パワプロ愛のドラムメジャー。 佐々木千枝とは (ササキチエとは) [単語記事]

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』×KEYTALK、「モシャプロくん」イベントの実施と、新曲「サンライズ」がタイアップ曲に決定!

パワプロ愛のドラムメジャー

サウザーのテーブル Lv1 初期評価20(PSR)初期評価15(SR) SPダッグボーナス40% コツイベボーナス40% Lv5 初期評価30(PSR)初期評価25 Lv10 技術ボーナス4 Lv15 コツレベルボーナス2 Lv20 コツイベント率アップ20% Lv25 SPダッグボーナス80% Lv30 初期評価55(PSR)初期評価50(SR Lv35 退かぬ!!媚びぬ!!省みぬ!! (SPダッグボーナス+練習効果UP) 技術ボーナス8 Lv37 初期評価55 Lv40 初期評価65(PSR)初期評価60(SR) Lv42 試合経験値5%UP Lv45 試合経験値10%UP Lv50 SPダッグボーナス90% 高校の固有効果 雑魚撃破数のボーナス+必殺技アシストが恩恵としてあります。 その為北斗高校育成では必須のキャラと言えます。 現状ではセクションごとに1回しか確認できていないので、 シン・ジャギたちと同じ扱いだと思います。 メリットポイント• 北斗高校で特効効果があり、北斗高校での高ランク選手育成のキーマンになり得る。 高査定の『復活』のコツが 確定で手に入る。 金特のコツかオリジナル変化球の獲得かを選べるので、デッキ編成に幅を持てるのと、状況に応じて選択ができる。 技術ボーナスなので、変化球固めのデッキで、 獲得ポイントを偏らせないデッキ編成に役立つ。 デメリットポイント• ステータス基本値上限突破がない。 イベント獲得経験点がそこまで高くない。 共通イベントや、コツイベントで獲得できるコツがあまり有能ではない。 金特メインの所持コツの為、 コツイベントの際に「一緒に練習」を引き起こしやすい。 後イベントの有能キャラが多く、北斗高校以外で使用する際に編成しにくい。 単独得意練習+得意練習率アップがない為、ダッグ発生回数期待値は落ちる。 コラボキャラの為、サクセスに参加できない高校が複数ある。 フォーク方向のオリジナル変化球キャラが多く、競合が多い。 まとめ 実装前は、 「北斗高校投手育成最後のピース!!!」「変化練習・復活コツ確定キャラが弱いわけがない」と騒がれていましたが、獲得できる金特が『復活』である以外本当に特徴がありません。 メリットとして挙げている「 技術ボーナス」に関しても、高ランクのユーザーは、鳴海や虹谷、オクタヴィアなどの技術ボーナス持ちの有能変化球キャラを所持していることが多く、そのキャラを外してまで編成するかどうか・・・と言われれば悩ましいところです。 現状では北斗高校以外での使える活路が見いだせていませんが、今後の新高校・登場キャラによっては化ける可能性は残っています。 手のひら返しが多数起こっているアプリなので、ガチャで獲得した方はあきらめずに所持しておいたほうが良いと思います。 今後の使用頻度が上がる予想としては、春の甲子園の特効キャラに選ばれる可能性が高い事が挙げられます。 メリット・デメリット多数あるキャラですが、今後もサウザーから目を離さないようにしましょう! 北斗の拳コラボキャラ.

次の

【パワプロ】サウザーの評価とイベントまとめ

パワプロ愛のドラムメジャー

ジェントル東雲の基本情報 基本情報 ジェントル東雲の基本情報についてまとめていきます。 得意練習 肩&守備 前後 前 金特 確定 帰巣本能ジャストフィット 金特 不確定 なし コツ 送球、アベレージヒッター、広角打法、守備職人、一発逆転 金特は 希少価値の高い帰巣本能です。 得意練習には変更はありませんでした。 テーブル LV1 初期評価(SR 25 タッグボーナス30% コツイベントボーナス40% LV5 初期評価 SR 35、 PSR 40 LV10 タッグボーナス40% LV15 コツイベントボーナス2 LV20 タッグボーナス50 LV25 初期評価 SR 55、 PSR 60 LV30 試合経験点ボーナス10% LV35 行き過ぎた愛 タッグボーナス、練習効果 得意練習率20% LV37 SR+1 初期評価 SR 60 LV40 SR+3 初期評価 SR 65、 PSR 70 LV42 PSR+1 コツイベント率10% LV45 SR+5 PSR+3 コツイベント率20% LV50 PSR+5 技術12 固有ボーナスがついたことから通常バージョンより強くなっていることがわかります。 イベントのまとめ 追加ジェントルイベント 正解 イベント終了 体力—40 2回目 選択肢なし 続行 技術+27 精神+27 体力+20 3回目 選択肢なし イベント終了 敏捷+27 技術+27 精神+27 モテモテ取得帰巣本能コツLV1 または ジャストフィットコツLV1 まとめ ジェントル東雲ですが、かなりイケメンになりましたね。 金特も内野限定のアイコンタクトから希少価値の高い帰巣本能へと変わったことから使いやすくなりました。 また、テーブルも強化され 通常バージョンの上位互換と言っても間違いないでしょう。 デビューガチャに確定枠や確定選択券もありますので余裕があれば回してもいいと思います。 ガチ勢目線のコメント テーブルの強化と査定の良い金特に変わったことにより通常の上位互換で間違いありません。 ただ、 基礎ボーナスが付くのがlv50からなのでかなりの課金勢ではないと使いこなすのが難しいキャラです。 また、現状のトレンドの打撃、走塁にかぶっていないので今の環境では使われにくいキャラでしょう。 それに所持コツの追加や変更があり狙ったコツが取りにくくなったのもマイナスポイントでしょうか? アイコンタクトもそうですが、 帰巣本能も査定効率が良い方ではないので悩み所ではあります。 ただ、円卓にあう得意練習2種の得意練習率アップキャラなので、円卓強化や守備固めの時代など、環境が変われば第一戦で活躍できる性能も秘めています。 覚醒のチャンスもあり、覚醒すれば強キャラ間違なしなので出来れば母体も確保しておきたいでしょう。 ワイルド神成の能力と使用感については以下の記事で紹介しています。

次の

KEYTALK

パワプロ愛のドラムメジャー

ジェントル東雲の基本情報 基本情報 ジェントル東雲の基本情報についてまとめていきます。 得意練習 肩&守備 前後 前 金特 確定 帰巣本能ジャストフィット 金特 不確定 なし コツ 送球、アベレージヒッター、広角打法、守備職人、一発逆転 金特は 希少価値の高い帰巣本能です。 得意練習には変更はありませんでした。 テーブル LV1 初期評価(SR 25 タッグボーナス30% コツイベントボーナス40% LV5 初期評価 SR 35、 PSR 40 LV10 タッグボーナス40% LV15 コツイベントボーナス2 LV20 タッグボーナス50 LV25 初期評価 SR 55、 PSR 60 LV30 試合経験点ボーナス10% LV35 行き過ぎた愛 タッグボーナス、練習効果 得意練習率20% LV37 SR+1 初期評価 SR 60 LV40 SR+3 初期評価 SR 65、 PSR 70 LV42 PSR+1 コツイベント率10% LV45 SR+5 PSR+3 コツイベント率20% LV50 PSR+5 技術12 固有ボーナスがついたことから通常バージョンより強くなっていることがわかります。 イベントのまとめ 追加ジェントルイベント 正解 イベント終了 体力—40 2回目 選択肢なし 続行 技術+27 精神+27 体力+20 3回目 選択肢なし イベント終了 敏捷+27 技術+27 精神+27 モテモテ取得帰巣本能コツLV1 または ジャストフィットコツLV1 まとめ ジェントル東雲ですが、かなりイケメンになりましたね。 金特も内野限定のアイコンタクトから希少価値の高い帰巣本能へと変わったことから使いやすくなりました。 また、テーブルも強化され 通常バージョンの上位互換と言っても間違いないでしょう。 デビューガチャに確定枠や確定選択券もありますので余裕があれば回してもいいと思います。 ガチ勢目線のコメント テーブルの強化と査定の良い金特に変わったことにより通常の上位互換で間違いありません。 ただ、 基礎ボーナスが付くのがlv50からなのでかなりの課金勢ではないと使いこなすのが難しいキャラです。 また、現状のトレンドの打撃、走塁にかぶっていないので今の環境では使われにくいキャラでしょう。 それに所持コツの追加や変更があり狙ったコツが取りにくくなったのもマイナスポイントでしょうか? アイコンタクトもそうですが、 帰巣本能も査定効率が良い方ではないので悩み所ではあります。 ただ、円卓にあう得意練習2種の得意練習率アップキャラなので、円卓強化や守備固めの時代など、環境が変われば第一戦で活躍できる性能も秘めています。 覚醒のチャンスもあり、覚醒すれば強キャラ間違なしなので出来れば母体も確保しておきたいでしょう。 ワイルド神成の能力と使用感については以下の記事で紹介しています。

次の