どんなときもwifi 制限。 【必見】どんなときもWiFiはVPNが使える無制限Wi

【必見】どんなときもWiFiはプロバイダ契約不要の最安Wi

どんなときもwifi 制限

結論から先に書くと、 どんなときもWiFiはVPNが使えるデータ容量完全無制限のポケットWi-Fiです。 どんなときもWiFiに接続しているiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、PC(パソコン)でVPN接続ができます。 また、フリーWi-Fiプロテクション(トレンドマイクロ)、ノートン WiFi プライバシー(シマンテック)、セカイVPN、ExpressVPN、NordVPN、PrivateInternetAccess、チョモランマVPNのどのVPNを使って通信内容を暗号化して安全に通信することも可能です。 PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)• L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)• SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)• IKEv2(Internet Key Exchange Version2)• OpenVPN• SSL-VPN どんなときもWiFiはVPNの通信(VPN接続)に制限がないのでどの方式であってもVPN接続をすることができます。 どんなときもWiFiでVPNを使うメリット どんなときもWiFiでVPNをメリットは「1. 通信を暗号化して安全に通信ができる」「2. 同一ネットワーク上にいるのと同じように使うことができる」「3. 会社や自宅のシステムやネットワークに接続できる」という3つのメリットがあります。 それぞれ詳しく説明します。 通信を暗号化して安全に通信ができる もともとどんなときもWiFiはセキュリティ万全のネットワークなので、暗号化しなくても安全に使えますがVPNを使うと通信内容が暗号化されるので通信内容の漏洩の心配なく使えます。 たとえば仕事の大事なメールを送りたいときや大事なファイルを会社のサーバにアップロードしたい時やダウンロードしたい時などはVPNを使うと通信内容が完全に暗号化されるので安心して使うことができます。 同一ネットワーク上にいるのと同じように使うことができる VPNを使って自宅や会社に接続すると外部先から接続をしても自宅や会社の同一ネットワーク上にいるのと接続先のネットワークに直接接続しているのと同じように通信することができます。 外出先からでも自宅の共有サーバーや共有フォルダに会社内にいるのと全く同じように使うこともできます。 会社や自宅のシステムやネットワークに接続できる VPNを使って自宅や会社に接続すると外部先から接続をしても自宅や会社の同一ネットワーク上にいるのと同じように利用できるので 自宅のファイルサーバーに接続したり自宅のパソコンにリモート接続したり、会社のパソコンをリモート接続したり、会社のシステムを外出先から使えるようになります。 どんなときもWiFiはVPN接続が完全容量無制限で使える どんなときもWiFiはVPN接続でVPN通信のデータ容量をどれだけ使用しても完全無制限で使えます。 VPN接続のデータ容量が多いからと言って速度制限や通信制限をかけらるようなことはありません。 そのため どんなときもWiFiはどのVPNプロトコルを使っても接続できます。 どんなときもWiFiの回線はdocomo回線、SoftBank回線、au回線のトリプルキャリア対応のWi-Fiなのでもどのような場所でもかなり安定していてVPN接続が勝手に切断されたり速度がでなかったりするようなことは一度もありません。 山間部や高層ビルの中、地下でも安定してつながるのがどんなときもWiFiのメリットです。 どんなときもWiFiはVPNどれだけつかっても月額料金がすべての料金です。 どんなときもWiFiでVPN接続を使う方法 どんなときもWiFiでVPN接続を使う方法は簡単でiPhoneやAndroidスマホでVPN接続の設定をしてVPN接続を使いたいときにVPN接続をオンにするだけでVPN接続ができます。 VPN設定は接続先やユーザーID、パスワードなどを間違えないように入力するという手間がありますが、設定後にVPN接続を使うにはVPN接続をオンにするだけなのでとても簡単に利用できます。 たとえば、会社にVPN接続をした場合は会社のVPNサーバーの接続情報を入手してiPhoneやAndroidスマホ、パソコン(PC にVPNの接続設定をしておけば簡単にVPN接続できます。 まとめ どんなときもWiFiはVPNが使えるデータ容量完全無制限のポケットWi-Fiです。 どんなときもWiFiに接続しているiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、PC(パソコン)でVPN接続ができ追加料金も速度制限なども一切ないのでデータ通信量などを気にしないで安心して使ってくださいね。

次の

どんなときもWiFiとボーダレスWiFiは何が違う?

どんなときもwifi 制限

【2020年7月最新情報】無制限から月間25ギガまでに制限 どんなときもWiFiは完全無制限のポケットWiFiとして有名でしたが、たび重なる通信障害が原因で、月間25ギガまでの利用制限がかけられています。 どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット それでは、どんなときもWiFiの評判からわかった5つのデメリットについて紹介していきます。 2020年7月時点で、どんなときもWiFiより安いポケットWiFiがいくつも見つかったので、人気の他社サービスと月額料金を以下の表で比較しています。 サービス名 月額基本料金 どんなときもWiFi 3,480円 ギガゴリWiFi 3,460円 ネクストモバイル 3,100円 Mugen WiFi 3,280円 よくばりWiFi 3,450円 このように、どんなときもWiFiの月額料金は決して高いわけではありませんが、他のポケットWiFiと比べて1番安いわけではありません。 さらに、ずっと月額3,480円で利用できるわけではなく、3年目以降は月額3,980円と500円高くなってしまいます。 せっかくポケットWiFiを契約するなら、できるだけ安い料金で使えるサービスを選ぶべきです。 この記事では、どんなときもWiFiよりも安いポケットWiFiとして『ギガゴリWiFi』紹介していします。 海外の利用料金も最安ではない どんなときもWiFiは、1台だけで国内と海外の両方で使えるので、海外旅行が好きな方におすすめのポケットWiFiですが、海外対応のポケットWiFiの利用料金を比較した結果、料金が最安ではないことが分かりました。 どんなときもWiFiと、最安値の『ギガゴリWiFi』を比べた場合の金額差は500円ほどですが、3泊4日の海外旅行の場合だと2,000円もの金額差がでてしまうため、とにかく安く使いたい方には『ギガゴリWiFi』をおすすめします。 通信速度が安定しない どんなときもWiFiは速度が安定しないという悪い評判が多く投稿されています。 どんなときもwifiがまったく使えないレベルになってきた。 こりゃダメかな。 さっきから全然通信できない。 — ると。 8月から毎月歌の本番あるよ 662totoro WiMAXと比べて速度が遅い 口コミで指摘されている「通信速度」について調べるため、どんなときもWiFiと人気のポケットWiFiを比較したところ、 どんなときもWiFiは他より遅いことがわかりました。 この速度差を見ると、どんなときもWiFiの端末の性能が頼りなく見えますが、決して「どんなときもWiFi」が遅いというわけではありません。 快適にインターネットを行うためには 10ギガあれば十分と言いますし、どんなときもWiFiを日頃から使っていて使い勝手の悪さを感じることはありません。 それにこの数字は、あくまで公式サイトが発表してる「電波がはいりやすい環境だったらこのくらい出る」という目安の比較にすぎないので参考程度にしかなりません。 利用者の実測値を比べても遅い しっかり通信速度を比較するには、実際の通信速度(実測値)を測定することが大事です。 それぞれの実測値の比較結果を見ていきましょう。 みんなのネット回線速度 サービス名 下り平均の実測値 どんなときもWiFi 23. 06メガ GMO WiMAX 46. 06メガ カシモWiMAX 35. 84メガ UQ WiMAX 39. 99メガ どんなときもWiFiが23ギガに対し、WiMAXは40ギガ。 公式サイトが発表しているデータでは 10倍差があったものの実際の速度差は2倍しか違いません。 確かにWiMAXが速いのは事実ですが、 どんなときもWiFiは心配するほど遅くもないということがお分かりいただけるかと思います。 ちなみに、どんなときもWiFiとWiMAXの通信速度の差がここまでひらいてしまう理由は、それぞれ得意な分野が違うからです。 WiMAXは「通信速度が得意」、どんなときもWiFiは「対応エリアの広さが得意」という認識で大丈夫でしょう。 \光回線について詳しく書いた記事/ 解約時の違約金に注意 どんなときもWiFiは 解約違約金が高いという悪い口コミがいくつか投稿されています。 他社サービスとの違約金の違いについて確認してみましょう。 サービス名 違約金 どんなときもWiFi 最大19,000円 縛りなしWiFi 0円 めっちゃWiFi 9,800円 UQ WiMAX 最大19,000円 GMO WiMAX 最大19,000円 解約違約金が一切かからないサービスがある中、 どんなときもWiFiの違約金は最大19,000円と高額なのが分かります。 そもそも「解約違約金」とは、契約期間中に解約するとかかる違約金のことなので、更新が終わるタイミングなら違約金はかかりません。 解約は更新タイミングをしっかり見極めた上でおこないましょう。 どんなときもWiFIの解約金まとめ 利用期間 解約金(税金) 0~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 【更新月】25ヶ月目 0円 26~48ヶ月目 9,500円 【更新月】49ヶ月目 0円 50~72ヶ月目 9,500円 自分の更新タイミングがわからない方は、契約メールの日付から25ヶ月目を計算する方法が簡単です。 あと、更新月の2ヵ月前にお知らせメールが届くので見落としがないよう心がけるとよいでしょう。 解約時の流れや注意点について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 同時に5台しか接続できない どんなときもWiFiは、他社と比べて 同時接続台数が少ないのがデメリットです。 サービス名 最大接続台数 どんなときもWiFi 5台 限界突破WiFi 8台 ネクストモバイル 15台 GMO WiMAX 16台 UQ WiMAX 16台 ワイモバイル 16台 他社のサービスでは10台以上が同時接続できるのに対し、 どんなときもWiFiの最大接続台数は5台まで。 利用者の口コミでは、接続できる数の少なさを指摘する声も見受けられます。 どんなときもWiFi、同時接続台数5台っていうのはきつい。 せめて10台はないとなぁ、、 — ニコ x0817x さらに言うと、端末の説明書にある注意書きには 「パフォーマンスが保証できるのは2台まで」と記載されているので、同時接続できるのは実質2台までと考えておいた方がよいでしょう。 以上をふまえると、1人で使うのであれば問題ないのですが、自宅の固定回線の代わりとしてつかう予定の方や、3人以上でつかう場合は不向きであることが分かります。 レンタル端末の返却が必要 『どんなときもWiFi』はレンタル端末なので初期費用が安くおさえられるメリットがありますが、解約時に端末を返さないといけません。 返す期限は 解約を申し出た翌月の10日必着なので、余裕をもって翌月5日までには返す手続きを済ませておきましょう。 端末を返すときに壊れていた場合、機器損害金18,000円がかかるため、端末の取り扱いには十分ご注意ください。 ただ、故障の目安がはっきりしていないので「どの程度の傷が機器損害金の対象になるか?」が疑問ですよね。 この件に関して以下のような口コミがありました。 どんなときもwifi、契約しました。 端末はレンタルということらしいのだが、「端末売買契約」なるものを結んだことになるらしい。 返却の際はその契約を解除して原状に復して返還するって書いてる。。 原状に復すって解釈によるけど、これって端末返却時に必ず料金取られる気がするんだが。。 — sasaki tomohiko hico14 サポートに問い合わせたところ、正常に端末が動作していれば問題なく小キズであれば故障には当てはまらないとのことです。 ギガゴリWiFiの方がおすすめ 結論から言うと、どんなときもWiFiよりも料金が安く、サポート体制に優れているギガゴリWiFiの方がおすすめです。 どちらも同じ端末が使えるので、料金とサービスだけを比較してシンプルにおすすめできる理由を2つ紹介します。 月額料金がシンプルで安い ギガゴリWiFiは どんなときもWiFiと同じ完全無制限のポケットWiFiですが、料金を比較するとどんなときもWiFiよりも安いのでおすすめです。 月額料金 ギガゴリ WiFi どんなときも WiFi 1~2年目 3,460円 3,480円 3年目以降 3,460円 3,980円 ギガゴリWiFiの大きな特徴として、ポケットWiFiの中でも最安レベルの月額料金になっているのでお得に利用できます。 どんなときもWiFiも2年間3,480円の料金で利用できて他のサービスよりも安い方ですが、せっかくポケットWiFiを契約するならできるだけ料金が安いサービスを選ぶべきです。 大手プロバイダが運営会社だから安心 ギガゴリWiFiは大手プロバイダとして20年以上の実績がある「GMOとくとくBB」が運営会社なので、サポート体制が充実していて安心です。 例えば、最大2ヶ月無料の「端末保証オプション」に加入していれば、端末が故障したときでも無料で交換することができます。 どんなときもWiFiや他社ポケットWiFiの運営会社はまだまだ新しいので、電話がつながらなかったり、突然ネットが繋がらなくなったりするケースがあり、信頼できる運営会社の方が安心です。 まとめ ここまで紹介したように、どんなときもWiFiにはデータ容量無制限で使えて、対応エリアが広いといったメリットがありますが、一方で5つのデメリットが見つかりました。 ただし、ポケットWiFiはこれから長く使っていく物として慎重に選ぶ必要があり、メリットだけでなくデメリットもしっかり確認して契約しましょう。

次の

どんなときもWiFiってどう?無制限のポケットWiFiを徹底比較

どんなときもwifi 制限

ギガの上限ナシ!毎日たっぷりネットを使える• クラウドsimでドコモ,au,SoftBankから自動選択• スマホの電波だからどこでもネットにつながる• 海外でもそのまま使えて余計な手続き必要ナシ WiMAXやポケットWiFiなど今までのネット回線は「自称使い放題」。 3日で10ギガ以上使うと翌日の午後6時から午前2時まで速度を落とされて苦しんだ人も多いでしょう。 また以前は海外でも使えてたWiMAXも今では国内オンリー。 海外旅行のときには海外simやイモトのWiFiなどのレンタルWiFiを申し込まないとダメ。 そんなWiMAXやポケットWiFiの痒いところに手が届くのが、「本当にギガ使い放題」「国内でも海外でも使える」「料金最安」の三拍子揃ったどんなときもWiFiなんです。 運営会社は株式会社グッド・ラック 2019年に始まったばかりのどんなときもWiFi。 新しいサービスだから申し込むのはちょっと不安と思う人もおおいでしょう。 でも実は2010年からインターネット接続サービスを提供してる株式会社グッド・ラックが運営を行ってるんです。 どんなときもWiFiの運営会社 運営会社 株式会社 グッド・ラック 設立日 平成22年3月17日 本社住所 〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2 事業内容 インターネット接続サービス インターネット会員サービス その他インターネット関連事業 ネクストモバイル 株式会社 グッド・ラックは、どんなときもWiFi以外にもなど。 インターネット接続サービスを得意とする企業。 ちなみに株式会社 グッド・ラックのグループ企業は、ワイマックスの有名な販売店のリンクライフなんです。 どんなときもWiFiだけでなく、株式会社グッド・ラックの関連サービスを一度は見かけたことがあるのではないでしょうか? インターネット接続サービスに秀でたグッド・ラックの全く新しいサービスが「どんなときもWiFi」 長年の経験でサポートもしっかりしてるので、安心して申し込めるネット回線です。 どんなときもWiFiとは? 自宅で屋外で場所を選ばず使えるインターネットのモバイル回線は、大きく分けて2種類• ソフトバンク回線を利用するポケットWiFi• KDDI au グループUQコミュニケーションズのWiMAX と2つの有名なモバイル回線があるけど、 どんなときもWiFiは毎月3,480円と低価格の料金で、ギガの上限なくたっぷり使えるインターネット回線。 専用のネット回線を使うポケットWiFiやWiMAXとは違い、スマホのLTEを使ってネットにつながるのがどんなときもWiFiなんです。 どんなときもWiFiとWiMAXの大きな違いとは どんなときもWiFiの特徴は、モバイル回線の中で 一番利用者の多いWiMAXと比較するとわかりやすいでしょう。 スマホと同じ広いエリアで使えるところなんです。 スマホと同じLTEを使って広範囲でネットを使えるのに。 料金は携帯会社の大容量プランの半額以下。 しかも毎月のギガ数に上限もありません。 スマホと同じLTE回線を使えるのでWiMAXに比べると速度は落ちるけど、コスパ最強なのがどんなときもWiFi。 スマートフォンのギガ代を支払うのが馬鹿らしくなるくらいの低料金で、たっぷりネットを使えるんです。 LTE回線を格安で使える!? どんなときもWiFiの運営会社は株式会社グッド・ラック。 他にもKDDIグループUQコミュニケーションズのWiMAXなど、ネット回線のプロバイダ(販売代理業)を得意としている企業なんです。 ソフトバンクやドコモ、auなどのネット回線を管理している企業から、ネット回線を借りて通信事業を行っているのがプロバイダと呼ばれるお仕事。 どんなときもWiFiは契約者をたくさん集めることで、携帯会社から安く回線を借りてるんです。 少しでも契約者を増やすために、わたしたちユーザーへ格安な料金設定でアピールしてるのでしょう。 そんな どんなときもWiFiの最大の特徴は、他社の1~5GB以下の料金で利用できるデータ放題プランの存在。 使えるルーター(機種)の種類は限られるけど、驚きの安さでポケットWiFiを利用できるんです。 使える場所が違うからね! 地下や郊外など、電波の弱くなる場所の多いWiMAX。 どんなときもWiFiはスマホと同じLTEでつながるので、場所を選びません。 しかもスマホと同じLTEを使えるのに Softbankよりも、1年間で33,840円もお得にネットを使えるんです。 ギガ数に上限もありません。 どんなときもWiFiは携帯会社の回線の一部をレンタルし、運営を行うネットに特化した販売店。 余計な店舗の家賃や人件費が必要ないので、こんなに通信料金が安くなるんですね。 どんなときもWiFiの特徴まとめ スマホのパケットプランが安くなったと言っても、まだまだ高すぎ。 なにが悲しくて毎月約1万円も通信代に払わされるんだ… でもインスタグラムを眺めるのに、まとめサイトを回遊するのにドンドン消費されていくデータ量。 「ギガが足りない」 そんなときにみんなが利用しているのがモバイルルーター(WiFiを飛ばす機械)やホームルーターなど、工事が必要ないお手軽などんなときもWiFiなんです。 どんなときもWiFiは一ヶ月以上の工事を待つたいくつな時間もなければ、24,000円ほどの無駄な工事費用も必要なし! ポケットにスッと入れてどこでも持ち歩けるので、転居のときに撤去費用を払う必要もありません。 さらに端末代金もレンタルで無料のどんなときもWiFi。 どこよりもお得にポケットWiFiをつかえる販売店、料金設定をみれば毎月の通信費が確実に安くなることがわかるでしょう。 「光回線やスマホのデータプランって高すぎる。 少しでも通信料金を下げたい!」 そんな方にはピッタリの販売店がどんなときもWiFiと言えるでしょう。 3,480円でスマホと同じLTEをたっぷり使えるところに、魅力を感じる人も多いのではないでしょうか? 評判を調査!どんなときもWiFiのデメリット 2年後なんて新しいネット回線がでてるよ! 今は「めちゃ速い!」なんて言ってる光回線やWiMAXも2年後には、もっと高性能になってるでしょう。 スマホがここまで社会に浸透するなんて、誰が想像したでしょうか? 2年後にどうなってるかなんて、今は誰にもわかりません。 でも 2020年から2年間はわたしたちユーザーに、確実にお得などんなときもWiFi。 「料金が上がる2年後には他のネット回線でいいやつがでてるだろう」とポジティブな気持ちで、わたしはどんなときもWiFiを使ってます。 口座振替で利用すると高い 「クレジットカードを一枚も持っていない…」 現金主義だったりクレジットを持っていなかったりする人が使えるネット回線は、ほとんどありません。 ポケットWiFiはほとんどがクレジットカード決済にしか、対応してないんです。 「料金の未納の催促や口座振替の設定に時間がとられるくらいなら、クレジットカードの利用者しか申し込めないように…」 販売店の立場もわかるけど、ユーザーのいろいろな事情をもっと考えてほしいのがわたしの本音。 そんな中 どんなときもWiFiはポケットWiFiを口座振替でも、利用できるように設定してくれました。 た、高すぎる!! クレジット払いできるなら問題ありません。 でも 口座振替を選ぶと500円も高くなるのは残念。 しかも割引の切れる25ヶ月目以降は930円も高くなってしまうんです。 ルーターの性能がかなり残念 どんなときもWiFiの口コミや評判で多いのが、モバイルWi-FiルーターD1の性能が残念すぎるところ。 どんなときもWiFiは、専用の電波をルーター 機種 で受信しWiFiで送信してネットにつながる仕組み。 なので、どれだけ速い回線を使えても機種の性能が悪いと本来の力を発揮できません。 でもどんなときもWiFiで契約できるルーターの性能はお世辞にも良い物とは言えません。 2020年他のモバイル回線の性能はトコトン上がり、光回線の1Gbps(1,000Mbps)と変わらない速度まで近づいてるんです。 一番ユーザーの多いau系列のWiMAXだと1,237Mbps。 自宅までの24,000円前後の工事代金必要なし。 工事の待ち時間もなく今すぐ使えるので月々の料金が高い光回線を解約し、モバイル回線に変更した人も多いでしょう(わたしです) どんなときもWiFiのルーターは、時代の流れに取り残された150Mbps。 とは言っても日常的に必要な通信速度は10Mbpsほど。 超綺麗な画質の動画を見るのは、むずかしいってことですね。 Twitterの口コミでもYouTubeの高画質動画くらいなら、しっかりと見れると言った評判が多いようです。 友だちはキャリアでのデータ通信量を最少のプランにして、先月から どんなときもWifi を使っている。 無制限でこのまま海外でも使える🎵 Youtubeとかも気にせず高画質のものをいくらでも観られて快適!とのこと。 返却時に機種が故障してた• 返却期限までに返却しない また他のネット回線のように解約するまでの期間に応じて、どんなときもWiFiも解約金が発生します。 どんなときもWiFiは2年間ごとの契約更新なので、解約しやすいのはわたしたちユーザーに有利なところです。 上記の場合は機器損害金として18,000円が請求されることもあります。 事故や病気などで返却できない場合はコールセンターより、返却期限前に連絡を入れましょう。 毎月の料金の安いどんなときもWiFi。 解約するときに無駄な費用を支払わないように、レンタルの機種を大事に扱う。 返却期限に遅れないように、しっかり返送しましょう。 どんなときもWiFiのメリット どんなときもWiFiの1番のメリットは、 トリプルキャリア対応でどこでもネットにつながるところなんです。 WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiは実質無制限。 月間のギガ数に上限はありませんが、3日で10GB以上利用すると翌日の午後6時から午前2時まで速度が落とされます。 また速度制限のカウントは1日分しかリセットされません。 たくさんギガを使いすぎると翌日の午後6時から午前2時まで制限。 翌々日の午後6時から午前2時まで制限と、ずっと繰り返すんです。 一人暮らしや二人暮らしなら制限にかかることもないでしょう。 でも本当に意味で無制限とは言いづらい状況だったんです。 また、今はなくなったけど、スマモバなど最初だけ無制限でその後はとんでもない低速にされるネット回線もありました。 どんなときもWiFiはスマホの電波 LTE を使った、初めての無制限ネット回線。 YouTubeをたくさん再生しても、PS4のゲームをダウンロード しても速度が落ちることはありません。 思う存分インターネットを楽しめるのが、どんなときもWiFiの一番のメリットなんです。 万が一制限をうけても速度が速い どんなときもWiFiは、ギガを使いすぎても大丈夫。 スマホの制限後の3倍の速度384kbpsがだせるんです。 1ネットを普通に使うなら問題ない速度だよ! 384kbpsは、webサイトの閲覧やアプリも使える速度。 スマホの普段使いには十分な速度なので、どんなときもWiFiはライトユーザーにはぴったりなネット回線なんです。 どんなときもWiFiの仕組み上、使いすぎて国内で制限をうけることはそんなにないでしょう。 でも、万が一使いすぎてもしっかりと速度がだせるなら安心だと思いませんか? 電波の入りづらい場所でも安心 SoftBankの電波が入りづらい我が家。 ドコモのスマホしかつながらない駐車場。 電波の悪い場所ってありますよね? クラウドSIM対応のどんなときもWiFiなら、いつでもどこでもネットにつながるんです。 使う場所に合わせて、最適なネット回線を選んでくれるんです。 2018年12月6日にあったようなSoftBankの通信障害。 電話が使えずスマホがネットにつながらず困った方も多いでしょう。 万が一電波障害にあったとしても、自動的に使える他のネット回線に切り替わってくれるんです。 電車や地下鉄の移動中で、ネットが途切れて困ったことはありませんか?電波が弱い。 つながらない。 そんなときでもどんなときもWiFiなら、面倒な作業はいりません。 持ち運ぶことの多いどんなときもWiFiと、どこでも使えるクラウドSiMの相性はバッチリ。 自動的に回線を判別してくれるので、機械音痴なわたしでも安心して使えました。 そのまま海外でも使える! 日本全国どこでも使えるWiMAXなどのポケットWiFi。 でも残念ながら海外では、ワイマックス回線よりもスマホのLTEの方が主流なので、国外では使えません。 クラウドSIMで海外の通信業者につながる どんなときもWiFiは、なんと世界107ヶ国でそのままネットが使えるんです。 また使える国が決まってたり、海外利用のオプションに加入したりと面倒な手間が必要なレンタルWiFi。 どんなときもWiFiなら、簡単な設定だけで海外でもOK! 海外旅行や出張のときにでも、慌てる必要がありません。 どんなときもWiFi一台だけを荷物の中に入れていけばいいんです。 2年契約で使える貴重な回線 さらに他のポケットWiFiやWiMAXは、どこも3年契約が主流。 中にはわたしたちユーザーを完全にバカにしている4年契約なんて販売店も。 長く契約するほど販売店は 月々の料金や違約金ビジネスで儲かるので、長期間契約を結ぼうとするのでしょう。 4年間も同じ機種を利用して壊れてしまったら• そろそろ話題の新機種に機種変更したいな… 販売店は4年間の利用料金を回収できるし、途中で解約されても高額な違約金でニッコリ。 わたしたちユーザーは圧倒的に不利な条件で長期契約を申し込まされているんです。 機種変更すると新たに4年の契約を結ばれてしまうので、他の販売店に乗り換えたくても乗り換えれない。 あなたは4年後に何をしているか想像できますか? 「もしかしたら引越ししてるかもしれない」 「家族ができて生活スタイルが変わっているかも」 どんなときもWiFiは工事の必要のないモバイル回線。 手元に届いたその日からインターネットが使えるポケットWiFiです。 長期間の利用を約束しなくても2年契約で利用できるので、 単身者や学生さんに多く選ばれているんですね。 なんて聞いてその分お高いんでしょ!なんて思う人も多いでしょう。 スマホのLTEを使うネット回線って本当に高いんですよね。 でも どんなときもWiFiの料金は、WiMAXやポケットWiFiと比べても高くありません。 どんなときもWiFiの料金は2年間以内3,480円。 口座振替でも3,980円と他のネット回線とほとんど変わらない料金設定なんです。 ネット回線 料金 ギガ数 どんなときもWiFi 3,480円 口座振替3,980円 無制限 WiMAX BroadWiMAX 3,411円 3ヶ月間2,726円 実質無制限 3日で10GB縛り ポケットWiFi ワイモバイル 4,380円 実質無制限 3日で10GB縛り ポケットWiFi SoftBank 3,696円 月間7GBまで ソフトバンクエアー 4,880円 夜間や休日に制限 と、クレジットカード払いならWiMAXと同額。 どんなときもWiFは口座振替でも、他のネット回線より割安なのがわかるでしょう。 使い放題だけでなく、料金の安さ。 即日発送などキャンペーンの内容で、どんなときもWiFiを選んでいる人も多いようです。 \今月のキャンペーン情報はコチラ/ どんなときもWiFiを使ってみた感想 スマホだけで使うなら問題ない速度だね! でもスマートフォンでWEBサイトを見るくらいなら、余裕の速度がどんなときもWiFiでもだせるんです。 日常のネット環境に必要な速度は5Mbps。 10Mbpsもあれば大体のことはできるでしょう。 週末にソファーに沈みながらお気に入りの映画をストリーミング再生で。 流行りの歌を覚えるためにスマホにダウンロード。 どんなときも WiFiならストレスを感じずにスムーズに進むんです。 その代わりにオンラインゲームのダウンロードなど、大きなデータ量を通信する作業には向いてません。 どんなときもWiFiの制限をうけないように注意してくださいね! 圏外に悩まずネットを使いたい どんなときもWiFiはドコモやSoftBank、auと同じLTEを使えるネット回線。 スマホのアンテナが立つところなら、ほとんどの場所でサクサクインターネットが楽しめるでしょう。 KDDI系列のWiMAXはau• ポケットWiFiはSoftBank の電波を無制限に使えるわけではありません。 LTEを使えるのは毎月7GBまで、残りは専用の電波を使ってネットにつながるんです。 速さと使える場所が全然違うよ! 遅い代わりに遠くまで届くauやSoftBankなどスマートフォンの電波。 超高速なWiMAXは速度が速い代わりに、地下など電波の届きにくい場所では速度が落ちてしまうんです。 なのでスマートフォンの電波を利用するどんなときもWiFiの方が、WiMAXよりもいろんな場所で使えるんです。 海で山で川でスマホの電波が入る場所で同じように使えるってことですね! 通信費の削減に!料金節約なら なんども繰り返しましょう。 どんなときもWiFiのメリットは、意味のわからないほど値下げされた料金設定。 スマートフォンの料金と比べるとこんな感じ。 2年間使うとどんなときもWiFiの方が、9万もやすくインターネットを使えるんです。 どんなときもWFiは、始まったばかりのサービスだからね! どんなときもWiFiは2019年に開始されたばかりのサービス。 まだ設立されて1年もたっていないので、認知度が低いのは仕方ないことでしょう。 今回は Twitterや実際に利用しているユーザーの評価や評判。 どんなときもWiFiに直接問い合わせた内容などをお伝えします。 どんなときもWiFiの速度の評価や評判は? どんなときもWiFiを契約して約1ヶ月! どんな時間でもダウンロード20Mbps近くでる! 大満足! まさにどんなときも!アップロードもこれなら、満足! — mya-ku0811 shimojitomoki どんなときもWiFiの速度は最大150Mbps。 実際の速度でも20Mbps程度の速度が安定してだせるでしょう。 スマホのLTEを利用するので、どんなときもWiFiだから使えるエリアが狭い、途切れやすいなんてこともありません。 どんなときもWiFiの速度で音楽に動画にしっかりと楽しめるので、スマホのギガの代わりにしたいライトユーザーの方にはピッタリなネット回線だと思いませんか? どんなときもWiFiの繋がりやすさや速さの評判は? 最近、「どんなときもWiFi 」というやつにポケットWiFiを変えました。 3キャリアとも使えるという奇跡のwifiのため、繋がらないところがほぼ皆無。 結構毎日快適に使用しております。 これはいいです。 ただの宣伝です。 スマホの電波が届く場所ならどこでも使えるってことなんです。 わたしがどんなときもWiFiを使った厳しい感想は、• 自宅で屋外でも問題なくネットに繋がる• 新宿駅など人混みの中では速度が落ちる• 移動中電波が切り替わるときに途切れる などスマホと同じように、どんなときもWiFiも使えました。 主に接続するのはSoftBankのLTEなのでしょうか?郊外に行ったときにドコモの電波へ切り替わるときに少し切断されるような感じです。 スマホのLTEなので、混雑するようなところで若干繋がりにくくなるのは仕方ないでしょう。 どんなときもWiFiを普段使いしてもストレスを感じなくネットを楽しめました。 どんなときもWiFiの料金の評価や評判は? どんなときもwifiとは、クラウドsimを搭載したモバイルwifiルーター、クラウドsimとは接続先が固定されて無く3大キャリアのつながる所を選択して自動的につながる。 あと通信量の制限が緩い。 スマホと同じLTEをたっぷり使えるネット回線は、他に見当たりません。 3,411円で月間の制限がないWiMAX• 4,920円で月間の制限がないY! Mobile• WiMAXより69円高いけど制限を気にせず使える• Mobileよりも毎月1,249円安くネットを使える コスパ最強なのがどんなときもWiFiと言えるでしょう。 また同時に5台までネットにつながるので、家族みんなで使えば実質3,480円よりも安く使えるってことですね! どんなときもWiFiの利用者の評価や評判は? はじめて一ヶ月たったどんなときもWiFi。 家族で使うので通信制限を心配していたのですが、全く無用でした!家でも外でも快適、安定してます。 工事の必要もないので手元に届いたその日から、インターネットを楽しめるんです。 利用方法もシンプル。 あなたが今まで一度でもWiFiを使ったことがあるなら、一緒に届く説明書を読む必要もありません。 佐川急便で届いたどんなときもWiFiの電源を入れる• 自動で行われる初期設定が終わるのを待つ• 接続したい端末からSSIDを探してKEYを入力 どんなときもWiFiを使ってインターネットを楽しむ方法はこれだけ。 SSIDとKEYはルーターや付属のシールから確認できるので迷うひまもありません。 【商品入荷のお知らせ】 予定していた全ての端末の入荷が本日無事に完了しましたので、在庫切れの解消をお知らせ致します。 この度は到着を楽しみにして頂いているお客様を長らくお待たせする形となってしまい、大変申し訳ございませんでした。 在庫切れになって何ヶ月も待つことの無いように思いついたときに行動してくださいね! どんなときWiFiで契約する方法は? どんなときもWiFiの料金設定も魅力的だよね!! どんなときもWiFiとは、どんなサービスなのかをお伝えしましたがどうでしたか? どんなときもWiFiはネットからの申し込みに特化しているネット回線。 家電店などの実店舗では申し込めません。 でもネットからの申し込みは簡単にできるので、ぜひこの機会にどんなときもWiFiの利用を初めてくださいね! どんなときもWiFiで申し込む!• どんなときもWiFiのから申し込む• 宅急便が届くのを待つ• 初期設定&接続設定をする どんなときもWiFiで申し込む方法はこの3つの手順だけ。 初期設定と接続設定も一緒に届くマニュアルに全部記載されているので、悩むことはありません。 どんなときもWiFiまとめ 今回は使い放題のどんなときもWiFiの特徴や評判。 他のネット回線と何が違うのかお伝えしましたが、わかりやすかったでしょうか? どんなときもWiFiとは• スマホのLTEをたっぷり使える• 屋外はもちろん屋内でも使える• 海外でもそのままネットにつながる• 3年縛りじゃない2年契約で使える 普段からWiMAXをオススメしているわたし。 どんなときもWiFiはライトユーザーにはコスパ最強なので、あなたが高すぎるスマホのパケット代に悩んでいるならピッタリのモバイル回線と言えるでしょう。 人気殺到中のどんなときもWiFiの在庫はいつ切れるかわかりません。 自宅に屋外にどこでも持ち歩けるあなただけの専用インターネット。 この機会に通信料金をガクンと下げてみませんか? 上記内容が「本当に無制限?どんなときもWiFiの評価と評判総まとめ!」です。 最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の