手 描き方。 手の描き方!基本から前に出したりピースや握るポーズも!

手の描き方 手のイラストを簡単・思い通りに描く

手 描き方

手の比率 上記の図が基礎として覚えたい手の比率です。 中でも 特に意識してほしいのは親指の長さと、親指の付け根の幅です。 人差し指〜小指をしっかり描こうとするあまり、親指がないがしろになることが多いので気をつけましょう。 手の平の構造 手を描くうえで指と同じくらい重要なのが、 手の平の土台となる4つのふくらみです。 指のデッサンをするときに「指とこぶしの位置を決める」アタリの役割を果たし、難しいアングルの手を描くときにも大きな助けになります。 名前と詳細は以下の通りです。 「拇指球(ぼしきゅう)」:親指の関節にあるふくらみ• 「四指球(ししきゅう)」:親指以外の4つの指の関節にあるふくらみ。 ここでは「四指球」と呼びます• 「小指球(しょうしきゅう)」:拇指球の反対側にある手の平の小指側のふくらみ• 「掌底(しょうてい)」:手の平の下にある部分 その4パーツを使った手の描き方をご紹介します。 この描き方を覚えておくと、難しいアングルからの手も描くことができます。 まず拇指球と四指球で三角形を作り、それをもとに指を描いたあと、小指球を足して手の平を完成させます。 アングルやポーズが変わっても考え方は同じです。 指は伸ばした場合、 掌底から伸びるように描くと違和感が少なくなるので、掌底のアタリも忘れずに描きましょう。 指の描き方 ある程度曲がった指は、 消失点を使って指の向きを揃えて描きます。 あまり特殊な手のポーズでなければ、それぞれの指は一つの消失点に向かうので、基準となる指を描き、その延長線上に消失点を描きましょう。 それに向かってその他の指を描くと完成です。 手を上手くみせる2つのコツ コツ1:「こぶし(第三関節のでっぱり)を必ず描く」 手の平と指を繋ぐ関節であるこぶしは、 指の位置と太さを決めるアタリになり、手を描くうえでとても重要な役割を果たします。 特に女性の手を描くときにゴツゴツしてしまうことを嫌い、こぶしを描かない人もいますが、デッサンの安定にも必須なので必ず描きましょう。 コツ2:「指の開き方と閉じ方」 指を開いたり閉じたりする動きには規則があり、指は曲げると手の根元部分に向かいます。 指と指が平行に閉じることはありません。 それぞれの指の骨は手の根元、手根骨から生えているのが理由で、握りこぶしや物を持つ手の場合なども同様です まとめ 以上の点をまとめると、• まずは手の比率を覚えよう。 親指の土台の比率は意外に重要。 手の平の土台になる4つのふくらみを駆使し、手を描こう。 ある程度曲がった指を描くときは消失点を設定しよう。 こぶしは必ず描こう。 指を開閉する場合、指は掌低を基準に動く。 この5つに注意して手を描いてみましょう。 より正確で、リアルな手が描けるようになると思います。 なお、もう少し詳しい情報は私の著書 『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』の方を参考にしていただければと思います。 詳細な手や指の描き方、物を持った場合の手の描き方、さらには手首の描き方など幅広く押さえてあります! ニコニコ生放送で毎週金曜22:30より、絵の描き方を教える「お絵かき救命病棟24時! 」もやっておりますので興味があればぜひどうぞ! 松 A・TYPEcorp. ホームページ PIXIV ツイッター ニコニコ生放送 フリーランスのイラストレーター。 様々な絵柄を駆使し、カードゲーム「マジンボーン・データカードダス」「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」のイラストや、4コマ漫画「BIOHAZARD THE TOON」の執筆、小説の挿絵などを手がける。 また、絵の描き方本『デジタルイラストの「身体」描き方事典身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39』を執筆し、活動の幅を広げている。

次の

初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!手の描き方テクニック編

手 描き方

【トップアニメーターが明かす 基本から演出までのすべて。 説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。 手の作画に定評のあるアニメーター・加々美高浩が、 どのように考え、どのように描いているか、 基本もこだわりもしっかりとまとめて明かします。 ・いろいろなポーズを描くための知識 シチュエーションや動きにあわせた手ポーズの実例を多数紹介。 ・加々美高浩の手を作画資料に! 「手のポーズ写真素材集」 加々美高浩ディレクションによる加々美高浩の手の写真素材です。 以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。 イラストレーターや漫画家、アニメーターが「人体の描き方」といった類の本を出版することがあります。 殆どは著者が「私は、こうしています」を前提に「ざっくりとした基本説明」「TIPS的なもの」「男女別、体型別、各動作やアングルにおける注意点」といった内容で構成されています。 本書は、それの「手」版というところでしょうか。 特に「掛け値なしの基本構造の説明」の部分が少ないのが「?」という感じでした。 おおむね10ページから37ページまでの量しかありません。 しかもその中にもTIPS的な解説が結構含まれており、本当の意味で基本を説明している箇所はかなり少ない印象です。 そしてあとのページは、上記のページ内容をマスターした上での応用的な内容になっていると感じました。 結局…、これは後書きにも似たような主旨の事が書いてあるのですが、総じて「私は手をこういう風に分析し、その上でこういう風に表現しています」と言ったごく一般的な内容であり、新しいメソッドがあるわけでもなく、本当に「普通」のことが書いてあるだけだと思います。 もし、手の骨や筋肉といった基本構造をある程度以上は理解している人以外が本書を見た場合「目からウロコが落ちた」ような感覚を得るかも知れませんが、あくまで著者の分析結果にすぎないことから、本当の意味での応用は利きづらいと思います。 基本がなければ、応用は出来ないからです。 アングルや動作が掲載事例と違えば、途端に使えなくなったり、単に劣化した加々美モドキといった印象の手になるのではないかと考えます。 目からウロコが落ちたと思ったら、実は加々美高浩という名前の新しいウロコが付いただけだったという事にならないよう、注意が必要だと感じました。 また本書内にある「イマイチ」「NG」という項目についても、著者自身の感覚や理念の問題だったり、単にデッサン狂いをイマイチとかNGと言っているだけな場合も多い気がします。 そしてこれは、アニメーターが著者の指南書に多く見受けられる事なのですが、あくまで動かすことを前提とした、もしくは自分が受けてきたアニメーターとしての教育を前提とした場合の「NG」としての認識であり「著者はあくまで、アニメーターとしての立場で解説しているんだ」という事を正しく認識出来ない人が本書の内容を鵜呑みにすると、漫画や特に一枚絵の制作の応用において「基本の発展うんぬん」とは別次元で、表現の幅を狭めてしまうような解説もあると思いました。 よって「男女別や体型別とは関係のない、万人に共通する手の基本構造を徹底的に知りたい」「具体的なシーンでの動きや付け焼刃的なTIPSではなく、構造的・物理的な可動範囲や、それにともなう見た目の変化やその理由などを客観的に解説してほしい」といった希望の人には不向きな本だと考えます。 この本が有用なのは「既に基本を修めており、その上でグレードアップや応用のヒントがほしい」「アニメーター志望」「加々美氏のファン」といった人たちだと思います。 手の描き方や表現が掛かれており、こんなに手の描き方を意識されているのだと感銘を受けました。 また、漫画を描くときでも絵柄の違いについていても触れており、とても勉強になる一冊でした。 絵は多いが中身のない本が多い中、絵も説明も適切で理解しやすかったです。 一番すごいと思ったのはわざとイマイチな絵も載せてあることです。 その隣にイイ絵を乗せてくださっているので「あ、自分の絵ってこのイマイチやってた」と 自分の画力に照らし合わせて、うまい絵ってココを意識しているから違うのかと目から鱗がポロポロと 落ちた気持ちになりました。 ここから個人的な事ですが、手フェチなのでただこの絵を見てるだけでも癒されます。 加々美先生はセーラームーン(アニメ)の原画もやられていたようで、私が手フェチに目覚めた セーラームーンだったので加々美先生によって作られた手フェチの一人だったことに気づかされました。 これからも説明系の本を出してて欲しいと強く思った次第です。 遂に発売されましたね。 加々美先生といえばセーラームーン、遊戯王、デスノート等々、誰もが知る有名なアニメ作品の作画に携わってきたお方。 30年間第一線で活躍し続けてきたアニメーターの渾身の一冊となっております。 最近絵を描き始めた私としては、これ程有り難い本は無いです。 何故かと言うと、手を描くのってそれだけ難しいんですよ、ほんとに、風景画とか表情とかの比じゃないです。 ) この本の良い点を書き出すとキリがないので簡潔にまとめます。 神画力の方がこの本を出すってめちゃくちゃ凄いことだと思うんですよ。 手の描き方の本でここまでのクオリティは中々無いと思います。 この本を読み、理解し、すぐに購入できる。 あぁ日本人でよかったなぁ、、、と心の底から思いました。 加々美先生、本当にありがとうございます。 これら全ての人に、是非是非読んでほしい一冊です。 画力強化にもってこいですよ 長文失礼致しました。 もちろん手だけ凄いアニメーターさんというわけでなくキャラクターデザインや作画監督もされる実力者ですが先程あげた遊戯王で世間一般に知れ渡るほどカッコよかったり色っぽかったり魅力的ないい演技をする『手』がとにかく凄いんです。 その加々美さんが140ページにわたって基本の描き方からポーズ集、いろんなキャラクターに合わせた手の描き方などポーズや手で演じる際の表情などついているものもありますが基本的に140ページ手だけの本です。 実際の写真の手のポーズ集などもあり手の書き方とかほんとに苦手なのでこれを参考に頑張ってみようと思います。 本誌の方で使用された加々美さんのポーズの入った手の写真のダウンロードも出来ます。 つまり、ゼロからデッサンして作画するのではなく写真を元にトレース作画をすることで自分なりの手の構造を学ぶ作画の勉強もできるのでこれは地味にありがたいです。 椎名高志先生推薦のお墨付きもある関係か 作画参考のキャラクター絵がチルドレンに出てきそうな感じのキャラもちょこちょこいて見てて楽しいです。 なお、期間延長された 特別動画「1から5までの手を描く(41分)」は2020年1月6日(月)23:59分までに応募された人のみの特典になるのでお早めに! サイトへのアクセスは商品紹介画像にも明記されてますが、URL打ち込みが面倒な方は 『加々美高浩が全力で教える「手」の描き方』、『amazon』でコピペ検索するとすぐにサイトが出てきます。 こちらのサイトで購入時の『注文番号』と特典受け取り用の『メールアドレス』を入力すればOKです まず、特典の写真データについて。 「商用・私用を問わず、トレスや模写にご利用いただけます。 また、作成した作品には本書の写真データのクレジットを入れる必要もありません」 とのことです。 写真データ目当てもあって買ったので安心しました。 ダウンロード出来る写真データは84枚です。 本の内容については他のレビュアーさんが評価されてる通り充実。 爪の描き方、演出のつけかたにやや癖があるのがちょっと気になるくらいです。 (絶対無理な指の曲げかたなど…笑) それを踏まえても、演出や実践ポーズのページは圧巻。 複数作者のごった煮系「手のポーズ集」買うなら、こちら一冊買う方が確実に実りがあるでしょう。 全然描けない人からある程度描ける人まで、レベルアップのための収穫がある内容です。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1].

次の

手の描き方は 関節 を意識すること!

手 描き方

手の構造 手はその形自体や動きのバリエーションにより、複雑に見てしまいがちです。 そこで、大まかにグループわけして考えると手の形を考えやすくなり、描きやすくなります。 それでは手の構造をみていきましょう。 実際に自分の手をみながら読み進めると、より深く理解ができると思います。 まずは手全体を4つにわけて考えてみましょう。 手のパーツそれぞれの動きに合わせ、手を4つにわけました。 ただ、青色になっている親指と、この水色の親指の付け根は、それぞれ動き方が違うので注意をしましょう。 親指と親指以外の指は、同じ「指」であっても構造が違うということを理解すると、綺麗に手を描くことができます。 4本の指を内側に曲げるにあたり注意したいことは、各指の付け根から内側に曲がるのではなく、付け根の少し下、手のひらの部分から曲がるということです。 この4本の指は関節の部分から曲がるので手の平の部分から曲がります。 関節をデフォルメして描かなくても、関節の位置を意識することによって自然な手の動きを描くことができます。 また、指の付け根の位置にも気をつけましょう。 指の付け根の位置は、画像のように小さく山を描くような指の配置にするとらしさがでます。 指・爪の表現と関節 指や爪の表現や手を握った際の関節について解説していきます。 指の動きもまっすぐというわけではなく、関節ごとに多少動きが変わります。 少し反っているところやふくらむところもあるので、よく観察してみましょう。 また、伸ばしている指だけでなく、折りたたんでいる他の指の角度にも気を付けましょう。 また、爪もさまざまな描き方があります。 今回は5種類の爪の描写を紹介します。 リアルとデフォルメ中間的な描写です。 手を描く際に爪は描かない、というのも表現の方法の一つでしょう。 少し付け爪に見えます。 子どもの爪にも使える描写です。 自分の絵柄やキャラクターにはどの爪が一番合うか考えて描くと、より魅力が出てくるのではないでしょうか。 以上でさまざまな手の描き方講座は終了です。 指や付け根の可動範囲、手の構造を自分で把握してみると、自らの手の模写が非常にしやすくなります。 みなさんも積極的にカメラや鏡を使って自分の手を確認し、パーツごとにあたりを取り、骨や肉づきを意識して手を 描いてみましょう。 お絵描き講座Palmieは100本以上の講座が無料で見放題です!ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の