着信 音 メーカー 使い方。 着信音制作アプリ『着メロメーカー』とは?作り方や使い方、動画から音声を取り出し着信音に設定する方法を徹底解説!

Androidスマホの着信音を設定・変更する方法を解説! 好きな音楽を着信音にもできる

着信 音 メーカー 使い方

むかしむかし、iPhoneなどのスマートフォンが普及する前の時代、当時ガラケーと呼ばれる往々にして二つ折りの携帯をみんなこぞって持っている時代がありました。 その時に大流行したコンテンツが 着うた。 着信すると実際のアーティストの音源で着信を知らせてくれて、その更に前に流行っていた着メロの上位互換として中高生を中心に瞬く間に広がりました。 そんな時代も今は昔、現在はスマホで自由に音楽が聞けることも相まってか、あまり着信音に音源を設定する、という人はいないように思いますが、 今また密かなブームなのか!?AppStoreのMusicランキングでじわじわ上がってきているのがこの 「着信音メーカー」。 今回はこの着信音メーカーの使い方とその設定方法について説明したいと思います! もくじ• アプリ『着信音メーカー』をダウンロード URL: アプリ自体は広告モデルになっておりますので、無料で取得できます。 まずはアプリ側で着信音を作成 まずはアプリ側で着信音となる音源を作成するところからスタートします。 ここではあくまで開始分・秒数を確認するためだけのものです。 ココまできたら 一旦iPhoneのこのアプリで作業は終了となり、次からはiPhoneとつなげたPCでの作業になります。 まずはiPhoneとPCを接続するとiTunesが大抵の場合、勝手に起動します。 全体の流れ 作業全体としては、• アプリ内から音源ファイルを取り出し PCに保存• PCからiTunesの「着信音」に移動• iTunesの「着信音」からiPhoneの設定>着信音の領域に移動 という流れ。 これでひとまずiTunesConnect側の第1段階の準備が完了。 保存場所はどこでもOK。 m4r」というファイルで保存されているのがわかります。 こちらで一旦切り出したファイルのPCへの保存が完了します。 音源ファイルをiTunesの中に再度取り込み 先ほどの工程で取り出した「. m4r」ファイルをまたiTunes側の特定の場所に保存します。 先ほどの「. m4r」ファイルを、追加した「着信音」のライブラリにドラッグ・アンド・ドロップします。 これで切り出した音源ファイルをiPhoneの中の「着信音を鳴らせる場所」に移動させることができました。 設定アプリから着信音を選択 この時点で既に iPhoneに着信音ファイルが入っている状態ですので、あとは、設定アプリから取り込んだ楽曲ファイルを着信音などに設定しましょう。

次の

アプリ「着メロメーカー 着メロ設定ソフトウェア」の使い方とアラーム設定方法を徹底解説!

着信 音 メーカー 使い方

初級編:Androidスマホで基本着信音の設定手順 まずは基本的な設定方法からご紹介します。 現在の設定は「Xperia」。 ここで好きな着信音を選択できます 着信音を変更したい場合はここで設定しましょう。 デフォルトでいくつかのサンプル着信音が入っているので、着信音名をタップすることでどんな着信音が鳴るのかを確認することもできます。 着信音が決まったらその名前の端にあるラジオボタンを選択し、「完了」をタップしてください。 着信音名を選択したら、「完了」をタップ これで選択した着信音が鳴るように設定ができました。 基本的な設定はこれで完了です。 中級編:Androidスマホで個別に着信音を変更する手順 続いて相手ごとに着信音を個別で設定する方法をご紹介していきます。 まずはアプリボタンをタップ後、「連絡先」をタップしてください。 連絡先をタップ後、個別に設定したい相手を選び、画面右上のメニューボタンをタップ メニューの「着信音を設定」を選択します。 初期設定の着信音が設定されていますので、お好みで着信音を変更しましょう。 メニューの「着信音を設定」をタップし、好みで着信音選択 最後に右下の完了をタップすればOK。 着信音を選択したら「完了」をタップしましょう これで設定は完了です。 個別に設定することで、特定の相手からの着信が音でわかるようになりました。 上級編:Androidスマホでアプリごとに通知音を設定する方法 ここからはアプリ毎の通知音の設定方法をご説明します。 各アプリ毎に着信音を設定しておけば、「友達からのLINEが来たと思ってスマホを開いたら、Facebookだった」というような事態を避けることもできますので、変更してみるととても便利です。 Gmail(ジーメール)の着信音を設定する手順 Gmailアプリのメニューから着信音を設定することが可能です。 「ラベルに通知」にチェックをいれて、「音」を選択します。 「ラベルに通知」にチェックを入れ、「音」をタップして着信音を選択 あとは好みの着信音を選択すればGmailだけの着信音を設定できます。 LINE(ライン)の通知音を設定する手順 LINEの通知音は、スマホにあらかじめ入っているものではなく、LINEオリジナルの通知音を設定をすることができます。 種類も豊富なのでお好みの通知音を設定してみましょう。 お好みの着信音を選択し、「完了」をタップすれば設定完了です。

次の

着うたメーカー

着信 音 メーカー 使い方

カテゴリ: 仕事効率化 現在の価格: 無料 着メロメーカーの使い方 着メロメーカーでは、様々な手段で元なる楽曲や、音を集める事ができます。 しかし、それだけでは着メロにならないため、楽曲のトリミング等が必要となります。 アプリがもともと日本のものではないため、日本語訳やチュートリアルが少しわかりずらく、使い方がよくわからないといった方も多いようです。 ビデオからのインポート 楽曲をビデオからインポートする方法です。 当然音楽に限らず、普段撮った動画の音声などを利用することも出来ます。 するとギャラリーから動画を選択する画面になるので選択し、インポートが終わるとファイルが追加されます。 このアプリの使い方として、 音楽をスマホから流した状態で、画面録画をした動画を、インポートするのが最も効果的に好きな音楽を着メロにすることができます。 Apple Musicなど、アプリによっては音楽を流しながら画面録画をすることができないので注意が必要です。 また、当然音楽には著作権などの問題もあるので、行う際は自己責任で、他の人にファイルを渡すなどは絶対にしないようにしましょう。 パソコンからのアップロード PCからアップロードを行う場合、スマホと同じWiFiに繋がれているPCが必要です。 「パソコンからアップロード」を選択します。 PCのブラウザ(ChromeやSafariなど)を開き、アドレスバーに、スマホに表示されている文字(数字)を入力します。 すると、このような画面がPCに表示されるので、「アップロードする」から、動画ファイルや音声ファイルを選択すればOKです。 PCからだと、あまりにも大きすぎるファイルや、長すぎるファイルはアップロードできない可能性もあるのでご注意ください。 ダウンロード ダウンロードという機能では、このアプリ内に入っている楽曲から、直接ダウンロードすることができます。 「ダウンロード」をタップし、好きな楽曲を探します。 ただし、このダウンロードにはかなり致命的な欠点があり、 中国の曲がほとんどで、邦楽や洋楽はあまりありません。 使いやすい機能ではありますが、使える機会はあまりないでしょう。 Apple Musicからのインポート Apple Musicからのインポートですが、 現在は利用できなくなっている可能性が高いです。 「もっと」から、「Apple Musicからのインポート」をタップします。 ここで、自分がダウンロードしているはずの楽曲が表示されない。 なぜか曲が読み込まれないといった状態になってしまいます。 これはおそらく、 Apple Music側の著作権関連の問題で、第三者のアプリで利用できなくなったのでしょう。 ファイルからのインポート ご利用中のスマホに最初からインストールされている「ファイル」というアプリがあります。 ギャラリーとは別ですが、そこから選択することも可能です。 「もっと」から、「ファイルからのインポート」を選択します。 ファイル内のデータが表示されるので、選択をすればインポートすることが可能です。 他アプリケーションからのインポート 他のアプリを利用して、インポートすることも可能です。 まず、「WeChat」や「QQメッセージレコード」などのアプリを開き、「チャット」から、音声ファイルを表示します。 音声ファイル右上のメニューアイコンをタップし、「他のアプリで開く」をタップします。 「その他」から「着メロ作成にコピー」をタップします。 これでインポート完了です。 ただし、これは 「WeChat」や、「QQメッセージレコード」など、日本ではあまりなじみのない、音声メッセージアプリを利用してのインポートとなるので、あまり使う機会は無いでしょう。 どんなアプリでも利用できるというわけではないので、ご注意ください。 着メロメーカーでアラームに設定する方法 当然、ファイルをインポートするだけでは、アラームや着信音になりません。 ここから、簡単な作業が必要となります。 またGarageBandという外部アプリの利用が必要となります。 クリップ インポートしたファイルは、「クリップ」というトリミングのようなことをする必要があります。 まず、クリップしたファイルを一度タップし、「クリップ」を選択します。 ここで、ファイルの長さや、微調整、簡単な編集を行います。 ファイルの開始位置と、終了位置は、青の丸を動かすことで調整できます。 また、その下の「微調整」では、0. 1秒単位でファイル時間の調整が可能です。 そうすると、一番上に、作成したファイルが表示されるようになります。 着メロの作成 着メロを作成するには、「GarageBand」という、iPhoneに最初から搭載されているアプリが必要です。 このアプリでは、最初にチュートリアルが流れるので、先に見ておきましょう。 着メロにしたい楽曲の「作る」をタップし、「GarageBandにコピー」を選択します。 GarageBandに移動すると、先ほどのファイルがコピーされているので、アイコンを長押しします。 「共有」をタップします。 「着信音」をタップします。 「書き出し」をタップします。 これで読み込みが終われば、書き出しが完了です。 ここまでくると、アラームへの設定や、着メロとしての設定が可能になります。 アラームへの設定 すべてが完了すると、アラームへ設定することができます。 編集画面になったら、「サウンド」をタップし、先ほどのファイルがあるので、選択をすればアラーム設定完了です。 あとはアラームを「保存」して、全てが完了となります。 当然着信音などにも利用できるので、画面録画等で別アプリを利用して、音楽を動画ファイルとして残しておけば、どんな曲でも着信音やアラーム音に設定することができます。 着信音の設定 当然、着信音としても利用できます。 iPhoneの設定から、「サウンドと触覚」をタップします。 「着信音」をタップすると、先ほどのファイルがあるので、それをチェックすれば着信音になります。 GarageBandで「着信音」として書き出すと、iPhoneの様々な機能で利用できるようになります。 その他の機能 この「着メロメーカー」では、他にもいくつかの機能を利用できます。 ライブ壁紙 フリー画像のような壁紙に合わせて、楽曲がバックで流れる仕様のライブ壁紙を、自分のデバイスにダウンロードできます。 右上の設定アイコンをタップし、「ライブ壁紙」をタップします。 着信音の設定にだけではなく、スマホの壁紙なども変更可能です。 広告を削除 アプリを閉じるたびに広告が出てくるのが煩わしいと感じるのであれば、広告を消すことも可能です。 「設定」の「広告を削除」をタップし、「購入120」を選択して、パスコードやタッチIDなどで支払いを済ませれば完了です。 広告を削除すると、よりスムーズに着メロの作成が可能となります。 ファイル名の変更 着メロとしてファイルを作成する際、ファイル名の変更が可能です。 インポートしたファイルの下にある「リネーム」をタップします。 ファイル名が表示されるので、自分の好みの名前や、わかりやすい楽曲名に変更しておくのが良いでしょう。 何度も着メロを作成していると、ファイル名がごちゃごちゃで分からなくなるので、できれば名前は変更しておきましょう。 ファイルの変更 もし、着メロ作成がうまく出来ない場合、ファイルの拡張子を変更してみましょう。 GarageBandと噛み合わず、着メロ作成ができないなどの場合にご利用ください。 他にオススメの音楽アプリは? music. jp」が大人気です。 総勢800万点以上!! 今なら 30日無料で楽しむことが出来ます。 そして今なら、毎月貰えるポイント増量!1か月で映画11本も観られる、通常1,922ポイント+動画3,000ポイントが毎月もらえます。 SMART USEN SMART USENは、お店のBGMでお馴染みのUSENが提供する音楽配信アプリです。 専門ディレクターが作ったチャンネルを選ぶだけで、リラックスやジョギングなど、日常のシーンに合った音楽を聞くことができます。 設定した時間で切れるタイマーも備わっているので、「寝る前のヒーリングソング」チャンネルを掛けたまま眠ってしまっても大丈夫です。

次の