デービー ジョーンズ。 デービーバックファイトは何話に登場?ルールと伏線を確認

ザ・モンキーズのデイビー・ジョーンズが66歳で死去

デービー ジョーンズ

「死ぬのは怖いだろう?奈落へと落ちるのは恐ろしいだろう?すべての行いが暴かれそれに相応しき罰が与えられる。 もっとも勇敢な船乗りたちでさえも恐怖に陥れた異形のキャプテン、デイヴィ・ジョーンズは海賊の伝承の中で神話や伝説として扱われるようになり、特に<ダッチマン号>とは語り草となった。 とある伝説では、デイヴィ・ジョーンズは海の女神と恋に落ちるまでは誇り高き船乗りであったという。 彼は<フライング・ダッチマン号>と海で死んだ者たちの魂を次の世界へと運ぶ聖なる仕事を与えられた。 愛のため、ジョーンズは10年に1度だけ陸に上がってカリプソと過ごしそれ以外は海で過ごすことに同意した。 しかし10年の務めを果たして海岸に現れたデイヴィ・ジョーンズの前にカリプソはおらずもはや見つけることはできなかった。 最初のが開かれた際、デイヴィ・ジョーンズは彼らと共謀してカリプソから海の支配権を奪うことになり、カリプソをに閉じ込めてしまった。 評議会にカリプソを人間に変える術を教えたのはジョーンズである。 しかしそれで愛が消えたわけではなく、その痛みはジョーンズにとって耐え難いものとなった。 やがてジョーンズの後悔は膨らみ自らのをえぐり出すとに入れて保管した。 義務を放棄したデイヴィ・ジョーンズは七つの海に戻ったが今や獰猛で残忍、執拗なまでの残酷さで船乗りたちは死ぬほどジョーンズを恐れていた。 ジョーンズは呪われた幽霊船と化した<フライング・ダッチマン号>で海を彷徨う気ままな船乗りたちを餌食にした。 死を恐れ最後の審判を先延ばしにしたいと願う者たちは幽霊船でジョーンズに仕えることを誓うが、彼らはやがて船の一部に同化し永遠に恐るべきキャプテンの下僕となってしまうのである。 デイヴィ・ジョーンズはまた、巨大なイカのような海の怪物を操り、幽霊船で乗組員としてキャプテンに仕える魂を集めることに利用した。 あるとき、デイヴィ・ジョーンズはと取引し、彼が愛する船<ウィキッド・ウェンチ号>(その後<>に改名)を修復する代わりに100年間<ダッチマン号>での奴隷労働を約束させた。 この返済は13年後に設定され、期限が迫るとジョーンズはを送り込んでジャック・スパロウに、クラーケンを惹きつけるを付着させた。 数日後、ジョーンズはブーツストラップ・ビルの息子とも接触したが、やがてクラーケンがジャックもろとも<ブラックパール号>を奈落に引きずり込んで契約は完了した。 しかしの卿がまだ動いているジョーンズの心臓を手に入れ、これを脅迫に使ってジョーンズとその乗組員たちを支配下に置いた。 ベケット指揮下の<フライング・ダッチマン号>でジョーンズは東インド貿易会社の艦隊を率いて、第4回評議会と戦う事になる。 評議会が開催される中、ジョーンズはカリプソと再会し彼女は自由となって評議会を罰することになっていたがジョーンズの裏切りに気づいてしまう。 解放された女神カリプソはそのとてつもない怒りから巨大な渦巻きを引き起こし、その中心部で戦いが発生した。 この激しい戦闘の中でジョーンズの心臓は突き刺され死亡した彼はようやく永遠の自由を手に入れた。 死亡したジョーンズは彼が愛してやまなかった海の中へと迎えられたが、それも短い間のことであった。 20年後、彼は再び地上に姿を見せた。 「知ってるだろ?デイヴィ・ジョーンズ、え?真の海の男。 偉大な船乗り... 彼は偉大な船乗りであったことが知られており、のように移り気で冷たく奔放な女神と恋に落ちた。 ジョーンズはある女性または海に恋をしたという少し違った逸話も残されている。 カリプソはジョーンズに、海をさまよう哀れな魂をあの世へ運ぶという聖なる仕事を与えて彼の愛に報いた。 この仕事を達成させるため、カリプソはのちにとして知られるようになる生と死の狭間を行き来できる船<>を彼に与えた。 愛に動かされたジョーンズは10年に一度しか陸に上がれなくなることにも従った。 裏切り 「最初の評議会が永久に閉じ込めると請け合った。 俺との取り決めでな... 俺が閉じ込める方法を教えてやった。 カリプソは信用できん。 しかし上陸してみるとそこには誰もいなかった。 カリプソはどこかへ消えていたのであった。 女神に裏切られ激怒したデイヴィ・ジョーンズは騙されて任務を課されたと考えたが、この奉仕から逃げ出すことはできなかった。 「古代の海の書」と恐るべき怪物を武器に、ジョーンズは復讐へと進路を取った。 クラーケンにより、彼は海中に散らばったパワーを秘めた宝物とたちの忠誠を手に入れた。 そして、最初のにおいて、ジョーンズはカリプソから海の覇権を奪う計略を図った。 海賊長たちが海の支配権を自らの手に納めることができるよう、協定の一環として、デイヴィ・ジョーンズはカリプソを人間の体に閉じ込める方法を教えた。 評議会はカリプソを捉えると、のちにブードゥー教の司祭として知られるようになる人間の女性の体に女神を閉じ込めた。 デイヴィ・ジョーンズはすぐに自らの行いを後悔し大きな悲しみに打ちひしがれたため、胸から自身の心臓をえぐり出すとそれをに収めた。 <フライング・ダッチマン号>で起こりうる反乱や他の敵から命を守るため、ジョーンズは箱をに隠した。 彼は箱のを常に顔の触手の下に隠していた。 チェストを手に入れたものはジョーンズを脅迫して支配下に置くことができた。 しかし心臓が安全な限りジョーンズは不死身であった。 海の支配者 「それが人生だ。 死んだからといってそう対して変わらんさ。 お前たちにチャンスをやる。 最後の審判の時を先延ばしにしたいという奴は向こう100年間俺の船で働け。 その結果、彼の外見は次第に海洋生物相を見せるようになり怪物と化していった。 デイヴィ・ジョーンズが恐ろしく冷酷で残酷な仕打ちに飽くなき欲求を示したことからあらゆる船乗りが彼を心の底から恐れるようになった。 語り継がれた伝承においては、クラーケンがジョーンズに忠実なであり、無用心な船や水夫たちを襲撃するとされている。 クラーケンは無数の魂を<フライング・ダッチマン号>に運び込み、ここに送られた船員たちはほぼ強制的に奴隷となって働くことを強いられた。 こうして乗組員に加わった者たちは100年間船で働くことが要求され、やがてはジョーンズと同じように海洋生物的な外見を持つようになった。 しかしジョーンズと異なり、人間性を失った彼らの症状は悪化していきやがては船そのものと同化する者たちも現れた。 ジョーンズは船員たちを極限まで働かせ、ちょっとした反抗にも敏感に反応してサディスティックな罰則を与えることで船の支配者として君臨した。 ついには乗組員たちも魂だけでなく身体の人間性を失っていく。 ジョーンズは七つの海に混乱を引き起こし行く先々で恐怖のオーラを巻き起こした。 しかし陸に上がったり港に降りたりできるのは10年に一度きりであった。 コルテスの剣とタイムキーパー デイヴィ・ジョーンズ: 「おれさまをばかにするなよ、スパロウ。 おとなしく、その時計をこっちによこせ」 ジャック・スパロウ: 「失礼ですが、ミスター・ジョーンズ・・・・・・えっと、デイヴィってお呼びしてもいいでしょうか?もし構わなければ・・・・・・。 トレンツは失敗し、やがてデイヴィ・ジョーンズは剣を先にティア・ダルマへと渡していたジャック・スパロウと対峙する。 剣を取り損ねたジョーンズは時間をさかのぼって再びカリプソと過ごせるよう、別の遺物、に目をつけた。 彼はまた、に置かれたのとの王国を支配していた。 評議会への協力 何らかの理由によってデイヴィ・ジョーンズとジャック・スパロウは初対面の時の出来事を覚えていなかった。 「タイムキーパー」の事件の数年後、ジョーンズはたちによって難波船島の洞窟に停泊中の、・が所有する<>へと呼び出された。 評議会は謎のはぐれ海賊に苦しめられており、の海賊長をはぐれ海賊の首領として特定するためにジョーンズを召喚したのであった。 ジョーンズは首尾よく依頼を完遂して見せ、ボルヤの艦隊には7人のはぐれ海賊のキャプテンがいると明かした。 ジャック・スパロウの借り 取引 評議会の裏切り者を見つける手伝いをしてから5年後、ジョーンズは船とともに沈み彼の超自然空間にたどり着いたジャック・スパロウに呼び出された。 スパロウはの命令によって火を放たれ沈没した船<>を海底から引き上げるようジョーンズに依頼した。 ジャックは<ウィキッド・ウェンチ号>を取り戻し13年間キャプテンとなることと引き換えにその後100年間<フライング・ダッチマン号>で働くという条件を提示した。 ジョーンズは条件を承諾し船を引き上げるとジャックに渡した。 ジャック・スパロウが約束を果たすか否かは時を経て明らかになっていく。 黒丸 デイヴィ・ジョーンズ: 「約束を果たしてもらおうか。 13年間<ブラックパール>の船長だったんだからな、願いは叶えてやった!」 ジャック・スパロウ: 「厳密には船長やったのは2年だけでその後反乱を起こされた」 デイヴィ・ジョーンズ: 「どういう事情があったにせよ船長でいたことに変わりはない。 この反乱に反対した、不死身の呪いがかけられていたはにより大砲にくくりつけられ海に放り出された。 海底で彼を発見したデイヴィ・ジョーンズはこの拷問のような苦しみから解放されるチャンスを与えた。 極限に追い込まれていたターナーは同意しジョーンズの新たな船員に加わった。 取引から13年後、スパロウに借りの返済期限が迫っていることを警告するためにジョーンズが送り込んだのがこのターナーであり、ターナーは命令に従ってスパロウの手にを残した。 ジョーンズはクラーケンを放ちスパロウを追わせ、自分はいつも通りに人里離れた浅瀬で船の破壊を行っていた。 彼は部下に生存者を集めさせ<ダッチマン号>の乗員に引き入れようと試みた。 に迫るジョーンズ 生存者たちを乗組員に加わらせようと話していたジョーンズはその中に暗澹たる運命の船員たちに相応しくない、死んでもおらず死にかけてもいないがいることに気がつく。 用心深いジョーンズは彼の目的を尋ね、男はジャック・スパロウの借りを返しに来たと答えた。 ジョーンズはスパロウが借りをごまかそうとしていることに気づき近くで見守っていると感づいた。 彼は<ブラックパール号>を見つけると瞬間移動した。 彼の部下たちがスパロウの数少ない船員を取り押さえジョーンズとスパロウが再会した。 スパロウは<ブラックパール号>のキャプテンでいられたのは2年間だけだったと言い訳するが、ジョーンズは船を指揮していない時でさえ「キャプテン・ジャック・スパロウ」と名乗っていたことを指摘した。 つまりほとんどの期間<ブラックパール号>に乗っていなかったとしてもこの船は13年間彼の所有物であったことになる。 するとスパロウは送り込んだ男、が船一隻に対し魂ひとり分の支払いであると説明する。 ジョーンズはすべての魂が同等ではないと答え、スパロウに彼の魂は何人分かと問われると意地悪く100人分用意するよう3日間の猶予を与えた。 彼はスパロウから黒丸を取り除くとウィルを正当な対価として手元に残し、スパロウに99人分を集めるよう促したのであった。 ウィリアム・ターナー 「ターナー君、陸に戻っていいぞ... 確認に赴いた彼はブーツストラップ・ビルがの鞭打ち刑からウィル・ターナーを助けようとしている場面に出くわした。 理由についてジョーンズが尋ねるとブーツストラップはウィルが自分の息子だと明かした。 名前に関連を見出したジョーンズは面白がりブーツストラップがウィルを鞭で打つかジミー・レッグスにやらせるかの選択を迫った。 サディスティックなにやらせるよりは自分で鞭打つことを選ぶだろうと知っていたジョーンズは、いやいやながらもウィルを5回鞭で打つブーツストラップの姿を陰険にも見守っていた。 ライアーズ・ダイスをプレイするジョーンズ 同じ晩、ウィルはでジョーンズと勝負した。 ウィルは負ければ<ダッチマン号>で永遠に働くという条件を提示してジョーンズに死者の宝箱の鍵を賭けさせた。 心臓を失う恐怖も伴ったが乗組員たちに弱みを見せたくなかったジョーンズは勝負に応じた。 しかしふたりがゲームを始める直前になって、息子が船で奴隷になる確率を下げるためブーツストラップ・ビルも勝負に加わった。 ジョーンズはこの予想外の展開も受け入れゲームが始まった。 プレイが進むにつれジョーンズはウィルが嘘をついていると疑い始めた。 ところがジョーンズがコールする前にブーツストラップが息子のためにわざと嘘をついた。 ブーツストラップがライアーとなりゲームに勝利したジョーンズは彼が永遠に<ダッチマン号>で働くことを宣言した。 部屋を去る前、ジョーンズはウィルにいつでも降りていいと声をかけ、それは次に港に着く時だと意地悪く付け足した。 を召喚するジョーンズ 翌朝、ジョーンズはウィルが鍵を盗み父親の助けで船から逃げ出したことに気づいた。 怒りと恐怖に駆られたジョーンズは<フライング・ダッチマン号>でターナーの追跡に乗り出した。 商船<>に遭遇したジョーンズはそれにウィルが乗っていると確信しクラーケンを使ってブーツストラップの目の前で船を破壊した。 ターナーの死体は見つからなかったが、ジョーンズはスパロウが鍵を盗むために彼を送り込んだのだと感づいた。 スパロウが借りの取引材料に心臓を使おうとしていると気づいたジョーンズは航海長にに進路を取るよう命じた。 死者の宝箱の確保 「俺の箱に危険が迫ってる。 至急十字架島に向かうのだ。 先に着けよ、でないと面倒なことになる... 10年に一度しか陸に上がれないジョーンズは、に上陸してチェストを奪うチームを任せた。 彼は船を潜水させると乗組員たちは泳いで島に向かった。 しばらくして乗組員たちがチェストをもって戻るとジョーンズはようやく借りの返済を求めてジャック・スパロウ捜索を開始した。 <フライング・ダッチマン号>が<ブラックパール号>の横に浮上すると、スパロウはでジョーンズを挑発した。 スパロウの道化芝居に苛立ったジョーンズは砲手に攻撃を命じた。 <ブラックパール号>は方向を変え砲弾を避けると<フライング・ダッチマン号>は追撃を始めた。 <ブラックパール号>が距離をとり始めるとジョーンズは砲手長のに命じて2門のを発砲させた。 しかし機動性に長けた<ブラックパール号>には最小限のダメージしか与えることはできなかった。 追跡を断念したジョーンズはスパロウを手に入れるためクラーケンを呼び起こした。 空の死者の宝箱を開けるジョーンズ ジョーンズは遠方から何度も反撃に合うクラーケンを見ていた。 やがて戦いは終わりジャック・スパロウと<ブラックパール号>はクラーケンによってロッカーに引きずり込まれていった。 ジョーンズはスパロウに倒すのがあまりにも簡単だったことに不安を感じ騙されていたのではないかとの疑惑が生じた。 募る不安からチェストを開けたジョーンズは中身がないことに驚きと恐ろしさを感じた。 激怒したジョーンズはすべてジャック・スパロウが仕組んだことと考え彼の名を恐怖に満ちた苦悩の叫び声をあげた。 に到着したジョーンズ スパロウは死んだと思われたが、それでも自分の心臓の鼓動を感じたジョーンズは源をたどってに進路を取った。 ポート・ロイヤルに到着したジョーンズは知らない間にジャック・スパロウとジョーンズの取引のきっかけとなった男、のカトラー・ベケット卿に行き着く。 ベケットはスパロウの乗組員だったから受け取ったジョーンズの心臓を所持していた。 ジョーンズは新たな主人に敬意を評して帽子を脱いだ。 海賊に対する戦争 隷属 「もはや海はお前のものではない、ジョーンズ。 悪霊の力も今や... しかしベケットはデイヴィ・ジョーンズを信用しておらず、クラーケンを島に上陸させることで殺してしまった。 デイヴィ・ジョーンズはこの隷属を快く思わずベケットの前ではいつも荒々しく振舞った。 海賊に攻撃を仕掛ける際、ジョーンズはいとも容易く次々と敵対した船を破壊していき痕跡を残さなかった。 彼は残虐にも生存者をひとりも残さず木材の一片さえも粉々に砕いてしまったのであった。 こうした荒業は捕虜を尋問したがっていたベケットを苛立たせた。 ジョーンズがベケットの情報探索など気にもかけなかったことへの報復として彼はジョーンズの心臓を<フライング・ダッチマン号>に載せた。 武装した衛兵が常にチェストを見張り、ジョーンズがベケットの命令に忠実に従わなければジョーンズを殺すよう命令されていた。 ベケットはまた、ジョーンズの心臓を持ち出した張本人で大将となったを<フライング・ダッチマン号>に常駐させた。 心臓が船内にあることで常に隷属関係を思い出さなければならなかったジョーンズは大いに苛立った。 ジョーンズは悪名高い中国の海賊船<>を捕獲するよう命令を受けていた。 ジョーンズは首尾よく船を発見し大砲を数発放ったあと彼の乗組員が<エンプレス号>の乗組員を捕えていった。 デイヴィ・ジョーンズは<エンプレス号>のキャプテンであると主張するに会ったが彼女が有名な海賊船のキャプテンであるとは信用しなかった。 しかしノリントンは彼女を知っており<エンプレス号>の乗組員を<フライング・ダッチマン号>の営倉に閉じ込めるよう命じた。 <エンプレス号>は<フライング・ダッチマン号>に結び付けられてゆっくりと進み、ジョーンズはベケットの艦隊のもとへと進路を取った。 ノリントン大将の死後、<フライング・ダッチマン号>船上のデイヴィ・ジョーンズ その夜、ノリントン大将の手引きにより<エンプレス号>の乗組員は逃走したが彼は、息子の<フライング・ダッチマン号>脱出を助けて以来営倉に閉じ込められていたブーツストラップ・ビルに刺された。 ジョーンズはノリントンを乗組員として誘い込もうとするが瀕死の大将は意識がなくなる前にジョーンズの肩を刺したのみであった。 ジョーンズは自分を刺した剣の見事さを褒め自分のものにした。 ジョーンズはようやくベケットの支配から解放されると考えた。 彼は船に駐留する東インド貿易会社の兵士たちを殺すよう命じるが、ベケットの副官がまだ数名の兵士たちを従え鍵を守っていると判明したのみであった。 ジョーンズは不承不承マーサーの指揮を受け入れた。 <エンデヴァー号>のジョーンズの乗組員によって殺された者たちは新しい兵で補充されていた。 ジョーンズは再び船へ呼び出され大いに苛立った。 ベケットの部屋に入ったジョーンズはそこでが海賊の天敵であるベケットと紅茶を飲んでいることにショックを受けた。 ウィルは彼と<ブラックパール号>の乗組員たちがロッカーに行ってジャック・スパロウの魂を救出したと話した。 ジョーンズの驚きはすぐに怒りに取って代わり、その矛先は情報を伝えなかったベケットに向けられた。 しかしベケットはについて尋ねたのみであった。 ジョーンズはカリプソはもういないと答えたが、ターナーはがカリプソを人間の体から解放すると話してジョーンズに反論した。 ジョーンズは評議会との約束で彼らはカリプソを解放できないとベケットに話す。 ベケットはこの言葉に疑いを抱き彼と評議会との関係を問い質した。 ジョーンズはカリプソを封印する方法を評議会に教えたのは自分だと明かし、彼女は信用に値しなかったのでそうするしかなかったと説明した。 ウィルはここでジョーンズはカリプソを愛していたのだと気づき、彼女が彼を裏切った報復に彼女を裏切ったのかあるいはその逆かを尋ねた。 ジョーンズはターナーにいらつき、口撃しながら彼に近づいたが、ベケットがターナーにどうやって評議会までたどり着くか尋ねた。 ターナーは評議会が開かれるの場所を教える代わりにジョーンズに父親を解放するよう要求した。 ターナーはベケットに、使用者のもっとも欲しいものの方角を示す謎めいたも提示する。 ジョーンズはウィルにカリプソの死を求め、ウィルはジョーンズにカリプソは<ブラックパール号>にいると答えた。 これを聞いたジョーンズはもう一度カリプソに会うため、<フライング・ダッチマン号>で出発した。 ティア・ダルマと話すデイヴィ・ジョーンズ ジョーンズは難破船入り江に到着し<ブラックパール号>の営倉でと会った。 彼は彼女の裏切りに対する憎しみを顕にした。 ダルマは未だにジョーンズを愛していると言い、気まぐれな性格のために待つことができなかったと話した。 しだいにジョーンズは穏やかになり評議会の運命を尋ねると、ティア・ダルマは自身の手で残酷な罰を与えると答えた。 ジョーンズは心からの愛を告白し彼女が解放されたあとにもう一度やり直すことに同意した。 による会談 ベケットの艦隊と評議会の艦隊の間にある砂州において、ジョーンズ、ベケット、ターナーは評議会からの使者である、、ジャック・スパロウらと会談した。 バルボッサとスワンはスパロウと引き換えにターナーを要求した。 ベケットも同意しスパロウはジョーンズにもとに送られ、のちに<ダッチマン号>の営倉に閉じ込められた。 しかし海賊たちは降伏せず、戦闘はもはや回避不可能となった。 このとき激しい嵐が発生しており、ジョーンズはこれをカリプソが解放された証であると確信した。 <パール号>は両陣営の真ん中にできた巨大な渦の近くに進み出た。 ジョーンズはの反対に耳を貸さず<ダッチマン号>を<パール号>と反対側の激しく回転する渦に進入させた。 ジョーンズは攻撃命令を下ししばらくの間2隻の船を一斉攻撃を交わしあった。 砲弾が船尾甲板に命中しの兵士たちは皆死亡したか負傷した。 ジョーンズはマーサーを砲撃から救い、この一瞬の隙を突いて触手で彼を絞殺した。 彼はマーサーからを回収するとと自由を取り戻すためオルガンの部屋に向かった。 <フライング・ダッチマン号>の帆の上で戦うふたり 階段を降りる際、ジョーンズは営倉を脱出したスパロウがチェストを手にしているのを目撃した。 乗組員が現れるとジョーンズは皮肉な状況に陥ったジャックを愚弄した。 ジョーンズはチェストを奪おうとするがスパロウはすぐにロープを掴むと<フライング・ダッチマン号>の帆の上に逃げた。 ジョーンズはスパロウの目の前に瞬間移動すると剣による決闘が始まった。 ジャックは鍵を持っていたジョーンズの触手を切り落とし武装解除することで決闘に勝利した。 するとジョーンズはジャックの剣を折って彼ににじり寄った。 <フライング・ダッチマン号>と<ブラックパール号>の帆が衝突したことでスパロウはバランスを崩し海に落ちかけたが彼が手にしていたチェストの取ってをジョーンズが掴んだ。 やがてジョーンズに弾き飛ばされたスパロウはチェストを手放しロープを掴んだ。 スパロウは回転するロープから銃でジョーンズの手を狙い、チェストは甲板へと落下していった。 <ダッチマン号>上でと戦うジョーンズ チェストはジャックを助けるために<ダッチマン号>に乗り込んだが奪い彼は船の端まで逃げて父親と対面した。 ジョーンズは剣を取り戻すと戦闘を避けながらターナーを追った。 彼は邪魔なものは東インド貿易会社の兵士であろうと殺しながらチェストにたどり着くが、そこにジャックが現れ決闘が再開された。 ジョーンズがスパロウを打ちのめすと次はエリザベスが目の前に現れるが、鉤爪の手で容易く圧倒した。 死 デイヴィ・ジョーンズ: 「ああ、愛か。 愚かな気の迷いだ。 そしてまた、いとも簡単に引き裂かれる。 ウィルとエリザベスが絶望的にお互いを見つめ合っているのを見たジョーンズはふたりの愛に気づき、スワンに痛みと怒りを与えるためターナーを殺そうと決めた。 しかしまたもやジャックが現れ、折れた剣でチェストから取り出した心臓を狙ってジョーンズを脅した。 ジョーンズはこれを虚勢と見て構わずターナーの心臓を突き刺した。 心臓を指すことができないジャックを見たジョーンズは勝ち誇って笑みを浮かべた。 ウィル・ターナーに心臓を刺されたジョーンズ 正気を取り戻して悲しみに襲われたブーツストラップ・ビルが、狂った猛獣のように激しくジョーンズに襲いかかった。 格闘を経てブーツストラップ・ビルを取り押さえたジョーンズは止めを刺そうと剣を振り上げたがここで胸に恐ろしく不吉な痛みを感じた。 振り向いたジョーンズは瀕死のウィル・ターナーがジャック・スパロウの助けで自分の心臓を突き刺しているところを目にした。 朦朧としたジョーンズは空を見上げてカリプソの名前を口にすると渦の中へ、死の中へと飲み込まれていった。 死からの復活 デイヴィ・ジョーンズのその後については知られていない。 ついに彼が愛した海、カリプソとひとつになって平穏を見つけることができたとも考えられる。 この死によってジョーンズは暗い海の中へ迎えられカリプソにとっての愛は続いているということになる。 彼の船だった<フライング・ダッチマン号>は新しいキャプテン、ウィル・ターナーへと引き継がれた。 しかしながら、からおよそ20年後、ジョーンズは<フライング・ダッチマン号>の呪いにかけられた姿で再びこの世に現れた。 ジョーンズはの破壊によって呪いから解放されたウィル・ターナーとようやく再会したエリザベス・スワンの家に侵入する。 ターナーのベッドルームに忍び込んだ彼はカニの爪のような左手を打ち鳴らして音を立てた。 雷で目覚めたウィルは室内を見回すがそこには誰もおらずすぐ眠りに戻った。 彼は床の上に残されたフジツボと海水に気づいていなかったのである。 舞台裏• 『』、『』でデイヴィ・ジョーンズを演じたのはである。 ゲーム版『』ではロビン・アトキン・ドーンズが声を演じた。 登場作品.

次の

デイヴィ・ジョーンズの監獄

デービー ジョーンズ

「は捕らわれてしまった。 体と魂が向かった先は死者の国じゃない。 罰を受ける場だよ。 人が自らもたらすもっとも過酷な運命... 罰は永久に続く。 時としての底を指す表現としても用いられるデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーは不毛の荒野である。 ここに入れられた人々は死んでいるわけではないが死ぬこともできない。 はここに囚われていたため、はにした時のように死から呼び戻すことはできなかった。 登場作品• 言及のみ• 言及のみ• 言及のみ• 言及のみ• 言及のみ• 初言及• 言及のみ• 言及のみ• 初登場.

次の

davyjones football(デイビージョーンズ)

デービー ジョーンズ

ボビー・ジョーンズ、本名 Robert Tyre Jones Jr. (1902 - 1971)は 全米オープン、全英オープン、全米アマ、全英アマと 当時のメージャートーナメントを 全て同じ年 1930年 に優勝した 唯一人の年間グランドスラマーである。 ( )1923年に最初のメージャー優勝となった全米オープンに勝ってから 1930年までの 僅か 8 シーズンの間に メージャー優勝 13回(全米オープン 4回、全英オープン 3回、全米アマ 5回、全英アマ 1回)という偉業を成し遂げたが、そのペースは 後にグランドスラマーとなった ベン・ホーガンやジャック・二クラウスにも真似出来るものではなかった。 そして、年間グランドスラムを達成した 一ヵ月後には 僅か 28歳の若さで引退を表明し 世間を驚かせた。 なお、ジョーンズが活躍した時代には ウォルター・へーガン(注)やジーン・サラゼンといった選手も活躍した。 注)ウォルター・へーガン Walter Hagen: 1892 - 1969 は 1910年、20年代に 最も活躍した ゴルファーで、全米プロ 4年連続優勝という記録を含め、彼のメージャー 11回の優勝は タイガー・ウッズに その記録を破られるまで(ボビー・ジョーンズの記録はやや異質なので除くとして)ジャック・二クラウスの18回に次いで歴代二位の記録だった。 ただ、1934年から始まった マスターズ には優勝しておらず、グランドスラムは 達成できなかった。 なお、Hagen の読み方は二通りあるため ウォルター・へーゲンと書いたものを良く見受けるが Walter Hagen は "へーガン" or "へイガン" と発音するのが正しい。 弁護士だった ボビー・ジョーンズは 生涯をアマチュア選手で貫いたことでも有名だが、同時に、知性と教養に富み、思慮深い人間で卓越したフェアプレーとスポーツマン精神の持ち主であったことでも知られている。 特に、1925年の全米オープンで自分のボールが僅かに動いたことを競技委員に報告し、ペナルティーを科した話は 有名。 一方、日本では しばしば 球聖 ボビー・ジョーンズと呼ばれるが(同様の英語の呼び方はなく)何故、そう呼ばれるようになったかは 定かでない。 ジョージア州 アトランタ 生まれのジョーンズは 引退後 アトランタで弁護士の仕事に専念したが、加えて、ジョージア工科大学の機械工学学士、そして、ハーバード大学の英文学学士でもあった彼は ゴルフコースの設計、ゴルフ関連の映画の作成や執筆などにも積極的に参画した。 また、第二次世界大戦では 空軍の指揮官としてノルマンディー上陸作戦にも参加した。 加えて、特筆すべき彼の功績には 後日 世界一とも言われるゴルフコースになった オーガスタ ナショナル Augusta National を アリスター・マッケンジー(Alister MacKenzie)と共に設計し メージャートーナメントの一つとなった マスターズの創設とその後の発展に貢献したことがある。 マスターズは 1934年の第 1 回大会から 最初の 5年間は Augusta National Invitation という名前で開催されており、現在のマスターズ Masters と言う名称に変わったのは 1939年の第 6 回大会からのことである。 このトーナメントを ジョーンズと一緒に企画した クリフォード・ロバーツが 世界中の名手「マスター」だけが出場できる大会という意味で The Masters Tournament と提案したものの 当初 ジョーンズが その名前は ちょっと 生意気過ぎる too presumptuous といって嫌ったためであると言われている。 ジョーンズの奥ゆかしさに由るものだが その後は 当に その名 "The Masters" に相応しいトーナメントになった訳だ。 一方、この偉大なゴルファーの映画 Bobby Jones: A Stroke of Genius(邦題: ボビー・ジョーンズ - 球聖と呼ばれた男)が 2004年に 1,700万ドルを投じて作成されたが 270万ドルの興行収入しかえられず 散々の興行成績に終わったという話もある。 ボビー・ジョーンズは 1908年、6歳の時からゴルフを始めたようだが、近所のゴルフクラブのクラブ プロについてまわって ゴルフを覚えたそうだ。 ゴルフレッスンは 生涯を通じて受けたことがなかったが 以下の動画からも分かるように 流れるような美しいフォームでプレーをしていた。 また、この動画(英語の音声入り)は ボールの打ち方を説明したもので 彼の肉声を聞くことの出来るもので その点からも興味深いものだ。 競技ゴルフを止めて 6年ほど経ったある日、ボビー・ジョーンズが セントアンドリュースで プライベートに友人とプレーをしていると それを聞きつけた近所の住民 2,000人ほどが 彼を一目見ようと コースに集まってきたそうだが 脊髄空洞症で 彼が後日車椅子生活を強いられるようになった時に 「セントアンドリュースでの経験さえ残れば たとえ生涯で得た他の全てのものを失っても 私の生涯は 本当に満たされていた。 」 と言ったくらい セントアンドリュースには 思い入れがあったようだ。 また、1971年 12月 18日に 彼が亡くなった時に セントアンドリュースは 彼の死を惜しんで クラブハウスの旗を降ろして追悼するなど セントアンドリュース側にも ボビー・ジョーンズに対する特別の思いがあるようだ。 そして、今でも両者の係わり合いは留学生の交換などといった形で続いているそうだ。

次の