絶対 に 負ける オセロ。 「負けるのが難しい」…世界最弱のオセロAIを体験―開発者に誕生のきっかけを訊いた【特集】

【オセロ】たった3つの簡単なコツだけで友達には負けなくなる必勝法を大公開してみた話

絶対 に 負ける オセロ

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら! AVILEN社CTOである吉田拓真さんという方が作ったオセロAIが弱すぎると話題になっています! こちらがその本人のツイートになりこちらからその最弱AIとのオセロ対戦が楽しめます! 僕もやって見ましたがまったく負けることができなくて難しかったです。 逆転の発想。 【画像で見る:最弱オセロの遊び方】 今回公開された「最弱オセロ」は、PC・スマホを問わずに楽しめるゲーム。 通常は「盤面の石を1つでも多く自分の色に染めた方が勝ち」というルールですが、最弱オセロはその真逆。 盤面上に1つでも自分の石を残さないことで勝ち、つまり負ければ勝ちというルールが採用されています。 ゲームのリリースから間もなく、TwitterではAVILEN社CTOの吉田 拓真( TakuAtCoder1)さんが「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートし、4000件以上のリツイートされるなど話題に。 「AIが負けるように駒を配置してくるから勝つのと同じくらい難しい…」「10回以上やりましたが絶対負けること出来ないですね。 まいりました」「負けようとしても勝ってしまう!強い(いや、弱い!か?)」など、AIにどうしても負けられない人たちからの悲鳴が上がっています。 ねとらぼ編集部でもこのゲームをプレイしてみたところ5戦5勝。 何とか角を取らないでおこうと思っても、どんどん追い詰められて4つ角を取ってしまい、AI相手にボロ勝ちの状態が繰り返されました。 なお記事執筆時点(7月28日12時時点)でのAI戦績は120勝101795敗26引分となっています。 yahoo. 逆に負けた人は誇って良いのがおもしろいですねww 逆に本気で負けてみた!っていう動画が話題に!.

次の

オセロの間違った知識を捨てよう。特に序盤から沢山取ると勝てない?

絶対 に 負ける オセロ

これがきっかけで第3次AIブームが始まったと言われています。 そんなAIですが、囲碁界だけではなく「オセロ界」にもとんでもないモノが登場しました。 でも今回のAIは、人間は間違いなく超えているんですが、盤面上に自分の石をほとんど残さないで必ず負けることができる「オセロAI」なんです。 その名も「最弱オセロ」!! 開発したのは株式会社AVILENの創業者で技術責任者・吉田拓真さん。 彼は東京大学を卒業後大学院時代にAVILENを立ち上げ、AIを用いた図面読み取り・異常検知・Webアプリなど数々の開発プロジェクトを手掛けてきた方。 オセロで勝つにはもちろん論理能力が必要ですが、わざと負けようとしても相手の出方次第ではどんどん自分の石を増やしてしまって、その結果勝ってしまうということもあるのがオセロの面白いところなんです。 吉田さんはこの「最弱オセロ」を公開した際に「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートしたところ4000件以上のリツイートがあって一気に広まったそうです。 実際私もやってみましたが、見事に勝ってしまいました。 現在「最弱オセロ」は、約1800勝をあげる傍ら、約50万回負けているので、最弱オセロが勝つ確率は0.4%。 つまりあなたが負ける確率はたった0.4%! ほぼ勝ってしまうのはまちがいありません。 でも実は違うんです。 AI(人工知能; Artificial Intelligence)という言葉は、1956年に人工知能について情報交換をしようと開催された「ダートマス会議」の際、ジョン・マッカーシー(John McCarthy)氏(アメリカの計算機科学者)が会議の提案書で使ったのが最初と言われています。 この同時期に電子計算機(コンピュータ)が登場したことで、人間を超えるような人工知能が誕生すると期待され、次々と新しいアルゴリズムが考案されました。 これが第1次AIブーム(1950年〜60年ころ)となります。 しかしながらこの第一次ブームも、考え出されたさまざまなアルゴリズムを実行しようにもコンピュータの性能が追いつかず、いつしかブームは去っていきます。 続いて第二次AIブームが訪れたのは1980年ころ。 家庭にコンピュータが普及し始めたころで、このころは専門家の知識をコンピュータに教え込む「エキスパートシステム」という手法が取り入れられ、さまざまな問題について統計分析や確率的なアルゴリズムで予測ができるようになっていきます。 しかしながら膨大な知識データを覚えさせるには、このときもまだコンピュータの性能が追いついていなかったため、自然消滅していきます。 そして第三次AIブームはついにコンピュータが考えられるアルゴリズムをこなせるレベルに達した2000年代から徐々に始まります。 コンピュータの性能向上に加えインターネットの普及やクラウドコンピューティングでの解析・分析が容易になり、そこにカナダのトロント大学のジェフリー・ヒントンやヨシュア・ベンジオらが「ディープラーニング(深層学習)」という手法で劇的な予測率のアップを実現させます。 これが火付け役となって全世界に「ディープラーニング」の手法が広がります。 「アルファ碁」が名人棋士を負かしたことや、宇宙物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が亡くなるわずか1年前に「AIは人類を滅亡に導くかもしれない」と警鐘を鳴らしたこともブームのおおきなきっかけですが、もっと大きいのがこの「ディープラーニング」という手法によって、これまでの再帰分析や確率的予測などとは全く次元の違う予測方法を編み出したことなんです。 ではなぜこれまでの大量データを学習して予測を立てることと「アルファ碁」やこの「最弱オセロ」が違うのでしょうか。 それは、コンピュータの中に相手役を置きその架空の相手と何回も戦うことから始まります。 相手の手などはここから学習していきます。 これらの経験データをディープラーニングすることで、何らかの勝ち手を予測するのです(実際のゲームデータの解析を併用することもあります)。 なので厳密に言えば、なぜこの手法で勝ち手が予測できるのか「理論的」に解読できているわけではないんです。 あくまで経験則として、この手法で予測を立てると9割以上の確率で勝てることがわかっているだけなのです。 どうにも不思議な現在の第3次AIブームですが、ブームは終わる気配がないどころか、世の中のあらゆるものがAIで代替えされようとしています。 でも使うのは人間。 だからおもしろAIは欠かせない。 次は最弱囲碁もお願いします! (出典)•

次の

オセロを上達させる秘密技!これからは絶対に負けない!

絶対 に 負ける オセロ

こんにちは。 夜な夜な1人でオセロを打っている ポロロッカです。 オセロで勝利したこと、ありますか? 知らない人はいないほど有名なボードゲーム 「オセロ」。 その単純明快なルールゆえに、老若男女問わず その場にオセロ盤があったから思わずプレイしてしまった なんて経験がある人も多いと思います。 そんな みんなやってるオセロで みんなに勝てたら、 嬉しくないですか? というわけで、 初心者相手に"まず絶対負けなくなる"ための「必勝法」を3つ、紹介したいと思います。 が、1石2石ぐらいの 僅差であれ勝利できるに十分なテクニックをお届けします。 もくじ• 【コツ1】序盤は出来るだけひっくり返さない これは「隅を取ったら有利」に次ぐ オセロ超重要鉄則として有名なので、知ってる人も多いと思います。 オセロとは、 相手の打てる箇所 選択肢 を減らして自分の打てる箇所 選択肢 を増やすゲーです。 だから、 序盤は自分の手駒は少ないほうがいいに決まってますよね。 自分の石、つまり相手からしたらひっくり返す対象の石が少ないほうが、相手の打てる箇所は減るわけですから。 そのために序盤は 1石返し、1方向返しに徹しましょう。 1石返し……1ターンで1枚しか石を返さない• 1方向返し……1ターンで1つの方向の石しか返さない できるなら1石返し、せめて1方向返しを狙って 最小限の石を返していけば、次第に相手の石で溢れかえり、最終的には相手の打てる箇所はなくなり、自分のペースに持ち込めるようになります。 そこからは打って変わって大量の石を返していけば大逆転勝利、というわけです。 隅を取ったり、相手にパスさせるほど打つ箇所を減らさせるまでは、できるだけ石を返さない方針でいきましょう。 【コツ2】中割りを狙う 「中割りってなに?」という方が大半だと思うので説明します。 というか「中割り」を知ってる人なら、友達相手なら勝ちを収めている人のハズなのでこの記事自体読まなくていいです。 例えば、こんな場面があったとします。 あなたは白です。 この場合、数えたらわかりますが、 白の置ける場所は 8カ所ですね。 その中で、どれが1番いいのでしょうか。 まず、先ほどの【コツ1】で 「できるだけひっくり返さないのがいい」と言いました。 この盤面の8カ所の中で1石返しになるのは、 5カ所に絞られますね。 それでも5カ所。 5通りもある中で最善手を選ぶのは、初心者には難しい話です。 もう当てずっぽうしか味方してくれなさそうにも感じちゃいます。 しかし、そんな時に覚えておきたいスキルが、 中割り。 中割り……ひっくり返した石が、ひっくり返すために自分が置いた石も合わせて 周り8方向全て石で囲まれている状況 ひっくり返した石が「中割り」になっていると、 簡単にはひっくり返されない『内なる石』という最強ポジションになるので、 「中割り」を作れる時は積極的に作っていきましょう。 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトプログラム、seedApp、iTunes Affiliate Program)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 初出掲載:2017年3月14日 改訂:2017年12月20日.

次の