ハイロー ワースト 曲。 HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜

テーマ曲・挿入歌一覧|EXILE TRIBEドラマHiGH&LOWハイアンドロー

ハイロー ワースト 曲

鬼邪高には、筋金入りの不良が通う全日制と、その予備軍が通う定時制があります。 現在の鬼邪高は、定時制の村山良樹がトップを仕切り、全日制は轟・中・・泰・清・司一派ら新世代が覇権を争う、戦国時代を迎えていました。 そんな中、鬼邪高全日制で頂上(テッペン)を取ると意気込む、一人の男子学生が転入してきます。 彼の名は花岡楓士雄。 希望ヶ丘団地で親の事情を抱えた子らと共に育った、仲間想いのヤンチャな青年です。 一方、鬼邪高から少し離れた戸亜留市にも、ヤンチャと呼ぶには行き過ぎた子らが通う学園がありました。 戦闘力が高く、恐れられている「鳳仙学園」です。 幹部以外は全員スキンヘッド、灰色の戦闘服に身を包む彼らは、リーダーである上田佐智雄を筆頭に、最強軍団と呼ばれる四天王を従え、学園を仕切っていました。 ある日、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃されます。 また、時を同じくして、鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生しました。 仲間が襲撃されたことを機に、激しく対立する道へと進む鬼邪高と鳳仙学園。 鳳仙学園トップの上田は、「ここまでされたんだぞ!!」と激高し、「鬼蛇高つぶすぞ」と笑顔で言い放ちます。 定時制トップの村山は、「鬼蛇高の祭りは村山とおせよ」と、のんびり構えた様子。 鬼邪高の頂点を狙う花岡を率いる希望ヶ丘団地の仲間・オロチ兄弟は「そろそろ暴れさせろぉ!!」と雄叫びを上げます。 全日制の派閥抗争からは一線を画する、見た目は優等生風の轟(とどろき)洋介を頭に持つ轟一派も参戦。 「ココ(鬼邪高)の頭になりたいのか?」と尋ねた数秒後には、鋭い回し蹴りが炸裂。 それぞれの熱い想いと野心がクロスする、男たちのガチでヤバい頂上決戦が始まります。 」 ファン待望の物語は、この言葉から誕生しました。 迎え撃つのは、累計発行部数7500万部超え 熱き男たちのバイブル『CROWS-クローズ-』・『WORST-ワースト-』です。 今作ではクローズ・ワーストシリーズの著者である髙橋ヒロシさんが、初の映画脚本を手がけました。 筆者は始め、よくある「不良が集まる高校のバトルストーリー」だと思い込み、それほど興味を抱きませんでした。 しかし予告を見て、物語の世界観を知るうちに、見たい!という気持ちが強く湧いてくるのを実感しました。 登場人物が多い作品ですが、各々のキャラクターが、人生や価値観を持ち、物語の中で生きている点に注目です。 世間からは不良、ワルと呼ばれても、彼らは彼らなりの流儀を持ち、仲間を思いやる心も持っています。 それは、花岡の幼馴染である桐原の、「僕の仲間には、クズもカスもゴミも居ないんですよ!!」というセリフにも現れています。 そして、豪華キャストにも注目してください。 まず、鬼邪高の定時制でトップを仕切る村山役は、映画『万引き家族』や『あの頃、君を追いかけた』に出演した山田裕貴さんが演じます。 その鬼邪高の全日制の頂点を狙い転入してくる花岡役は、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル、川村壱馬さんが抜擢されました。 筆者が注目したのは、殺し屋軍団と恐れられる鳳仙学園のリーダー・上田役を、今人気絶頂の志尊淳さんが演じている点です。 彼は、2019年のドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」で、戦力外のぽやんとした天然キャラを演じており、今作の役とのギャップに驚かされました。 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』や、NHKドラマ『半分、青い。 』・『女子的生活』にも出演していますが、今作のようなバトルアクションも演じられる名優です。 もうひとつ注目するポイントは、作中で使われている楽曲です。 花岡率いる希望ヶ丘団地の幼馴染「オロチ兄弟」のテーマ曲は、GENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う「SNAKE PIT」が使われています。 殺し屋軍団・鳳仙学園のテーマ曲は、EXILE THE SECONDが歌う「Top Down」。 どちらもクールなノリのよいアップテンポで、作風にマッチしています。 そして、希望ヶ丘団地の幼馴染に使われたテーマソングは、数原龍友さんが歌う「Nostalgie」が採用されました。 先の2曲と異なり、しっとりとした曲調で、共に幼少期を過ごした仲間とのシーンを演出しています。 激しいバトルとEXILEチームが贈る楽曲を全力で楽しんでください。 言葉では言い表せない数々の見所満載作です。

次の

【HiGH&LOW】ハイアンドロー全チームテーマ曲・挿入歌まとめ: EXILE TRIBE FAN

ハイロー ワースト 曲

そして映画・スピンオフドラマが展開することも発表され、主題歌や劇中歌を歌うアーティストは誰なのかファンにとってはとても気になるところです。 アルバム発売の情報についてもチェックしておきましょう。 0』か公式サイトの予告でのみです。 発売日はまだ決定していないようなので、今後の発表が楽しみです。 ファンの間でも早く全て聴きたい!!という声がSNSなどで多く見かけられますので、みんなが期待している1局であることは間違いないようですね! ハイローランペちゃんたちでるから、もしかしたらって思ってたら本当に主題歌ランペだった!! 嬉しい楽しみやばい😆 ハイローシリーズ大好きすぎるからもう待ちきれない! — しお。 発売日が今から楽しみですね!公開直前なので、たくさん聴いて劇場で映画も楽しみたいですね。 THE RAMPAGEとは?メンバーを一覧で紹介 THE RAMPAGEのメンバーはなんと16人です!ボーカル3人とパフォーマー13人のグループで、2017年1月にメジャーデビューしました。 『RAMPAGE』とは暴れまわるという意味を持っています。 そんな名前の彼らにピッタリの映画の内容と曲ではないでしょうか? THE RAMPAGEのメンバーをボーカルとパフォーマーに分けて紹介しますね。 ボーカル• 川村壱馬• 吉野北人• RIKU パフォーマー• LIKIYA• 神谷健太• 与那嶺瑠唯• 山本彰吾• 岩谷翔吾• 浦川翔平• 藤原 樹• 武知海青• 長谷川慎• 鈴木昂秀• 後藤拓磨 このうち新作映画に出演しているのは川村壱馬、吉野北人、龍、鈴木昂秀の4人です。 主題歌を歌うTHE RAMPAGEを含め、彼らの先輩らがこの映画を盛り上げてくれることになりました。 映画に登場する派閥ごとのテーマ曲になっているようなので、紹介してみます。 0』でも静かに本を読み過ごす姿が見られるなど、クールで秀才な一面も見せています。 静かなる獅子が一度火が付くと獰猛な瞳で立ち向かってくるかのような彼のイメージとピタリと重なる、内なる闘志を感じるクールな楽曲となっています。 中・中一派のテーマ曲 SWAYの「ON FIRE」 中・中一派は、中越 神尾楓珠 と中岡 中島健 という二人の「中」にちなんで名づけられました。 ドラマの中ではまだ一年である中越が一人で登場し、ドアを軽々と蹴破るや否や睨みをきかせ学年を仕切ると宣言!彼らのファイトスタイルは未だベールに包まれているが、ヒップホップ風な外見にもマッチした、とことんアガる楽曲となっています。 泰・清一派のテーマ曲 DOBERMAN INFINITYの「まだ足りねぇ」 鬼邪高の戦国時代は、狂気の2人組・泰志 佐藤流司 と清史 うえきやサトシ が転入してくることでますます加速の一途をたどって行きます。 ヤバそうな雰囲気を周囲に振り撒き、不気味な笑みを浮かべるこの2人の姿は、まさに楽曲の歌詞そのまま「まだ足りねぇ!まだ足りねぇ!」を連呼するかのようですね。 しかし…!その相手を全員無傷で倒してしまう司。 その姿はまさにスタイリッシュの一言!楽曲のイメージとぴったりのシーンで使用されており、是非意識して聞いて欲しい1曲です。 「SNAKE PIT」は映画のために新しく書き下ろされた曲で、アップテンポな曲調と爽快なメロディとなっており、2人の激しいアクションシーンに勢いと力強さを増し、劇中をさらに盛り上げるとのこと。 早く聴いてみたいですね! また、友情物語を彩る劇中歌として、 「Nostalgie」をGENERATIONSのボーカル・数原龍友が自身初のソロでバラード曲を歌唱することも発表されました。 数原龍友さんのコメントです。 GENERATIONS・ボーカル 数原龍友 コメント• 自身初のソロバラード曲「Nostalgie」について、話をもらった時の率直な感想 やっとソロでの楽曲に挑戦させてもらえる…その喜びの気持ちでいっぱいでした。 GENERATIONSとしての活動の中で沢山の経験をさせて頂きましたが、それぞれのメンバーが俳優業やバラエティ、様々な場所で表現の幅を広げて行く中、自分としては1日でも早くGENERATIONSの数原龍友ではないソロでの数原龍友を、世の中に届けていきたいと言う気持ちが大きくなっていたので素直に、嬉しい。 その想いだけでした。 「Nostalgie」に挑戦してみての感想 GENERATIONSで歌う楽曲は、主にダンスミュージックが主流なので「Nostalgie」はヴォーカリストとしての本質を改めて問われるそんな楽曲でした。 レコーディングにはかなり時間をかけて拘らせて頂きましたので、是非、細かい表現を皆さんなりに感じて頂きたいです。 2番の歌詞で「変わることは勇気だと 大人になる度 そう 気がついた」と、ありますがちょうどこの曲をレコーディングした時期に、自分自身、心を、今までの考えを、大きく変なければいけない決断が迫られている時期でした。 そんな時にこの歌詞が浮かび、自分が変わることは今までの生き方を変えるという事でもあり、未知な部分や怖さがありましたが、この歌詞に救われました。 まさか自分が歌う楽曲に自分が救われるとは思ってもみなかったので驚きましたがその分、思い入れが強くなりました。 ・何か変わらなければいけない。 ・決断が迫られている。 そんな方々に変わることは怖いかもしれないけれど、自分が変わることでまた道が拓けるかもしれない…そんな想いが伝わると嬉しいです。 ファンに向けてのメッセージ 遂に念願であった初のソロ楽曲「Nostalgie」が完成しました。 きっと皆さんにも共感していただける部分がたくさんあると思います。 GENERATIONSの数原龍友とはまた一味違う数原龍友を「Nostalgie」から感じて頂ければ嬉しいです。 誰が歌うのかも気になります。 追加情報があればまた追記していきたいと思います。 豪華なアーティストの歌声が1枚で聴けるアルバムは是非発売して欲しいものです。 各グループのカラーや声質が生かされたアルバムになることと思います。 今後の情報も要チェックですね。 主題歌や劇中歌を歌うアーティスト名や曲名も分かりましたね。 10月4日の公開まで、まだまだ追加発表も見込まれています。 どんなアーティストの曲なのかも楽しみですよね。 是非読んでいただけると嬉しいです。

次の

「HiGH&LOW THE WORST」ハイアンドローワーストDVDレンタル開始日や発売日が決定

ハイロー ワースト 曲

ですから、鈴蘭も何らかの関係性があると思い、鈴蘭について調べてみました。 ネットで漫画を試し読みできたので1巻を読んでみました。 どうやら鈴蘭は今まで誰も統一できていなく、偏差値は最底辺。 忌み嫌われるカラスのようなワルが集まることから「 カラスの学校」とも呼ばれているみたいです。 最強であり、最凶なんだとか。 映画の中ではそこまで詳しく説明されてはいませんでした。 映画でラオウを語るときには、鈴蘭の中でも 最強のラオウと言われていました。 映画のエンドロールでは、実際に楓士雄と数人が鈴蘭に行って陰から様子を見る姿があります。 「 あの一番背の高い奴」ということだけしかわかりませんでした。 鳳仙も目をつけているのが鈴蘭なんだとか。 小栗旬さんや阿部進之介さんなどが出演されている映画なので、中には知っている方もいるかと思います。 このシーンを見たときには続編はないのかな、と思いました。 しかし、映画の最後の最後に 「鈴蘭男子高等学校」という学校銘板と共にカラスが映ります。 これは予告の最後にも同様に映っているのでわかりやすいのではないでしょうか。 エンドロールを見た限りではないと思った続編を「まさかあるのか!? 」と思わせるような演出ですね。 鈴蘭の強さを見せず、様子だけというのもわざとなのかもしれませんが…。 とてもうまいと感心するほどです。 スポンサーリンク SNSなんかも見てみると、続編を期待する人は結構多いように思います。 カラスが映るという不気味で意味深な終わらせ方が、続編を匂わせているようにも感じ取れますね。 もし続編があるとするならば間違いなく、 鬼邪高VS鈴蘭の闘いになるでしょう。 私自身も続編があることに期待したいです! いかがだったでしょうか。 鈴蘭はどんな存在なのか少しでも知っておいて損はないと思います。 私も楽しみに続編を待ちたいです! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の