豊胸 良い。 銀座マイアミ美容外科のばれない豊胸 手術後経過まとめブログ 症例一覧

変わりつつある日本の豊胸術……今後の豊胸事情

豊胸 良い

痩せたいけれど、バストは大きくしたい。 そんな夢を叶える豊胸術が「脂肪注入法」です。 余分な脂肪がついていると感じる部位から脂肪を吸引し、それを加工してバストに入れる。 言ってみれば、自分の体から自分の体の別の場所へ移植を行うようなものです。 自分の脂肪ですから拒絶反応の心配はありません。 そして何より、痩せたい部分の脂肪が消え、バストは大きくなるという一石二鳥の効果を得られるということで、今、日本では一番人気の豊胸術になっています。 ただし、脂肪注入法にも欠点があり、思ったようなバストアップが叶わないケースが多々あります。 そのような残念な結果を招かないために、今回は脂肪注入法を、さらにグレードアップさせる秘策をお伝えしていきます。 脂肪注入法とはどんな豊胸術? 2つの施術が同時進行で行われる 痩身目的の「脂肪吸引」と、豊胸目的の「脂肪注入」、この2つをセットで行うのが「脂肪注入法」です。 以下は、南クリニックでの脂肪注入法の手順と術後の経過です。 その後は、市販の圧迫が加わる下着を着用する。 バストはマッサージ不要。 バストは再び大きくなり、完成の域に到達 施術のポイントはバスト内で脂肪を生かすこと 脂肪を吸引する部位は、ヒップ、太ももと、お腹などです。 吸引はカニューレと呼ばれる管を入れて行いますが、できるだけ細い直径のカニューレを使用することで、脂肪の加工時間を短縮し、新鮮な脂肪組織をバストに注入することができます。 バストに注入する際は、デザインを考えながらバストのあちこちに脂肪を置いてくるイメージです。 バスト内に置かれた脂肪組織は、近くにある組織から酸素や栄養がしみ込むようにして、それらを吸収していきます。 このとき、脂肪の粒が大きかったり、脂肪が大きくなってしまったりすると、栄養や酸素が内部に届かず、せっかく注入した脂肪が壊死することになってしまいます。 それを防ぐために、南クリニックではできる限り細いカニューレを使い、少しずつ分散させて脂肪を注入しています。 この辺りは、クリニックによって手技が異なります。 ドクターの技術とセンスが問われる部分ですかが、少なくとも「どこに脂肪を注入するのか」はカウンセリングで確認することをおすすめします。 ほかの豊胸術との違いは? 異物を入れると、体は拒否反応を示す 日本で一般的に行われている豊胸術は「脂肪注入法」以外にも、「シリコンバッグ挿入法」と「ヒアルロン酸注入法」があります。 それらとの違いは、バスト内に入れるものが「自分の脂肪」である点です。 シリコンバッグもヒアルロン酸も、体にとっては異物です。 私たちの体は異物を排除しようとする力を持っていて、その影響がこれらの豊胸術には現れます。 ヒアルロン酸注入法では、「持ち」が悪いという影響が出ます。 異物と判断されたヒアルロン酸は、血管から吸収され、分解されて尿などの排泄物として体外へ排出されます。 つまり、せっかくバストに注入したヒアルロン酸が、徐々に消失してしまうということです。 「プチ豊胸」と呼ばれるゆえんでもあります。 シリコンバッグはさすがに大きなものなので、血管から吸収することはできません。 代わりに、体は自分の組織とは「別物」であると判断し、隔離しようとします。 その結果、バッグの周囲に硬い膜を作るようになるのです。 この膜が分厚く硬くなってしまうと、バスト内でバッグが固定され、バストが硬くなり動きも損なわれます。 異物が入っていることが一目瞭然、ときにはバストがいびつに変形してしまうこともあります。 さらに進行すると、皮膚に穴をあけて排出しようとするため痛みが生じるようにもなります。 膜の形成を防ぐためには、手術以降数ヶ月間、痛みに耐えながらマッサージを行う必要があります。 最近はマッサージ不要のバッグも登場してきましたが、それでもある程度の年数が経過すると、バッグの周囲に膜ができる可能性は十分にあります。 脂肪注入法も生着率は100%ではない 一方、脂肪注入法は、注入するのが自分の脂肪ですから、体が排除しようとする力は働きません。 ただし、バスト内で脂肪が壊死してしまうと、体は異物とみなして吸収し排泄します。 できる限り脂肪が生着するように、脂肪の加工方法や注入の仕方を各クリニックで工夫していますが、ふつうは5〜8割程度の生着率だと言われています。 南クリニックでは慎重な加工と注入によって9割近い生着率を達成していますが、それでも100%ではないのです。 そのため、注入後、3ヵ月が経過して定着するまでは、少しずつバストが小さくなる印象があるのは否めません。 硬さや動きは、ナチュラルなバストとの違いなし! シリコンバッグやヒアルロン酸は、品質改良がされてきているとはいえ、やはり偽物であることに変わりはありません。 バストを触ったときには、自然なバストと比べて硬く感じられますし、ひんやりした冷たさもあります。 また、ジャンプをしたときや走ったときのバストの揺れにも不自然さがあります。 ボールがバスト内に入っているような印象で、人から「豊胸したバスト」だと気づかれる可能性があります。 仰向けに寝たときにもバストが自然と脇側に流れず、丸みを帯びた形を維持してしまうため、こちらもバレの原因になり得ます。 脂肪注入法は内容物が自然のバストと変わりませんから、揺れ、触り心地、バストの流れ方もナチュラルそのもの。 バレにくい豊胸と言ってよいでしょう。 「脂肪注入」のあとに「成長再生豊胸」その効果は? 脂肪の生着が完了したところから、さらに脂肪を増殖させる 脂肪注入法の欠点である、注入後の生着率の部分をカバーするために、南クリニックでは「脂肪注入法+成長再生豊胸」という新たなセット豊胸を提案しています。 脂肪注入法を行ったあと、バストの大きさが落ち着いてきたところで、今度はバスト内の脂肪が勝手に増えていくように仕向けるのです。 施術の方法は「成長因子」を注入するだけ。 それによって、バスト内の脂肪が増殖し、乳腺が発達を始めます。 10代の頃に、バストが少しずつ膨らんでいったあの感覚が再現されるのです。 もともとのバストが小さい人でもバストがぐんぐん成長する これまで成長再生豊胸オンリーの施術も行ってきましたが、もともとのバストサイズが小さい人は、成長因子の注入を数回に分けて行う必要がありました。 というのも、脂肪細胞の元になる幹細胞は1つのものが2つ、3つと、次々に分裂して増えていきます。 ですから元の幹細胞が少ないと、分裂の回数を増やしてあげる必要があったのです。 そこで、先に脂肪注入法で脂肪組織とともに幹細胞を増やしておけば、成長再生豊胸の効果がアップすると考え、実践したところ、非常に優秀な結果が続いています。 また、この方法であれば、やせ型で吸引できる脂肪が少ない人でも、十分な豊胸効果を得ることができます。 自然でしかも豊胸効果が増す新手法。 もともとのバストサイズがかなり小さいと悩んでいる人にとっては、大きな朗報になるはずです。

次の

豊胸手術の後遺症とは?女性を苦しめる思わぬデメリット

豊胸 良い

豊胸についての基礎知識 以下ではまず、豊満な胸の基礎的な知識について解説していきましょう。 世の中の男性はほぼ巨乳好き 2000年にとられた胸にまつわるアンケートでは、 無作為に選ばれた男性10000人の内、実に8000人近くが「豊かな胸が好き」であると答えました。 アニメの影響によって貧乳好きの声が大きくなっていますが、筋肉質の男性を好む女性が多いように、豊かな胸が好きな男性が多いのは紛れもない事実です。 平均バストサイズは上がっている こうした視覚的なニーズを満たすためか、戦前と比べて男性も女性も身長もスタイルもどんどん良くなっており、下着メーカーの持つデータでもこの50年足らずで 女性の平均バストサイズがBカップからCカップに上がっています。 AV女優の過半数が巨乳 AV女優に求められるものは多岐に渡るようになりました。 しかし、男性の身長が大きければ大きいほどモテるように女性のバストも大きい方がモテるのは自然の摂理で、 アダルトサイトでもレンタルビデオ店でもまず間違いなく一番最初に【巨乳】というAVのジャンルがピックアップされています。 おっぱいフェチのニーズを満たすのは宿命… AV女優は男性の心理や欲求を満たすものですから、やはり豊かな胸が好きな男性が多い傾向にある以上はそうしたニーズに応えなければならないという宿命があります。 豊かで、さらに 美しい形の胸を持つAV女優であれば向かう所敵なしと言ってもいいかもしれません。 豊胸の歴史 豊胸の歴史は、乳がんや外的要因によって乳房を失った方の再建の歴史でもあります。 最初は形成外科から始まり、今では美容整形にまでその技術が生かされています。 世界でも多くの術例があり、その技術は日々洗練されています。 バレにくい・安全・違和感がないことへの追求 近年では、『医学の力を用いて豊胸したことが他人にバレにくく、安全で、違和感がない方法』が日夜研究されていると言って良いでしょう。 その具体的な方法については次項で解説していきます。 現在の豊胸整形の種類 生活環境によって多少の違いはあっても、 生まれた時点で個人が持つバストの大きさもある程度は決まっています。 生まれながらにしてバストが小さいというのは多くの女性が抱えるコンプレックスであり、そのコンプレックスを解消するための多くのサプリやグッズがありますが、医学的な方法は…? 現在主流のものは大きく分けて3つです。 欧米特にアメリカでは、大きければ大きいほど良いと言う意識がありますが、アジア、特に日本ではいかにバレないか・自然に見えるかに主観が置かれている傾向にあります。 下記がその代表例です。 生理食塩水バッグ 最初に生まれた豊胸の手法で、生理食塩水をバッグに入れ、それをバストの側面から入れます。 横になったときにバックの形が出やすく、横に潰れない不自然さで気づかれやすいと言う危険性があります。 昔は胸の中でずれたり、技術的に未熟でしたが今はとても安全な手法です。 手術の費用は50万円前後が多いです。 シリコン シリコンで胸の形を形成して胸の側面から入れる手法で、触感は本来のバストに近く張りがあり、運動をしていた女性のバストの感覚に似ています。 こちらも昔は飛行機内でシリコンが爆発したりと言った事件がありましたが、現在は成熟した技術でそのようなことはほぼ起こらないようです。 手術費用は120万円前後です。 脂肪注入 最も新しい豊胸手術方法で、体の余っている脂肪、お腹・太もも・二の腕などの脂肪を脂肪吸引器で取り出し、胸に注入します。 よく考えればブラジャーも背中のお肉や脇腹のお肉をカップ内に詰め込むので似たようなものかもしれません。 外から見える傷は極めて小さく、最も新しいだけに触感も安定感も抜群ですが、その反面、費用が高額になりがちです。 安いところでも200万、高いところだと500万前後となります。 豊胸手術した女性と、天然の巨乳はどう違うの? 現在、豊胸を検討される女性の多くは、豊胸手術したらおっぱいの形が不自然になることを心配するでしょう。 豊胸してもそこまで違和感はありませんが、見比べてみると天然の巨乳との違いはわかります。 具体的には胸を寄せた時に違いがはっきり現れます。 天然に胸が大きい女性は、胸の谷間がI型になりますが、豊胸手術した女性はY型になります。 AV女優は豊胸後のバストをこう活用する AVは通常使わないバストの使い方をします。 これは 俗に言う「パイズリ」と言うもので、おっぱいの間に男性器をはさみ刺激することで射精させる人気コンテンツですが、バストに負担がかかりやすいので行っている身としては少し気を使うかもしれません。 パイズリなどの行為もOK、AV女優に興味があるという方はぜひ一度当プロダクションにお問合せください。 あなたの不安や疑問も含め、担当松本が親切丁寧に対応します。 豊胸方法問わずパイズリはできる しかし、前述したように近年は医学がどんどん進歩してきていますから、 「生理食塩水バッグ」「シリコン」「脂肪注入」3つの方法いずれの場合でもパイズリは出来るでしょう。 豊胸の有無に関わらずメンテナンスは必要 豊胸手術をしていない方にも言えることですが、 加齢や筋力の低下によりおっぱいが下がってくることもあるために、美しさを気にかけるのであればメンテナンスは必要です。 AV女優は少しでも 「パイズリ」を魅力的に見せられるように、また、女性として現状を維持できるように胸の筋トレを欠かさない方がほとんどです。 まとめ 整形技術も日進月歩しており、胸に関するあらゆるコンプレックスを手術によって解消できる世の中になってきました。 高収入なAV女優はなおさら、一般的な女性と比べて胸をカスタムしやすい立場にあると言っても良いかもしれません。 事実、豊胸のみではなく、同時に乳頭や乳輪をきれいに整えたりする女優さんも多いそうです。

次の

ヒアルロン酸豊胸とは?|バスト医療・形成外科医 大橋昌敬医師が教える失敗しない豊胸手術ガイド

豊胸 良い

この記事の目次• 豊胸手術の種類と料金• 豊胸バッグ挿入• 脂肪注入• ヒアルロン酸注入 「バッグプロテーゼ挿入」とも呼ばれる、シリコンや生理食塩水などでできた豊胸バッグを胸に挿入してバストアップする方法です。 料金相場は250,000円~850,000円。 挿入する豊胸バッグの種類によって値段が異なります。 見た目や触り心地も自然で質の良い豊胸バッグだと費用も高くなりますが、ヒアルロン酸注入法豊胸のように注入量によって料金が高くなることはありません。 「2カップ以上胸を大きくしたい」「豊胸して数年で元のバストサイズに戻るのは困る」という人は、豊胸バッグ挿入を受けることが多いです。 参照: 脂肪注入法豊胸には、「脂肪注入」、不純物を取り除き濃縮した脂肪を使う「コンデンス法」、活性化した幹細胞を脂肪に混ぜ合わせた「幹細胞」の3通りの方法があります。 料金相場は700,000円~1,500,000円と、 注入する脂肪の純度や加工の度合い、脂肪の定着率によって費用が大きく異なります。 血液や水分、死活細胞など不純物が少ない方が、しこりや胸の痛みなどの後遺症、合併症が起こりにくいので、安易に料金の安さで選ばないことが大切です。 多くのクリニックでは単純な脂肪注入法ではなく、コンデンスや幹細胞を使った豊胸を勧めています。 ヒアルロン酸注入法ほど早くはありませんが、注入後数年で体内に吸収されるのがデメリットです。 バストの大きさを維持したい人は、豊胸バッグ挿入と併用することで自然な柔らかさと見た目が保てます。 参照: 体内にも存在するヒアルロン酸をバストに注入する方法です。 ヒアルロン酸豊胸の料金相場は、10ccあたり約30,000円~40,000円。 体型によって多少変わりますが、大体片胸70cc~100ccで1カップ程度のバストアップができます。 両胸を1カップ大きくする為には、約250,000円~620,000円の費用がかかります。 各クリニックの料金表示を見ると、1ccあたりの値段が記載されていることがありますが、1本に10ccのヒアルロン酸が入っている注射器が使用されるので、10ccごとの値段がかかると考えて下さい。 ただし持続時間を長くする為に、少量のヒアルロン酸を複数回に分けて注入したり、エコーを用いて体内に吸収されにくい大きなかたまりで注入したりする方法もあります。 参照: 最後に 豊胸手術にかかる料金相場は250,000円~1,500,000円。 受ける豊胸手術の種類によって、料金だけでなく、持続期間や大きくできるカップサイズ、ダウンタイムの長さ、傷跡の大きさなども異なります。 自分の希望通りのバストサイズ、大きさ、形になる為に、どのような方法が良いのか迷った時は、まず気になるクリニックで無料のカウンセリングを受けてみましょう。 支払いは現金やクレジットカード払い以外にも、分割払いができる医療ローンが組めるので、料金で選ばず、自分に身体にあった豊胸手術の方法や信頼できるクリニックを選ぶと良いです。 豊胸手術にかかる料金はやはり気になりますし、安い方が財布の負担も減りますが、• 希望通りのバストが作れるか?• 後遺症や合併症が起きても後悔しないか?• 提示された料金には麻酔代や薬代は含まれているか?• 充分な保証制度やアフターケアが受けられるか?• アフターケアは別途料金が必要なのか?• 自分の身体を安心して預けられる信頼できる医師に担当してもらえるか? ……など、費用以外の面もきちんと考えて、豊胸手術の種類や受けるクリニック、担当医師を選ぶことは、自分の大切なバストを守ることにも繋がります。

次の