モンゴル。 モンゴル旅行・ツアー・観光特集~大草原と遊牧民の暮らしにふれる旅~

モンゴル基礎データ|外務省

モンゴル

広大なモンゴルの自然は、決して大草原ばかりではありません。 多種多様な自然があり、その豊かさにきっと驚くことでしょう。 【ハンガイ】 ウランバートルから西へ400kmほどにアルハンガイ県があります。 この地域は、国内でも「恵み豊かで美しい自然が残る土地」として地元の人々も憧れを持つ地域です。 森林と草原に覆われ、水が豊富で湖もあります。 その中の一つウブス湖は、モンゴルの中でもいち早く世界遺産に認定された場所。 野鳥をはじめ珍しい動植物の宝庫です。 その為、古来より騎馬民族の争奪の的であったという歴史もあります。 【ステップ】 平らで広々とした草原地帯。 皆様がイメージするモンゴルの風景そのものです。 どこまでも続く大草原は、日々の喧騒を忘れさせてくれるようです。 【タイガ】 主にモンゴルの最北部に位置する常緑針葉樹林が育つ山々のことで、この周辺にはトナカイを飼育するツァータン民族が暮らしています。 モンゴルのスイスと呼ばれる世界でも指折りのフブスグル湖もこの地域にあり、エメラルドグリーンの湖面は、沖へ行くとコバルトブルーへと色が変わって見えます。 【ゴビ】 モンゴル語で砂漠の意味。 モンゴルにも砂漠があるのです!しかし、「砂」というわけではなく、乾いた土地に丈の短い草や潅木がまだらに生えているのが特徴です。

次の

モンゴルとは

モンゴル

最近の選挙は2012年6月。 0歳,女69. 6歳(2007)。 8%(2003)。 * *アジア中央部,の北部を占める国。 平均の標高は1580m。 北西部ほど高く,南東部はをなす。 その中間に国の大半を占める草原地帯が横たわり,古くから遊牧民族が活躍する舞台となった。 古来,住民の唯一の生活手段は遊牧であったが,現在では農牧業従事者は就労者数の半分以下で,国民総生産でも鉱工業が首位を占め,都市人口のほうが上回る。 工業はウランバートルを中心に行われており,同市が都市人口の半分を占める。 地下資源としては石炭,銅,モリブデン,蛍石,金などがあり,銅は輸出の第1位を占めている。 生活は,地方では古い遊牧様式をのこす面が多く,移動性のゲル()に住む。 かつて生活の末端まで支配した(チベット仏教)は,革命によって権力を失ったが,1990年代の改革のなかで再生しつつある。 また国民の99%は文字の読み書きができなかったが,革命後は教育が普及し,小学校から大学まで建てられた。 文字は1941年から古いモンゴル文字に代わって文字を使用していたが,1990年の改革後,再びモンゴル文字を採用した。 改革がすすむなかで伝統への回帰が広くみられ,民族的祝祭〈ナーダム〉が各地で盛大に催されている。 崩壊後,中国の支配を受け,1691年からは清朝の支配下にあった。 ロシア革命の影響によって民族意識が高まり,,の指導で,1921年革命を起こしてを宣言,ラマ教のを元首とする君主政体のもとに人民政府を樹立した。 1924年活仏が死去すると人民共和国を宣言,社会主義の建設に向かった。 1990年モンゴル人民革命党の一党独裁体制を廃し,1992年の新憲法には社会主義の表現が消え,国名も単に〈モンゴル〉と改められた。 市場経済への移行,対外開放も急速に進められている。 1996年の総選挙では野党連合が人民革命党に圧勝し,非共産系政権が発足したものの,翌年の大統領選挙では人民革命党出身のバガバンディが現職大統領を破った。 1997年世界貿易機関(WTO)に加。 2000年7月総選挙では人民革命党が圧勝し,政権を奪取。 2004年6月総選挙で,人民革命党と野党・祖国民主連合の議席が伯仲した。 2005年の大統領選挙では,前首相で人民革命党党首,国会議長のエンフバヤルが当選。 2009年5月の大統領選挙でエルベグドルジ元首相が当選。 面積 156万4116km 2。 人口 276万5000(2011推計)。 1924~92年はモンゴル人民共和国。 アジア大陸の中部,にある。 北をロシア,他の3方を中国に囲まれる。 行政上は 18の州 と3特別市 ウラーンバートル,ダルハン,エルデネト に分かれる。 地形は北西部の山地と,南東部の東部モンゴル高原に大別される。 国土の平均標高は 1580m。 山地は西部国境線沿いのが 4000m級の高山を連ね,山容も険しいが,北西部の,北東部のでは高度も減じ,山容も穏やかである。 東部モンゴル高原は大部分が砂礫土壌の半ステップで,ヤギ,ヒツジ,ラクダが放牧されている。 南部の国境沿いには植生のまばらなが広がる。 内陸の高原にあるため,大陸性気候で,年降水量は 50~300mm,気温の日較差,年較差がともに大きい。 山脈の北斜面は比較的降水量が多く,森林が繁茂している。 ハンガイ山脈,ヘンティー山脈ではなだらかな山腹に草原が広がり,ヒツジとウシの放牧が盛ん。 住民の大部分はモンゴル系のハルハ族で,西部や北部には同じモンゴル系のオイラート族やも住む。 西端のバヤンウルギー州はチュルク語系のカザフ族が多数を占める。 公用語は系の。 主産業は牧畜と,畜産品加工の軽工業であるが,建設・建材工業,また特に鉱業の発展に力が注がれており,三つの特別市がその中心となっている。 鉄道は未発達であるが,自動車道と航空路が首都と州都の間を結んでいる。 中世以降,モンゴル系遊牧民族の住地となったためとも呼ばれる 北はシベリア,南は万里の長城,東は興安嶺,西はアルタイ山脈までで,ゴビ砂漠を外モンゴル,以南を内モンゴルと呼んでいる。 乾燥した草原地帯のため,その住民は遊牧を営む民族で,トルコ系の鉄勒 てつろく ・鮮卑 せんぴ ・突厥 とつけつ ・ウイグル・キルギス,モンゴル系の匈奴 きようど ・柔然 じゆうぜん ・契丹 きつたん ・モンゴルなどである。 13世紀にチンギス=ハンがモンゴル帝国を建設したことから,この名がこの地域一帯に拡大した。 明代には東の部と西のオイラート部に分かれて対立・抗争を続け,明朝にも侵入した。 清代になるとまず内モンゴルが,ついで外モンゴル(ハルハ部)がこれに服属し,史上初めて中国の支配下にはいった。 1911年辛亥革命が起こると,外モンゴルに独立運動が起こり,24年モンゴル人民共和国が成立し,遊牧社会の近代化が開始された。 内モンゴルでも中華民国時代に独立の傾向を示し,47年中国共産党の指導下に内モンゴル自治区人民政府が成立した。 1949年に中華人民共和国が成立するとこれに参加し,自治区となった。 出典 旺文社世界史事典 三訂版 旺文社世界史事典 三訂版について 世界大百科事典 内のモンゴル の言及 【遊牧】より …これら定着農耕的村落や都市民との,畜産物と農産物との交換という,流通上のかかわりを牧畜民がもち始めるとともに,1ヵ所を本拠として定める移牧的,つまりより計画的移動をする牧畜形式が発生したと考えられる。 ただしこの地域でも,なお遊牧的生活は残りつづけただけでなく,中央アジアやモンゴル草原に牧畜が展開し,ラクダの家畜化とともに半砂漠が牧畜の適地とみなされ始めると,遊牧民は定着的農耕民と対立し,固有な生活様式,社会組織,支配機構をもつものとして立ち現れてくることになる。 その社会組織の一つの特徴は,父系的親族組織であり,壮年男性を中心とした一種の戦士的集団の形成である。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

モンゴル帝国

モンゴル

大学や学校、幼稚園は9月まで閉鎖となっており、会議や公共の場での抗議活動は禁止されている。 12歳未満の子どもは商業施設やレストランに行くことができず、人々はマスクの着用が義務付けられている。 フレルスフ首相は議会で報道陣に対し、ワクチンが入手可能となるまで規制を継続すると発表。 継続される措置の詳細には触れず、国境の再開時期は未定だと述べた。 一方で、議会選挙は予定通り6月24日に実施する予定だという。 モンゴルでこれまで確認された新型コロナウイルス感染者数は140人で、そのほとんどがロシアから持ち込まれたものだった。 帰国者は入国後3週間、厳しい隔離下に置かれた。 政府は国外にいるモンゴル人を帰還させるために航空機を手配しているが、現在も大勢が外国で身動きが取れずにいる。 帰国は妊娠中の女性や高齢者、保護者同伴の子ども、深刻な健康問題を抱える人ら、一部の人々に限定的に許可されており、当局は外国に残るすべての人に対応することはできないとしている。 c AFP.

次の