しんきん 情報 システム センター。 ‎「しんきんバンキングアプリ」をApp Storeで

櫻井隆

しんきん 情報 システム センター

概要 [ ] 発祥はに設立された「 全国信用協同組合連合会」である。 その後、に「 全国信用金庫連合会」(全信連)に改組し、に現名称となった。 に基づき、「全国を地区とする信用金庫連合会」は、その名称中に「信金中央金庫」を用いることが義務付けられており、また国際業務を行うことも認められている。 この業務を行えるのは6月現在で信金中金が日本で唯一である。 いわば「 信用金庫の中央金融機関」、「 信用金庫の中央銀行的存在」であり、全国の信用金庫に対して経営指導や財政支援などをおこなう。 「 信用金庫の守護神」とも言われるゆえんである。 全信連は従来より「しんきんセントラルバンク」の愛称があったが、信金中央金庫への名称変更により「しんきんセントラルバンク」は英文での正式名称となった。 (いわゆる「銀行コード」)は、1000。 国内営業店は13か店(北海道、東北、東京、北陸、静岡、名古屋、大阪、神戸、岡山、中国、四国、福岡、南九州)、海外拠点は4か所(ニューヨーク駐在員事務所、香港駐在員事務所、上海駐在員事務所、バンコク駐在員事務所。 かつてはロンドンにも駐在員事務所があった)である。 「信用金庫連合会の一種」とされるため、の適用についてはと同視される。 2010年3月31日現在、出資金は4,909億円(うち優先出資金909億円)。 信金中金の発行するについてはよりに上場している(:8421)。 ただし、一般の上場株券とは違い、一部の証券会社では優先出資証券を取り扱っていない場合がある。 主に会員向けに融資や受入れなどを行なっており、会員外に対する融資や預金受入れについても条件さえ充足すれば可能である。 信用金庫を通じた代理貸付制度もある。 信用金庫に対する支援として以前は「信用金庫相互援助制度」があったが、現在は「経営分析」・「経営相談」・「資本増強」の3本柱からなる「信用金庫経営力強化制度」が創設されている。 その他には利付信金中金債券「リツレン」と呼ばれるを発行している。 ただし、この商品は類似した通称の付いた債券を発行する他の金融債発行金融機関とは異なり、個人向けには売り出されておらず、法人・機関投資家向けの募集債である。 また、商品名は発行開始時点ですでに(現:)に「リッシン」が存在したため、全信連の「連」から「リツレン」となった。 沿革 [ ]• 1950年5月 - 全国信用協同組合連合会設立。 1951年• 11月 - 全国信用金庫連合会へ組織変更。 12月 - 地方公共団体に対する貸付を開始。 1953年9月 - 東京都公金収納事務の取扱開始。 1956年10月 - 信用金庫からのコールマネー(金庫短期資金:1959年7月-)の受入開始。 1958年12月 - 代理貸付制度の取扱開始。 1959年10月 - 中小企業退職金共済事業団の代理業務の取扱開始。 1960年8月 - 連結子会社として、全国信用不動産株式会社設立。 1964年5月 - 政府保証債の引受開始。 1966年1月 - 国債引受けシンジケート団に加入。 1971年10月 - 信用金庫相互援助資金制度を創設。 1982年4月 - 外国為替業務の取扱開始。 1983年4月 - 公共債の窓口販売業務の取扱開始。 1985年2月 - 連結子会社として、全国しんきん抵当証券株式会社および株式会社しんきん情報システムセンター SSC 設立。 1989年12月 - 全信連債券(しんきん中金債券:2000年10月-)(5年もの利付金融債)の発行開始。 1990年• 10月 - 連結子会社として、全信連インターナショナル株式会社 ZIL 設立。 12月 - 連結子会社として、全信連ビジネスサービス株式会社 ZBS および全信連投資顧問株式会社設立。 1991年11月 - CPのプライマリー・ディーラー業務の取扱開始。 1993年• 6月 - 私募債の受託業務の取扱開始。 11月 - 2年もの利付金融債の発行開始。 1994年2月 - 連結子会社として、株式会社しんきん信託銀行設立。 1996年9月 - 連結子会社として、しんきん証券株式会社設立。 1998年12月 - 全信連投資顧問株式会社の社名をしんきんアセットマネジメント投信株式会社に変更。 1999年3月 - 全国信用不動産株式会社(連結子会社)の株式譲渡により非子会社化。 2000年• 3月 - 全国しんきん抵当証券株式会社(連結子会社)清算。 10月• 名称を全国信用金庫連合会から信金中央金庫に変更。 全信連インターナショナル株式会社の社名をしんきんインターナショナル株式会社に変更。 全信連ビジネスサービス株式会社の社名をしんきん中金ビジネス株式会社に変更。 2000年12月• 7年ものおよび10年もの利付金融債の発行開始。 優先出資証券(証券コード:8421)を東京証券取引所に上場。 2001年• 4月 - 信用金庫経営力強化制度(経営分析・経営相談・資本増強)の運営開始。 6月 - 連結子会社として、信金キャピタル株式会社設立。 2002年7月• しんきんインターナショナル株式会社を信金インターナショナル株式会社に邦文表記変更。 しんきん中金ビジネス株式会社の社名を信金中金ビジネス株式会社に変更。 2002年• 11月 - 連結子会社として、信金ギャランティ株式会社設立。 12月 - 信用金庫から2,057億円の劣後ローン取入れ。 2006年2月 - 証券化のために設立された特別目的会社への譲渡を前提とした劣後ローン1,000億円の取入れ。 2007年12月 - 本店を現在地(東京都中央区八重洲一丁目3番7号)に移転。 2008年• 7月 - 本店京橋出張所を開設(旧本店所在地)。 9月 - 信用金庫から2,269億円の劣後ローン取入れ。 2009年• 6月 - 普通出資を4,000億円に増額。 8月 - 優先出資1口を2口に分割。 9月 - 全国信用不動産株式会社の株式買取により連結子会社化(同社の100%子会社である信金パートナーズ株式会社を連結子会社化)。 11月 - 信金中金ビジネス株式会社(連結子会社)が全国信用不動産株式会社(連結子会社)を吸収合併。 2017年9月19日 - 子会社のがを存続会社とする吸収合併を完了。 歴代会長・理事長一覧 [ ] 名称 氏名 任期 前歴 初代会長 - 理事長 第2代会長 - 理事長 第3代会長 - 城南信用金庫会長 第4代会長 - 会長 初代理事長 - 信金中金理事相談役・大蔵省銀行局長・理財局長 第2代理事長 - 信金中金理事相談役・大蔵省財務官・国際金融局長 第3代理事長 - 信金中金副理事長・専務理事・常務理事・理事大阪支店長・理事財務企画部長 第4代理事長 -現在 信金中金副理事長・専務理事・常務理事・理事総合企画部長 グループ企業 [ ]• 株式会社• 信金インターナショナル株式会社• しんきんアセットマネジメント投信株式会社 - 委託顧問業• 信金ギャランティ株式会社 - 「しんきんきゃっする」名称の商品の業。 へ再保証委託している。 株式会社 - ベンチャーキャピタル業• 株式会社しんきん情報システムセンター 脚注 [ ].

次の

‎「しんきんバンキングアプリ」をApp Storeで

しんきん 情報 システム センター

BCP対策とは BCPは「Business continuity plan」の略で、日本語では「事業継続計画」と呼ばれ、地震などの災害発生時にビジネスを継続できるよう、あらかじめ計画を立てておくことです。 災害による被害を最小限に抑えるとともに、事業をできる限り中断せずに済むことを目的として、方針や手順などを計画します。 具体的に定める内容は、以下のとおりです。 しかし、災害対策を怠ることで、大きな損害を被る可能性があります。 事業を中断している間はビジネスの機会を損失するうえ、取引相手から契約違反などで訴えられるおそれもあります。 こうしたリスクを避けるために、BCPを策定しておきましょう。 IT-BCPとは IT-BCPはBCPの一部です。 具体的に、どのようなものなのでしょうか。 ITシステムにおけるBCP対策 IT-BCPはITシステムにおけるBCP対策で、緊急時にもビジネスに必要なITシステムの運用を維持することを目的とします。 現在のビジネスでは、ITシステムが大きな役割を担っているためシステム1つが停止するだけで、その損害の大きさは計り知れません。 特に、大切なデータを保持したシステムに異常が生じた場合、企業の資産を損失することになります。 また、サイバー攻撃のような、ITシステム特有のリスクも存在します。 これらの脅威から企業を守るため、IT-BCPを策定しましょう。 BCPとの整合性を保つことが必要 IT-BCPに求められるのは、BCPとの整合性を維持することです。 IT部門の計画としてIT-BCPが独立していると、実際に災害が起きたときに役に立たない可能性があります。 なぜなら、ITシステムだけが復旧しても、営業開始ができるわけではないのでビジネスを復旧したことにはならないためです。 事業を継続するには、ITシステムそのものの維持・復旧に加え、それを誰がどのように利用するかという計画も必要になります。 災害時は人手や資源が限られるため、システムだけが無事でも通常どおりの運用はできません。 これらを総合的に踏まえたうえで、IT-BCPを策定する必要があります。 ITシステムを守るためのIT-BCPの具体策 BCPを策定する際、どのようにITシステムを活用すれば被害を抑えられるのでしょうか。 以下で具体的にご紹介していきます。 データ保管・バックアップを行う データ消失のリスクを防ぐために、データ保管やバックアップを行いましょう。 ビジネスに必要なデータを失うことは、企業にとって大きな損失となります。 製品の設計図や顧客情報を失えば、事業の継続どころか、存続さえも危うくなるかもしれません。 データはクラウドや遠隔地のデータセンターにバックアップを取っておきましょう。 こうすることで、地震など地域が限定される災害のリスクを分散させられます。 たとえ社内でデータが失われても、クラウドやデータセンターにアクセスすることで取り戻せます。 これらのバックアップは、普段から行うことが大切です。 定期的に自動バックアップできるシステムなどを活用するとよいでしょう。 近年ではITシステムをクラウドで導入することで、BCP対策を行う企業も増えてきました。 以下の記事では、システムをクラウドで導入することによるBCP対策のメリット・デメリットを解説しています。 気になる方はぜひご覧ください。 代替機やリモートワークを活用する 災害時は、普段の環境で作業ができません。 そのため、代替機やリモートワークを活用しましょう。 代替機は、通常利用しているものとは異なるOSやサーバを利用したほうがよいでしょう。 同じリソースを利用していると、同時に使えなくなるおそれがあるためです。 さらに、サイバー攻撃においては、同じ被害に遭う可能性があります。 リモートワークでは、社員が自宅のパソコンから社内ネットワークにアクセスできるような状態にしておきましょう。 こうすることで、地震などの災害時にオフィスまで出勤できなくても、仕事に取り掛かれます。 情報共有も容易になるため、その後の予定確認なども円滑になるでしょう。 ただし、普段まったく利用していなければ、緊急時に対応するのは困難です。 いざというときに慌てないためにも、日ごろからリモートワークを活用しておくことが大切です。 BCP発動時の連絡体制を整える 災害時には電話やメールといった普段使っている連絡ツールが利用できなくなるおそれがあるため、どのような手段で連絡を取り合うのか決めておきましょう。 BCP対策システムとして、災害時に一斉メールや安否確認アンケートを配信する製品があり、これらを活用することで、災害時にもスムーズに連絡できるでしょう。 また、緊急時にどのような指揮系統となるのか整えておきましょう。 一般的には、経営者がリーダーとなり、その下のチームリーダーが従業員に直接連絡・指示する場合が多いです。 従業員の安否を確認したいのであれば、安否確認システムの導入をおすすめします。 安否確認システムについて気になる方は、以下の記事をご覧になってみてください。 社内にCSIRTを設置する CSIRT(Computer Security Incident Response Team:シーサート)とは、インシデントの原因究明や二次被害防止を目指して行動する組織です。 CSIRTにおけるインシデントには、情報流出やマルウェア感染、不正侵入などが含まれます。 ITシステムに発生した障害の原因を特定することで、事業の復旧・継続を円滑にします。 また、対応はインシデント発生後に限りません。 その前から被害を防止するために活動するのもCSIRTの役割です。 失敗しないIT-BCP策定のコツ IT-BCPを策定する際、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。 ガイドラインを参照する IT-BCPのガイドラインを参照しましょう。 日本においては、以下のようなガイドラインが存在します。 それを参考に、社内でIT-BCPを策定しましょう。 復旧計画を可視化する マッピングを利用することで、復旧計画を可視化しましょう。 BCPにおいて、従業員が現状を正しく把握することは不可欠です。 達成すべき物事の優先順位を明らかにし、行動を促すためにも、現状や見通しを可視化しておきましょう。 特にIT-BCPにおいては、ITシステムの目標復旧時間や使えるリソースなどを明示しておくことが大切です。 災害時の問題は日常では実感しづらいですが、明確化することで関係者の理解や協力を得やすくなるでしょう。 具体的には、以下のような項目を明示しておきます。 新たなシステムの導入などを検討し、災害時の被害を最小限に抑えましょう。 IT-BCPを策定、システムを利用して自社事業を守ろう 近年、ITシステムの活用が進む中、多くの企業でIT-BCP対策が求められています。 災害やシステムの故障は滅多に起きないことですが、起きてしまえば大変なことになるのは容易に想像がつくかと思います。 IT-BCP対策を講じることで得られるメリットはなかなかわかりにくく、対策が後回しになってしまっている方も多いかと思いますが、何かが起こってしまったあとでは取り返しのつかないことになってしまいます。 何から取りかかれば良いのかわからないという方は、まずはBCP対策のガイドラインを見てみたり、BCP対策が行えるソリューションを見てみてはいかがでしょうか。 新着記事• BCP対策とは、事業継続のために対策を講じることを... 近年、災害対策のためにBCP(事業継続計画)対策を... BCPの必要性はわかっていてもなかなか策定が進まな... BCPを発動する条件とは何を基準にすればいいのでし... 目標復旧時間(RTO)とは災害時、事業を「いつまで... 災害時の大きな問題の1つに電源供給の停止があり... 自社のBCPで本当に災害に対応できるのか不安に感じ... BCM(Business Continuity Management)とは「事業... 薬局におけるBCPは、一般企業のBCPとどう違うので... BCPの策定を考えるものの、スキルやノウハウがなく...

次の

株式会社しんきん情報システムセンターの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

しんきん 情報 システム センター

BCP対策とは BCPは「Business continuity plan」の略で、日本語では「事業継続計画」と呼ばれ、地震などの災害発生時にビジネスを継続できるよう、あらかじめ計画を立てておくことです。 災害による被害を最小限に抑えるとともに、事業をできる限り中断せずに済むことを目的として、方針や手順などを計画します。 具体的に定める内容は、以下のとおりです。 しかし、災害対策を怠ることで、大きな損害を被る可能性があります。 事業を中断している間はビジネスの機会を損失するうえ、取引相手から契約違反などで訴えられるおそれもあります。 こうしたリスクを避けるために、BCPを策定しておきましょう。 IT-BCPとは IT-BCPはBCPの一部です。 具体的に、どのようなものなのでしょうか。 ITシステムにおけるBCP対策 IT-BCPはITシステムにおけるBCP対策で、緊急時にもビジネスに必要なITシステムの運用を維持することを目的とします。 現在のビジネスでは、ITシステムが大きな役割を担っているためシステム1つが停止するだけで、その損害の大きさは計り知れません。 特に、大切なデータを保持したシステムに異常が生じた場合、企業の資産を損失することになります。 また、サイバー攻撃のような、ITシステム特有のリスクも存在します。 これらの脅威から企業を守るため、IT-BCPを策定しましょう。 BCPとの整合性を保つことが必要 IT-BCPに求められるのは、BCPとの整合性を維持することです。 IT部門の計画としてIT-BCPが独立していると、実際に災害が起きたときに役に立たない可能性があります。 なぜなら、ITシステムだけが復旧しても、営業開始ができるわけではないのでビジネスを復旧したことにはならないためです。 事業を継続するには、ITシステムそのものの維持・復旧に加え、それを誰がどのように利用するかという計画も必要になります。 災害時は人手や資源が限られるため、システムだけが無事でも通常どおりの運用はできません。 これらを総合的に踏まえたうえで、IT-BCPを策定する必要があります。 ITシステムを守るためのIT-BCPの具体策 BCPを策定する際、どのようにITシステムを活用すれば被害を抑えられるのでしょうか。 以下で具体的にご紹介していきます。 データ保管・バックアップを行う データ消失のリスクを防ぐために、データ保管やバックアップを行いましょう。 ビジネスに必要なデータを失うことは、企業にとって大きな損失となります。 製品の設計図や顧客情報を失えば、事業の継続どころか、存続さえも危うくなるかもしれません。 データはクラウドや遠隔地のデータセンターにバックアップを取っておきましょう。 こうすることで、地震など地域が限定される災害のリスクを分散させられます。 たとえ社内でデータが失われても、クラウドやデータセンターにアクセスすることで取り戻せます。 これらのバックアップは、普段から行うことが大切です。 定期的に自動バックアップできるシステムなどを活用するとよいでしょう。 近年ではITシステムをクラウドで導入することで、BCP対策を行う企業も増えてきました。 以下の記事では、システムをクラウドで導入することによるBCP対策のメリット・デメリットを解説しています。 気になる方はぜひご覧ください。 代替機やリモートワークを活用する 災害時は、普段の環境で作業ができません。 そのため、代替機やリモートワークを活用しましょう。 代替機は、通常利用しているものとは異なるOSやサーバを利用したほうがよいでしょう。 同じリソースを利用していると、同時に使えなくなるおそれがあるためです。 さらに、サイバー攻撃においては、同じ被害に遭う可能性があります。 リモートワークでは、社員が自宅のパソコンから社内ネットワークにアクセスできるような状態にしておきましょう。 こうすることで、地震などの災害時にオフィスまで出勤できなくても、仕事に取り掛かれます。 情報共有も容易になるため、その後の予定確認なども円滑になるでしょう。 ただし、普段まったく利用していなければ、緊急時に対応するのは困難です。 いざというときに慌てないためにも、日ごろからリモートワークを活用しておくことが大切です。 BCP発動時の連絡体制を整える 災害時には電話やメールといった普段使っている連絡ツールが利用できなくなるおそれがあるため、どのような手段で連絡を取り合うのか決めておきましょう。 BCP対策システムとして、災害時に一斉メールや安否確認アンケートを配信する製品があり、これらを活用することで、災害時にもスムーズに連絡できるでしょう。 また、緊急時にどのような指揮系統となるのか整えておきましょう。 一般的には、経営者がリーダーとなり、その下のチームリーダーが従業員に直接連絡・指示する場合が多いです。 従業員の安否を確認したいのであれば、安否確認システムの導入をおすすめします。 安否確認システムについて気になる方は、以下の記事をご覧になってみてください。 社内にCSIRTを設置する CSIRT(Computer Security Incident Response Team:シーサート)とは、インシデントの原因究明や二次被害防止を目指して行動する組織です。 CSIRTにおけるインシデントには、情報流出やマルウェア感染、不正侵入などが含まれます。 ITシステムに発生した障害の原因を特定することで、事業の復旧・継続を円滑にします。 また、対応はインシデント発生後に限りません。 その前から被害を防止するために活動するのもCSIRTの役割です。 失敗しないIT-BCP策定のコツ IT-BCPを策定する際、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。 ガイドラインを参照する IT-BCPのガイドラインを参照しましょう。 日本においては、以下のようなガイドラインが存在します。 それを参考に、社内でIT-BCPを策定しましょう。 復旧計画を可視化する マッピングを利用することで、復旧計画を可視化しましょう。 BCPにおいて、従業員が現状を正しく把握することは不可欠です。 達成すべき物事の優先順位を明らかにし、行動を促すためにも、現状や見通しを可視化しておきましょう。 特にIT-BCPにおいては、ITシステムの目標復旧時間や使えるリソースなどを明示しておくことが大切です。 災害時の問題は日常では実感しづらいですが、明確化することで関係者の理解や協力を得やすくなるでしょう。 具体的には、以下のような項目を明示しておきます。 新たなシステムの導入などを検討し、災害時の被害を最小限に抑えましょう。 IT-BCPを策定、システムを利用して自社事業を守ろう 近年、ITシステムの活用が進む中、多くの企業でIT-BCP対策が求められています。 災害やシステムの故障は滅多に起きないことですが、起きてしまえば大変なことになるのは容易に想像がつくかと思います。 IT-BCP対策を講じることで得られるメリットはなかなかわかりにくく、対策が後回しになってしまっている方も多いかと思いますが、何かが起こってしまったあとでは取り返しのつかないことになってしまいます。 何から取りかかれば良いのかわからないという方は、まずはBCP対策のガイドラインを見てみたり、BCP対策が行えるソリューションを見てみてはいかがでしょうか。 新着記事• BCP対策とは、事業継続のために対策を講じることを... 近年、災害対策のためにBCP(事業継続計画)対策を... BCPの必要性はわかっていてもなかなか策定が進まな... BCPを発動する条件とは何を基準にすればいいのでし... 目標復旧時間(RTO)とは災害時、事業を「いつまで... 災害時の大きな問題の1つに電源供給の停止があり... 自社のBCPで本当に災害に対応できるのか不安に感じ... BCM(Business Continuity Management)とは「事業... 薬局におけるBCPは、一般企業のBCPとどう違うので... BCPの策定を考えるものの、スキルやノウハウがなく...

次の