品出し コツ。 品出し(ピッキング)のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

品出しのコツは?スピードアップのテクニックなど

品出し コツ

単純に物量が多いのですばやく仕事を終わらせると言うのもありますが、これは 作業の美しさに関係するんです。 客観的に見て片手を遊ばせていると、どうもダラしないですよね? なにかサボっているようにも見えます。 お客様からするとダラダラ作業している姿は見ていて気持ちよくないんです。 両手で作業するポイントは腰から動かすことです。 腰をひねって商品を手に取り、棚に陳列しましょう。 ダイエットにもイイですよ。 特に生鮮品だと産地表記が大事! 「産地偽装」は社会問題になりましたよね。 特に震災以降、なかなかナイーブな問題になっていますので注意が必要です。 加工食品だったら賞味期限を。 野菜だったら鮮度を確認します。 まぁ、これを確認するための仕事であり、従業員であるのであえて説明する必要もないんですが。 下段の棚に品だしする時は必ずひざをつきましょう。 決して腰を屈めて作業してはダメです。 理由は3つあって• 作業が遅くなる• 腰に負担がかかる• 美しくない です。 まず絶対的に作業は遅くなりますよね。 そしてスーパーの従業員の職業病である腰痛に拍車をかけます。 腰痛はホント治りにくいので、既に痛い人もこれを意識してほしい。 さらに お尻をお客様にご披露する格好になります。 本人気づいてないパターンが多いですが、なかなか恥ずかしいですよ。 必ず作業中汚れますから(当たり前ですが)汚れても良いボトムでお願いします。 お客様の進行方向と相対する方向に体を向けて作業しましょう。 売り場が入り口付近だったら、入り口に体と目線が向くように作業位置をとります。 これはまず自分の視野を確保し、お客様の動きを把握して事故を防ぐという目的があります。 また、やはり美しさの問題。 お客様にとって顔が向いているのと、背中をむいているのとではお声のかけやすさも違ってきます。 入り口にお尻を向けちゃってる場合はかなり恥ずかしいですよ!(笑) 特に「高品質スーパー」を自認するなお店では接客は命です。 客導線を意識するとは重要な接客態度ですね。 まとめ そんなわけでまとめると• 両手で作業をする• ポップとラベルを確認する• 賞味期限と鮮度を確認する• 下段はひざをついて作業する• 客導線を意識する を意識するの5つでした。 超ピンポイントですが必ずお役に立てる情報だと自負しております(笑) 既にアルバイトを始めている方はもちろん、これからの方もぜひ覚えておいてください。 「マッハバイト」なら、採用お祝い金が最低¥5,000貰える アルバイトを探しているなら、を利用しないと損です! ならバイトが決まった時に お祝い金がもらえるんですよ。 その金額は¥5,000~¥10,000。 どうせなら貰えるもんは貰っておきたいですよね? 求人応募するならぜひから応募してみて下さい。

次の

品出しのコツは?スピードアップのテクニックなど

品出し コツ

「発注」の基本知識 まずは、発注の基本知識を紹介します。 私はスーパーマーケットで加工食品を担当しています。 なのでそこで得た知識をベースに紹介します。 発注の目的とは? 発注の基本は 「欠品させずに、しかも在庫を抱えすぎない」ことが重要です。 しかし、 すごく難しいです。 この 「欠品させずに、しかも多すぎない在庫」を適正在庫と言います。 つまり、 発注の目的は「適正在庫を保つため」と言えます。 スーパーマーケットの発注は2種類ある スーパーマーケットの発注には大きく分けて2種類あります。 定番商品• チラシ商品 定番商品とは、いつも同じ場所にいつでもある商品のことです。 チラシ商品とはチラシ用の比較的安価安い商品です。 チラシ商品の特徴は、以下2点です。 普段より安い値段で仕入れる• 物量が多い 普段の10~100倍 どちらも商品によって、値段や量は変わります。 多くのスーパーマーケットでは、 定番商品は半自動で発注 チラシ商品は社員が担当していることが多いです。 発注は「相対的」に考える 「発注を相対的に考える」とは、他の商品と比べて何個発注するか決めることです。 このコツは主に「チラシ商品」を発注するときの考え方です。 具体例で見ていきましょう! あなたがA. C の3商品を発注する場合を考えていきます。 相対的な発注 予算が500,000円 客単価が約1,500円であれば、全体で約340個必要とわかります。 A は 170 個• B は 110 個• C は 60 個 と発注します。 全体で売れる個数を予想する• それぞれの商品を比較して、数量を決める 全体で売れる個数を決めておくことが必要。 逆に、相対的ではない発注の考え方は、絶対的な発注です。 じゃあ、Aは220個、Bは180個、Cは120個 発注しよう! このように 単品毎にいくら売れるだろう?と考えて発注してしまうことを絶対的な発注と言います。 絶対的な考え方だと、 在庫を抱えすぎるリスクが高まります。 今回は3種類の商品で例を出しましたが、商品の種類が10や20と増えていけば在庫リスクも高まります。 大切なのは、「他の在庫と比較してどれくらい売れるか」の考えで発注することです。 なぜ発注は、相対的に考えるのか 発注を相対的に考えるのはなぜ?かというと、あらかじめ 全体で何個売れるかというのは、だいたい決まっているからです。 スーパーマーケットを例に出すと、 お弁当の場合、多い人でも1日3個、普通は1日1個でしょう。 仮に500人がお弁当を買うとしたら、 500〜1500個の間になると予測がつきます。 でも客数わかるの? たしかに、客数が分からなければ考えにくいですが、 スーパーマーケットの場合は、 昨年の実績があります。 昨年の実績と今年の実績はそれほど差はでないので、おおかたの客数予測は簡単です。 例えば、 台風が来るから、養生テープが必要になる。 芸能人が紹介していた、〇〇のお菓子 などなど、予測できないようなこともあり得ます。 この場合は、多くは品切れになります。 ここで品切れさせないのも店員さんの腕の見せ所です。 個人商売・転売での発注とは考え方は違う 今回紹介した、相対的に考える はスーパーマーケットなどの 昨年の実績がある、発注の商品数が多い、物量が多いものに関しては役に立ちます。 しかし、個人で転売をするときや、個人商売する際には注意が必要です。 私の場合は個人で転売をしています。 転売の仕入れの鉄則は最低ロットで注文する!なので考え方は違います。 「発注」業務でよくある失敗 スーパーマーケットにおける「発注」業務では、 「元在庫の行き先がない」失敗をする人が多いです。 季節やイベントなど、売場変更が多いスーパーマーケットでは、 新しく入ってきた商品を売場へ入れるために、もともと展開していた商品(元在庫)を下げないといけません。 在庫の流れを考えて「発注」しないと、この元在庫をBRに下げることになります。 再度展開しないといけないので、作業増加や無駄に在庫を抱えてしまうリスクになります。 特に私が働いている加工食品売場では、1週間〜2週間先の発注をする場合もあります。 つまり、発注で失敗しないためには、 「今ある在庫をどこに移動するか?」も合わせて考える必要があります。 小売業において発注は基本業務 小売業において、 発注は基本的で最も重要な業務です。 発注精度が高ければ、適正在庫に近づきます。 そうなると在庫管理の手間が省け時短になります。 例えば、無駄な商品の移動や商品の日付を確認することが少なくなります。 特に売り場変更が多いスーパーマーケットでは、作業量を激減させることは重要になってきます。 また仕事ができるやつ!という好印象です。 発注は基本的で最も大事な業務の一つですので、発注の基本とコツを抑えて精度を上げていきましょう!.

次の

品出しバイトの志望動機のコツ!即採用に繋がるポイントの考え方│ふじや流プラス

品出し コツ

みんなにオススメできる仕事「品出し」 ハーイ ハイロー()です。 私は去年まで約5年間、 スーパーで品出しのアルバイトをしていました。 ずっと立ちっぱなしでもなく、ずっと座りっぱなしでもない、適度に動くスーパーの品出しバイトはほんとにオススメです。 せっかく5年間働いた経験があるので、この仕事が気になっているみなさんの手助けとなるよう、品出しの仕事内容を出来るだけ詳しくまとめた記事にしました。 バイト始めたいけど、どんな仕事にしようかと悩んでいる方や、実際に働いているけどまだ要領が掴めない・・・という方も是非見てみて下さい。 「品出し」仕事の概要 私は田舎のスーパーに勤めていました。 スーパーによって待遇や条件が違うこと、特に時給は都心部などと比べて大きく差が出ると思いますので、参考程度にご覧ください。 時給 780円 仕事内容 品出し、商品の発注 勤務時間 朝6時30分~10時30分 待遇 週6日勤務 こんな感じでした。 週6日勤務!?(この限りではありません) スーパーによって違うと思いますし、シフトの融通も利かせてもらいやすい仕事だと思うのでこの限りではありませんが、私がいたスーパーでは週6勤務でした。 私が所属していたのは「日配」と呼ばれる部門で、主に牛乳、ヨーグルト、麺、豆腐、漬け物、練り物の6つです。 一人一か所、計6人で回していました。 そのため公休者の担当場所を全員で品出ししてから、各自担当の持ち場の仕事を行っていました。 週6日は大変なように思えますが、 一日の勤務時間が4時間と短く、また仕事内容も比較的楽なため、私はそれほど苦ではありませんでした。 一日のスケジュール 6:30 出社 ~6:50 商品の仕分け、見切り ~9:00 商品の品出し、朝礼 9:00 お店の開店 ~10:00 商品の発注 ~10:30 POP準備、その他雑務 これが私の働いていたスーパーでの、1日の流れです。 順を追って説明しますね。 6:30 出社 6:30分までにタイムカードを押さなければならないので、余裕を持って10分前に着いていました。 嘘ですゴメンナサイ3分くらい前にダッシュで行っていました・・・(時間には余裕を持って行動シマショウ) 品出しの仕事はお店が開店する前の作業が多いので、どうしても朝早い時間の募集が多いですね。 この点がネックかもしれません。 ちなみに自分はメチャメチャ朝に弱い人間だったのですが、この仕事を始めてから起きれるようになりました。 朝シャワーがおススメです。 風呂場まで行ければ勝手に目が覚めます。 どうしても朝起きるのが苦手の人は、やめておいた方がいいかもしれません。 ~6:50分くらいまで 商品の仕分け 前日に発注した商品の量にもよりますが、大体15分くらいかけて商品の仕分けを行います。 こんな台車に商品が載せられてくるので、各担当者毎に商品をまとめます。 スーパーによっては最初からまとめられて届くところもあるかもしれません。 ~9:00 商品の品出し メインの仕事です。 発注した商品、またお店に在庫として残っている商品を補充、陳列します。 これもスーパーによって様々な取り決めがあると思いますが、どのスーパーでも守らなければならない鉄則を紹介しておきます。 賞味期限が近いものを手前に陳列すること 品出しといってもホイホイ置いていくだけ、と思っていたら痛い目にあうかもしれません。 賞味期限が近いものを手前に陳列する、ということは 今置いている商品を全て手前に移動させて、新しい商品を奥に並べなければならないということです。 このルールを守らず商品を手前からドンドン並べてしまえば、賞味期限の迫った商品が陳列棚の奥底へと行ってしまいます。 そうなると賞味期限の切れてしまった商品をお客さんが買ってしまうリスクが出てきます。 品出しの仕事において、まず上司の方から徹底して指導されるのはこれだと思います。 賞味期限が見える陳列をすること 全ての商品に当てはまるわけではありませんが、基本的には 賞味期限が見えるように陳列します。 お客さんにとって分かりやすくするためですね。 例えば牛乳などは片面のみに賞味期限を記載している場合が多いため、注意が必要です。 なにやら注意点ばっかり挙げてるようで難しい仕事に見えてきますが、 とても単純!明快!とにもかくにも商品を出しまくるだけです! 日に日にスピードは速くなっていくし、集中してたらすぐに時間が過ぎていきますよ~ 見切り 見切りってなんぞ? 見切りとはいわゆる「商品の値引き」です。 期限が近付いてきた商品によく貼られているアレです。 そのスーパーの取り決めにより、定められた期限を超えたものに貼ります。 (賞味・消費期限ではなく) 特に日配部門では賞味・消費期限の近い商品が多いため、見切りに割く時間も多く取られます。 しかしこれも慣れてくるとすごいスピードでペシペシ貼る謎の技術が身に付きます。 在庫数え 在庫数えは一部の商品で行うことがあります。 数が少なく、比較的価格の高い商品や、その部門で 売れ筋の商品などは毎日数を数えることでより精度の高い発注をするために行われます。 ただ数えてメモしておくだけですが、部門によっては数える商品が多く、時間がかかることもあります。 9:00 お店の開店 開店するまでに 値札POPに間違えがないか、前出し(商品を手前に綺麗に並べること)をしっかりしているか確認しておきます。 特に値札のつけ間違えはお客さんだけでなくレジの方にまで迷惑がかかるため、入念にチェックしておくことが大事です。 ~10:00 商品の発注 担当している部門の商品を発注していきます。 私は最初品出しするだけの仕事だと思っていたため、 「発注」という仕事を聞いたときそんなん無理や! と思っていたのですが、 案外慣れます。 それは ・毎日同じ商品を取り扱うため、発注する数もある程度決まってくる ・自分の裁量によって商品数を決めるため、やりがいが出てくる この2点が大きいです。 ずっとやっていると発注に対する苦手意識はなくなりました。 自分の持ち場があるのって結構自信になりますよ。 上司の方から発注量に対して指摘されることもありますが、数を重ねることによって発注精度もスピードも上がっていくと思います。 発注の基本 ・チラシ(売り出し)の商品の発注を忘れない たまーにやってしまうミスですが、明日のチラシに載っている商品を発注し忘れてしまうことがあります。 発注を行う際にはまず、チラシ掲載商品のチェックから行う癖をつけることが大切です。 ・イベント・天気の確認 運動会や、地域の祭りなど、イベント時にはいつも売れない商品がどっと売れることもあります。 特に年金支給日などは要注意です。 また、天気予報の確認も余裕があればしておいた方がいいかもしれません。 次の日が大荒れの予報時には、前日に買い込みにくるお客さんが多いです。 イベント時にはどのくらい発注量を増やせばいいのか困ってしまいますが、 基本的には前年のデータを見ながら発注することになると思いますので、そこまで不安になる必要はありません。 ~10:30 POP準備、その他雑務 ここまでの作業が一通り終わったら、あとは明日の準備のため値札POP作りなどをして終了です。 POP作りはパソコンを使って行いますが、操作はそこまで多くないのですぐ覚えられると思います。 準備なども終わったら担当場所の商品補充や、前出しなどを行います。 マッハバイトなら最大1万円、最短翌日にお祝い金ゲット! マッハバイト経由でアルバイトに申し込むと、何と必ず5000円(最大1万円)お祝い金を頂くことが出来ます。 >>> マッハバイトとは? 他のサービスで申し込んだり、働きたい会社に直接連絡するよりもお得な制度「マッハボーナス」を活用すると良いです。 マッハボーナスを貰うには、下記3つの条件に当てはまれば申請が可能です! 個人情報は厳重に管理し、事前にご案内した目的以外には使いません。 アルバイトへの応募など、目的に応じて必要となる情報のみを取り扱い、特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはありません。 利用目的を超えて個人情報の取り扱いを行う場合には、あらかじめご本人の同意を得ます。 セキュリティに配慮し、個人情報を最大限安全に管理します。 個人情報への不正アクセスや、個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん等に対して、合理的な防止並びに是正措置を行います。 いつでも安心してご利用いただけるよう、常に見直しと改善を続けます。 個人情報についての取り扱いをプライバシーポリシーとして定めるだけでなく、常に最新の状況に合わせて、より安心していただけるよう運用方法を改善してまいります。 きちんとした取り組みをしっかり行っている会社ですね。 マッハボーナスでもらえるお祝い金も最短で翌日振込みと対応がスピーディなため、条件にさえ合っていれば確実にもらえます。 「数か月後に振込みとか怪しい」 「きちんともらえたのか分からない・・」 という心配は必要ありません。 >>> まとめ なんだかまとまりのない記事になってしまいごめんなさい。 自分自身がやってきた仕事を出来るだけ詳しく書いたつもりです。 品出しに限ることではありませんが、仕事のなかで一番大切だと思ったことは 「挨拶」と「返事」です。 誰よりも大きな声で挨拶をしろ!ということではありません。 その人に届くような声で挨拶するだけです。 返事も、上司の方がいったことに対して「はい」や「ありがとうございます」と言うだけです。 ぶっちゃけそれだけで 自分の株はどんどん上がっていきました。 あいつは礼儀が出来ている と。 最初にも書きましたが、品出しの仕事はそこまで動くわけでもなく、ずっと同じ場所にたっているわけでもない、「バランスの良い仕事」だと思います。 朝起きることが極端に苦手でないという方には自信を持ってオススメできます。 健康的な「品出し」アルバイト、いかがでしょうか? それでは~.

次の