いちじく 料理。 創楽いちじく/旨い料理・旨い酒(八尾

【みんなが作ってる】 いちじく 食べ方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

いちじく 料理

いちじくは上品な味わいであっさりとした甘さがあり酸味が少ない食べ物です。 口当たりはなめらかでキウイのような感じです。 いちじくの旬は夏と秋となり、比較的秋のいちじくの方が濃厚な味わいです。 あまり馴染みがないいちじくですが美容やダイエットに良いとされている果物なので女性におすすめです。 いちじくはジャムやコンポートなどに使われることが多く、サラダやおつまみにも適した食材です。 いちじくはミネラルやビタミンを豊富に含んでいるので積極的に取り入れたい果物です。 いちじくは食欲がない時や夏バテにおすすめの食材ですのでぜひ食べてみてください。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 いちじくを使ったおつまみのレシピです。 いちじくと味噌が組み合わさった和え物です。 箸休めにもぴったりのメニューなのでぜひ作ってみてください。 いちじくは食べやすい大きさに切りネギは小口切りにします。 ボウルに白だし、味噌、すりごまをよく混ぜあわせていちじくを加えてあえます。 ネギを加えてさっと混ぜ合わせたら完成です。 おつまみにぴったりのいちじくを使った白和えのレシピです。 ワインや日本酒にぴったりのメニューなのでぜひお試しください。 木綿豆腐は水をしっかりと切ったものを使います。 フードプロセッサーに大葉、酒粕を入れてペースト状にし塩を加えて味を調えます。 カットしたいちじくをお皿に盛り付けて和え衣をかけたら出来上がりです。 やわらかく、プチプチした食感とほんのりやさしい甘みが特徴の「いちじく」。 いちじくの旬は8月~10月。 旬のいちじくは香りが強く、甘味も非常に強いのが特徴です。 食べごろのいちじくを選ぶ際は、甘い香りがするもの、丸みがあって付け根の近くまでしっかり色がついているものを選ぶようにしましょう。 いちじくの白い液体にはフィシンが含まれ、消化を促進する効果があります。 水溶性食物繊維ペクチンとともに便秘解消によく効きます。 ほかにも、むくみの改善や貧血予防、美肌、アンチエイジング、生理痛や更年期障害の緩和など、いちじくには女性にうれしい効果がたっぷり。 普段から積極的に食べたい果物ですね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏、秋とスーパーなどでよく見かけるいちじくですが、普段私たちが食べてる部分はいちくの花の部分にあたります。 最近では日本で栽培されることが多くなり、しろいちじくなど他の品種も多くみられますが、実はいちじくには身体に嬉しい栄養がたくさんはいっています。 まず、ペクチン。 こちらは水溶性の食物繊維で、コレステロールの上昇を抑えることができます。 また、ザクロエラグ酸やアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる、特に女性には嬉しい効果も期待できます。 生のいちじくはもちろん、ドライいちじくも販売されているため、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

いちじくを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

いちじく 料理

やわらかく、プチプチした食感とほんのりやさしい甘みが特徴の「いちじく」。 いちじくの旬は8月~10月。 旬のいちじくは香りが強く、甘味も非常に強いのが特徴です。 食べごろのいちじくを選ぶ際は、甘い香りがするもの、丸みがあって付け根の近くまでしっかり色がついているものを選ぶようにしましょう。 いちじくの白い液体にはフィシンが含まれ、消化を促進する効果があります。 水溶性食物繊維ペクチンとともに便秘解消によく効きます。 ほかにも、むくみの改善や貧血予防、美肌、アンチエイジング、生理痛や更年期障害の緩和など、いちじくには女性にうれしい効果がたっぷり。 普段から積極的に食べたい果物ですね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 干しいちじくと水菜が入った食感が楽しい卵焼きのレシピです。 干しいちじくと水菜はみじん切りにして、卵に混ぜて焼きます。 干しいちじくの甘さは、粉チーズ風味の卵焼きとよく合います。 水菜のシャキシャキした食感も心地よく感じます。 いちじくは多めに入れるとおいしいですが、見た目が悪くなるので、量は調整してくださいね。 いちじくとくるみのチョコパウンドけーき。 お菓子作りの好きな人に特におすすめのフレッシュないちじくのスイーツです。 タルトを組み立てる前に、一晩寝かせておくものが多いので、余裕を持って作るようにしましょう。 あとは組み立てるだけなので簡単です。 フレッシュいちじくはスライスしてらせんを書くように乗せるとおしゃれで華やかです。 ぜひ挑戦してみてくださいね。 夏から秋にかけて旬を迎えるいちじくには、女性に嬉しい効能がたっぷりあるんです。 プチプチとした食感が特徴的ないちじくの種には、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンが含まれ、ホルモンバランスを整える手助けをするため、美肌効果や、生理前症候群(PMS)、生理不順、更年期障害などの症状の緩和に役立ちます。 他にも便秘の解消に効果的な食物繊維や、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルも豊富です。 ドライいちじくでは食物繊維が生のいちじくの約5倍、ミネラル類は4〜5倍に増えるんです。 いちじくはすぐに傷みやすい果物なので、沢山手に入った時はドライフルーツにしたり、煮る調理法で、コンポートやジャムにするのがオススメです。 料理に使えるレシピもありますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特の形と味わいが印象的ないちじく。 いちじくはアラビア南部が原産と言われており、メソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたことが分かっています。 原産地がアラビアということもあり、熱帯を中心に生育する種が多くなっています。 日本には江戸時代に中国から伝来し、古代ローマでは「不老不死の果物」と呼ばれているほど栄養価の高い果物です。 いちじくは水溶性食物繊のペクチンを多く含み、腸の活動を活発にして便秘を防ぎます。 その他にもカルシウムや鉄分などを含み、ナトリウムを排出する働きのあるカリウムも豊富で、むくみ防止や高血圧症にも効果があります。 生で食べてもおいしいですが、火を通すことで甘みが増して違った味わいを楽しめますよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏から秋にかけて旬を迎えるいちじく。 漢字では「無花果」と書くので花が無いのかと思いますが、一般的な植物とは異なり、実の中のプチプチとした部分がいちじくの花の部分です。 「不老不死の果実」とも言われるいちじくは、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含みます。 他にもいちじくの種子には女性ホルモンに似た構造を持つ「植物性エストロゲン」を豊富に含むことから、乱れたホルモンバランスを整え、月経前症候群や生理痛、更年期障害などの緩和に期待できますよ。 特に女性に嬉しい効果が期待できるいちじくは、旬の時期以外ではドライフルーツを取り入れることがおすすめです。 噛みごたえも出て腹持ちもよく栄養もあり、ヘルシーなおやつとしてもぴったりですよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 夏、秋とスーパーなどでよく見かけるいちじくですが、普段私たちが食べてる部分はいちくの花の部分にあたります。 最近では日本で栽培されることが多くなり、しろいちじくなど他の品種も多くみられますが、実はいちじくには身体に嬉しい栄養がたくさんはいっています。 まず、ペクチン。 こちらは水溶性の食物繊維で、コレステロールの上昇を抑えることができます。 また、ザクロエラグ酸やアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、老化の原因となる活性酸素を除去してくれる、特に女性には嬉しい効果も期待できます。 生のいちじくはもちろん、ドライいちじくも販売されているため、ぜひ積極的に摂取してみてくださいね。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 秋が旬のいちじくは、とても栄養価が高く人気のフルーツです。 身はやわらかくて甘く、かむとプチプチした食感があるのが特徴です。 「不老不死の果物」と呼ばれ、食物繊維やポリフェノール、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。 便秘やダイエットに効果があり、美肌効果やアンチエイジングにも効くということで、女性には特におすすめの野菜です。 果物なので生のまま食べるイメージがありますが、ヨーグルトに入れたり、甘さを利用してフルーツソースにしたりするだけでなく、衣をつけて天ぷらやフライにしてもおいしく食べられます。 油で揚げることで、いちじくの甘みが増して食べやすいですよ。 この記事では、「いちじく」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

いちじくの正しい食べ方とは?特徴や魅力ついても紹介

いちじく 料理

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の