開になるのかと思います。 気になる方は原作と映画合わせて楽しむことをおすすめします! スポンサーリンク.

次の

君の膵臓をたべたい:小説と映画の感想 あらすじ、名言、内容の変更点

君 の 膵臓 を たべ たい 小説

泣ける!と評判のベストセラー小説「君の膵臓を食べたい」が映画化され話題となっています。 「君の膵臓を食べたい」という、少しぎょっとするタイトルですが、内容は膵臓を患い余命わずかな少女と、クラスメイトの男の子との純粋で切ないストーリー。 膵臓を患った少女の闘病記なのかなと思って読み始めましたが、予想外の展開に唖然…! 今回は、「君の膵臓を食べたい」のネタバレあらすじと感想を簡単にまとめてみました。 ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意下さい。 スポンサーリンク 君の膵臓を食べたいネタバレ結末【前半】 「君の膵臓をたべたい」 山内桜良 浜辺美波 が僕 北村匠海 が言った。 昔の人はどこか悪いところがあると、他の動物のその部分を食べることにより病気が治ると信じられていたらしいという。 明るく天真爛漫でクラスの人気者の桜良に対し、友達がいない僕は部屋に篭って本を読んで過ごすことが好き。 接点がない二人だが、さくらの「共病文庫」という日記を偶然見たことをきっかけに、僕は桜良が膵臓の病気で余命1年あまりであることを知る。 桜良は誰にも病気のことは話していないようだが、僕には明るく病気のことを打ち明けた。 それから、僕は桜良に誘われるがままに遊びに行くようになる。 最近、近くで通り魔事件が起きたというニュースよりも、次第にクラスの間では僕と桜良の関係が噂されるようになった。 桜良の親友の恭子も僕らの関係に、何か納得していない様子だったが桜良自身は気にしていない様子。 桜良の家に遊びに行った時、桜良が「死ぬまでにしたいことのひとつ、恋人でもない男の人といけないことをしたい」と言い、僕をからかった。 僕は腹が立ち、桜良の家を後にした。 桜良は怒って出ていった僕と、このまま険悪になるのは嫌だと思い追いかけてきた。 二人は、お互いに謝り関係を修復した。 翌日、桜良は学校に来なかった。 その日の夜、桜良が入院したと聞かされた。 スポンサーリンク 君の膵臓を食べたいネタバレ結末【後半】 桜良が入院した日の週末、僕は桜良の病院を訪ねた。 様態が悪くなったわけではなく、検査のための入院だと聞かされた。 桜良はあいからわず天真爛漫であっけらかんとしていた。 お見舞に来てくれる親友の恭子たちや、クラスメイトには盲腸の手術だと偽り、本当のことはまだ話していないらしい。 その後、桜良に呼び出され僕は病室へと向かった。 ゲームをしている中で僕は桜良に語りかけた 「君にとって生きるとはどういうこと?」 桜良はいつものように、おちゃらけた後にこう答えた。 「誰かと心を通わせること。 人との関係が私が生きていること。 」 その言葉に、僕は鳥肌が立ち魂が揺れた。 僕らは、彼女が退院するまで沢山冗談を言い合い、笑って、時に罵倒しあい、尊重しあった。 そんなふうに過ごす日常が僕は好きになっていった。 僕は人との関わりを喜んでいたのだ。 僕は間違いなく桜良に出会って変わった。 その後、桜良は無事に退院し、喫茶店に呼び出された。 僕は、本当は桜良のように、愛し愛される人間になりたかったのだと気づいた。 そして僕は、その意味を伝えたくて、彼女を待つ間メールで送った。 「君の膵臓をたべたい」 しかし、彼女からの返事はなく、桜良は喫茶店に現れなかった。 山内桜良は通り魔に刺されて亡くなったのだった。 スポンサーリンク 桜良が死んだ…。 僕は残り時間が少ない彼女にも明日はまだあると当然のように思っていた。 しかし僕は彼女の物語の残りがあることに気づく。 それは彼女が綴っていた「共病文庫」だ。 彼女の母親に会い「共病文庫」を見せてもらった。 日記には、病気がわかったこと、彼女の日常で起きたことが綴られていた。 そして最後の方に「遺書」が書かれていた。 学校の皆へ、家族へ、親友の恭子へ。 そして、最後に僕に向けて書かれていた。 君は嫌がるかもしれないけど、私は君の膵臓を食べたい。 」 僕は彼女と心を通わせることで、人として初めて生きてきたことに気づき泣き続けた。 僕は桜良との思い出、お墓参りに訪れた。 どことなく桜良の笑う声が聞こえた気がした。 (おわり) 君の膵臓を食べたいネタバレ結末の感想 膵臓を患い余命1年の宣告された少女の闘病生活と、それを支える男子生徒の交流を描いたものなのかなと思い読み始めましたが、想像とは少し違いました。 闘病生活の部分については、ほとんど振られずに、二人の心の交流の部分がメインで書かれていました。 ほぼ8割ぐらい) また、膵臓を患い余命1年あまりということで、最後は病気で亡くなるのかな当たり前のように読み進めていましたが、通り魔に命を奪われるという予想外の展開になり、二人の別れは突然やってきます。 これには驚きましたが、余命1年と宣告されて病気で死ぬかはわからない、あと1年あると甘んじていたと「僕」が言っていたように、確実なものなんてこの世には存在しないということを改めて感じさせてくれた内容でした。 また映画では原作小説になかった大人になった僕と恭子のその後も描かれているので、また違った展開になるのかと思います。 気になる方は原作と映画合わせて楽しむことをおすすめします! スポンサーリンク.

次の