日 直 島田。 島田直時

松本竜助

日 直 島田

マスクの商品棚に掲示された個数制限を知らせる張り紙=29日午後、静岡市葵区の杏林堂薬局静岡山崎店 新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、マスクの国内生産で約7割のシェアを占める島田市の「サンエムパッケージ」に国内外から注文が相次いでいる。 県内でも薬局やドラッグストアでマスクを買い求める客が後を絶たず、同社はフル稼働で生産を急いでいる。 同社によると、注文が殺到し始めたのは1月中旬。 以降、土日も操業し、約2週間で通常の約1カ月分に当たる3600万枚を生産した。 取引企業のほか、個人客からの注文もあり、ホームページで直売も行っているが、生産が追いつかない状況。 営業部の担当者は「順に対応するしかない。 できる限り増産に努めたい」と話す。 マスクの品薄状況を受け、県内の小売店も対策を進める。 杏林堂薬局は29日夕までに、県内全店舗でマスクの購入を1人3箱までに制限。 静岡市葵区の同薬局静岡山崎店では、商品棚に手を伸ばしマスクを次々にかごに入れる大勢の客が見られた。 同店では昨年同期比で売り上げが2倍以上に伸び、担当マネジャーは「品切れの危機を感じる人が多いのでは」と分析する。 宿泊施設など接客に携わる人たちのマスク需要も高まっている。 静岡市葵区のホテルアソシア静岡や熱海市の旅館「月の栖熱海聚楽ホテル」は従業員にマスクの着用を推奨している。 静岡暮らし・話題の記事一覧•

次の

島田直也

日 直 島田

島田市は14日、市長と教育委員会からなる総合教育会議を開き、来年度から市立の18小学校と7中学校の全校で、夏季休業中の閉庁日を設けることを決めた。 中学校は部活休養日も設ける。 教員の多忙化解消のためで、日数や頻度は校長会と協議して決める。 夏季休業中の閉庁日は吉田町が先行し、8月13~15日に設けた。 見回りを警備員らに任せ、教職員は学校に入らない。 島田市では教育長が「1日当たり教員2人、職員1人が出勤している日直の負担がなくなる」とメリットを説明。 一方で「閉庁中の施設の見回り」などの課題も上がった。 部活動の休養日は静岡市が来年度から設ける方針。 島田市ではかつて、県教委の「家庭の日」に合わせ、毎月第3日曜日を部活休養日としていた。 その後、「家庭の日」を各家庭が任意に設定する形に変わったことから、事実上、休養日がなくなっていた。 教育委員からは「子どものオーバートレーニングの問題もある。 休養は必要」などの意見が出た。 部活動での教員の負担軽減のため、市ではボランティアの「外部指導者」14人と有償の「部活動指導員」14人が指導にあたっている。 市は来年度、部活動指導員を7人増員する計画だ。 (阿久沢悦子).

次の

日直 島田(公式サイト)優等生台み〜つけた♪

日 直 島田

来歴 [ ] 現役時代 [ ] 時代は、の甲子園に・連続出場を果たし、春は常総学院初の甲子園出場も1回戦敗退、夏は決勝でに敗れ、準優勝投手となる。 なお、この決勝戦で投げ合った、PL学園のとは後にでチームメートとなっている。 オフに、でに入団。 同期のと共にSSコンビとして売り出される。 10月8日、対戦において一軍初登板。 はイースタンリーグで0勝10敗という成績に終わり、シーズン終了後にとのトレードで横浜大洋ホエールズへに移籍。 8月23日の対戦で初勝利を記録。 にはプロ初完封を記録。 、この年に中継ぎ投手として飛躍し、シーズンでは50試合に登板して9勝をあげチーム最多勝タイとなり、翌は二年連続チーム最多及び自己最多の10勝を挙げ初の2桁勝利を記録した。 尚、リリーフ投手で同じ選手が二年続けてチーム最多勝になるのは稀である(94年の先発投手最多勝はの9勝12敗、95年の先発投手最多は斎藤隆が8勝9敗、が8勝8敗)。 、チーム全体でが流行ってしまい先発投手が足らず、久々に先発起用されたがシーズンでは不振に苦しんだ。 、前年のセットアッパーが怪我で開幕に間に合わず、代わりにセットアッパーとして起用され自身初タイトルとなるを受賞。 の横浜の38年ぶりの優勝には、中継ぎ投手のエース格として日本一に貢献し、翌には初出場を果たした(シーズンは不調だったが97年、98年のチームを支えた事を評価していたこの年のオールスター監督のが監督推薦で島田を指名した)。 2年連続不振に終わったのシーズン終了後にとなり、へ移籍。 のヤクルトの優勝には、中継ぎの1人として日本一に貢献するも、翌シーズン終了後に自由契約となり、へ移籍。 近鉄では3試合の登板に終わり、シーズン限りで現役を引退。 引退後 [ ] 引退後は、より日本ハムのに就任。 オフに・の投手コーチに就任しまで務めた。 に・の投手コーチに就任。 シーズン終了後の12月に、退任したの後任として2012年のシーズンより監督に就任することが発表された。 2年目のに後期優勝し、年間優勝を決めるリーグチャンピオンシップにも勝利してチームを2年ぶりの年間総合優勝に導いた。 前任の斉藤に続いて、NPBの指導者歴を持たずにリーグで年間総合優勝を達成した監督となる。 3年目のはリーグ2チーム目の前後期優勝を達成、前年後期からは3期連続となった。 とのリーグチャンピオンシップにも勝利し2年連続の年間総合優勝、リーグ2チーム目となる前後期と合わせた完全優勝を達成、さらにBCリーグ優勝チームとのにも勝利した。 また、リーグの公式戦の一環として実施されているとの交流戦である「ソフトバンク杯」にも前年に続いて優勝した。 リーグの前後期および年間総合優勝、グランドチャンピオンシップを制した球団が、ソフトバンク杯でも優勝したのは初めてであった。 シーズン終了後の10月31日、2015年からの二軍投手コーチに就任することが発表され 、2017年まで勤めた。 にを回復し、同月に4月より母校の常総学院高校野球部の投手コーチに就任する事が発表された。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 1 0. 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0. 00 0. 00 20 2 0 0 0 0 1 0 --. 000 190 39. 2 50 6 23 3 4 23 1 0 34 25 5. 67 1. 84 14 5 1 0 0 2 2 0 --. 500 202 46. 0 45 4 23 4 1 28 1 0 25 23 4. 50 1. 48 16 8 1 1 0 3 4 0 --. 429 270 60. 2 67 1 25 1 1 40 4 0 27 18 2. 67 1. 52 50 2 0 0 0 9 9 3 --. 500 491 116. 2 122 9 31 2 4 68 4 1 53 50 3. 86 1. 31 46 0 0 0 0 10 4 0 --. 714 322 75. 2 82 10 23 3 2 51 3 0 34 30 3. 57 1. 39 38 3 0 0 0 3 3 0 --. 500 300 65. 1 82 6 32 3 2 48 3 0 34 28 3. 86 1. 74 60 0 0 0 0 5 7 1 --. 417 350 84. 2 83 5 23 2 2 55 1 0 26 24 2. 55 1. 25 54 0 0 0 0 6 2 1 --. 750 262 61. 0 59 5 24 2 5 33 0 0 18 16 2. 36 1. 36 39 0 0 0 0 0 4 4 --. 000 198 42. 0 55 7 15 3 1 32 5 0 29 25 5. 36 1. 67 21 0 0 0 0 1 0 0 -- 1. 000 96 23. 0 23 3 9 0 1 10 1 1 12 12 4. 70 1. 39 53 0 0 0 0 0 2 0 --. 000 198 46. 1 45 5 18 2 4 26 0 0 18 15 2. 91 1. 36 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 2. 2 4 0 1 0 0 2 0 0 3 3 10. 13 1. 88 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 1. 2 6 2 2 0 0 0 0 0 4 4 21. 6 4. 80 通算:14年 419 20 2 1 0 39 38 9 --. 506 2906 665. 2 723 63 249 25 27 417 23 2 317 273 3. 69 1. 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更 タイトル [ ]• :1回 (1997年) 記録 [ ] 初記録• 初奪三振:同上、8回裏にから• 初先発:1990年4月28日、対4回戦()、5回2失点• 初勝利・初先発勝利:1992年8月23日、対20回戦()、7回2失点• 初完投勝利:1992年9月23日、対中日ドラゴンズ25回戦()、9回4失点• 初完封勝利:1993年6月5日、対中日ドラゴンズ8回戦(ナゴヤ球場)• 初セーブ:1994年5月25日、対ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、6回裏に2番手で救援登板・完了、4回無失点 その他• 出場:1回 (1999年) 背番号 [ ]• 47 (1988年 - 1991年)• 48 (1992年 - 2000年)• 12 (2001年 - 2002年)• 30 (2003年)• 68 (2004年 - 2005年)• 91 (2006年)• 19 (2007年 - 2010年)• 77 (2011年 - 2014年)• 81 (2015年)• 84 (2016年 - 2017年) 脚注・出典 [ ].

次の