茨城県サッカー掲示板。 茨城サッカー掲示板

茨城県高校・ユースサッカー掲示板

茨城県サッカー掲示板

大会要項 [ ] 主催 公益財団法人茨城県サッカー協会、茨城県高等学校体育連盟、 シードチーム インターハイ予選の結果によってシードチームが決まる。 地区予選 県西、県南、県北、水戸、県東の各ブロックで地区予選を行う。 決勝トーナメント 地区予選を勝ち上がったチームとシードチームが、全国大会出場をかけてトーナメント方式で試合を行う。 茨城県大会の歴史 [ ] 茨城県の高校サッカーには、を中心としたの高校がリードした1950年代後半から1960年代、とが台頭した1970年代から1990年代前半、の影響でが県サッカーの中心となりとが高校選手権代表の座を占めるようになった1990年代後半から2010年代と、3つの流れがあった。 1947年度の第26回大会では、茨城県立水戸工業学校(のちの)が出場し、全国ベスト4となった。 1950年代から1960年代には、が、1956年度の第26回大会でを擁して初出場して準優勝し、1964年までに6回出場した。 は、1957年度の第36回大会に初出場した。 1970年代から1990年代前半には、が1973年度の第52回大会、が1974年度の第53回大会でそれぞれ初出場している。 古河第一高校は1992年までに全国大会に9回出場し、1978年度の第57回大会と1980年度の第59回大会でらを擁して優勝した。 水戸商業高校は2003年までに8回出場し、1979年度の第58回大会ではベスト4となった。 また、日立第一高校は1977年度の第56回大会に出場し、日立工業高校は1980年代に3回出場した。 1990年代後半から2010年代には、が1995年度の第74回大会、が2004年度の第83回大会でそれぞれ初出場している。 鹿島学園高校は2016年までに8回出場し、2008年度の第87回大会ではベスト4となった。 鹿島高校は2009年までに6回出場した。 また、1993年度の第73回大会で初出場のは、2012年に校名を水戸啓明高校と変更したあとも含め、2013年度までに6回出場した。 その後、は2014年度の第93回大会、は2015年度の第94回大会に、それぞれ初出場した。 明秀日立高校は2016年度の第96回大会にも出場し、ベスト8となった。 東関東地区予選 [ ] 茨城県の高校は、第54回大会までは東関東または関東の地区予選を勝ち上がることで、全国高等学校サッカー選手権大会に出場できた。 年度 回 代表校 出場回数 全国大会成績 1947 初出場 ベスト4 1956 初出場 準優勝 1957 初出場 1回戦 1958 日立一 2年ぶり2回目 1回戦 1959 日立一 2年連続3回目 ベスト8 1960 日立一 3年連続4回目 2回戦(初戦敗退) 1961 日立一 4年連続5回目 1回戦 1964 日立一 3年ぶり6回目 ベスト8 1973 初出場 ベスト8 1974 初出場 2回戦 茨城県予選 [ ] 年度 大会 代表校 出場回数 準優勝校 県ベスト4校 全国大会成績 1976 3年ぶり2回目 ベスト8 1977 13年ぶり7回目 1回戦 1978 古河一 2年ぶり3回目 優勝 1979 5年ぶり2回目 ベスト4 1980 古河一 2年ぶり4回目 優勝 1981 古河一 2年連続5回目 ベスト4 1982 水戸商 3年ぶり3回目 2回戦 1983 26年ぶり2回目 ベスト16 1984 日立工業 2年連続3回目 ベスト8 1985 古河一 4年ぶり6回目 水戸商 日立工業 境 2回戦(初戦敗退) 1986 古河一 2年連続7回目 水戸商 境 古河三 2回戦 1987 古河一 3年連続8回目 水戸商 日立工業 水戸短大付 ベスト16 1988 水戸商 6年ぶり4回目 古河一 日立工業 ベスト16 1989 日立工業 5年ぶり4回目 水戸商 日立一 1回戦 1990 水戸商 2年ぶり5回目 古河一 水戸短大付 1回戦 1991 水戸商 2年連続6回目 古河一 水戸短大付 1回戦 1992 古河一 5年ぶり9回目 日立工業 水戸商業 境 1回戦 1993 初出場 古河一 日立工業 波崎柳川 ベスト16 1994 水戸短大付 2年連続2回目 日立工業 2回戦 1995 初出場 水戸短大付 鹿島学園 日立工業 2回戦 1996 水戸商 5年ぶり7回目 鹿島 水戸短大付 2回戦 1997 水戸短大付 3年ぶり3回目 水戸商 鹿島 2回戦 1998 鹿島 3年ぶり2回目 水戸商 水戸桜ノ牧 2回戦 1999 鹿島 2年連続3回目 水戸商 古河一 境 2回戦(初戦敗退) 2000 水戸短大付 3年ぶり4回目 境 水戸商 2回戦 2001 鹿島 2年ぶり4回目 水戸商 鹿島学園 水戸葵陵 1回戦 2002 鹿島 2年連続5回目 水戸短大付 水戸商 古河三 ベスト16 2003 水戸商 7年ぶり8回目 水戸短大付 水戸桜ノ牧 鹿島学園 2回戦(初戦敗退) 2004 初出場 水戸商 水戸短大付 水戸葵陵 2回戦(初戦敗退) 2005 鹿島学園 2年連続2回目 水戸短大付 鹿島 総和 ベスト8 2006 鹿島学園 3年連続3回目 水戸商 水戸葵陵 水戸短大付 ベスト16 2007 水戸短大付 7年ぶり5回目 鹿島学園 水戸桜ノ牧 1回戦 2008 鹿島学園 2年ぶり4回目 水戸商 鹿島 常総学院 ベスト4 2009 鹿島 7年ぶり6回目 常総学院 鹿島学園 水戸商 2回戦(初戦敗退) 2010 鹿島学園 2年ぶり5回目 水戸商 明秀日立 2回戦 2011 鹿島学園 2年連続6回目 ウイザス 総和 鹿島 2回戦 2012 鹿島学園 3年連続7回目 鹿島 水戸啓明 1回戦 2013 6年ぶり6回目 鹿島学園 水戸桜ノ牧 水戸商 ベスト16 2014 初出場 鹿島 鹿島学園 水戸桜ノ牧 2回戦(初戦敗退) 2015 初出場 第一学院 鹿島学園 古河第一 2回戦 2016 鹿島学園 4年ぶり8回目 明秀日立 水戸桜ノ牧 鹿島 2回戦 2017 明秀日立 2年ぶり2回目 水戸啓明 鹿島 鹿島学園 ベスト8 代表校の全国大会における主な戦績 [ ] 優勝 [ ]• 古河一 - 2回 準優勝 [ ]• 日立一 - 1回 出典 [ ]• 『高校サッカー「強豪・名門校の系譜」』ベースボール・マガジン社、2015年、59頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 日本テレビ.

次の

高校サッカー : 茨城サッカーBBS(掲示板)

茨城県サッカー掲示板

スペインで磨かれたサッカー、鹿島学園高等学校 鹿島学園高等学校は、鹿島市にある私立高校だ。 目指すサッカー像は、「基本に忠実でありながら、情熱的に熱く激しく、そして美しさ楽しさを忘れないサッカー」、「夢があるから強くなる」というユニークなキーワードを大事にしている。 これまで全国高校サッカー選手権に7回出場で、ベスト4 3位 が最高成績だ。 2003年からは、現部長である鈴木雅人監督の下、3年連続出場を果たし、全国総合体育大会にも5回の出場経験がある。 直近では、第58回関東高等学校サッカー大会茨城県大会で優勝するなど、どの大会でもベスト4以上に入ってくる常連校だ。 鹿島学園のサッカー部の特徴は、2002年から毎年スペイン遠征を実施していることで、ヨーロッパでもレベルが高いとされるスペインサッカーだ。 2週間に渡り、バルセロナやマドリッドなど本場のサッカーを経験することで、国内では体感できない感覚を身につけることができる。 鈴木優磨選手や大橋尚志選手など、主に地元の鹿島アントラーズを中心に、多くのプロサッカー選手を輩出している。 公立校の意地を見せる粘り強さ、県立鹿島高等学校 鹿島学園と同じ鹿島市にあるのが県立鹿島高等学校だ。 明治43年創立で90年以上の歴史を持つ学校で、農業学校が前身となっているため、自然など環境の良いグラウンドがある。 「サッカーの原点は1対1で負けないこと」がモットーで、守備では激しいプレス、攻撃では粘り強いボールキープに定評がある。 全国レベルでの活躍は劣りますが、過去には、全国高等学校総合体育大会で3位、全国高等学校サッカー選手権大会ではベスト16の実績がある。 関東・県レベルの大会では2回の関東大会準優勝や新人戦優勝などの好成績だ。 最近では、平成26年度全国高校サッカー選手権大会茨城県大会で準優勝しており、プリンスリーグにも3年連続で出場経験があるなど、地元ではサッカーの強豪校として知られている。 2002年のFIFAワールドカップにも出場した鹿島アントラーズの曽ヶ端準選手を代表に、各地のサッカークラブにJリーガーを輩出している。 4年連続で関東大会出場中、水戸啓明高等学校 水戸啓明高等学校は水戸短期大学の附属校で、水戸英宏中学校と中高一貫教育を行っている。 柔道、アイスホッケーで全国大会の常連校として知られているが、野球やサッカーでもプロ選手を多く輩出し、Jリーガーの大宮アルディージャの塩田仁史選手、ベガルタ仙台の金久保順選手などが有名だ。 2000年から就任した巻田清一監督の下、パスを繋いで積極的にゴールを狙う攻撃的なサッカーが特徴で、2013年には6度目の全国高校サッカー選手権出場を果たし、県内ではベスト4の常連校だ。 昨年も、茨城県高校サッカー新人大会で優勝、関東高校サッカー大会茨城県予選会で準優勝など着実に成果を残し続けている。 近年目覚ましい活躍を見せる、明秀学園日立高等学校 明秀学園日立高等学校は、日立市にある私立高校だ。 東京大学や早稲田大学など超難関大学を目指す特進STコースを設立するなど、進学校としても知られている。 サッカー部は1995年創部と、他の強豪校と比べると歴史は浅いが、2012年に全国高校総体サッカー競技茨城県予選会で優勝しインターハイ初出場を果たしてからは、目覚ましい活躍を見せている。 2013年に、関東高校サッカー大会茨城県予選会初優勝と関東大会初出場、昨年は全国高校サッカー選手権茨城県大会で初優勝し全国大会初出場を果たした。 その他にも、県大会ではベスト4、準優勝などの好成績を収めており、今後注目すべき高校といえるだろう。

次の

茨城サッカー情報掲示板

茨城県サッカー掲示板

ezbbs. 鹿島学園、市内に鹿島高校があるため学園と略されることもある(ただし市内には清真学園高校も存在する)。 1984年10月、就学人口増加のため、鹿島町は町議会で「県立高校誘致推進協議会」を設置するも、県側からは県立高校は設置しないとの通達をうけた。 それならばと、私立高校を設置すべく、鹿島町はミサワホーム社長三澤千代治を窓口に、新潟県に南イリノイ大学を誘致した実績がある日米貿易拡大促進協議会(代表・二階堂進)に高校学校誘致を依頼。 協議会は、学習塾などの業界紙を発行していた昇業企画に打診し、山田圭祐が社長をつとめる学習塾の中堅だった山田義塾が、鹿島町での高等学校経営に名乗りをあげた。 鹿島町は約二万坪に及ぶ土地を安く払い下げ、補助金として三億円を出資。 山田圭祐社長は「鹿島学園を茨城の開成にする」と豪語していたという。 かくして、1989年開校。 少し前には土佐塾によって土佐塾中学校・高等学校が、池田教育ゼミナールによって池田学園池田中学・高等学校が開校しており、学習塾による公教育への参入として話題をまいた初代の校長には元国立教育研究所研究部長・大野連太郎などが候補になっていたが、結局山田義塾側がコントロールし易く都立荻窪高で校長を務めていた経験がある渡辺寄喜を校長にした。 渡辺校長には日本語と英語を併用したスピーチをしたエピソードがあり、社会科の受験参考書などの著作がある。 開学当初の1989年4月15日に、事務長の福岡純介が突然解雇された。 その原因は裏口入学の金を横領していたためとも噂された。 また山田圭祐が裏金をとって裏口入学をさせているとの噂は絶えず、実際に「賛助金」の名目で父兄から集めた金が、学園の会計に計上されず、事務長が茨城県警鹿島署で事情聴取を受けたと報道されたこともある。 スポーツを中心とした部活動では、鹿島アントラーズのユースに入団した生徒を積極的に受け入れており、2003年以来、サッカー部は全国高等学校サッカー選手権大会3年連続出場(鈴木雅人監督)の成績を残している。 ほかに、ゴルフ部は、2004年、2005年、2006年と3年連続全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝(鹿窪一郎監督)の実績を作っている。 一方で、野球部は、2006年には監督交代をめぐって部員が大量退部する事件や、2007年には野球部監督の部員への暴行行為、野球部員の集団万引き事件や部員の下級生への暴力事件などの不祥事を引き起こしている。 (2013年にも準決勝に進出している。 霞ケ浦に敗退) また最近では女子クラブの強化も進んでおり、女子サッカー、女子バレーボール、女子ソフトボールといったクラブにも力を注いでいる。 kashimagakuen-fc. html 鹿島学園サッカー部について 鹿島学園高等学校サッカー部 以下本校サッカー部 は、〜 立派な大人になってもらいたいと考えています。 大会初日は1回戦5試合が開催され、足利工大附や宇都宮南、宇都宮白楊らが勝利し次戦に駒を進めた。 続く2回戦は29日に開催され、前回大会王者の佐野日大が1回戦で青藍泰斗を下した宇都宮北と対戦する。 また、選手権出場で王座奪還を狙う矢板中央や3年ぶりの全国を目指す真岡らは6月5日に行われる3回戦からの登場となっている。 そして父兄レベルで了承済みの情報。 おそらく肖像権を含め書類にサインしているはずです。 (注)強豪校のみ ちなみにアップしたのは私ではないため被害届出してもOKです。 知名度あがってよいじゃないですか。 関東の応援に行きたかった。 インターハイ、選手権は切り替えて頑張ろー!! ページ: 9.

次の