ムスカ 大佐。 ムスカ鯖とは (ムスカサバとは) [単語記事]

ムスカ全セリフ集

ムスカ 大佐

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ それでは ムスカ大佐の名セリフ、名シーンを振り返っていきたいと思います。 ムスカ大佐・名言集【1】 見ろ! 人がゴミのようだ! このセリフを知らない日本人はおそらくいないことでしょう。 ムスカ大佐・名言集【2】 あぁぁぁ、目がぁ、目がぁ、あああああああ!!!! ムスカ大佐・名言集【3】 ラピュタは滅びぬ! 何度でもよみがえるさ! ムスカ大佐・名言集【4】 3分間待ってやる ムスカ大佐・名言集【5】 私がムスカ大佐だ ムスカ大佐・名言集【6】 私をあまり怒らせないほうがいいぞ ムスカ大佐・名言集【7】 私の名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。 君の一族と私の一族は元々一つの王家だったのだ。 ムスカ大佐・名言集【8】 読める、読めるぞ ムスカ大佐・名言集【9】 見せてあげよう! ラピュタの雷(いかずち)を! ムスカ大佐・名言集【10】 言葉を慎みたまえ。 君はラピュタ王の前にいるのだ。 ムスカ大佐・名言集【11】 素晴らしい!最高のショーだと思わんかね? ムスカ大佐・名言集【12】 ひざまずけ! 命乞いをしろ! ムスカ大佐・名言集【13】 時間だ! 答えを訊こう! ムスカ大佐・名言集【14】 君のアホ面には心底ウンザリさせられる ムスカ大佐・名言集【15】 流行りの服は嫌いですか? 最後に ムスカ大佐の名セリフ、名シーンをお伝えしました。 いかがだったでしょうか。

次の

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ【天空の城ラピュタ】

ムスカ 大佐

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ それでは ムスカ大佐の名セリフ、名シーンを振り返っていきたいと思います。 ムスカ大佐・名言集【1】 見ろ! 人がゴミのようだ! このセリフを知らない日本人はおそらくいないことでしょう。 ムスカ大佐・名言集【2】 あぁぁぁ、目がぁ、目がぁ、あああああああ!!!! ムスカ大佐・名言集【3】 ラピュタは滅びぬ! 何度でもよみがえるさ! ムスカ大佐・名言集【4】 3分間待ってやる ムスカ大佐・名言集【5】 私がムスカ大佐だ ムスカ大佐・名言集【6】 私をあまり怒らせないほうがいいぞ ムスカ大佐・名言集【7】 私の名はロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。 君の一族と私の一族は元々一つの王家だったのだ。 ムスカ大佐・名言集【8】 読める、読めるぞ ムスカ大佐・名言集【9】 見せてあげよう! ラピュタの雷(いかずち)を! ムスカ大佐・名言集【10】 言葉を慎みたまえ。 君はラピュタ王の前にいるのだ。 ムスカ大佐・名言集【11】 素晴らしい!最高のショーだと思わんかね? ムスカ大佐・名言集【12】 ひざまずけ! 命乞いをしろ! ムスカ大佐・名言集【13】 時間だ! 答えを訊こう! ムスカ大佐・名言集【14】 君のアホ面には心底ウンザリさせられる ムスカ大佐・名言集【15】 流行りの服は嫌いですか? 最後に ムスカ大佐の名セリフ、名シーンをお伝えしました。 いかがだったでしょうか。

次の

【全セリフ】ムスカ大佐の名言 & 名シーンまとめ【天空の城ラピュタ】

ムスカ 大佐

空中要塞ラピュタの調査を行う政府の特務機関の所属で、階級は大佐。 表面上は慇懃な紳士ですが、その本性は冷酷で、自らの野望のためには手段を選びません。 ムスカの目的とは、かつて全地上を支配したラピュタの王家の復権と、「ラピュタ」の強大な力を利用して世界を征服すること。 そのために様々な教養と知識を身に付けており、旧約聖書やラーマーヤナなどの古典に通じ、暗号解読も習得しました。 射撃の腕にも長け、まさに完璧な彼の弱点を挙げるとすれば視力が弱いことで、度入りのサングラスをかけています。 大佐の地位も納得の万能っぷりですが、実はムスカの年齢は28歳!資料によって32歳説もあるものの、大佐は軍隊で6番目に高い階級で、一般的に大卒の40~45歳程度の人間が就く地位のため異例の大出世には違いありません。 シータと同じ古代王家ラピュタの末裔であり、シータが本家筋なのに対し、ムスカは分家の扱いになります。 シータの本名「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」のウルは王を、トエルは「真」を意味しますが、ムスカの本名にトエルの方は含まれていません。 パロは「偽」を意味するため、シータが正統な王位継承者だとわかります。 ムスカ側の先祖は本家とは別の道を選び、産業革命とともにゴンドアの谷を出た後、天空の城への帰還を望んでいました。 その悲願を継いだムスカは、分家に伝わる古文書をもとに、存在すらも怪しいラピュタを探し続けていたのです。 幼い少年はただ純粋に、真実かどうかもわからない伝承を信じ、ワクワクしながら解読していたのかもしれません。 果てのない夢をたった一人で追い続ける孤独が、彼を変えてしまったのでしょうか。 夢と希望に溢れた少年時代から、すべてを犠牲にして、利用して現在に至ったムスカの過去を思うと、どこか憎みきれないですね。 『天空の城ラピュタ』の終盤、ムスカはラピュタの機能を掌握し、自らの正体を明かします。 ラピュタの復活と王の即位を宣言するも、彼の最期はあっけなく訪れました。 ムスカの拘束から逃れたシータは、自分を追ってきたパズーと無事に再会。 彼らは再びムスカに捕まり、殺されかけますが、紳士なムスカは2人に3分間の猶予を与えるのです。 直後、シータとパズーは滅びの呪文「バルス!」を唱え、シータの持つ飛行石から強烈な光が放たれました。 光を直に目に浴びたムスカは、「目が、目が〜! 」と悲鳴をあげながらロボットや城のがれきと共に空中へ投げ出され、海に沈んでいくのでした。 一瞬ではありますが、画像の中心部に描かれた建物の右上あたりにムスカの姿が! ラピュタの存在を信じ続け、一族の悲願ために生涯を捧げたムスカ。 夢破れて……ではなく、一時でも実現したからこそ、より残酷で切ない結末と言えるでしょう。 夢のために生き、多くの命を犠牲にした男は生きて償うことも、劇的に退場することも許されませんでした。 ジブリの愛されキャラ・ムスカの声を演じたのは、俳優、声優の寺田農 てらだみのる。 1961年、文学座研究所に一期生として入所し、舞台や映画などで活躍してきました。 その傍らナレーター業にも携わり始め、『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐役の声優として一躍有名になるとともに、寺田最大の当たり役に。 特撮作品にも縁が深く、「ウルトラマン」シリーズ、「仮面ライダー」シリーズにも出演しています。 渋みと威厳のある声質は、普段は紳士的なムスカにぴったり!名言でも触れましたが、声が上ずったり、裏返ったりする演技からラピュタに対する興奮が伝わり、子どものように夢中で夢を追いかける人間味が感じられました。 台詞のインパクトはもちろん、特徴的な笑い方も含め寺田の名演があったからこそ、多くの人にモノマネされる名言が誕生したと言えます。 もしも、別の声優がムスカを担当していたら、こんなに長く愛される人気キャラにならなかったかもしれません。 ジブリ作品において、改心することなく徹底的に悪を貫いたキャラクターである一方、時代を超えて愛され続けるムスカ大佐。 彼が愛され続ける理由は、「ラピュタを探し出し、王になる夢」に生涯を捧げながら、あまりに切なすぎる最期を迎えた悲哀だと思います。 シータやパズーらの視点で観るからムスカは悪なのであって、彼からすれば滅んだ帝国と王家の復活を願い、先祖の悲願を遂げるためにたった一人で夢を叶えようとしただけなのです。 軍に協力するふりをして、汚い手段に手を染めながら、ラピュタを語る際の純粋さは失わない。 そして、もはやネタ扱いされている彼の印象的な最期。 悪役として、もっと華々しい最期を与えられていたら、こんなにも心に残るキャラになったでしょうか?自業自得とは言え、夢を追い続けた男があっけなく死んでいく姿は、切なすぎるものがありました。

次の